teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2564/3586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大カラスと三羽カラス

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年11月13日(火)13時20分33秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://8906.teacup.com/toraijin/bbs

大烏で検索すると3件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%91%E5%89G&x=0&y=0&inside=1

大カラスで検索すると2件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%91%E5%83J%83%89%83X&x=0&y=0&inside=1

関連URL..............

http://www25.atwiki.jp/monosepia/pages/4674.html

Gorge of THE CHERITH(ケリト渓谷)。エリヤ(ELIJAH)が大カラスにエサを与えられた聖書的な場所として知られる。近くにはエルサレムからエリコに通じる旧道がある。.......主の言葉がエリヤに臨んだ。「ここを去り,東に向かい,ヨルダン川の東にあるケリトの川のほとりに身を隠せ。その水を飲むがよい。わたしはカラスに命じて,そこであなたを養わせる。」エリヤは主が言われたように直ちに行動し,ヨルダン川の東にあるケリトの川のほとりに行き,そこにとどまった。数羽のカラスが彼に,朝,パンと肉を,また夕べにも,パンと肉を運んできた。水はその河から飲んだ。しばらくたって,その川も涸れてしまった。雨がこの地方に降らなかったからだ。(列王記Ⅰ大17章2~7節)

聖書ものがたり・列王記参照

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/135.html

パン と クラ 獲る (全能者)
パントクラトール」とはギリシャ語で「すべてを掌握する者」または「すべてを統治する者」 http://www.sutv.zaq.ne.jp/osaka-orthodox/icon/zennousha.htm
爾は獨(ひとり)聖なり、
獨(ドク)聖なり、・・・ドク(医師)
無私の形は獣の牡器(ぼき)で、その獣を獨(どく)いう」http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1318
虫に従い、上の目は蜀の頭形を象(かたど)り、中はその身の蜎々(けんけん)たるを象る 」と説明して蚕の象形を暗示した。また、白川静(987夜)は「牡の獣の形。無私の形は獣の牡器(ぼき)で、その獣を獨(どく)いう」と説明している。http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1285
蜀・・・「蜀 」は、虫の字が中にあってぐにゃりとした虫けらを指す。 - へびつかい座
へびつかい座となっている巨人は、アスクレピオスとよばれるギリシア神話第一の名医 です。http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/seiza/natsu/hebitsukai/shinwa.html
巨人
「巨人」とされる。 名前の意味は「(天から)落ちてきた者達」であるという。「ネピリム」とも表記される。 /%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%A0
錫を表わす言葉「アン・ナ」は、ヒッタイト語から大きく変わることなしに取り入れら. れた もので、アッカド語やバビロン、アッシリア、その他のセム語族の言葉では. ちょっと 変わって、「アナク」となります。「アナク」は通常「純水な錫」を意味します ...http://plaza.rakuten.co.jp/beautifullife929/diary/20100413/
アヌンナキの神々が古代人に錫を原鉱から精錬する方法を教えざるを得なかったことから、この金属はシュメール人にとって「神の」金属であると考えられていたようです・・・。
 シュメール語で錫は「アン・ナ」であり、それは「天の石」を意味し、同様に、原鉱から精錬しなければならない鉄が使われるようになった時、それは「アン・バル」と呼ばれ、「天の金属」を意味したということです。
また、銅と錫の合金である青銅は「ザ・バル」(「2倍も輝く金属」の意)と呼ばれるらしい・・・。
「アナク」という言葉の変化は、「この金属がアヌンナキの神々ともっと近い親密な関係にあることを反映したものではないか」と考えておられるようです。
それは、この言葉が、「アンナクム」と綴られているのも発見されており、これは「アヌンナキ」に属するもの、または、「アヌンナキ」に由来するという意味になるからだそうです・・・。

神々の起源と宇宙人「アヌンナキの神々」とは誰のことなのか : ラミーコの ...
2012年10月4日 - 自分たちは「原始的労働者」を作ろうとしているのだ、と彼は言った。そして、こうして作 られた労働者たちが、アヌンナキに代わって激しい苦難の仕事をするのだ、と。 そこに 集まっている神々たちの驚きを前に、エンキは既に主任医師のニンティ/ ...
エンキが南アフリカで監督していたアヌンナキたちが反乱を起こし、採掘を続けることを拒否したのである。
そしてこの危機の緊張を和らげようとしてやってきたエンリルを、人質にしてしまったのだ。
こうしたすべての出来事はシュメールの記録に残されている。

