teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2582/3587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

板垣英憲かく語りぬ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年11月 6日(火)17時40分8秒
  通報 返信・引用 編集済
  転載用URL.........http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1117

コピペでチョンではなくて必ずご自分のご意見・解説などを加えてください.... 大摩邇(おおまに)さん,あなたのことを言っているのですよ。それができないならコピペは止めていただけませんか。少なくとも私の記事に関してだけは。過去Hyouheiなる人物にアップするとコピペされ先方に注意したところ今度は突然「誹謗中傷」が始まり嫌な思いをしています。当方に敬意を表していたようでしたがころっと態度を変えるその人格がやはり日本人は........と思わずにはいられませんでしたよ。と,いうことなので今後一切拙稿はコピペの対象から除外していただきたい。大摩邇(おおまに)さんの情熱は伝わってきます。Hyouheiなる人物とは違う懐の深さも理解しております。貴重な時間をさいてやられていることは理解できます。以上よろしくご配慮のほどお願い申しあげます。私としては時々覗いて(しょっちゅうですが)色々な情報が入りますので勉強はさせていただいております。

追加させていただきますとあなたは「ノアの洪水」のコピペをしていますね。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1733463.html

拙稿で検索すればギルガメシュ叙事詩とかシュメール神話とか発掘調査の様子が出てきます。ノアの箱舟も解説はスルーです。一体読者に何を知らせたいのでしょうか。それとあなたの記事のアクセスですが不正が行われているようです。記事の更新をするとふた桁増となり一秒後に再度更新をするとこれまたふた桁増となります。

さて正義感だけでこの世と戦っても無駄であるですが......

以下のマキャベリの記事をじっくり読み考えましょう。 早く気づいた方が勝ちです。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/108.html

何事につけても善を行なうことしか考えない管理者は悪しき者の中にあっては破滅せざるを得ない。悪しき者である事を学べ。


参考URL........平成22年度の私立大学への助成金(前年比4億円増の3,221億8,200万円

http://eic.obunsha.co.jp/resource/topics/1104/0402.pdf#search=%27%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A7%81%E5%AD%A6%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%27


不認可撤回の要望書.....

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121105/t10013263161000.html

田中眞紀子はある意味で正論を言っているので撤回はするな。文教族への挑戦はおおいに結構。2008年の天下り総経費は12兆円強..........現在は15兆円くらいか。当時のODA絡みで金丸信はタイへちょくちょく行ったのはキックバックの件で行ったのですが残りの80%の使い方もひどいもの。ほとんどが関係者のポケットに..........。


日本の大学一覧.......http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E4%B8%80%E8%A6%A7

(2CHスレッド)そりゃアメリカの4年制大学数の約2500校と比較すると少ないけど

日本 大学数778校(国立86 公立95 私立597)


新設大学は文部科学省の天下り先

http://bylines.news.yahoo.co.jp/eikenitagaki/20121105-00022306/

田中眞紀子文科相は、宿敵・文教族のドン森喜朗元首相が持つ「新設大学利権」獲得にNOを突き付けた

板垣 英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表
2012年11月5日 23時55分

◆「暴走おばさん」、田中眞紀子文部科学相をこう評したのは、小説家・作詞家なかにし礼さんである。テレビ朝日の番組「スクランブル」(11月5日)でコメントしていた。「暴走老人」と言われている石原慎太郎前都知事に引っかけた言葉だ。

確かに、文部科学省の大学設置・学校法人審議会の答申を覆して、3大学の新設を不認可としたのは、従来の慣例から言えば、異常である。3大学とは、秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大だ。

朝日新聞デジタルは11月5日午前11時48分、「不認可3大学、田中文科相に直訴へ 撤回求め7日に訪問」という見出しをつけて、以下のように配信した。

「田中真紀子文部科学相が新設を不認可とした秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大の3大学関係者が、7日に文科省を訪れ、不認可の撤回を求めることになった。田中文科相に面会を求め、直訴する方針という。秋田公立美術大の開学をめざす秋田市が、5日に開いた緊急会議の後に明らかにした。同市はこの日、田中文科相が不認可を撤回しない場合、行政不服審査法に基づく対抗措置がとれるかどうか、市の顧問弁護士と相談していることも明らかにした。会議では、採用を内定している教員の処遇や4年制大学への移行に合わせて学生募集を見合わせている公立美術工芸短大の募集再開について話し合った。現在4割近くまで進んでいる施設の増改築工事は、続行することを決めた」

