teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2632/3606 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

人格障害

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年10月27日(土)11時47分46秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www9.plala.or.jp/rescue/jinkaku.html

管理人注:ルソーの「エミール」を読むと12歳で夫婦ゲンカなどで影響を受けると人格障害を生むようだ。

■Home■◇日本の重代な社会問題と自殺◇盗聴と盗聴器・盗撮と盗撮器◇ストーカー分析とストーカー正論◇ストーカー規制法◇エシュロン(ECHELON)◇無線LANと電磁波盗聴◇電磁波の恐怖◇脳のメカニズムと脳機能障害◆人格障害・境界性人格障害など◆統合失調症・精神分裂病・分裂病◇精神と肉体への影響◇セキュリティー・アドバイス◇Rescue Force SOG◇無料相談・お問い合わせ◇業務内容◇ストーカー対策などのケース◇ストーリー◇詩・ポエム・メッセージ◇リンク◇お知らせ◇

■人格障害・境界性人格障害など■
◇人格障害・境界性人格障害など◇人格障害についての考え方◇人格障害のグループA・B・C◇グループAの3タイプ◇グループBの4タイプ◇グループCの3タイプ◇

◇人格障害・境界性人格障害など◇
「人格」には、遺伝的な要素が強い「気質」と環境・社会・文化などに影響を受けて形成される「性格」が含まれる。
■人格障害■

    「人格障害」とは、通常の正常な状態から逸脱してしまい、社会生活に障害をきたしている状態。
    青年期や成人期早期に始まる場合が多く、その状態が長期にわたるために苦痛を伴う。

その障害がほかの「精神障害」に原因がない場合のものを一般的に「人格障害」という。

◇人格障害についての考え方◇
人格障害についての説明。
■人格障害についての考え方■

    精神病(精神分裂病・うつ病・神経症・統合失調症など)、脳器質性病態(てんかん・痴呆など)ではないが、明らかに精神が正常とは言えない状態のことであり、通常「精神病と正常との中間に位置するもの」または「まったく別なもの」と考えられている。
    その人格の異常性のために、本人自らが悩むか、または社会を悩ませる異常人格者を精神病質者という。

「犯罪者」にも多くの精神的・身体的変質兆候が発見され報告されている。

◇人格障害のグループA・B・C◇
人格障害のグループとそれぞれのタイプ。
■人格障害のグループA・B・C■
『Aグループ』

    自閉的で妄想を持ちやすく、奇妙で風変わりな傾向があり、対人関係がうまくいかず、遺伝的に分裂病気質を持っていることが多い。
    対人関係のストレスに影響を受ける。
    「妄想性人格障害」「分裂病質人格障害」「分裂病型人格障害」の3種類のタイプに分けられる。

『Bグループ』

    情緒的で演劇的でうつり気に見えることが多く、感情的な混乱が激しい。
    ストレスにかなり弱い傾向がある。
    「反社会性人格障害」「境界性人格障害」「演技性人格障害」「自己愛性人格障害」の4種類のタイプに分けられる。

『Cグループ』

    不安や恐怖感が非常に強い。
    まわりからの評価や視線などが非常にストレスになる。
    「回避性人格障害」「依存性人格障害」「強迫性人格障害」の3種類のタイプに分けられる。

大きく3種類のグループになり、更にそれぞれが分けられます。

▲このページのトップへ
◇グループAの3タイプ◇
グループAのタイプとその特徴。
■グループAの3タイプ■
『妄想性人格障害』

    一部の犯罪者に見受けられる。
    異常なほどのさい疑心から、周囲の人に対して常に警戒したり疑ったりする。
    病的な嫉妬深さで恋人が浮気していると思い込み、その証拠を探し続ける。
    がん固であり非友好的であるために、すぐ口げんかをしやすいという性質がある。
    自分の権利や存在価値を過剰に意識し、権威に対しては意味もなく異常な恨みを抱く。
    新しいものに対して非常に警戒をするために、中々受け入れられない。
    強い自負心があり、自分の才能を発揮できないのは他人が邪魔をしているためだと妄想的な確信を抱いている。

