teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2277/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新世界秩序とフェビアン協会 その3

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 2月 9日(土)01時17分17秒
  通報 返信・引用 編集済
  殆どの指導者が裏切り者である。そして,人類がいいようのないスケールの極悪非道の陰謀の犠牲者であることを正しく認識するまで,我々は世界を理解することは出来ないだろう。我々は互いに戦うことをやめて,本当の敵に向かうときである。<ヘンリー・マコウ>

安倍首相六つの全力の内から..........

・集団的自衛権の行使を可能に。日本版NSC(国家安全保障会議)の創設
・北朝鮮による拉致問題、核・ミサイル問題の早期解決 他

・大震災等、非常事態に対応した「国家緊急事態体制」の整備=日本版FEMA(フィーマ)創設 他

の解説をしよう。

ジム・キースはいう.....FEMAは,「緊急事態」の際に政府権力を引き継ぐべく意図されたもので,状況に応じて正しいと判断されれば,大統領権力さえ手中に収めることができる。この機関は,メリーランド州フォート・ミードにある極秘のNSA(国家安全保障局)施設に存在する。一般には,災害時の難民に救援物資を運搬するのに使われる保護的機関のように見られているものの,FEMAは憂慮される別の面も備えている。

その一つは,これは議会の調査報告書によるものだが,FEMA職員のうち一割以下という,ごく僅かな数の者しか災害援助の仕事に従事していない。そこで,フォート・ミートにあるNSA(国家安全保障局)の閉ざされたドアの向こう側で,一体彼らは何を行っているのかとの疑問がでてくる。FEMAの得体の知れぬ官僚らが,彼らの言うCOG(存続政府)に国を譲り渡せる何かを予期したときにはいつでも行使できる。

存続政府

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%AD%98%E7%B6%9A%E8%A8%88%E7%94%BB

FEMAが全権を掌握する意味は現職大統領ではなくFEMAの指揮官が全てを統率する。おそらく日本で飯島元小泉首相秘書官が官邸にいる理由はこれであろう。ひょっとして小泉元首相を日本版FEMA首相とすることもあるかもしれない。日本を売るという最終の意味は世界統一政府に日本を売るということである。これが米国に隷従するという意味です。

次期日銀総裁は竹中さんか黒田さんでしょうね,きっと。竹中さんの顔は穏やかですが,世界の指導者でこういう顔はありません。内面の矛盾と戦う葛藤がないのでしょうね。チャーチルの顔もそうでしたね。

99%の極楽トンボの日本人は安倍首相六つの全力の本当の意味は理解できないでしょうが理解するように努力してみてください。ソノトキガキタトキデハオソイノデス。

CIAポダム新聞は安倍氏の支持率について.........

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-00000686-yom-pol

OSSの機密文書

http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10873582560.html

〔資料〕統一原理の「エバ国家」とは日本国土の焼失のことである by tatsujin - さてはてメモ帳 Imagine&Think! 2011年3月23日
http://satehate.exblog.jp/16092477/

アーミテージ・ナイ第三次報告書

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56226

上記のような同盟が存在するためには、米国と日本が一流国家の視点をもち、一流国家として振舞うことが必要であろう。我々の見解では、一流国家とは、経済力、軍事力、グローバルな視野、そして国際的な懸念に関して実証された指導力をもつ国家である。同盟の支援に関して米国側に改善点はあるが、米国が一流国家であり続けることには寸分の疑いもない。しかしながら、日本には決定しなければならないことがある。つまり、日本は一流国家であり続けたいのか、 それとも二流国家に成り下がって構わないのか? 日本の国民と政府が二流のステータスに甘んじるなら、この報告書は不要であろう.........

注:新帝国循環とは、故・吉川元忠・神奈川大教授の唱える日米間の金融循環を意味します。本ブログの理解する新帝国循環とは以下です。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/25902412.html

米戦争屋を母体とする米国覇権主義者が日本国民に知られることを非常に恐れているのが、この新帝国循環の実態でしょう。

 このカラクリを暴いた国士・吉川元忠氏は遺作となった『国富消尽』を脱稿した直後、2005年10月26日に急逝されていますが、生前、同氏は何者かに狙われていた(本人の発言による)と聞いています。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1484

平成の治安維持法

http://www.jlaf.jp/html/menu1/2012/20120623134953_4.pdf

天皇は会社法人

http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11423751703.html#main

天皇財閥の持株会社は「宮内省」でありクエーカー教徒の集団でもあるという。

3.11.......