自分たちは「原始的労働者」を作ろうとしているのだ、と彼は言った。そして、こうして作られた労働者たちが、アヌンナキに代わって激しい苦難の仕事をするのだ、と。
そこに集まっている神々たちの驚きを前に、エンキは既に主任医師のニンティ/ニンフルサグの助けを借りて実験を行なってきたと述べた。

この生物は、アヌンナキと同じような姿をし、道具を使えるようになり、命令に従える利口な生物になるだろうと。
こうして、遺伝子操作と実験室のフラスコの中で行なわれた猿人の女性の卵の受精から、ルル・アメルという「合成労働者」が作り出された。

しかしこの人造人間には生殖能力がなかったので、エンキとニンフルサグは試行錯誤によって改良を重ね、完全なモデルを作り上げた。
彼らはそれを、アダム、つまり「地球の男」人間、と名付けた。そして受精能力を備えたこの召使たちによって金は豊かに採掘されるようになった。

エンキはその船を、(中)近東でも最も目立つ双頭の峰のある「アララト山」へと導くための航海士までも、ジウスドラに付き添わせた。
アヌンナキの神々からシュメール人たちに後述された「天地創造と大洪水」の古文書は、一般の聖書といわれるものや、要約編集された版よりも極めて詳細にわたっており、明確にその物語が述べられている。

エンキはその船を、(中)近東でも最も目立つ双頭の峰のある「アララト山」へと導くための航海士までも、ジウスドラに付き添わせた。
アヌンナキの神々からシュメール人たちに後述された「天地創造と大洪水」の古文書は、一般の聖書といわれるものや、要約編集された版よりも極めて詳細にわたっており、明確にその物語が述べられている。

ゴリアテは「さあ来い。おまえの肉を空の鳥や野の獣にくれてやろう」と嘲ったが、ダビデは
「お前は剣と槍を頼りに戦うが、私はお前がなぶったイスラエルの戦列の神、万軍のYHWHの名を頼りに戦う。戦いは剣と槍の力で決するものではないことを人々は知ることになるだろう。これはイスラエルの神の戦いである」
と返答した。これを聞いたゴリアテはダビデに突進した。ダビデは袋の中から1個の石を取り出し勢いよく放つと、石はゴリアテの額に命中し、うつ伏せに倒れた。ダビデは剣を所持していなかったため、ゴリアテに近寄って剣を奪い、首をはねて止めを刺した。

管理人注:ダビデとゴリアテ参照

http://megalodon.jp/2009-0318-0311-45/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/316.html

少年ダヴィデと巨人兵ゴリアテ

http://blog.goo.ne.jp/cfsasaki/e/c1fb5e53b53826a5487b1dd366251563

ペリシテ軍はゴリアテの予想外の敗退により総崩れとなり、イスラエル軍はダビデの勝利に歓喜の声をあげた。イスラエル軍は敗走するペリシテ軍を追って、ガテやエクロンまで追撃して勝利を収めた。この戦いによりダビデの名声は広まり、サウルの側近として仕えるようになった。
   ゴリアテ(ヘブライ語:????????, Golyat)は、旧約聖書の「 サムエル記」に登場するペリシテ人の巨人兵士。

カナーン人とペリシテ人、ヘブライ人、ユダヤ人について。 - Yahoo!知恵袋
カナーン人というのは、紀元前10世紀ごろ現在のエルサレム周辺に住んでいた人。 ペリシテ人は、紀元前10世紀ごろ現在のガザ周辺に住んでいた人、特にユダヤ人との 関係は最悪で...http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027542275

ペリシテ人は聖書の物語の多くの部分で、絶対的 な他者であった」http://www.archeonews.net/2011/07/blog-post_11.html
ペリシテ人の記録は、偏った見方ではあるものの、ヘブライ語聖書に残されている。
英雄サムソンはペリシテ人の女性と結婚しており、ヘブライ人と小競り合いを続けていたが、裏切られ、捕えられて、目を潰され、ガザの神殿に幽閉された。
しかし彼は力を取り戻し、つながれていた神殿の二本の柱を倒して、中にいたペリシテ人全員を道連れにして死んだ。

