teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2281/3592 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こんなとこで紹介が

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 1月29日(火)12時12分49秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://gensun.org/wid/74709

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/119.html

コメントから........


投稿者:sophy93
2010/5/25 3:20
この中にある記事を読んで、PTSDの患者さんの治療過程を思い出しました。

大きなトラウマを抱えている場合、その時の感情を、思う存分吐き出させるという作業を行い、トラウマに関する怒りを、充分だと感じるまで行います。その後、認知行動療法で、合理的思考と、対処方法を学びます。

ヨブの経験した災いは、尋常な類のものではありませんでしたから、ヨブが、沈黙している神に、答えろ!という激しい感情を吐き出すことは、必要不可欠であったと感じます。

激情に身を任せなければ、その感情は人間の中で腐敗していくと思います。

すべてを露わにしてこそ、その後に冷静で、理性的な判断ができるようになるのではないかと。

記事とは関係ないのですが........

お手洗いとはトイレのことじゃあなかったんだ

http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2489.html

やっぱり予想した通りバイオテロか....30日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000082-reut-int

鳥インフルエンザ再流行の恐れ、国連が警戒呼びかけ

ロイター 1月30日(水)14時42分配信
鳥インフルエンザ再流行の恐れ、国連が警戒呼びかけ

1月29日、国連食糧農業機関(FAO)は、2006年に79人の死者を出した強毒性鳥インフルエンザの世界的流行が再発する恐れがあると警告。写真は鳥インフルエンザ対策を強化したニカラグアの養鶏場で21日撮影(2013年 ロイター/Oswaldo Rivas)

[ローマ 29日 ロイター] 国連食糧農業機関(FAO)は29日、2006年に79人の死者を出した強毒性鳥インフルエンザの世界的流行が再発する恐れがあると警告した。

FAOは声明で、こうしたH5N1型鳥インフルエンザの流行防止には投資が不可欠だと指摘し、各国政府に向けて世界的な経済危機の影響により警戒を怠らないよう呼びかけた。

FAOによると、鳥インフルエンザは1997年に香港で最初に確認されて以降、これまでに600人以上が感染しており、感染した家禽(かきん)の処分などで2003―11年に約200億ドル(約1兆8000億円)の被害が出た............

そんな折,TBSで夜21時に「感染列島」というウイルス映画を放映する。

バイオテロのための生物兵器......組織培養でなんぼでも造れちゃうのです(笑)

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

現在日本には政府存続計画(COG)というものがない。つまりリスク管理に問題があるということだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%AD%98%E7%B6%9A%E8%A8%88%E7%94%BB

英文の方が詳しい

https://en.wikipedia.org/wiki/Continuity_of_Operations_Plan

安倍晋三首相の公約FEMAを創設する

http://ameblo.jp/shitteokitaikoto/entry-11421919477.html?frm_src=thumb_module

見よここに,安倍晋三の六つの全力

http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11380045667.html

同じ内容

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html

安倍晋三六つの全力(FEMA)は以下で大きく見ることができます。

http://www.s-abe.or.jp/wp-content/themes/politicianA/img/seisaku2012.pdf

日本の政治家は統一教会から離れなくちゃだめですよ。所詮,金をもらっちゃったらおしまいなのです。

http://asyura.com/0601/cult3/msg/528.html

安倍総理と新興宗教団体「統一教会」との深い関係
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/528.html
投稿者 むにゃ 日時 2006 年 11 月 18 日 03:38:13: okMc52wnlhCtY

日本の政治を動かしているのは、カルト「統一教会」=自民党と、カルト「創価学会」=公明党なんだって。。。(^^;

           * * * * * * * *   転送歓迎  * * * * * * * *

『安倍総理と新興宗教団体「統一教会」との深い関係』

●2006年5月、安倍総理が霊感商法で知られるカルト教団『統一教会』の合同結婚式へ祝電を送った件が報じられた。保岡興治・憲法調査特別委員会筆頭理事など、複数の議員の名前があがっている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

