teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2225/3569 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 達人さんが言っていた、読み逃げというのが、よくわかるw

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 2月13日(水)08時23分27秒
  通報 返信・引用 編集済
  ろうばしんさんへのお返事です。

お返事じゃあないのですが,下の記事のスペースが足りないのでこの際バチカンにかんしての記事を少々..........いつもの悪い癖でまた長くなってしまいました。

今の法王についての一考

http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

バチカンと世界統一政府

http://ameblo.jp/shitteokitaikoto/entry-11424788782.html

マラキ書の通りになってきた

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20130213/1360725092

法王は一年以内に暗殺されるだろうと報道した英国のThe Telegraph

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/vaticancityandholysee/9073811/The-Pope-will-die-within-a-year-Vatican-assassination-fears-revealed.html

パウロ6世替え玉説 1~10

http://gokyo.ganriki.net/diary2008/d-2008-03-12.html

その3より

『お前達は、天主の聖名において、ローマの中に詐称者がいることを世に告げなければならない。彼は本物の教皇とは少し違った顔をしている。彼の目は教皇のそれほどは窪んでいない[1]。本物の教皇は弱く病的である。教皇の目は青いが、詐称者のそれは緑である。詐称者は神学を学んだ。彼は周到に準備された。彼は巧みな演技者である。罪を犯したのは彼だけではなく、彼を準備し据え付けた他の者達が最も重大な罪を負う。外交団はこのイタズラに気づいてるが、しかし彼らの多くはただそれを知りたくない。しかし平信徒達までがそれに気づかないのは不思議なことだ。彼らは彼の出来栄えの良くない時にハッキリと気づいてもいい筈だ。彼は本物の教皇に完全に似ているというわけではない。彼を投入した数人の枢機卿達がいる。しかしそれは聖書が言うように、善人でさえ過ちに導かれるような方法で為された。しかし昨今では、人々はそれほど聖書を参照しない。』

パウロ6世の替え玉はCIAでありすでにバチカンは当時より共産主義者,フリーメーソンの巣窟でもあった。写真下の右がCIAエージェントの替え玉。ローマ法王になるのにカトリックである必要はないということだ。フランスに派遣されたジェームズ・ロスチャイルド時代に資金不足のバチカンに金を貸したことからバチカンはロスチャイルド家の手中にはまってしまった。

CPUSAって知ってました?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A

http://gokyo.ganriki.net/diary2008/d-2008-03-12.html#tereka

教皇パウロ6世は毒物を注射され、その毒物は彼を弱め、麻痺させました。そして彼らはパウロ6世の文書と手紙を検閲し、内容に手を加え、全教会のための教えを歪め、捏造しました。

護教の盾の日記・目次

http://gokyo.ganriki.net/diary2008/mokuji8.html

BOAC(当時)スチューワーデス殺害事件に神父が関与

http://gokyo.ganriki.net/diary2008/d-2008-11-23.html

松本清張の「黒い福音」の小説として書かれた

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E7%A6%8F%E9%9F%B3

護教の盾 その1

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/poppyoil/

護教の盾 その2.....イルミナティの極秘指令書参照

反使徒の回想
カトリック教会の信仰を内部から破壊するために聖職に侵入した 「偽司祭」 (共産主義工作員) の回想録 ....関連: イルミナティの極秘指令書

http://gokyo.ganriki.net/index.html

カトリック情報

http://blog.goo.ne.jp/gloriam

ベネディクト16世の教皇職引退を発表する言葉は以下のとおり。

親愛なる兄弟の皆さん

わたしがこの枢機卿会議を招集したのは、3人の列福の件だけではなく、教会にとって非常に重要な決断を皆さんにお知らせするためでもあります。

わたしの良心を繰り返し神の御前で確かめた後、わたしの力は、高齢のため、教皇職をよりよく遂行するためにもう適していないという確信を得ました。

この教皇職が、その霊的本質ゆえに、行動と言葉だけでなく、苦しみ、祈りつつ、完成させられるべきであることはよく知っています。

しかしながら、早い変化と、信仰生活に対する大きな問題によって揺れる今日の世界において、聖ペトロの船(教会)を統治し、福音を告げるためには、心身の活力が必要ですが、ここ数ヶ月、自分に託された任務をよりよく遂行するための力がないことが自覚されるほど、その活力が減じてきました。

