teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2182/3558 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アブラハムとは何者か

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 2月23日(土)21時53分40秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.mondovista.com/abraham.html より翻訳 Josephus (37 - 100 A.D.)によると、アリストテレスは次のように語った。 「ユダヤ人の先祖はインド人の思想家である。 ユダヤ人は、インド人からCalaniと名づけられた。」 次のように書いた人もいる。 「ユダヤ人はインド人の思想家たちを先祖としている。 この思想家たちはインドでCalaniansと呼ばれ、シリアではJewsと呼ばれている。 彼らの都は発音がとても難しい。 それはJerusalemと呼ばれている。」 BC300年ごろの人が 「ユダヤ人はKalaniと呼ばれるインドの種族、または宗派である。」と言った。 「Magiの人々は自分たちの宗教をKesh-î-Ibrahimと呼んでいたと言われている。 彼らの聖典は、自分たちを天国から連れてきたAbrahamまでさかのぼる。」 と書いた人がいた。 確かに際立った類似性がある。 ヒンドゥー教の神Brahmaとその妻Saraisvati ユダヤ教のAbrahamとその妻Sarai これは単なる偶然ではない。 インド全土でBrahma教の寺院は一つしかないが、 この宗派はヒンドゥー教のなかでは3番目に大きい。

ある人は次のように述べている。 「Abrahamは、Brahman教の教えを世界に広めるために インドを出発した僧侶の子孫である、というのがボルテールの考えである。 この考えを支える根拠として、 名前の類似性と、 Urという都(長老の土地)はBrahmanが生まれたインドへの道路がある ペルシャの国境に近いところにあるという事実を挙げた。」

Brahmaの名はインドでは大いに尊敬され、彼の影響力はペルシャ中に及んでいた。 ペルシャ人はBrahmaを採用し、彼をペルシャ人にした。 「インドへ行く途中にある山岳地帯のBactriaから神が来た。」 と後になってペルシャ人はよく言っていた。 Bactria(昔のアフガニスタン)は Juhuda 、Jaguda、またはUr-Jagudaと呼ばれた初めのユダヤ人の国であった。 Urは、場所または都市という意味である。 それゆえAbrahamは、Ur of the Chaldeans、 Chaldean、 からやって来たと聖書が語っているのは正しい。 正確に言えば、Kaul-Deva (Holy Kauls、神聖なKauls)は、 特定の民族を指す言葉ではなく、 現在のアフガニスタン、パキスタン、インドのカシミール地方に住んでいた 古代ヒンドゥー教のBrahmanの僧侶階級を指す言葉である。 ユダヤ人同様、ペルシャ人もまたIbrahimつまり Abrahamを自分たちの父と主張している。 こうしてわれわれは古代の歴史から、 ペルシャ人、ユダヤ人、アラビア人はAbrahamの子孫であることがわかる。

Abrahamの父Terahは、 Ur of the Chaldees or Culdees という東国からやって来てメソポタミアと呼ばれる地域に住んだ とわれわれは教えられた。 そこに定住して、しばらくするとAbraham(Abram, or Brahma)と 彼の妻Sara (Sarai, or Sara-iswat)が父の家を出てカナンへ行った。 AbrahamとSaraが、BrahmaとSaraiswati と同一人物であると最初に指摘したのはイエズス会の宣教師である。 しかし、歴史の例外はこれで終わらない。 インドにはGhaggarというSaraisvati川の支流がある。 同じ川のもう一つの支流はHakraである。 ユダヤの伝説によると、HagarはSaraiの女召使いであった。 Ghaggar, Hakra 、Hagarが似ていることに注意。 Ishmael はHagarの息子で、彼の子孫はインドに住んでいたと聖書は語る。 Isaacと Ishmaelの名前が、Sanskritに由来するというのは興味ある事実だ。 (Hebrew) Ishaak = (Sanskrit) Ishakhu = "Friend of Shiva." (Hebrew) Ishmael = (Sanskrit) Ish-Mahal = "Great Shiva."

Abraham物語の第3版は、彼をもう一人のNoahに変える。 洪水のせいでAbrahamがインドから出たことをわれわれは知っている。 イスラエルの神はこう言われた。 お前たちの父親は昔、洪水の反対側に住んでいた。 Abrahamの父のTerahも、Nachorの父も。 彼らは別の神を信じていた。 それで私は、お前の父であるAbrahamを洪水の反対側から連れ出し、 Canaanの土地へ導いた。 創世記には、Abrahamの内妻Keturaの子孫の記述がある。 Jokshan、Sheba、Dedan、 Epherがそうである。 注意 Moslemの民は、KeturaはHagarのもう一つの名前であると主張している。 Noahの子孫にJoktan, Sheba, Dedan, Ophirがいる。 この様々な解釈から私(筆者)は、聖書を書いた人は ユダヤのいくつかの部族を統合しようとしていたのではないかと思った。(ヤマトさんのバックアップより)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2182/3558 《前のページ | 次のページ》
/3558