金融市場は、インサイダーで成り立っている=金融市場=詐欺

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1369

米国の言うことに逆らえないのならいっそ51番目の州になることだ。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1311

FEMAを拙稿で検索すると32件でてきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=FEMA&x=0&y=0&inside=1

資料保管庫

http://arsmagna.jimdo.com/melancholia%E2%85%A0-roentgenium-%E8%B3%87%E6%96%99%E4%BF%9D%E7%AE%A1%E5%BA%AB-%E7%9B%AE%E6%AC%A1/

加藤哲郎.....一橋大学名誉教授

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%93%B2%E9%83%8E_%28%E5%AD%A6%E8%80%85%29

自己紹介

http://www.ff.iij4u.or.jp/~katote/Intro.html

1942年6月米国「日本プラン」

http://homepage3.nifty.com/katote/JapanPlan.html

ウオール街とボルシェビキ革命......翻訳された方に感謝します

http://www.nn.em-net.ne.jp/~komoda/index2.html

教養学部一人講座

http://www.ff.iij4u.or.jp/~katote/curi.html#history

ウィロビーから岸信介まで

http://members.jcom.home.ne.jp/katote/nenpo2010.htm

六〇年安保に連なるCIAの工作と情報戦

 (1)CIAの自民党への資金援助

 これまで一九六〇年安保闘争と米軍諜報機関との関わりで注目されてきたのは、主として安保改訂時の自由民主党、岸信介内閣とCIA の関係であった。それは、一九九四年一〇月一〇日の朝日新聞に、ニューヨーク・タイムズ特約として掲載された、以下の記事によって世に出た。

CIA、自民に数百万ドル援助 五〇ー六〇年代 左翼の弱体化狙う(朝日新聞一九九四年一〇月一〇日)

 【ワシントン八日=ニューヨーク・タイムズ特約】米ソ対立の冷戦時代にあった一九五〇年代から六〇年代にかけ、米中央情報局(CIA)は、主要秘密工作の ひとつとして日本の自民党に数百万ドル(当時は一ドル=三六〇円)の資金を援助していた。米国の元情報担当高官や元外交官の証言から明らかになったもの で、援助の目的は日本に関する情報収集のほか、日本を「アジアでの対共産主義の砦(とりで)」とし、左翼勢力の弱体化を図ることだった、という。その後、 こうした援助は中止され、CIAの活動は日本の政治や、貿易・通商交渉での日本の立場などに関する情報収集が中心になった、としている。

  五五年から五八年までCIAの極東政策を担当したアルフレッド・C・ウルマー・ジュニア氏は、「我々は自民党に資金援助した。(その見返りに)自民党に情 報提供を頼っていた」と語った。資金援助にかかわったCIAの元高官一人は、「それこそ秘密の中心で、話したくない。機能していたからだ」と述べたが、他 の高官は資金援助を確認している。また、六六年から六九年まで駐日米大使を務めたアレクシス・ジョンソン氏は、「米国を支持する政党に資金援助したものだ」と述べ、六九年まで資金援助が続 いていたと語った。五八年当時、駐日米大使だったダグラス・マッカーサー二世は同年七月二九日、米国務省に送った書簡の中で、「佐藤栄作蔵相(当時)は共産主義と戦うために 我々(米国)から資金援助を得ようとしている」と記している。マッカーサー二世は、インタビューに対し.「日本社会党は否定するが、当時、同党はソ連から秘密の資金援助を得ており、ソ連の衛星のようなものだった。も し日本が共産主義化したら、他のアジア諸国もどうなるかわからない。日本以外に米国の力を行使していく国がないから、特に重要な役割を担ったのだ」と語った。