そのために、この行為の重大さをよく自覚した上で、完全な自由をもって、2005年4月19日に枢機卿たちによってわたしの手に託されたローマの司教職、聖ペトロの後継者の位(教皇職)を引退することを宣言します。これによって2013年2月28日、20時より、ローマの教皇座は空位となり、関係者らによって新しい教皇を選出するコンクラーベが召集されます。

親愛なる兄弟の皆さん、すべての愛と仕事をもって教皇職の重みをわたしと共に耐えてくださった皆さんに心から感謝すると共に、すべてのわたしの欠点をどうかお許しください。

今、聖なる教会の世話を、最高の牧者、わたしたちの主イエス・キリストに託し、その聖なる母マリアに、枢機卿たちが新しい教皇を選ぶまで見守ってくださるよう祈りましょう。わたしについては、将来においても、祈りに専念した生活をもって、神の聖なる教会に心から奉仕したいと思います。
http://ja.radiovaticana.va/Articolo.asp?c=663874

その他にもヨハネパウロ1世で検索すると二件出てきます...

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%88%83n%83l%83p%83E%83%8D%88%EA%90%A2&x=0&y=0&inside=1

『ヴェニスの北方のカナルデ・アゴルドの納星を改造した貧しい家に、アルビノ・ルチアーノが生まれたのは一九一二年二月一七日のことだった。貧しい少年時代に彼はアントニオ・ロスミニの『教会の五つの傷』という本に深く感銘を受けた。彼はその生い立ち故に貧者への同情と教会をキリスト教のルーツに帰したいという願いを持っていた。ベルー
ノの法王総代理となった彼は読書とサイクリングと登山の好きな人であった。

彼は嘘のない人柄であたので、教会の堕落を見たとき法王パウロ六世に注意を促すために訴えたが、法王は何の行動も起こさなかった。ルチアーノはその純粋で誠実な人柄からこれに従順に従った。パウロ六世はこの従順を堕落に引き込む事ができる人物だと勘違いした。ルチアーノの父は率直な社会主義者だったので彼には社会主義者とのつながりがあり、彼はその良い関係(社会主義者でも中には好人物もいるものだ)を保ち続けた。これが彼が法王になった一つの理由でもあった。

一九五八年彼はヨハネニ三世によって主教に任命され、一九六九年にはベニスの総大司教に任命された。この時期にルチアーノはジョパンニ・ベネリによってバチカンの銀行から(そうとは知らされずに)フリーメーソンの資金を奪う陰謀を教えられた。アルビノ・ルチアーノと他の人々はメーソンのカルピとマルシンカス主教のカトリック銀行から小さなサン・マルコ銀行に資金を移す恥知らずなP2資金調達計画(管理人注:イタリアのフリーメーソンリーのLodge P2のこと)にすっかり嫌気がさしてしまった(この時点では、ルチアーノは彼らがメーソンだとは知らなかった)。

ルチアーノが法王になってからどんな事が起こったかについて調査した『神の御名によって』という本がある。この本は大いに推奨される傑作であり、ここに書かれていることの多くはこの本によっている。法王ヨハネ・パウロ一世はカトリック教会の改革に乗り出した。彼は法王になった時、戴冠を拒杏し、法王を取り巻く罠となっている王制風のきらびやかな風俗を取り除いた。彼は自分の回りからフリーメーソンの人間を排除し正直な人間に替えた。また彼は教会から富を排除し、 P2によって行われてきた恥ずべき資産の横取りを調査し明らかにする事を始めた。ところがバチン内部の検閲者たちは彼の声明を検閲し、彼の名で偽りの声明を発表した。電話は制約され、彼の語る事は公式の記録から抹消された。そして、法王となってわずか三三日目に暗殺された。 (3.11=3x11=33=イルミナティの殺人儀式)
 フリーメーソン33位階グランドマスターのコンパス(写真下)。イタリアのP2Lodgeのレオ・ザガミはロッジ閉鎖によりイルミナティの広報部長補佐として恐怖を煽っている。北朝鮮の将軍様も「悪の枢軸」としての役目を立派に果たしている。将軍様もグランドマスター。33位階の上にイルミナティが聳え立つ。

