teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2202/3525 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

獣の数字666の正体 その3

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 2月 3日(日)20時26分54秒
  通報 返信・引用 編集済
  獣の数字666の正体 その1

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1421

獣の数字666の正体 その2

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1426

日本の根底に流れる秘数1260

そもそも江戸時代後期の国学者,本居宣長の門人だった伴信友(1773~1846年)によれば,日本書紀はしんい思想の影響を受けているという。しんい思想とは中国の「易経」の緯書「易緯」に掲載された予言思想である。端的に言えば60年に一度,世の中に革命があるというものだ。

60年は干支が一巡りする年数で,還暦なども当てはまるのだが,これを一元,あるいは一運といい身体構造上に変化が起こるといわれている。またその21倍,すなわち21元の1260年(60X21=1260)を一ホウとよび,この年に天下を揺るがす政治上の大変化が起きるとされる。なぜ21倍なのかについては,革命の革の字を分解すると,(中)と読めるからだといわれている。

こうしたことから,日本書紀は西暦601年(推古9年)の辛酉のとしから,一ほうの1260年を引いた紀元前660年に,神武元年が位置するように,人為的に決定されたと伴は主張する。また明治の学者な那珂通世博士も聖徳太子が,緯書の辛亥革命説にもとづいて,推古9年(西暦601年)辛亥の年を起点として,1260年を逆算して決定したと主張した。聖徳太子はこの時代の辛酉の年が推古9年(西暦601年)であったため,それから1260年前の辛酉の年を,朝廷の始まりにあたる神武天皇の即位としたというのだ。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%84%E6%80%9D%E6%83%B3&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=


讖緯(しんい)とは、古代中国で行われた予言のことであり、讖緯の説、讖緯思想などと呼ばれている。

元来は、讖と緯とは別のものである。讖とは、未来を予言することを意味しており、予言書のことを「讖記」などと呼んでいる。それに対して、緯とは、儒教の経典に対応する「緯書」と呼ばれる書物群を指すものである。しかし、後には、この二者はともに予言を指す言葉と、それを記した書物として、併せて用いられるようになり、「讖緯」という用語が予言を指すようになった。

『隋書』「経籍志」には、

    説者又た云う、孔子は既に六経を叙し、以って天人の道を明らかにするも、後世には、その意に稽同すること能わざるを知り、別に緯及び讖を立て、以って来世に遺す。

と見えている。

讖緯説が著しく発展したのは、王莽の新の時代である。王莽の即位を予言する瑞石が発見された、とされ、王莽自身も、それを利用して漢朝を事実上簒奪した。

儒教の経書に対する緯書が後漢代にも盛んに述作され、それらは全て聖人である孔子の言として受け入れられた。後漢の光武帝も、讖緯説を利用して即位している。また、春秋戦国時代の天文占などに由来する讖記の方も、緯書の中に採り入れられて、やがては、それらも、孔子の言であるとされるようになった。当時の大儒者であった鄭玄や馬融らも、緯書を用いて経典を解釈することに全く違和感を持っていなかった。よって、五経に対する緯書は言うに及ばず、当時は経典の中に数えられていなかった『論語』に対する『論語讖』というものまで述作されるに至った。その一方で、桓譚や張衡のような、讖緯説を信じない者は不遇をかこった。

讖緯の説は、その飛躍の時代である王莽の新の時代以来、王朝革命、易姓革命と深く結びつく密接不可分な存在であったため、時の権力からは常に危険視されていた。よって、南北朝以来、歴代の王朝は讖緯の書を禁書扱いし、その流通を禁圧している。(Wikiより)

聖徳太子の時代

http://www.h4.dion.ne.jp/~kuruto60/fantasy101.htm

聖徳太子を中心とする戦いは五三八年の仏教伝来から始まっていた。

 当時の日本は大陸や朝鮮半島の国々から見ると後進国であり、豪族の集まりに過ぎなかった。ようやくそのまとめ役であった天皇が絶対的な支配者であることを唱え、国という形を整えようとするところであった。

 そのような、まだ混沌とした日本に百済から仏教が伝来してくる。欽明天皇のもと大臣を務めていた蘇我氏は崇仏を唱え、物部氏と中臣氏は排仏を唱えた。ここに仏教受容を巡る激しい戦いが始まる。物部氏は武力で朝廷に仕え、中臣氏は朝廷の祭祀をつかさどる神祗崇拝の氏族であった。

いやはや,すごいのが出てきたぞ....

http://www17.plala.or.jp/urashimasetuwa/newpage1.html

易(陰陽)・五行、讖緯(しんい)思想

「暦」と「浦島説話」とは非常に密接な関係性を持っている。『日本書紀』は暦日表記に干支を用いているが、干支には古代中国の易(陰陽)・五行、讖緯思想の哲理が畳み込まれている。そして、この思想哲理は、当時の知識人等に大変大きな影響力を及ぼしていた。「暦」に精通するということは、必然的に前述の思想哲理に通暁することを意味していた。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2202/3525 《前のページ | 次のページ》
/3525