『分裂病質人格障害』

    一部の犯罪者に見受けられる。
    自閉的で孤独で、感情があるのかないのかが分からないタイプ。
    異性を含めた「人」に興味がなく、対人接触を好まず、社会から孤立している。
    感情を表に出さず、何事に対しても興味や関心がないように見える。

『分裂病型人格障害』

    分裂病と遺伝的関係が深く、ストレスが原因で約25パーセント程度が分裂病に移行すると言われる。
    明らかな幻覚や妄想はないが言動がおかしく、奇妙さやある種の硬さを感じる。
    関係のない他人の言動を勝手に自分と関係付け、一方的に反応する。(関係念慮)

    『例1』:近所の人達の笑い声が聞こえたことなどに対して、「自分を盗聴して、笑っている」などと勝手に思い込んでしまう。
    『例2』:近所の人達が集まって会話をしている近くを通り過ぎた時に、偶然にも会話が終わると「自分の悪口を言っている」などと勝手に思い込んでしまう。

「分裂病質人格障害・境界性人格障害・回避性人格障害などとの鑑別が必要」

▲このページのトップへ
◇グループBの4タイプ◇
グループBのタイプとその特徴。
■グループBの4タイプ■
『反社会性人格障害』

    犯罪者に多い。
    良心の呵責を感じることなく、冷静に凶悪犯罪を行う。
    人の心理を読んで操作することがうまく、魅力的であるように装うこともうまい。
    罪悪感がないので犯罪行為を繰り返す。
    不安やうつ気分に襲われることがない。
    人を愛することができず、人の気持ちを理解することができない。
    反社会性人格障害は、サイコパスであるという考え方がある。(サイコパスとは、犯罪を繰り返す人や快楽犯罪者などの意味で使われることが多い)

『境界性人格障害』

    最近、非常に増えている。
    「神経症と分裂病との境界」のことで、「ボーダーライン」とも言われる。(ボーダーラインとは、神経症としても分裂病としても症状が足りない状態をいう)
    非常に衝動的で感情の起伏が激しく、対人関係がいつも不安定である。
    感情をコントロールする力が弱い上に、抑うつと怒りが混在しており、加えて非常に衝動的なため、時には暴力的だったり自殺を図ったりする。
    「見捨てられ不安」や「感情障害」と関連して、自己破壊的な行動を取る。(無謀な運転・ケンカ・リストカット・衝動買い・過食・アルコール・薬物・かけ事・衝動的な性行為)
    本人が「同一性障害」「同性愛傾向」であることやその矛盾が分からない。
    重篤な「解離症状」であり「幼少期の様々な虐待」と関連していると言われる。
    原因としては非常に複雑であり、その最たるものとして挙げられることは「親が子供との境界性を幼少期から作れなかったこと」と「虐待」にある。
    そのために、「見捨てられ不安」「感情障害」「同一性障害」「同性愛傾向」などの重篤な症状を生み、その上に様々な「近親相姦」を生み出している。その「障害」は親から子へと引き継がれる傾向が非常に強く、最も懸念される。

『演技性人格障害』

    ヒステリー性格(ヒステリーとは別)とも言われる。
    常に周りの人の関心を集め、自分が中心でいないと気が済まない。
    自己中心的であり、我がままで虚栄心が強く、子供っぽい。
    思考は浅はかであり、希薄な感情を持ち、オーバーな態度で表現する。
    他人や環境の影響を受けやすい。
    自分への関心を引くために身体的外見を利用し、不適切に性的で魅惑的、挑発的な態度をとる。(性的で魅惑的、挑発的な態度の裏には、深い罪悪感を抱えていることが多い)