 自民党の村口勝哉事務局長は、そのようなCIAの資金援助については聞いていない、としている。朝鮮戦争(五〇年?五三年)当時、CIAの前身である米戦略サービス局(OSS)の旧幹部グループは、右翼の児玉誉士夫氏らと組んで、日本の貯蔵庫から数トンのタングステンを米国に密輸、ミサイル強化のためタングステンを必要としていた米国防総省に一〇〇〇万ドルで売却。これを調べている米メーン大学教授の資料によると、CIAは二八〇万ドルをその見返りに提供したという[33]。

 ただしこのニューヨーク・タイムズのスクープ記事は、米国政府機関要人へのインタビューによるもので、公文書による裏付けをえたものではなかった。また当時の岸信介首相の役割を明示するものでもなかった。その一か月後に、朝日新聞社は独自の検証を行い発表したが、なお資料的裏付けは得られなかった[34]。この問題は、ちょうど現在民主党政権下で日本の外務省が認めるようになった核兵器持ち込みや沖縄返還に関する「密約」と同様に、日米関係の根幹に関わる疑惑を孕んでいた。関連情報は、その後も逐次報道された[35]。

(1) 民社党結成へのCIA の役割

  アメリカ側ではメーン大学のハワード・B・ションバーガー、アリゾナ大学のマイケル・シャラーらが、日本でも春名幹男や山本武利らによって、戦後日本政治の出発時から六〇年安保、更には沖縄返還にいたる日本政府要人、自由民主党とCIAの関係が学術的に研究されてきたが、二〇〇六年には、米国国務省外交資料集FRUSの解説The Intelligence Community,1950-55でも、明確に認められるようになった。そこで公式に認められたのは、六〇年安保闘争期の社会党の分裂、右派の民社党結成に際して、CIAが資金援助したことであった。

CIAーー日本の左派勢力の弱体化狙い秘密資金工作(共同通信、毎日新聞二〇〇六年七月一九日)

 米中央情報局(CIA)が一九五〇年代から六〇年代半ばにかけ、日本の左派勢力を弱体化させ保守政権の安定化を図るために、当時の岸信介、池田勇人両政権 下の自民党有力者に対し秘密資金工作を実施、旧社会党の分裂を狙って五九年以降、同党右派を財政支援し、旧民社党結党を促していたことが一八日、分かった。国務省が編さん、同日刊行した外交史料集に記された。編さんに携わった国務省担当者は共同通信に対し「日本政界への秘密資金工作を米政府として公式に認めるのは初めてだ」と語った。米ソ冷戦の本格化や共産中国の台頭で国際情勢の緊張が高まる中、米国が日本を「反共のとりで」にしようと自民党への財政支援に加え、旧社会党の分断につながる工作まで行っていた実態が裏付けられた。日本の戦後政治史や日米関係史の再検証にもつながる内容だ。ニューヨーク・タイムズ紙は九四年、マッカーサー二世元駐日大使の証言などを基に、CIAが自民党に数百万ドルの資金援助をしていたと報じたが、当時の自 民党当局者は「聞いたことがない」としていた[36]

 (3) なお資料の必要な、岸信介、賀屋興宣の役割

 そして、口火を切った一九九四年ニューヨーク・タイムズ記事の執筆者ティム・ワイナーが、二〇〇八年に著書を発表してすぐに『CIA秘録』として邦訳され、その第一二章で「自民党への秘密献金」が総括的に論じられた。「CIAは一九四八年以降、外国の政治家を金で買収し続けていた。しかし世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」として、岸とCIAの「二人三脚」の関係を詳しく論じた。

管理人注:賀屋興宣で検索すると.....