●統一教会がらみの最大の事件はこれである。
『「合同結婚式、6500人の行方を捜して!」被害者家族が訴え』 2006年01月23日
http://www.christiantoday.co.jp/news.htm?id=393&code=sn
「日本側は、韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6500人の捜索を要請。
日本側からは、統一教会問題の連絡会の日本カトリック教会、日本基督教団、日本聖公会、日本バプテスト同盟、日本福音ルーテル教会、在日大韓基督教会など6個教団と、全国霊感商法被害対策弁護士連絡会、統一協会被害者家族の会などが参加。」

●安倍晋三官房長官(当時)はマスコミの取材に対し、「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したと報告を受けた。誤解を招きかねない対応で、担当者に注意した」と、コメント。
しかし、安倍総理を始めとする自民党議員と『統一教会』の関係は遥かに根深いものがある。

安倍総理の祖父・岸信介は、『統一教会』本部と隣り合わせに住んでいた。そして、『統一教会』系の政治団体『国際勝共連合』の設立そのものに関わっている。

『自民党』は岸信介の時代から、笹川良一、ロッキード事件の児玉らと共にアメリカ~欧州の軍産複合体と非常に深い関わりを持ち、戦後を通して『統一協会』の資金で活動してきた。
『統一協会』は古くから共和党の最大級の資金源でもあり、『統一協会』の大祭には必ずブッシュ親子からの祝電が届く。

写真:「統一教会本部で握手をする岸信介と文鮮明」
写真:「文鮮明主催の世界言論人会議(第7回)でスピーチする岸信介」
http://www.chojin.com/history/kishi.htm

『統一教会宣伝のHPに賛同者として名前を連ねる岸信介元首相』
http://www.chojin.com/person/jp.htm
「統一教会と私の奇しき因縁は、(東京・渋谷区の)南平台で隣り合わせで住んでおりました若い青年たち、、、(中略)そうしたら、笹川(良一)君が統一教会に共鳴してこの運動の強化を念願して、、(中略)
そういう話を聞き、お隣りでもありましたので、聖日の礼拝の後に参りまして、、、(中略)きわめて情熱のこもったお話を聞きまして、非常に頼もしく私は考えたのです。」

『統一教会と岸信介元内閣総理大臣』
http://www.chojin.com/person/kishi_uc.html
「(前略)教祖は、20年以上も前から岸先生のことを「岸は必ず総理大臣になる」と予言、、、(中略)統一教会の本部は渋谷区南平台にあって、実は岸先生のお宅の隣でした。(中略)
岸先生は、しばしば統一教会の本部や勝共連合の本部に足を運んで、、、(中略)岸先生に懇意にしていただいたことが、勝共運動を飛躍させる大きなきっかけに、、、」

●韓国『統一教会』発行の『統一世界』1990年4月号より;
「日本の今度の選挙だけでも、私たちが推してあげたのが百八議席当選した。私たちの援助が無ければ、無所属で出てきた中曽根なんか吹けば飛んだ。
派閥で見れば、中曽根派は六十二議席にもなって、阿部派は八十三議席。私が全部そういうふうに作ってあげた。この二派閥を合わせるといくつになりますか?
それで阿部とか中曽根に、原理の御言を聞け!と言ったら聞きはじめた。」

●安倍総理の父・安倍晋太郎の時代には、数百人の統一教会信者を自民党秘書として『無償』で永田町に送り込んだ。議員達は、気が付けば、秘書給与流用の弱みを握られるかたちとなっていた。
議員達は、統一教会の言いなりになるしか無くなっていた。逆らえば秘書給与流用のスキャンダルでつぶされるからだ。
現在、警察庁・防衛庁・検察庁幹部の相当数が統一教会員である。これは中曽根政権の時代に入省した。