『自己愛性人格障害』

    究極の自己中心的(ナルシスト)な人間であり、2種類のタイプに分けられる。
    自分はいつも特別な存在だと思い込んでいる。
    自分を非難されることがとてもたえられない。
    自分は特別な人間だと感じているために、様々な対人関係の障害がある。
    まわりの人に対して、自分を敬うのが当然だと感じている。
    他人への思いやりが欠如している。
    自分の目的を達成するために、相手を不当に利用する。

「無自覚タイプ」

    日本に多い。
    母親の過保護によって生じ、愛情を注がれ過ぎたことが原因。
    「特別な子供」扱いにされたことで、「自分は特別な人間だ」と思い込んでいる。
    厚顔無恥・誇大・顕示欲の強さなどを持っている。

「過剰警戒タイプ」

    アメリカに多い。
    小さいころから親の愛情を受けられず、ほめられずに育ったことが原因。
    「自分は本当はすごいんだ」と空想して、傷ついた自尊心を取りもどそうとする。
    「独特である」「完璧である」「才能がある」と自分を表現する。
    「普通の人には理解できない」と感じている。
    傷つきやすく、過敏性が強く、密かな自己愛を持っている。

人格障害の中でも、最も「重要」なタイプが多く含まれている。

▲このページのトップへ
◇グループCの3タイプ◇
グループCのタイプとその特徴。
■グループCの3タイプ■
『回避性人格障害』

    不安や恐怖感が強いグループであり、その中で最も不安が強いタイプ。
    他人からの拒絶・批判を恐れ、恥をかくことに非常に敏感であるために、他人との接触を避ける。
    失敗を恐れるあまり、新しいものにチャレンジすることもなく、仕事は責任の軽いものばかり選ぶ。
    「ひきこもり」「不登校」「出社拒否」などの人の約半分は、このタイプが原因と言われる。
    日本人の「性格」や「自己を主張しない」控えめな文化に関係があると言われる。
    アメリカでは、逆に「能力が欠けている」と見なされるために、社会的な評価が低いとされる。
    最近の国内での問題点としては、「少子化・父親不在・母子結合・過保護」などにより、「判断能力も乏しく、非常に傷つきやすい」子供が増えたことにある。

『依存性人格障害』

    非常に甘えが強く、従順で受け身的であり、自分では何も決められず他人の判断に任せる。
    いつもまわりから元気付けや励ましが必要。
    「自分にかまってほしい過剰な欲求」と「それを維持するための服従的な行動」。
    比較的女性に多く、末っ子に多く見られる。
    「回避性人格障害」と似ており、親の子供への接し方が原因。
    過度に干渉的な母親や父親が存在している。
    子供が忠実だと溺愛し、自立させようとしない。
    どのような関係でも、責任ある地位を避け、受け身になることを選ぶ。
    相手が浮気をしたり暴力を振るっても、依存する対象を失うのが怖いため、離れずに関係を続ける。

「境界性人格障害・演技性人格障害・回避性人格障害などとの鑑別が必要」
『強迫性人格障害』

    ルール・完全主義・秩序などに対して、執着心が強いために柔軟性や効率性がない。
    うつ病との関連が示唆されている。
    几帳面・倹約家・我がまま。
    1つの「正しいやり方」や「物事の原則」を主張し、他人の視点や考えを拒む。
    小さなこと・予定表・規則・構成などに、異常にこだわる。
    必要以上に、完璧主義にこだわり過ぎるため、達成できないことがある。
    1つの価値観・道徳・倫理にとらわれ過ぎるために融通が利かない。
    思い出や思い入れがないのに、使い古した物や価値のない物を捨てられない。
    他人が自分のやり方に従わない場合には仕事を任せない。