◆なぜ、こんな事態が起きたのか。事態が起きた根本には、3つの問題がある。

1つは、「学校屋」あるいは「大学屋」と言われる「学校経営」を商売にしているプロのビジネス集団の「大学新設利権」である。

この利権集団と結託しているのが、文部科学省の大学設置・学校法人審議会である。利権集団からの大学新設申請があると、文部科学相の諮問を受けて、検討するのだが、大体、諮問通りに答申し、文部科学相は、認可する。

私学運営には、毎年、巨額の助成金が国から支出されるので、こんな美味しい商売はない。新設大学の経営者である理事長以下理事のポストは、「利権屋」が独占し、文部科学省官僚の天下り先ともなる。教授以下の教職関係者には、マスメディアの記者、アナウンサーらの再就職先として確保される。利権に群がるのだ。

2つ目の問題は、この「大学利権」は、自民党文教族議員が、支配、掌握してきた。旧文部省時代から文部大臣は、概ね、福田派、三木派、中曽根派の3派閥から送り込まれてきた経緯があり、田中派や大平派からの配置は、少なかった。この結果、自民党国会議員の族議員化が進み、森喜朗元首相(元文相)が、「文教族のドン」と言われて、幼稚園から大学までの「私学助成利権」、日本体育協会を頂点とする「スポーツ振興利権」などを壟断し続けてきた。森喜朗元首相は建設相の経験もあり、大学施設やスポーツ施設建設・増設について、建設業界などと政治資金面で深い関係を築いている。これは、3年前に自民党が野党に転落してからも変わらなかった。

この森喜朗元首相の利権の牙城に、田中角栄元首相の長女・田中眞紀子が文部科学相として送り込まれたのである。田中眞紀子文部科学相が外務大臣のとき、その座から引きずり下ろすよう当時の小泉純一郎首相に進言し、辞任に追い込んだのが、森喜朗元首相だった。いわば、憎っくき宿敵、政敵である。

野田佳彦首相が、この関係を熟知していなかったとしたら、迂闊であった。田中眞紀子文部科学相は、森喜朗元首相の「私学利権」の支配、掌握下にある「新設大学認可問題」に直面して、過激反応してしまったのである。

3つ目の問題は、秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大の3大学が、正式認可も下りていないのに、先走って、学生募集や施設拡充建設などを進めていたことだ。従来通りのやり方で、すべてうまく行くと思い込んできた点は、軽率だった。国家財政が、破綻しているという状況のなかで、大学新設は、控えるべきであった。文部科学省の官僚たちも、安易であった。

板垣 英憲

政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

昭和21年8月7日広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒業、海上自衛隊幹部候補生学校を経て、毎日新聞東京本社に入社、社会部、浦和支局、政治部・経済部に配属。福田赳夫首相、大平正芳首相番記者、通産省、東京証券取引所などを担当。昭和60年6月、評論家として独立。著書は「戦国自民党50年史」「小沢一郎総理大臣」「国際金融資本の罠に嵌った日本」「孫の二乗の法則―孫正義の成功哲学」(PHP文庫)など130冊。


関連URL..........大学教授の給料は高すぎる?

http://quasimoto.exblog.jp/19161697/


ちょっとややこしくて恐縮ですが...........