 物語
12067・キリストと結ばれる人は - バイブル・ジャパン
2012年11月9日 - ところが、異性に対して弱い所がり、敵国ペリシテ人デリラを愛してしまい、多くの反対を 押し切って結婚してしまうのです。ペリシテ ... 山形医師(写真)は、キリスト新聞社から「 隠された神」「負わされた十字架」、「いのちみつめて」など医師として、 ...http://bible-japan.com/domain/www.bible-japan.com/

日本では縄文時代に天降った神様の役割ですが、イスラエルの民にとっては物質界に堕ちたアダムとエバの御世からシュメール時代のアブラハムまでに相応します。また、中華では夏王朝に相応します。」
そこで、安万侶殿がお尋ねします。
「徐福殿は古代中華の周王朝の末裔とお聞きしていますが、イスラエルとも縁(えにし)があるのでしょうか?」」
徐福殿が答えます。
「わたしの家系は代々仙人なのですが、イスラエルの末裔のレビ族の一支族でもあります。
そもそもソロモン王は世界最強のタルシン艦隊とヒラム艦隊を所有してインドと貿易をしていたのですが、さらに沖縄を経て、殷王朝や縄文人とも物々交換をしていました。
目的は子安貝から採れる紫色の顔料だったのですが、紫色は王者の証なのです。

特に倭(やまと)の薩摩や隼人の地にはイスラエルの中ではヨセフ族の末裔たちが移住しました。そして、倭(やま と)の日向、出雲、葛城、熊野に鴨一族が住み、中華では殷の山東半島に有力なレビ族が移住したのです。その レビ族は太陽の使いである烏(からす)や鴛鴦夫婦の迦毛(かも)を族名としました。
実は、中華の殷と朝鮮、日本の隼人はペリシテ人に相応し、中華の周と日本の天皇家はイスラエル人に相応出来るのです。
その後、中華には偉大な周王朝が誕生しますが、春秋時代となると周王朝に陰りが見えます。諸侯が力を付けて周王朝を乗っ取ろうとするのです。そのような時代に三東半島に孔子殿が生まれたのです。彼も烏(からす)だったのですが・・・

前方後円墳は壷型の生命の樹に見立てられ、上位世界へと旅立つ墳墓なのです。
前方後円墳の方部は生命の樹の『上の顔』、造出し部は『中の顔』、円部は『下の顔』に見立てられるのです。

勘違いしないでください。ペリシテ人の遺伝子は多かれ少なかれわたしたち人類の遺伝子に組み込まれ ているのですよ。そしてペリシテ人の誘惑に負けたり、サムソンのような勇者となってペリシテ人の誘惑を撥ね退けながら、生命の樹を綾成さなければならないのです。
それはそうと、わたしは後の子孫には始皇帝を誑かした詐欺師なんて言われるかもしれませんが、わたしだって始皇帝との約束は守ったのですよ。宇陀の地から大量の水銀を始皇帝に送ったものです。
よいですか?神武天皇が大和で国造りをしたのも、わたしが孝霊天皇に仕えたのも、熊野烏を通じて顕れた天照大御神の成せる業なのですよ。
そして烏(からす)は十二羽、十羽、八羽、七羽などを単位とした生命の樹を構成しています。では烏(からす)を分類して見ましょう。
イスラエル十二支族の祭司族であるレビ殿を大烏と呼びます。
レビの子にはゲルション、コハテ、メラリ殿の三支族がいます。これを三羽烏と呼びます。


