teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2478/3533 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

月にはやはり基地があった

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年11月25日(日)16時23分48秒
  通報 返信・引用 編集済
  For our struggle is not against flesh and blood,but against the rulers,against the authorities,against the powers of this dark world,and against the spiritual forces of evil in the heavenly realms
         <EPHESIANS6:12>

「私たちは、常に、エフェソ人への手紙、第六章の十二を思い起こさなければならない。『私たちの戦いは、血肉を備えた物理的存在に対してのものではない。それは、この世の闇の支配者の国や権力に対するものである。それは、高次元での、邪悪な霊に対する戦いである。


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/289.html

マイクロソフトの真新しいビルの陰に地下室をもった古ぼけたビルがあるそうだ。その地下では悪魔との交信をしているという。魔道書をすべて引用はできないがそういう方法はあるという。シンボル的に言うと,地下室というのは墓所である。それは大地であり,麦の穂が落とされ成長し,再生されなければならない場所だ。メーソンにおける地下室は,もっと高徳なマスターメーソンが埋葬されるところだ......再生の思想はメーソンの礎石を祝う儀式の公式儀礼として現代まで続いている。儀式の参加者は,床に種をまくが,時にはこの種蒔きは星への種蒔きと関連付けられている。古代エジプト人は古代エジプト文明初期の頃から,ピラミッドや神殿の定礎式(コーナーストーンセレモニー)で,星の儀式を「星魔術」の形で行っていたことが知られている。この儀式には北の空と南の空の周極星が使われ,オリオン座の星と,特にシリウス星が使われた。


http://megalodon.jp/2009-0318-0306-13/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/303.html

管理人注:ここの記事では月には異星人がいるとのこと

http://www.gasite.org/index.html

月には基地があります。この基地には国連軍が駐屯しているはずです。彼らの交信用装置はオレンジ郡シールビーチに隣接せるハンティントンビーチにある大きな建物の中です。そして巨大な鏡のようなものを彼らは使用しています。それは「一つ目」で、彼らはそれを月との交信に使います。サイクッロプス(単眼の巨人)です。

1996年に、これに関わっていたもう一人の人間と話をした事があります。彼女の家族はつきへ行った宇宙飛行士の仲の一人を知っていて、宇宙飛行士が地球に帰還した後、その家族に ”月で建造物を見た” と言いました。彼はまた、地下に続く自然の産物ではない人口的な入り口も発見したそうです。彼はショックを受けました。帰還後はそのことを他言しないように、常に脅迫を受けていました。

高次元からパワーを仕入れることを“心霊術"など、どのように呼んで下さっても構いませんが、その知識はこの世界からは不可視の、どこか他の場所からやって来ているのです。それがこの地球上で物理的事実となります。権力を手に入れるために闇や邪悪なものを選択することによって、それらと裏取引をしている、これらの人々が、どのような方法を用いているかと言えば、彼らは血を必要としています。血の生贄です。

http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/544.html

月の謎

井出
最近のアメリカの一部のメディアで、アポロ14号(1971年2月)で月に着陸した宇宙飛 行士のエドガー・ミッチェルが、「NASAは、UFOと宇宙人の情報を隠蔽している」と公言しました。

1970年代の本には、ドン・ウィルソン著「月の先住者』(たま出版)のように、月に何 があるかに関して暴いているものがすでに出ています。アメリカは宇宙計画を始め  て、何回も探査機を飛ばして、月に何があるかというのは、60年代までにはつかんでいたんですよね。月の裏側にはいろんな基地があったり、あるいは表側にもものすごい構造物があるということを全部知った上で、敢えて実行したのがアポロ計画なんです。アポロ8号1968年12月)が初めて月を10周、周回した。そのときの宇宙飛行士3名は 人類で初めて月の裏側を目撃した。

