teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2427/3527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東南海地震の教訓の不気味

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年12月 6日(木)14時13分38秒
  通報 返信・引用 編集済
  6日付伊豆新聞「寄稿」欄に東南海地震の教訓という文があった......ポイントは東海・東南海・南海トラフの連動が事実起こったということ。安政東海地震の翌日に安政南海地震が発生していることはあまり知られていない。いずれもマグニチュード8.4の大規模なもので,さらに二日後にマグニチュード7.4の豊予海峡地震が発生し,東海・東南海・南海トラフの連動を証拠づけるものであった。

安政東海,南海地震は新暦に換算すると12月23日,24日のことであり,豊予海峡地震は26日のことである,と。 特に12月24日の旧暦は11月12日で仏滅であるのが気にかかる。11月12日=113

今年は158年経過するが単数化すると五芒星でもある。万が一に備えて寒さ対策と十分な食料・水だけは確保しておきたい。3.11で味をしめた連中が北から南まで一斉にやることも考えられる。ここのところの土建株の仕込みがなんとも不気味だし米国海軍の2012年のカレンダーには日本が沈没してないのです。悪い冗談だよ。しかし,マヤ歴の終わる日より前後3週間は気をつけた方がいいだろう。

参考URL..........お星様キラキラ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/4.html

洪水になる前は,ノアが箱舟に入るその日まで,人々は食べたり飲んだり,めとったり嫁いだりしていた。そして,洪水が襲って来て一人残らずさらうまで,何も気づかなかった。<マタイによる福音書24章38~39節>

稲妻が東から西へ閃き渡るように,人の子も来るからである。死体のあるところには,はげ鷹が集まるものだ。「その苦難の日々の後,たちまち太陽は暗くなり,月は光を放たず,星は空から落ち,天体は揺り動かされる」........その時,畑に二人の男がいれば,一人は連れて行かれ,もう一人は残される。二人の女が臼をひいていれば,一人は連れて行かれ,もう一人は残される。だから目を覚ましていなさい。(昔起ったことは,再び起きる。太陽の下,全てが何度も繰り返されてきたにすぎないのだろう)<マタイによる福音書24章27~41節>

惑星の自転軸の傾斜や極移動は,地球の自然界の周期活動の一つにすぎないということです。地球に悪がはびこったので神様が地球人を滅ぼそうとしているのではないのですよ。

参考URL..........突然万物は消滅する その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/444.html

エデンの門が開くこの時期のことを,地質学者は最大間氷期とよんでいる。原生人類は地球上に現れてから,そのようなパラダイスを二度しか見ていない。最近の最大間氷期はわずか8000年前のことで,その秋の日差しの名残に浴していられる私たちは幸運なのだ。
Stephen Oppenheimer:Out of Eden

参考URL..........突然万物は消滅する その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/447.html

安政東海大地震

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%94%BF%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E5%9C%B0%E9%9C%87


下は地震とは関係ありませんが面白かったので...........

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen50.html#%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88

 2万5千年周期が3回続くと自動的に次元転換が起こります。過去の恐竜絶命なども、宇宙存在がいう「収穫」の時期に起きました。予測される2012年の次元転換では、三次元から四次元ないし五次元へ次元が転換すると思います..........これからはこの地球をいままで以上の激変が襲う。巨大地震、火山噴火、土石流、台風、洪水、極端な高温や低温、落雷、竜巻、森林火災など、ありとむあらゆる事態が起きることを想定しなければならない。
 また南極、北極においての氷冠の融解、それにともなう海洋の拡大、地下水位の上昇あるいは降雨量の極端な減少も予測される。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2427/3527 《前のページ | 次のページ》
/3527