『2006年5月統一教会の合同結婚式に祝電を送った議員のリスト』;合同結婚式ビデオより書き起こし
選挙区順まとめ:
松木謙公(民主、小沢G、北海道12区)
田名部匡省(民主、加藤六月G→新生党→新進党→無所属の会→?、青森旧1区→参院青森)
中野正志(自民、森派、宮城2区→東北B)※本人出席
佐藤剛男(自民、山崎派、福島1区→東北B)
船田元(自民、船田G→田中派→新生党→新進党→無派閥→山崎派→津島派、栃木1区)
西川公也(自民、中曽根派→伊吹派、栃木2区→北関東B)※元ムネムネ会
国井正幸(自民、山崎派、参院栃木)
中曽根康弘(自民、河野一郎派→中曽根派→江藤・亀井派、群馬旧3区→北関東B)
中曽根弘文(自民、伊吹派、参院群馬)
上田清司(新生党→フロムファイブ→民主党、埼玉4区→埼玉県知事)
神風英男(民主、一新会?、埼玉4区)
牧原秀樹(自民、八三会、埼玉5区)
小宮山泰子(民主、小沢G、埼玉7区)
中山義活(民主、鳩山G、東京2区)※本人夫人両出席
松本文明(自民、森派、東京7区)
平沢勝栄(自民、小渕派→無派閥→山崎派、東京17区)
清水清一朗(自民、八三会、東京20区→東京B)
小此木八郎(自民、渡辺派→村上・亀井派→無派閥、神奈川3区)
笠浩史(民主、一新会?、神奈川9区)
中本太衛(自民、橋本派、神奈川14区)※公選法違反連座※本人出席
山際大志郎(自民、山崎派、神奈川18区)
小林温(自民、森派、参院神奈川)
小林正(社会党→新生党→新進党→無所属→自由、参院比例)※本人出席
鈴木康友(民主、民社協会、静岡8区)※本人出席
小坂憲次(自民、渡辺派→新生党→太陽党→民政党→津島派、長野1区)
篠原孝(民主、小さな政府研究会?、長野1区)
若林正俊(自民、森派、長野旧1区→参院長野)
下条みつ(民主、羽田G、長野2区)
羽田孜(民主、羽田派→新進党→太陽党→羽田G、長野3区)
高鳥修一(自民、森派、新潟6区)
田中直紀(自民、田中派→二階堂G→丹羽・古賀派、福島旧3区→参院新潟)
長勢甚遠(自民、森派、富山1区)
野上浩太郎(自民、森派、参院富山)
馳浩(自民、森派、参院石川→石川1区)
高木毅(自民、森派、福井3区)
木村隆秀(自民、津島派、愛知5区)※元ムネムネ会
丹羽秀樹(自民、高村派、愛知6区)
青山丘(国民新党、民社党→新進党→保守党→亀井派、愛知7区→衆東海B→参院比予定)※市議時代に自民党※本人出席
大谷忠雄(新生党、小沢派、愛知6区)※所得税法違反と政治資金規正法違反で94年2月在宅起訴※本人出席
江﨑鐵磨(自民、新生党→二階グループ、愛知10区)
大村秀章(自民、津島派、愛知13区)※元ムネムネ会
鈴木政二(自民、森派、参院愛知)
宇野治(自民、伊吹派、滋賀3区)※夫人出席
関芳弘(自民、八三会、兵庫3区)
阪上善秀 (自民、江藤・亀井派、兵庫6区→宝塚市長)※夫人出席
大前繁雄(自民、山崎派、兵庫7区)※県議時代に民社党会派
山口壯(民主、政権戦略研究会?、兵庫12区)
鴻池祥肇(自民、河本派→無派閥、衆→参院兵庫)
末松信介(自民、森派、参院兵庫)
平沼赳夫(自民→無、中川派→福田派→亀井派、岡山3区)
増原義剛(自民、伊吹派、広島3区)
中川秀直(自民、森派、広島4区)
安倍晋三(自民、森派、山口4区)
木村義雄(自民、山崎派、香川2区)
大野功統(自民、山崎派、香川3区)
山内俊夫(自民、山崎派、参院香川)
福井照(自民、丹羽・古賀派。高知1区)
山崎拓(自民、中曽根派→山崎派、福岡2区) ※元青嵐会
宮島大典(民主、宮澤派→加藤派→?、長崎4区)※本人出席
岩下栄一(自民、宮澤派→河野G、熊本1区)※本人出席
保岡興治(自民、小渕派→新進党→山崎派、鹿児島1区) ※夫人出席