その後アポロ11号(1969年7月20日)が史上初めて月面着陸に成功したときに、世界中に 中継する際はどのようにしないといけないのか、が中継する側にとって大問題になっ た。とにかくUFOがすぐ画面に入ってくるわけですよね。それが世界中に流れたらとん でもないことになると。それを回避するために何をやるかということの結果が、月面 に関するインチキ写真の捏造になったらしいのです。つまり月に降りたのは事実だっ たが、撮影はインチキだったらしい。月面と同じ風景のスタジオを地上に作っていた というのです。で、月面中継でUFOや何か変なものが画面に人った途端にパッと地上の スタジオに切り替えて、約2時間遅れて画像を世界中に放映したということです。だか ら、当時のアマチュアのハムのちょっと気の利いた人は、直接月からの電波を受信で きていたのですよ。「ああ、何か出てきた!」と宇宙飛行士が騒いでいるのが全部入 ってますよね。だから、そのたぴごとにパッと地上の月面そっくりのスタジオに画面 を切り替えて。

ただ、アポロ11号がちゃんと月面に降りている決定的な証拠が一つある。それはレー ザーリフレクター(反射板)を置いてきたんです、11号は。いろんな国の科学者がそれ にレーザーを当てて反射させて、月の距離を測る実験に使っていたことから、それは確かなことです。

その後どうして月に行かなくなってしまったかというのは、行けば行くほど、一般の 大衆が知ったら困ることが明らかになってくるわけで。行けば行くほどやぶ蛇だと。 だが実際は、情報によるとアポロ20号まで行っている。17号までしか表面的には行っ てないですが、うわさによると秘密裏に20号まで行ってますね。降りて撮ってきた、 向こうの建物のビデオなどがあるんですよ。私、サイトで見つけまして。あ、これは いつでも取れると思ったら、消されちゃった。でも写真が1枚だけ残りましたけどね。 もう実に見事な建物ですよね。バルセロナの聖家族教会、ガウディの造った建物に似 ています。20号にはロシアのアレクセイ・レオノフと、アメリカの2人の科学者が乗っ ていたといわれています。

私、レオノフに会ったことがあるんです。レオノフというのは1965年3月、世界で初め て宇宙遊泳を成功させた宇宙飛行士ですね。1999年8月3日に都内で「ロシア宇宙技術 講演会」がありました。そのときに、レオノフ氏の講演を聴いた後に私、彼に問い詰 めたんですよ。「あなたらは月で何か見つけたんだろう。映画『猿の惑星』の最後の シーン(自由の女神が倒れているのを見つけるシーン)みたいなのを見つけたんだろう」と。そしたら彼は黙ってしまって、答えに窮しました。懇親会のときに、私は悪いこと言い過ぎたと思って、「あなたが宇宙遊泳をやったときに私は中学生だった。 そのとき、たまたま私はおばあさんの家にいて、おばあさんが宇宙遊泳って何だと聞 いてきたから、丁寧に説明してやった。宇宙遊泳しているあなたの写真が新聞に載っ ていた。そしたら、うちのばあちゃんは理解できたぞ」と言ったら、レオノフはポロポロ涙を流して。非常に純情ですよ。そしたらレオノフが、後から分かったんです  が、その20号で行って月の遺跡を見てるんですよね。だから私は図らずも、そのとき にレオノフが体験したことをそのまま言っちゃったのかもしれません(笑)。だから彼 の言葉がストップしたのかなあと思っているんです。

月の裏側に基地があって、宇宙の人が、そこを拠点に地球に来ているらしい。だか  ら、「かぐや」(※5)が月の裏側をまったく中継しないですね。1ヵ月綴ったら月の表 面がくまなく分かるんです。JAXAの広報室へ行ったら2,3分ごとの途切れ途切れの映像 を見せてくれますが、それ以上は見せないです。「どうして一周まるごと見せない の?」と言ったら、「いろいろ理由があるんでしょうね」と。とにかく今までで一番分解能も高いハイビジョンカメラを使って、月の表面から100キロ地点でグルグル回っているわけですからね。