ペリシテ(= パレスチナ)人、http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna5.htm
① エフライムとマナセの元の集団が純粋なヨセフのY遺伝子を持っているとして、南北朝分裂の後、イスラエル近辺にいた偶像崇拝のハム系の民(カナン人、ペリシテ(=パレスチナ)人、フェニキア人など)の父方集団の血がかなりこの集団に混合し、そして皮肉なことに、そのハム系のDNAが逆に、エフライム族、マナセ族のしるしとなっているという見方である。(ホセ7:8-16などの記述参照)
  E系統は、アフリカにきわめて多い(モロッコ80%、南アフリカ50%、中央アフリカ・ピグミー60%、カメルーン70~80%)ので、純然たるハム系である。また、古代ヘブル人のDNAは、レビ人以外は明確になっていない。このレビ人にもかなり混じっている。(エチオピアのユダヤ人E:32%、D:0%)
  しかし、アイヌ人のようにD2の比率が88%と、混じったにしてはあまりにも高率であり、また、日本人にE系統が見られないこと、地中海沿岸や他のアフリカ地域にD系統が全く見られないこと、同様に姦淫したであろう他のイスラエル8部族や南の2部族(ユダ、ベニヤミン)からD系統が見出されないことなどから、この考えは即受け入れることはできない。姦淫は、イスラエルの国内や部族内のみで行なわれたと思われる。ホセア書の記述は、Y染色体の遺伝子ではなく、一般形質の遺伝子について、この時、また、後の日本での時代にも混じったことを意味する。

④ 日本人のD系統が、そもそもエフライムなのではなく、シュメール人(バビロニア、シヌアルの地 ; ハム系)が出身母体で、その地の民は滅びてしまった、という考え方。シュメール人も、歴史の中に忽然と現れ、また突然消えた民である。しかし、古代日本のイスラエル性だけでなく、同じD2系統のチベット近辺の民が、アミシャブが認めているマナセ族の末裔であることから、D2が文化的なイスラエル性を持つ人種であり、歴史の終わりに5000もの神々を持つようになったシュメール人が日本人であるとは考えにくい。(宗教的には、アイヌ人はその後北方アジアの影響を受けてアニミズムに変わり、本土人は渡来人による影響を受けて仏教になったと考えられる。) また、縄文人の中に、シュメール人特有の”楔形文字”や”青銅器”などの文化は全く伝わっていなく、ゆるやかな移動の途中と思われる道筋(南アジア・ルート、ユーラシア大陸)にもD系統やそれらの文化は見出されない。
  (* 戦前の”シュメール-日本人説は、戦時下の日本人の士気を鼓舞し、日本人の優越感を植え付けるために吹聴されたものに過ぎない。)
  また、アブラハムがカランを出る時、「カランで加えられた人々を伴っていた。」(創12:5) もし、彼らシュメール人がD系統の特徴を持つならば、その特徴はイスラエル12部族のすべてに行き渡っているはずであるが、他の10支族やアラビヤ人(アフロ・アジア語系、イシュマエルの子孫=母ハガルはエジプト人(創25:12))などにはこれがない。(E系統は存在する)

もし、YAP+という、DE*、D、E系統を特徴付ける塩基配列がヨセフの妻(ハム系)のX染色体のどこかに隠れて存在していたならば、それが受精の時に、ヨセフ(セム系)のY染色体のDNAの中に”挿入型”突然変異として入り、息子(マナセ、エフライム)のY染色体DNAはD系統に変化してしまった(ここから、D系統がスタートした)と考えられる。
                  XY(ヨセフ) + XX(YAP)(DE*:アセナテ) → XYYAP(D:マナセ、エフライム)
  現在、エフライムを自称する民族は多いので、神様は、この特別な変異のしるしを エフライムとマナセだけに与えたのではないだろうか?
  このような特別な遺伝をした場合、アセナテからのハム系の遺伝子が入ったのは1回きりだから、一般形質としてはセム系の形質がある程度は残っていると考えられる。(・彫りの深い顔、・毛深い、・長い手足、・低い身長 ・・・ cf.ハム系のカナン人は背が高かった(民13:32-33))

チベット系の羌(タングート、蔵人)が384年後秦を建国し、秦が陥落(417)した後の、その末裔が秦氏一族であるという説がある。この説によれば、秦氏は、マナセ族の末裔であり、ここからさらに日本でD2系統が増えていったと思われる。(すでに、BC231年に現在の中国の開封(河南省)にユダヤ人の居留区があった。)http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna6.htm


管理人注:アラブ人の祖先イシュマエルは以下参照

聖書ものがたり・ヨシュア記

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/131.html

写真はイシュマエルの顔

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2564/3586 《前のページ | 次のページ》
/3586