teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2422/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

BC10,500年に人は住んでいたか?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年12月 9日(日)08時57分45秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.bibliotecapleyades.net/sumer_anunnaki/reptiles/reptiles28.htm

Did you know that all the world’s most ancient monuments

...line up with the star systems: Orion, Leo and Draco?

"Giza"

The Egyptian pyramids are in the exact shape of the Orion constellation. (luminance reflected in the size of each pyramid) The central (once hidden and secret) shafts of the great pyramid all point to Orion, Sirius, Draco, Leo. You might think that the Sphinx is only 6000 some odd years old, but it’s not.

Scientists now know that it’s about 12,500 years old according to the physical wear of the rocks themselves from thousands of years of heavy rain fall weathering. (Studies by John Anthony West and Prof. Robert Shock, Boston University) For the last few thousands of years, Egypt has been DRY, so how did the rocks become SO heavily weathered by RAIN WATER? (Not wind erosion) If you go back to 10,500 BC, you have your answers.

If you follow the precession of the Earth (the slow wobble of the Earth over thousands of years around the North Star) you will notice that the Sphinx points right to the constellation Leo on the SPRING EQUINOX(春分) of every year back around 12,500 years ago (10,500 BC)

These ancient sites have been rebuilt MANY times, following the ancient blueprint of the original creators of these monuments, so they are VERY ancient indeed. Today the Sphinx currently points to Taurus, the Bull, every spring equinox.

So why is the Sphinx not a bull? Because it was most likely built in 10,500 BC, not 4-6000 years ago.

"Angkor"

The ancient temples in Cambodia, have this exact same phenomena.

They are built around an exact representation of the Draco constellation itself. Star for star - an exact representation of the heavens done with a precision that no Human on Earth today with all the technology we have can duplicate. And the temples all point to this same constellation, Draco the dragon, on the equinoxes of about 12,500 years ago, WHEN THEY WERE FIRST BUILT.

How many times have these ancient temples been rebuilt in order to maintain the "message for Humanity" which we are still uncovering?

There is an underwater ancient monument in Japan which also links to this chain of 10,500 BC(注:下のURLをクリック). And as we shall soon see, so will the recent discovery of the ancient pyramids off the coast of Cuba.

Orion, Sirius, Leo and Draco (the Dragon) - The cornerstones (corner-stars) of the ancient world on Earth in 10,500 BC. No matter where you might look in the ancient world, you will come across this same strange "coincidence"...

If you are still of the thinking that it was Roswell where the first contact was made - that’s what I call media-think. It’s easier to believe that project-bluebook and other military science projects have only had ET contact recently and are just covering that up in the last 50 or so years, which is clearly not the case. ET contact goes WAY back into the ancient world.

That’s a mightily long time...

グラハム・ハンコックが与那国の海底で見たものは?

http://www.bibliotecapleyades.net/esp_yonaguni.htm

多くの人を魅了したゼカリア・シッチン(Zecharia Sitchin)は2010年10月9日に亡くなったそうだ.........

http://www.bibliotecapleyades.net/esp_sitchin.htm#Multimedia0

グラハム・ハンコックで検索すると12件出てきます.......

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83O%83%89%83n%83%80%81E%83n%83%93%83R%83b%83N&inside=1

関連記事...........まだやるの,お星様キラキラ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/8.html

長い間忘れ去られていて,今でもおぼろげにしかその輪郭が分かっていない,最後の氷河期のニュートンやシェークスピアやアインシュタインに対して,彼らが言わんとしていることを無視することは愚の極みであり私は敬意を抱くようになった。彼らが我々に伝えたいのは次のようなことだ。人類をほぼ完全に破壊させる大災害は周期的に繰り返されていてこの惑星で生きる以上避けられないものであり,このような大災害は過去にも何度も起っており,またそれは必ず起るものなのである。

Hamlet's Mill(ハムレットの水車小屋)という本がありますがグラハム・ハンコック氏やエハン・テラビ氏などの著作は皆この本に感化されております。内容は難解な英語ですから日本人が一番嫌って近寄りたくないところです。来年あたりに翻訳でもしましょうかね。勿論出版社から出して印税を貰うなんてケチなことはしません(笑)。