月の裏側に基地があり、宇宙人がそこを拠点に地球に来ているという話が本当なら、 そういう情報を地球の人たちにオープンにするという考えはどうして浮かばないんで しょうか。宇宙人にもさまざまあって、地球人の中に人り込んで乗っ取ろうという目的を持った宇宙人もいるかもしれませんが、そればかりではないでしょう。われわれ 地球人に手を差し伸べて、より良い方向に導く手伝いをしに来てくれている宇宙人もいるはずです。

情報をオープンにしない理由は簡単です。地球で権力を持っている人の一部がその権 カを手放したくないだけの話でしょうね。  「地球人全体の利益になるように情報をオープンにしよう」という強カな勢カが現れ てきてもよさそうなものですが……。われわれの分からないような、別の計画がある のかもしれないですけどね。どういうふうにもっていくかという非常に大きな計画が あって、ある段階に行くまでは控えているという可能性もありますね。

船井
正直なところ、私にも本当のところはよく分かりません。ただ、井出さんから聞いた お話は、ほぼ間違いないだろうということだけは分かります。

井出
世界でも日本でもそうだと思うんですけど、トップにいる人はみんな本当のことは知 っているらしい。「かぐや」の件でも、1ヵ月経ったらくまなく月が見られるわけです から、去年の終わり頃には月のあらゆる表面の情報が日本のトップには入っているだ ろうと類推できます。国会でもUFO論議が起きたでしょ。防衛大臣と町村さんがいろい ろコメントを言いました。町村さんは「絶対UFOはいますよ」と、個人的にはっきりおっしゃいました。防衛大臣も、UFOが来たら、どういう体制にするかという計画を具体 的に細かく話していました。あっ、これは「かぐや」の情報がトップに入ったなというのを、それで感じたのです。

ものすごく聡明で、しかも人類全部のことを思ってくれる存在たちが、支配するとい う目的ではなくて、地球人一人一人の本当の利益になるように動いてくれることを祈 ります。そうなれば最高ですね。

大気圏外生命体とのコンタクト

http://www.gasite.org/library/ufo_no14/index07.html

管理人注:何億光年の遠くからUFOが地球に来ることは不可能です。しかし考え方によっては可能なのです..........

UFOにはバクトロンが解明できなければ信ぴょう性に欠ける....

バクトロンが重力を伝えるものならば,それを遮断する装置を取り付ければ,空飛ぶ円盤(UFO)ができる。しかしここに大きな問題がある。バクトロンの大きさは,電子や原子よりも非常に小さいので,電子や光子(フォトン)を通さない容器でも,簡単に通過してしまうのである。ちなみにバクトロンは分子のさらに10のマイナス12乗の超超微粒子なのです。

 そこでバクトロンを通さないような物質をみつけなくてはならない。それがみつかれば,それで空飛ぶ円盤の完成である。円盤の外面を作り,バクトロンを遮断することによって無重力となり,空に浮かぶことができる。動きたい時には,その方向だけバクトロンを通すようにし,引力をはたらかせる。そうすれば,上下左右前後と,どの方向にでも自由に光速で動くことができるようになる」ですからUFOのすべての記事はインチキであると結論づけられる。

井口さんの記事にUFOがありましたが............UFOは地球に飛んで来れるか?

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/441.html

アインシュタインの相対性理論によると,物体が光の速度に近ずくにつれてその物体の質量が重くなるため,どんな推進力を使ってもどんなエネルギーを使っても,光の速度は越えられないことになっている。

1)アインシュタインの特殊相対性理論(光の速度を越える事は不可能)

2)宇宙の広がりは現在観測されているだけの広がりを持った空間であり,その三次元的な距離も宇宙全体の体積も現在観測されている通りである。

3)この宇宙はX・Y・Z(縦・横・高さ)の方向に距離によって広げられた三次元空間である。

 この1)2)3)の定義は世界中の人々が絶対に正しいと確認しているはずである。しかしこの三つの定義の中に一つだけ間違っている所がある........解りますか?答えは..........誰一人として疑う余地のない「公理」というべき考え方となっているが実は3)が間違っている。。