見事なマフィアのやり方で速やかに葬儀屋が呼ばれ、彼の体は側近のマッギー神父が発見する前に保存処置が施された。彼の意志は失われ、世界は偽りの杯を飲まされ、世界はおおむねこの嘘を受け入れた。しかし、バチカンの中には法王を愛し、彼の死についてバチカンが大嘘をついているということ知っている人々が沢山いた。生前ヨハネ・パウロ一世は北イタリヤの友人にこう言っている。「パチカンには二つのものが大変不足しているという事が判ったよ。正直とうまいコーヒーがね」

ヨハネパウロ一世(ローマ教皇)・Albino Luciani.........一番下の写真

法王就任三三日目に彼は明らかに毒を盛られた。〃不正直な人々〃が、彼が法王に就任する前にもっといろいろ教えておくぺきだったという事を悟った結果である。ヨハネ・パウロ一世は第ニバチカン公会議と、より強い世界統一政府に好意的な発言をしている。しかし、それは彼らの構想を彼なりの考えで受け入れたものであった。そして最終的には賛成はしなかった。彼が法王に選ばれたという事実は、世界政府の鉄の壁といえどもその隙間を通して善良な人物がすりぬける事もあるという事、そしてカある人々の力に逆らって小さな船が進むこともあるという事を示している。P2の、銀行を舞台とする陰謀がイタリヤ政府を崩壊させ、アメリカの FDIC(連邦預金保険組合)の屋台骨を揺り動かしたことに対してまったく関心を示さなかった人々でも、極めて壮健な法王がわずか三三日の後にミステリアスな死に方をした事については注意を払わないではいられなかった。不思議な事に法王の死の後に、それに関わったジーン・プィレットのような人々が悔い改める間もなく次々と死んでいった。それが仲間による証拠隠滅工作だったか、天罰だったかは知る由もない。』(角笛より)

参考記事

All about Leo Wanta

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1484

何で北朝鮮にはカネがあるのか?だからいくら経済制裁して絞り上げてもダメなのです。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130212/waf13021213220012-n1.htm

 買い物をしていた主婦(29)は「餓死する国民もいるのに、どこにそんなお金があるのか。核実験は外国にも北の国民にも最悪の出来事。

答え:CIAがドイツで印刷した偽ドルは本物と同じで北朝鮮にはいくらでも流通しているのですよ。

偽ドル札はCIA作

http://nzisida.lolipop.jp/07_04_21.htm

スーパーノートはアメリカの自作自演

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1293c996711044880ad529f0d90dfa97

『フランクフルター・アルゲマイネ』1月8日付け記事によると。

偽造紙幣問題に詳しいクラウス・W・ベンダー記者が『偽造ドル紙幣の秘密』と題して報じた。
ドイツ紙のフランクフルター・アルゲマイネ紙は、中道右派の権威ある新聞。
ベンダー記者は、『スーパーノート』と呼ばれる偽ドルがいかに精巧か、米国以外が作ることが困難かを詳細に説き、『北朝鮮は偽ドルを作製する技術がない』『偽ドルは東アジアではなく、中東、東アフリカ、ロシアから流入している』と指摘。
『偽造紙幣捜査官たちは、CIAが秘密印刷所で何を印刷しているのか問い続けてきた』『ワシントン北部に位置する有名な都市の施設には「スーパーノート」の印刷に必要な機械がある』『CIAは秘密工作のための財源を偽ドルでまかなってきた可能性がある』『偽ドル作りを北朝鮮になすりつけることもできる』と記している。
CIAが中東などの親米組織を支援するために偽ドルを与え、その親米組織が北朝鮮から武器を購入する時に偽ドルを使った可能性があるというわけだ。
仮に、この事実を北朝鮮が掴み、米国に問いただしたとしたら、米国が突然、北朝鮮に譲歩したこともつじつまが合う。