現在、大きな問題として取り上げられている「引き蘢り」や「ニート」などに見られる人格障害。

■精神と肉体への影響■
◇精神と肉体への影響◇加害者と被害者◇

◇精神と肉体への影響◇
被害者が精神に受けた影響は、身体にも影響を及ぼす。
■精神と肉体への影響について■
『精神状態と典型的な症状』

    「不安」:通常の心配というレベルではなく、思考と睡眠そして行動まで大きな影響を及ぼす。
    「疲労」:休息をとっても、回復されない慢性的な疲労。
    「集中力の欠如」:1つの目的や題材に対して注意を向けられないために合理的思考ができない。
    「無感動」:被害者特有のショック状態に陥ると精神的に外界から引きこもり無関心になる。
    「体温への影響」:周囲の気温や気候に関係なく、暑さや寒さを感じることが普通に起こる。
    「内臓への影響」:被害を受け続けると腸や膀胱の筋肉調整ができなくなり失禁や下痢を起こす。
    「吐き気・嘔吐」:危険が去った状態や食事の時に、突然吐き気や嘔吐を催すために摂食が難しくなる。
    「飲食障害」:飲食に興味がなくなり、体重減少・疲労・病気に陥る。
    「緊張病」:被害者特有の緊張状態が続くと通常の身体動作ができずに固まってしまう。
    「震え」:特に手足に出ることが多いがひどい場合は全身に至る。
    「鬱」:被害者は慢性の鬱病を伴うことが多い。自己批判・悲観主義・将来への不安・疲労。
    「移り気」:深刻な鬱から異常に多幸な状態まで気分が変わり続ける。
    「強迫的行動」:目的もない行動を繰り返したり、1つの話題を継続的に話す。
    「無謀」:自分や周りの人の安全をかえりみず身勝手な行動を起こす。
    「攻撃性・短気」:時に攻撃性を抑制できず、突然周りの人や物にまで怒りをぶつける。
    「自己嫌悪」:自分自身を無価値だと強く思い込み、他人と比較して卑下する。
    「現実逃避」:自己に引きこもり、完全な無力症を呈するか、想像や幻想の世界にこもる。
    「薬物などの依存」:壮絶な記憶を忘れようとしてアルコールや麻薬を摂取しその量も増加する。
    「言語障害」:発音が不明瞭になると共に意思伝達能力が著しく衰える。
    「記憶喪失」:深刻なストレスのもとでは短期間の記憶も失われる。

『環境』は「精神」と「肉体」へ様々な『影響』を与える。

◇加害者と被害者◇
ストーカー(精神・薬物障害などの影響を除く)と、被害者環境の核心部分を簡略化したものです。
■加害者と被害者■
『加害者の場合』

「第1段階」
    ・自己欲望への達成意志が形成されます。

「第2段階」
    ・目的不達成に対する自己の内面分析と状況分析が欠落しています。
    ・相手に関する内面と状況の分析が欠落、または不的確要素があります。
    ・自己責任の欠落があります。
    ・相手に対しての責任転嫁とその行為により自己を正当化します。
    ・正しいセルフコントロールが欠落しています。

「第3段階」
    ・間違った方法論で強硬手段を始めます。

「第4段階」
    ・その行動がエスカレートしていきます。

「第5段階」
    ・自暴自棄による最終手段の行動を取ります。

『被害者の場合』

「第1段階」
    ・不安による生活全体への悪い影響が始まります。
    ・加害者による家庭や職場へのいやがらせにより悪い影響が始まります。

「第2段階」
    ・最初はできるだけ隠密での事態収拾を望みます。
    :(被害者だけの意見/相談した家族や知人だけの意見/その両方の意見)の場合が挙げられます。

「第3段階」
    ・自己と相手、及び原因に対する分析の未完全さが挙げられます。
    ・そのことにより更に混乱した精神状態になります。

「第4段階」
    ・周りからの様々なアドバイスが挙げられます。
    ・この段階でも更に混乱した精神状態になります。

「第5段階」
    ・事態は悪化していきます。
    ・業者を選択して解決を望みます。

「心理的な動き」や「精神状態」に関する一部の描写。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2632/3606 《前のページ | 次のページ》
/3606