teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2400/3535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12月16日投票の意味は?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年12月13日(木)10時19分45秒
  通報 返信・引用 編集済
 
関連記事.....ミンス党

http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/10141186.html

NHK長谷川浩解説委員の変死考........

http://satehate.exblog.jp/15780484/

FEMAと大政翼賛会

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1218

警告:自民党の清和会と維新の会がくっつく意味をよく考えてほしい。四大新聞社が自民党圧勝か?なんて記事を出して恥ずかしくないんでしょうか?

実際にはすでに未来の党が勝利している........

管理人注:日本未来の党にキャスティングボードを握らせるために私は「日本未来の党」に投票します。

http://2chrood.blogspot.jp/2012_12_01_archive.html#6745480118194700927

桑名市長選で、(ユダ金メディア発表の)支持率1.7%のはずの「未来」の塾生(嘉田未来政治塾の塾生)の新人、伊藤氏が、民自公維新推薦の現職、水谷ナントカを驚愕の大差で破り当選!な、なんと42000余票。日中戦争請負相乗り連合の現職候補は、たったの16000ちょっと。(注:未来塾は全員当選かも...........大変結構なことです)

ベートベンの第九とFEMA CAMP

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/17.html

ベートーベンは1770年12月16日、神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現ドイツ領)のボンで父ヨハン、母マリア・マグダレーナの長男[3]として生まれる。ベートーヴェン一家はボンのケルン選帝侯宮廷の歌手(後に楽長)であり、幼少のベートーヴェンも慕っていた祖父ルートヴィヒの支援により生計を立てていた。ベートーヴェンの父も宮廷歌手(テノール)[4]であったが無類の酒好きであったため収入は少なく、1773年に祖父が亡くなると生活は困窮した。1774年頃よりベートーヴェンは父からその才能を当てにされ、虐待とも言える苛烈を極める音楽のスパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようにまでなってしまった。1778年にはケルンでの演奏会に出演し、1782年よりクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事した。

1787年、16歳のベートーヴェンはウィーンに旅し、かねてから憧れを抱いていたモーツァルトに弟子入りを申し入れ、モーツァルトにその才能を認められ弟子入りを許されたが、最愛の母マリアの病状悪化の報を受けボンに戻った。母はまもなく死亡し(肺結核)[5]、母の死後は、アルコール依存症となり失職した父に代わり仕事を掛け持ちして家計を支え、父や幼い兄弟たちの世話に追われる苦悩の日々を過ごした。

1792年7月、ロンドンからウィーンに戻る途中ボンに立ち寄ったハイドンに才能を認められ弟子入りを許可され、11月にはウィーンに移住し(12月に父死去)、まもなく、ピアノの即興演奏の名手(ヴィルトゥオーゾ)として名声を博した。

20歳代後半ごろより持病の難聴(原因については諸説あり、鉛中毒説が通説)が徐々に悪化、26歳の頃には中途失聴者となる。音楽家として聴覚を失うという死にも等しい絶望感から、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を記し自殺も考えたが、強靭な精神力をもってこの苦悩を乗り越え、再び生きる意思を得て新しい芸術の道へと進んでいくことになる。

1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたって中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森(ロマン・ロランによる表現)と呼ばれる時期となる。

40代に入ると、難聴が次第に悪化し、晩年の約10年はほぼ聞こえない状態にまで陥った。また神経性とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、非行に走ったり自殺未遂を起こすなどした甥カールの後見人として苦悩するなどして一時作曲が停滞したが、そうした苦悩の中で作られた交響曲第9番や『ミサ・ソレムニス』といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲等の作品群は彼の未曾有の境地の高さを示すものであった。

1826年12月に肺炎を患ったことに加え、黄疸も発症するなど病状が急激に悪化、病床に臥す。10番目の交響曲に着手するも未完成のまま翌1827年3月26日、肝硬変により56年(単数化で11=3.11の生涯を終えた。その葬儀には2万人もの人々が駆けつけるという異例のものとなった。(Wikiより)

参考URL...........見よぼくら一銭五厘の旗

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/guest/publication/hanamoriyasuji.html

その後の14日の記事ですが朝日の調査によると.........

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121213-00000041-asahi-pol

シオンの議定書第12プロトコール

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051026

 一片の記事といえどもわれわれの検閲抜きには公表されることはない。現在ですら既にこのことは達成されていて、すべてのニュースは少数の通信社に世界中から集められそこから配付されるようになっている。通信社は追って完全にわれわれの傘下に入り、われわれが許可したものだけが一般に供給されるようになるだろう。


http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2400/3535 《前のページ | 次のページ》
/3535