管理人注:こんなもんじゃあないですよ。

統一教会の関連団体に引っかからないように

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/284.html

私も身近に政治家がいたんですけどカルトを敵に回すとやばいですからうまく付き合うしかないのでしょうか。仮に私が政権の中枢にいる政治家だったとして,統一から秘書を派遣されて断れるか自信はないですね........身近な政治家とは私の従兄弟の日出英輔で農水省の局長を経て自民党参議院議員となり外務副大臣もつとめたが昨年1月70歳で亡くなってしまった。

日出英輔

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%87%BA%E8%8B%B1%E8%BC%94

しばやんの日記

http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/246/

南京陥落時に日本軍による大虐殺があったという作り話を多くの日本人に知らしめたのは、GHQが日本人を洗脳する目的で昭和20年12月9日からNHKに毎週放送させた『真相箱』であり、翌年の5月3日から審理が開始された「極東国際軍事裁判(東京裁判)」なのだが、多くの日本人にとっては「寝耳に水」であったという。

戦後67年を過ぎた今も、この年にGHQによって押し付けられた『南京大虐殺』があったという話が未だにマスコミや学校で伝えられ、多くの本に記述されていて、本当にあった話だと考えている人がまだまだ大多数を占めている。
このブログで何度も書いているように、わが国の近現代史は「戦勝国にとって都合の良い歴史」であり、戦勝国にとって都合の悪い史実が封印されて、史実と異なる記述がかなりあることを知るべきである。
これから学ぶべきなのは、戦後GHQが隠そうとした「戦勝国にとって都合の悪い史実」の方だろう。何も戦前の皇国史観に戻れというのではなく、過去の史実や史料を丹念に追っていけば、「本当は何があったのか」を知るヒントとなるものが、世界史の流れの中から見えてくるのだと思う。

【御参考】
このブログでこんな記事を書いています。興味のある方は覗いて見てください。

第一次大戦以降、中国の排日運動を背後から操ったのはどこの国だったのか~~中国排日1
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/214/

米英が仕掛けた中国の排日運動はそれからどうなったのか~~中国排日2
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/215/

中国の排日が我が国を激しく挑発するに至った経緯~~中国排日3
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/216/

中国全土に及んだ「排日」がいかに広められ、誰が利用したのか~~中国排日4
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/217/

当時の米人ジャーナリストは中国排日の原因をどう記述しているか~~中国排日5
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/218/

蒋介石はなぜ外国人居留地であった上海で日本軍と戦ったのか~~中国排日6
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/219/

プロパガンダでわが国に罪を擦り付け、世界を「反日」に誘導した中国~~中国排日7
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/220/

「南京大虐殺」の真実を追う~~中国排日8
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/221/

「黄河決壊事件」の大惨事が教科書に記述されないのはなぜか
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/244/

中国兵が綴った「日中戦争」の体験記を読めば、『南京大虐殺』の真実が見えてくる
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/245/

偽旗作戦......もうすぐまたやるのでは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E6%97%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

偽旗作戦(にせはたさくせん、False flag)は、あたかも他の存在によって実施されているように見せかける、政府、法人、あるいはその他の団体が行う秘密作戦である。平たく言えば、敵になりすまして行動し、結果を敵になすりつける行為である。名称は自国以外の国旗、つまり偽の国旗を掲げて敵方を欺くという軍の構想に由来する。偽旗作戦は、戦争や対反乱作戦に限定されたものではなく、平時にも使用される。偽旗工作・偽旗軍事行動とも呼ばれる。英語ではしばしば false flag operation(s)(偽旗作戦)、false flag technique(偽旗技法)、false flag tactics(偽旗戦術)、false flag attack(s)(偽旗攻撃)等の句として用いられる。

1928年 - 張作霖爆殺事件
1931年 - 柳条湖事件
1939年8月 - グライヴィッツ事件 ドイツ軍によるポーランド侵攻のきっかけ
1962年 - ノースウッズ作戦 キューバのカストロ政権を転覆させるため米国が秘密裏に計画した偽装工作(計画のみ)
1964年8月 - トンキン湾事件

歴史の裏に秦氏あり

http://www25.atwiki.jp/monosepia/pages/4674.html




http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2281/3592 《前のページ | 次のページ》
/3592