What, after all, is the remarkable calendrical system of the Mayas if it is not a medium for transmitting exactly this message? What, if not vehicles for the same sort of bad news are the traditions of the four previous ‘Suns’ (or sometimes of the three previous ‘Worlds’) passed down in the Americas since time immemorial?
マヤの驚くべき暦のシステムは,このメッセージを正確に伝える媒介なのではないか?大昔から南北アメリカに伝わる,4つの太陽(あるいはかつての3っの世界)の伝承は,悪い知らせを伝達する手段なのではないか?
By the same token, what might be the function of the great myths of precession which speak not just of previous cataclysms but of cataclysms to come and which (through the metaphor of the cosmic mill) link these earthly disasters to ‘disturbances in the heavens’? Last but by no means least, what burning motive impelled the pyramid builders to erect, with such care, the powerful and mysterious edifices on the Giza plateau?
同様に,歳差運動の偉大なる神話は,単にかつての大変動だけでなく,やがて来る大変動についても宇宙の臼という比喩を用いて語っていて,地球規模の災害と天空の混乱を結びつけてはいるが,これらの神話の機能は何であるのか?また,いかなる熱烈なる動機に駆られて,ピラミッド建築者たちは,謎にみちた大建造物をあのような注意を払ってギザの台地に建てたのであろうか。
The reader will also not have forgotten the date calculated by the Ancient Maya calendar for the end of the world:
読者の皆さんは,古代マヤ暦が世界の終わりを算出した日付を忘れてはいないでしょう。
The day will be 4 Ahau 3 Kankin [corresponding to 23 December AD 2012], and it will be ruled by the Sun God, the ninth Lord of the Night. The moon will be eight days old, and it will be the third lunation in a series of six ...
その日は2012年12月23日にあたる。(その日は4アハウ3カンキン)で,その日は太陽神,第9の夜の神によって支配されているだろう。月齢は8日で,月期は6つ連続する中の3番目であろう.......
In the Mayan scheme of things we are already living in the last days of the earth.
マヤの物事の考えでは我々はすでにこの地球の最後の日々に暮らしているのである。
In the Christian scheme of things too, the last days are understood to be upon us. According to the Watch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania:
‘This world will perish just as surely as did the world before the Flood ... Many things were foretold to occur during the last days, and all of these are being fulfilled. This means that the end of the world is near ...’
キリスト教においても,終末の日が差し迫っているという。ペンシルヴァ二アの「ものみの塔」聖書教会によると(管理人注:イルミナティの血流のラッセル家によって始められたモルモン教同様な邪教をなぜ著者が取り上げるのか理解に苦しむが過去三回預言がはずれている)「この世界は消滅する。洪水の前の世界が消滅したのと同じくらい確実に。最後の日々には多くのことが起ると預言されているが,その全ては起りつつある。このことは世界の終わりが近いことを表している.....」
Similarly the Christian psychic Edgar Cayce prophesied in 1934 that around the year 2000:

同様にキリスト教信者であり霊能力者であるエドガー・ケイシーは,1934年に予言をした。それによると2000年ごろには......
‘There will be a shifting of the poles. There will be upheavals in the Arctic and the Antarctic that will make for the eruption of volcanoes in the Torrid areas ... The upper portion of Europe will be changed in the twinkling of an eye. The earth will be broken up in the western portion of America. The greater portion of Japan must go into the sea.’
「極移動がある。北極と南極で大変動があり,熱帯では火山が噴火する....ヨーロッパ北部は一瞬のうちに(瞬きするまもなく)変化する。地球はアメリカ西部で分裂される。日本の大部分が海に沈むことになる。(管理人注:ケイシーやシュタイナーはメーソンの神殿より資金提供されていたことは明らかであるがそれを差し引いても超能力を持ち合わせていたと言えるでしょう。しかし実際は歳差運動を知っていただけのこと)
Curiously the epoch of the year 2000, which figures in these Christian prophecies, also coincides with the Last Time (or highest point) in the great upwards cycle of the belt stars of the Orion constellation, just as the epoch of the eleventh millennium BC coincided with the First Time (or lowest point) of that cycle.
奇妙なことに,これら一連のキリスト教の預言に現れている紀元2000年という時代は,オリオン座の三つの星が上昇する長い周期の最後の時とも一致している。それはまるで紀元前1万1000年という時代が,この周期の最低点と一致したのと同様である。
And curiously, also, as we saw in Chapter Twenty-eight:
そしてまた奇妙なことに28章で見たように.....
A conjunction of five planets that can be expected to have profound gravitational effects will take place on 5 May in the year 2000, when Neptune, Uranus, Venus, Mercury and Mars will align with the Earth on the other side of the sun, setting up a sort of cosmic tug-of-war ...
5つの星の惑星の連合体は,大きな引力の影響を及ぼすと思われるが,それは,2000年の5月に起る。ことのき地球から見て太陽の反対側に海王星,天王星,金星,水星,火星が整列し,それはまるで宇宙の綱引きのようになる。
管理人注:著者はこの日に何かが起ると1996年に書いているのだが実際何も起らなかった。ある天文学者はこの地球には過去170回の極移動が生じ将来起きるとしたら「水瓶座」の時代に入ってからの可能性が高いとしている。ということはマヤ暦が終わっても何も起らないということだ。
How would we express, say, AD 2012 of the Christian era in a language universal enough to be worked out and understood twelve thousand years hence by a civilization that would know nothing of the Christian or of any of the other eras by which we express chronology?
One obvious solution would be to make use of the beautiful predictability of the earth’s axial precession, which has the effect of slowly and regularly altering the declination of the entire star-field in relation to a viewer at a fixed point, and which equally slowly and regularly revolves the equinoctial point in relation to the twelve zodiacal constellations.
たとえば,西暦2012年という年号を,今から1万2000年後の文明にしっかりと説明するためには,彼らが解読しまた理解できるような普遍的な言葉で説明する必要がある。西暦も他のどの暦のことも知らないであろう相手に,どうやって説明するのか。明確な解決方法の一つは,地球の歳差運動がもつ予測の可能性を利用することだ。歳差運動はは,決まった所にいる観測者から見た星空全体を,ゆっくりと周期的に変化させ,かつまた黄道上の12星座にたいして春分点などをゆっくりと変化させる。この春分点歳差運動(Vernal Equinox Precession)は動きを予測することが可能である。もし,「春分点が魚座にある時代に生きていた」と宣言する方法を見つけることが可能であれば,我々の時代を特定する方法を手に入れたことになる。
From the predictability of this motion it follows that if we could find a way to declare: WE LIVED WHEN THE VERNAL EQUINOX WAS IN THE CONSTELLATION OF PISCES we would provide a means of specifying our epoch to within a single 2160-year period in every grand precessional cycle of 25,920 years.
2万5920年という春分点歳差運動の大きな周期の中の2160年という期間を我々の時代に特定できるというものだ。

管理人注:2万5920年を12で割ると=2160年

古代バビロニアの時代にはすでに惑星運行表が出来ていたそうだ。聖書の大枠はこの春分点歳差運動なのです。その一例が............

イエスは言われた。「都に入ると,水がめを運んでいる男(注:水瓶座のこと)に出会う。その人が入る家までついてゆき........」ルカによる福音書22~10>これはイエスに象徴される魚座の時代の次は水瓶座(2150年)を意味している。こういう天文学的記述が新約では多く出てくる。 下の写真のキリストの背後にある意味もおのずから分かってくる。

Like the Hopi Indians of North America, the Avestic Aryans of pre-Islamic Iran believed that there were three epochs of creation prior to our own. In the first epoch men were pure and sinless, tall and long lived, but at its close the Evil One declared war against Ahura Mazda, the holy god, and a tumultuous cataclysm ensued.
北アメリカのホピ・インディアンと同様イスラム教に帰依するまえのイランを源とするアヴェスター系アーリア人も,現在以前に三つの時代があったことを信じていた。最初の時代の人たちの心は純粋で邪気がなく,背が高く長生きであった。しかしその時代が終わりを告げるころ,悪魔王が聖なる神であるアフラマズダに戦いを挑み,激しい大災害が起きた。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2422/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534