「イザヤの書」第38章第10節:

私は思った、私は、生涯のなかばで、

去っていく。

のこりの年々は、

黄泉の門(よみの門)の前で、とめられた。

(ドン・ボスコ社版聖書(注)、p.1453)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1195267571

関連URL.........ダンテものがたり その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/161.html

悪魔は神の三位一体をまねて、善の三位一体を転倒・逆転した形である悪の三位一体を構成する(善と悪は鏡映対称の関係にあるからである)。たとえば、地獄編第6章における三つの頭を持つケルベロスは、まさに一にして三である地獄の三位一体を成している。地獄編第17章のゲーリュオーンは人・蛇・蠍(さそり)の三体合体動物であり、歪められ、転倒した三位一体を示している。じっさい、地獄編第34章の堕天使ルシフェルは三頭を有する悪魔であり、至高善である神の三位一体を反転させた悪の三位一体を象徴している。神はLと呼ばれることをダンテは説明しているが、反世界おける神である悪魔ルシフェル(Lucifero, Lucifer)も頭文字はLである。地獄編冒頭の三匹の獣は、地獄編の最後において、ルシフェルから地上に送り出された三悪の象徴であることが解き明かされる。すなわち"lonza"(豹)、"leone"(獅子)、"lupa"(雌狼)はいずれも共通の頭文字"l"を有しており、"Lucifero"の分身であることが分かるからである。Lの反神性を表すルシフェルの頭文字Lの中に神性の否定形が、三頭の獣の中に三位一体の否定形が象徴されている。これはまた、悪に対抗する猟犬(Veltro)との関係においても対をなすように構成されている。"Veltro"と韻を踏む言葉は稀な単語であるが、それらの単語の中には、"lonza"、"leone"、"lupa"を一つに結び付けられるものとちょうど反対の現象が見出されるからである。三頭の獣が頭文字を不変幹としているように、"Veltro"、"Peltro"、"Feltro"は語尾を共有し、語尾が不変幹となっている。つまり"lonza"、"leone"、"lupa"はまさに"Veltro"に敵対し、対立するアンチ・クリストであり、"Veltro"を逆転させたものが"lonza"、"leone"、"lupa"ひいては"Lucifero"に他ならないのである(白水社、文庫クセジュ「ダンテ」、マリーナ・マリエッティ著/藤谷道夫訳での藤谷氏の「悪魔的三位一体」の注p.133-4。"Peltro"は「白鑞、しろめ」(ピューター、すず、銅、鉛の合金)で、"Feltro"は「フェルト、felt」(羊毛などの獣毛を圧縮して作った布地)である]

 106.処女カミッラ:カミッラCammilla, Camillaは、トロイアとの対戦中に殺害されたメタブスMetabus王の勇敢な娘であった(アエネーイス, Book 11)。

 107.ツルヌス、ニースス、エウリュアルスが傷つき死んだ:ツルヌスTurnoはトロイアに対して戦争をし、単独の騎士アイネイアースAeneasによって殺されたルツリアンRutuliansの王であった。ニーススNisoとエウリュアルスEurialoはルツリアンのキャンプで夜襲で殺害された若いトロイア戦士であった。以後の文学では彼らの共通の忠義が誠実な友情の標準的基準であった。

 111. そしてその時みが始めて人類にその束縛を解くのである:[「悪魔の本質は善である。悪魔の悪は自由意志を無知によって悪用した結果である。その動機は神と人類への妬みである」(LUCIFER、p.28)]


注:ルシファー―中世の悪魔 ジェフリ・バートン ラッセル、 野村 美紀子より

参考URL........パリを見渡すガーゴイル

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/18.html

 ヨーロッパにおけるもっとも印象的な中世のガーゴィルは,明らかにパリのノートルダム寺院の塔にあるガーゴィルであって,その大半は13世紀末の様式による。ガーゴィルの一つは錬金術師の像であり,これらガーゴィルが人間の内なる性質を表しているのだという。こうしたオカルティストたちは,キリスト教教義の目的が,人間におけるデーモンの要素をあがなう(変成)ことだとしている。この仮説の観点では,デーモンの形態は人間の諸要素を表し,人間はこうした要素を贖(あがな)われ,天使の堕天を逆転するようなやりかたでもって,天にひきあげられるのである。


写真はスイスGruyere..........ガーゴイルの一種なのですがヨーロッパのどこを旅してもこういうものがあります。とくにスイスには......

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2582/3587 《前のページ | 次のページ》
/3587