teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2326/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ナチス・ドイツとインド・チベット

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2012年12月27日(木)11時45分2秒
  通報 返信・引用 編集済
  ねこさんへのお返事です。

大変膨大な陰謀の書.....ありがとう

http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/index.html

関連URL......戦争に協力した禅の指導者たち

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1065

緑龍会とは卍と十と六芒星

http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/215.html

ナチスとティベットの妖しい関係

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha200.html#02

「緑龍会」とは、ハウスホーファーが日本駐在の武官時代に入会した秘密結社である。

「緑龍会」の会員たちは人間に内在する神秘能力を修行によって開花させようとしていたらしい。また、この会の起源はチベットにあったという。そしてハウスホーファーは「緑龍会」に入会を許された、たった3名のヨーロッパ人のひとりだったという。この「緑龍会」所属の7人の会員がドイツの会にも参加していたそうだ。

この「緑龍会」に関しては不明な点が多く、その存在自体を否定している研究家もいるが、いずれにせよ、日本にひそかに伝えられている何ものかを汲み取ろうと試みていたことはまず間違いない。実際、ハウスホーファーの日本理解は驚くほど深いのである。彼は流暢な日本語を話し、日本に関する著書をたくさん残している。

> ナチス・ドイツとインド・チベット
>
> http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p002.html#page113
>
> ナチス・ドイツは、インド・チベットが作った。
>
> もちろん、その後ろに日本がいた。

日本のカルトの資金提供

ダライ・ラマは、オウム真理教から1億円にのぼる寄付金を受領しており、ノーベル平和賞を受賞するには、到底値しない。最近のノーベル賞はいい加減だ。実際、ノーベル平和賞は、ノルウェー国会が決定する。買収は簡単だろう。

日本のカルトはオウムだけではない。もうひとつ得体の知れない宗教団体がある。ダライ・ラマは1998年、京都で念仏宗無量寿寺が主催した会議に参加した。また、念佛宗無量寿寺は布施として2億円をダライ・ラマへ寄付したと週刊朝日が報じた。

ダライ・ラマとCIA

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%A8CIA&search.x=1&fr=top_of3_sa&tid=top_of3_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=32545

読者の方からの情報です。
その他関連記事
転載:ダライラマのノーベル平和賞受賞の怪。独裁的なダライラマ。
http://realfreetibet.go-th.net/Page/2/

誰も書かなかったダライラマ。チベットの毛沢東
http://realfreetibet.go-th.net/Page/1/

The Shadow Circus CIA in Tibet 日本語字幕 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=g5Hq9QZTHZ4

↑のコメント

THE SHADOW CIRCUS - The CIA in Tibetは、信仰深く、平和を愛する仏教徒である数千人のチベット人が、侵略してきた中国共産党の軍と長いゲリラ戦を行った事実に関するドキュメンタリーです。
最終的に失敗に終わったこの武装闘争は、アメリカのCIAによって支援されていました。Shadow Circusというコード名をつけられたこのプロジェクトはCIAの秘密の長期的な作戦で、アメリカの政府による中国共産党政権を不安定にさせるという目的があったのです?。
CIAによって訓練されたチベット人の抵抗軍戦士が生まれ、彼らはダライ・ラマ法王の亡命の際、大きな役割を果たしましたが、政治という力により、CIAの支援を打ち切ら?れました。
当時の写真、映像、関係者の証言による本ドキュメンタリーはインド在住チベット人によりBBC放映用に制作されたものです。

写真↑は世界統一宗教に貢献したとのことでブッシュ政権より賞を受賞

 
 
》記事一覧表示

新着順:2326/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534