その答えの説明.....http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/41

見かけ上は3次元とまったく変わらないが,X,Y,Zの距離によって広げられた3次元空間とは全く異なったメカニズムでできた空間が考えられることが分かったからである。そちらの空間では,3次元的に150億光年の広がりを持つ宇宙と比べて,その体積も密度も3次元的な距離もまったく変わらないばかりか,3次元的に移動した時の,周りの風景の移り変わる様子を見ても,3次元空間と全く変わらないように見えてしまう。しかし,そちらの空間では,全宇宙の3次元的な広がりが全て4次元的な広がりに移し替えられている。従って,今「3次元的な距離も全く変わらない」と述べたが,正確には,3次元的な距離から"見かけ上の3次元的な距離”に変換されていて,実際の3次元的な距離ではなくなっている。

3次元的な距離もまったく変わらないばかりか,3次元的に移動した時の,周りの風景の移り変わる様子を見ても,3次元空間と全く変わらないように見えてしまう。しかし,そちらの空間では,全宇宙の3次元的な広がりが全て4次元的な広がりに移し替えられている。従って,今「3次元的な距離も全く変わらない」と述べたが,正確には,3次元的な距離から"見かけ上の3次元的な距離”に変換されていて,実際の3次元的な距離ではなくなっている。

そして,そちらの空間では,”見かけ上の3次元的な距離”が存在すると同時に,"次元を超えて移動した時の4次元的な距離”が存在していて,その4次元的な距離は全宇宙のどことどこを結んでも,常にO(ゼロ)に保たれていることが分かったのである。光だったら何十億光年もかけてやっと届くような,見かけ上の3次元的な距離であっても,UFOは次元を超えて4次元的に移動してしまうために,そこに距離は存在しない。そのため,UFOは一瞬のうちに無限の距離を移動することが出来る.......(多賀千明氏による解説)

アメリカ崩壊を見越したビル・ゲイツが日本に移住か?

http://npn.co.jp/article/detail/08077874/

中軽井沢・千ヶ滝西地区という場所で、米マイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏が巨大な別荘を建てているという噂が走ったのは今春のこと。
 敷地面積は約2万平方メートル。坪数に換算すると約6000坪というから、いやが応でも目立ってしまう。そして、噂は事実だった。
 「当初は、IT業界の大物が、成功を自慢しようと建設していると思われていた。ところが、ある週刊誌が役所を調べると、ビル個人のものとわかった。大富豪でも節税目的で、保有する法人組織に不動産を購入させる連中は少なくない。さすがビルは自分名義で登記していたわけですから、関係者をうならせていますよ」(全国紙社会部記者)

 地上2階、地下1階、屋上にはヘリポートが建設されるようだ。13年中にも完成の予定。もともとこの敷地には旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)が『軽井沢寮』として保有。その後、ベンチャー企業の未来技術研究所が『影絵プラネット』というギャラリーを運営していた。
 「ビルは、美術館兼個人別荘として使うという。広い世界で、なぜ軽井沢を選んだのか。それは、ビルが心酔するジョン・レノンがひんぱんに訪れていた場所だからです。ビルも何度かきてすっかり気に入ったようです」(消息通)

 週刊誌や写真誌が欲しいショットは、ビルがヘリコプターから降り立ち、現場に指示を出しているところだろう。
 「ある有力週刊誌は、世紀の大物なので何としてでも決定的瞬間が欲しい。そこで担当編集者が現地を足繁く訪れ、近所の若者に、ビルが来たら撮ってくれ、とカメラを渡したりしています」(出版界事情通)

 それにしても豪勢な別荘を建てるビルの“真意”とは何か。これからの派手な取材合戦に目が離せない。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2478/3533 《前のページ | 次のページ》
/3533