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%89%EA%89%AE%8B%BB%90%E9&x=0&y=0&inside=1

 ただし、ワイナー自身が認めているように、「アメリカとCIAは、岸および自民党との隠密の関係を公式に認めたことはない」。詳しい典拠を示したこの著書でも、日本版編集部が付したマッカーサー駐日大使から国務省宛で佐藤栄作大蔵大臣(当時)からの資金援助要請を示す一九五八年七月二九日付け公電以外は、FRUSの解説とかつてのインタビュー記事で、岸信介の名が出てくる第一次資料は、未だに公開されていない。

 そして、筆者らが今回機密解除されたCIA、MISファイルの一端を分析した限りでは、CIAが選んだ「将来の指導者」とは、岸信介ばかりではなく、緒方竹虎や正力松太郎も、候補に挙がって実際に工作を受けていた。賀屋興宣ファイルや「より親米的な『責任ある』野党」=民社党結成の秘密工作まで言及したのはワイナーの卓見であるが、ジャーナリストであるワイナーの著書では、米国側の対日情報戦工作が、やや単線的に描かれている。

 もっともワイナーの著書刊行後も、先に紹介した筆者らの緒方竹虎ファイル分析、有馬哲夫の辰巳栄一ファイル解読のほか、新たな資料「発見」が続いている[37]。

管理人注:CIA資金が自民党を造ったなる大々的な記事がニューヨークタイムズに掲載されそれをCIAのY新聞がそのまま翻訳報道した。本当にCIAなのでしょうかは疑問です。児玉から掠め取ったカネではないかと考える。

さいとうひとり

因果の法則

http://www.youtube.com/watch?v=lnr5kFxUKwE

成功脳

http://www.youtube.com/watch?v=WY4BfX5MDWM&feature=player_embedded#!

成功するための口癖

http://www.youtube.com/watch?v=MzwxDuhc63c

「北朝鮮ミサイル発射を支える中朝共通戦略」

http://www.rips.or.jp/research/ripseye/2012/post-38.html

「対中戦略、日米同盟強化のために憲法九条を護れ」

http://www.rips.or.jp/research/ripseye/2013/post-160.html

関連URL......橋の上のホラティウス

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1353

そして門の守り手、勇敢なホラティウスは言った


この世のすべての人間に、遅かれ早かれ死は訪れる

ならば、先祖の遺灰のため、神々の殿堂のため

強敵に立ち向かう以上の死に方があるだろうか

私をあやしてくれた、優しい母のため

我が子を抱き、乳をやる妻のため

永遠の炎を燃やす、清き乙女たちのため


恥ずべき悪党セクストゥスから

皆を守る為以上の死に方があるだろうか

執政官どの、早く橋を落としてくれ

私は、2人の仲間とともに

ここで敵を食い止めよう

路にひしめく一千の敵を

三人で食い止めてみせよう

さあ、私の横に立ち

橋を守る者は名乗り出よ


敵を食い止めようと命を捧げた特攻隊員は

千人が果たした以上の事を成し遂げた


英雄ホラティウスは

セクストゥスの攻撃を食い止めるため

人々が橋を落とし、立て直しを図る

時間を稼ぐために、自らの命を捧げた


特攻隊は、押し寄せる敵艦を撃破し

立て直しを図る時間を稼ごうとした


ホラティウスの自己犠牲の最も注目すべき点は

彼が橋を守り切ったかどうかではない


重要なのは、何世紀にもわたり、幾多の西洋人が

ホラティウスのような勇敢な自己犠牲に

勇気づけられてきたという事実なのだ



日本軍の上層部が敗北を認識したうえで

大勢の若者を特攻隊員に任命したのは

絶望的な大義に命を捧げた若者たちの先例が

以後何千、何万年と、人々の自己犠牲精神を

かき立て続けるだろうと考えてのことだった

彼らの最後の望みは、未来の日本人が

特攻隊の精神を受け継いで

何事にも屈しない、強い心を持ち続ける事だった


現代を生きる私たちは、神風という存在を

ただ理解できないと拒否するのではなく


人の心を強く惹きつけ

尊ばれる側面もあったということを

理解しようと努めるべきではないだろうか

『特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ』(M.T.ケネディ著)より抜粋

余計な記事ですが「退化する若者たち」

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/maruhashi.html

実は老若男女を問わず以下の理由があるのです。タビストックで検索すると....

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%5E%83r%83X%83g%83b%83N&x=0&y=0&inside=1

タヴィストックの開発したものの中に「健康な人間を病気にする方法」というのがある。要するに正常な人間心理・精神を狂気または痴呆たらしめるための状況の中に置く方法である。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2277/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607