世界情勢に詳しい元外交官の原田武夫氏が言う。
『そもそも、極貧の北朝鮮に米国が驚愕するような偽札を作る能力はないでしょう。そんな技術があれば麻薬を輸出する必要がない。世界中の紙幣はドイツ製の印刷機で印刷されているだけに、ドイツは偽ドルに通じている。ベンダー記者は著書でも偽ドルについて詳しく書いています』
偽ドルはCIAが発行した『軍票』だったという説もある。
もし、米国が偽ドルを作っていたとしたら、日本政府はどう対応するのか。
94年クリントンの時の米朝枠組み合意では50万トンが今回は100万トンに増額される。

偽造百ドル紙幣・スーパーノートは米国も調べているが、国際社会ではインターポール(国際刑事警察機構)が捜査の中心になっている。(注)でもインターポールもユーロポールもロックフェラーのおもちゃですからね.....

この組織図にちゃんとありますね(笑)

http://megalodon.jp/2009-0524-1059-27/www.vaticanassassins.org/kolvenbach.htm

注:米国としては「悪の枢軸」を演じてもらっている北朝鮮は神なのである。

ところで我が家の愛犬のマー君とスー君はアーミテージ・ナイのレポートのこともちゃんと知っていました。驚きです

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1477

例えばマクベスでは.......と,スー君は見透かしたようにいうのです。

『 明日,また明日,また明日と,時は小きざみな足取りで一日一日を歩み,ついには歴史の最後の一瞬にたどり着く,昨日という日はすべて愚かな人間が塵と化す死への道を照らしてきた。消えろ,消えろ,つかの間の燈火(ともしび)。人生は歩き回る影法師,あわれな役者だ,舞台の上でおおげさにみえをきっても,出場が終われば消えてしまう。わめきたてる響きと怒りはすさまじいが,意味は何ひとつありはしない』と。

マー君も主人の制止を振り切っていいます.......

スー君はブログで検索したのをいったんだろう,と.....

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83V%83F%81%5B%83N%83X%83s%83A&x=0&y=0&inside=1

二人はいいます。随分掻(?)いたんだね~,と。うちのご主人は暇だから,ともいうのです。

主人からです....昨日は生物兵器に関する過去記事に随分アクセスがありました。これは組織培養(Tissue Culture)の不定胚という技術で高品質な細菌を無限につくることができます。

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

ところでアーミテージ・ナイのレポートにコメントがありました

米国40州以上からUSA脱退の申請書がオバマ政権へ提出された!
NY州、CA州、FL州など37州では紙切れ化す米ドルに代る物々交換用地域通貨と扱い銀行が普及している。
米の国家債務は法定上限を2012.12.31に超えた。
私企業のFRBがドル通貨を印刷・発行できる100年間の権利が2012.12.22に期限切れした。
2013.1の発行目当てに印刷した巨額の新100ドル紙幣が輸送中に大部分盗まれて消えた。犯人はDHS国土安全保障省のスペシャル・チームだった。
窮余の策で、議会の承認なしで、政府が1兆ドル銀貨を1枚鋳造・発行してFRBに預けて支払に宛てる議会制度崩壊・通貨制度空転・経済虚構化の非常対策が提起されている。その場合はドルの信用失墜で通貨制度と経済が破綻する。オバマ政権は、流石に乗り気になれないでいる。共和党は3か月だけ国家債務上限UP案を出すつもりだ。
CIA特別作戦局長元代理W.Boikinは最近、米経済崩壊・食料危機・全米動乱・政府の国内戦争状態宣言発令を予言した。
米デフォルトが切迫している。デフォルトでドルと金融制度の崩壊・米経済崩壊、連動で世界金融恐慌勃発だ。こうしてUSAは解体・消滅に向かっている。

管理人注:だから日本政府は50兆円どころか日本国が破綻するまで無制限に米国債を買う約束をしたのでしょう。もうアメリカはそこまで来てしまっているのです。今ブレジンスキーが言った言葉を思い出します。

昨年不正してでも安倍政権をつくったのはそういう理由からです。祖父の岸信介の岸はガンと本当は読むのです。あの地域で海賊をしていたガンの末裔なのです。ちょうどエリザベス一世の時代英国を救ったのはあの海賊紳士ドレークであったように。






> 達人さま
> 恐れ入ります。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2225/3569 《前のページ | 次のページ》
/3569