teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2180/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米国の強制削減法

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 3月 2日(土)14時17分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  オバマ大統領はExecutive Orderで強制削減法に署名した。今後10年で110兆円にものぼるという。その分を日本が米国債を買って穴埋めしようという算段だろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130302-00000016-asahi-bus_all

デトロイトが緊急非常事態宣言

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130302-00000021-reut-n_ame

ミシガン州知事、デトロイト市に財政上の非常事態宣言を発令

ロイター 3月2日(土)8時33分配信
米ミシガン州知事、デトロイト市に財政上の非常事態宣言を発令

3月1日、米ミシガン州のリック・スナイダー知事は1日、デトロイト市に財政上の非常事態宣言を発令した(2013年 ロイター/Rebecca Cook)

[デトロイト 1日 ロイター] 米ミシガン州のリック・スナイダー知事は1日、デトロイト市に財政上の非常事態宣言を発令した。同市はミシガン州の管理下に入る可能性がある。

知事はフォーラムで「デトロイト市の財政上の非常事態を宣言することが適切だと確信する」と言明し、非常事態に対応する財政担当者の候補はすでに固まっていると述べた。

これ以上の詳細には言及しなかった。

同市をめぐっては財政を調査した委員会が2月19日、「市政運営上での機能不全」に陥り財政上の緊急事態に直面していると結論づけた。

委員会は非常時の財政担当者任命を正式に提言しておらず、決定は知事に委ねられている。

財政担当者は、デトロイト市が生き残る唯一の道は破産法の申請という決断を下す可能性があり、その場合は米国で最大規模の自治体破たんになる。

なおこの記事は目次でクリックすると見ることができますが,その他の記事は軒並み何者かが削除したようで現在プロバイダーにクレームをしている最中です。記事を削除してもサーバーには残っていますので何とか引っ張りだしてほしいものです。10ヶ月かけて書いた記事がこれでおぢゃん?ブログを書く際の資料だったのですが......

しかしこういうことはこれから増えてくると思います。大政翼賛会になればあ、と思うと嫌な感じがします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130302-00000034-jij-n_ame


4空母航空団、活動停止も=支出カットで米軍危機―国防長官

時事通信 3月2日(土)9時58分配信

 【ワシントン時事】ヘーゲル米国防長官は1日、記者会見し、国防費を中心とした強制歳出削減について「効果的に全ての任務を遂行するわれわれの能力を危険にさらす」と述べた。支出カットにより、4個空母航空団が段階的に活動停止に追い込まれると指摘し、米軍の即応態勢に大きな打撃を与えると警告した。
 2月27日の就任後初めて開いた会見で長官は、まず4月に1個航空団が活動を中断するとの見通しを表明。空軍機の飛行訓練時間や大多数の陸軍部隊の訓練も短縮せざるを得ないと語り、陸軍の約8割の実戦部隊に悪影響が及ぶと強調した。
 長官は「米国は世界で最も強力な戦闘部隊を有しており、この能力がむしばまれる事態は容認できない。こうした現実は予期していた」と述べ、就任直後の課題として、米軍の能力維持に全力を挙げる方針を示した。

管理人注:日本の場合は米軍への思いやり予算があるので大丈夫でしょうがね,悪の枢軸の北朝鮮の歴代将軍様はフリーメーソン33位階のグランドマスターなのです。

ブラックマンデイ来るか??

http://blog.shadowcity.jp/my/2013/03/post-2260.html#more

これは直接関係ありませんが.......

ユダヤとフランス革命

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%81%E8%A8%88%E7%94%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

日経記事

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGN0101N_R00C13A3000000/?dg=1

【ワシントン=中山真】オバマ米大統領は1日昼(日本時間2日未明)、ホワイトハウスで記者会見し、同日中の歳出の強制削減の発動が避けられなくなった情勢を踏まえ、「重要なのはすべての国民がこの痛みをただちに感じることはないことだ」と指摘した。発動しても当面の影響は限定的になるとの見方を示した。
画像の拡大

 また、「(歳入増と歳出削減を組み合わせた)バランスの取れた方法で代替は可能であり、代替しなければいけないと信じている」と述べ、今後も代替措置を模索し続ける考えを表明した。

 記者会見に先立って、オバマ大統領と共和党のベイナー下院議長ら議会指導部はホワイトハウスで、強制削減発動回避に向けた協議に臨んだ。しかし、共和党側は強制削減を代替するための増税を認めない考えを改めて表明し、一致点は見いだせなかった。

 オバマ大統領は記者会見で、強制削減について「痛みは現実だ。今の米国民にとっては全く不必要だ」と力説。「強制削減の発動が長引けば長引くほど、米経済への打撃は大きくなる」と述べ、早期に強制削減発動を凍結する必要があるとの認識を示した。

 一方、ベイナー下院議長は「大統領と議会指導部は(3月下旬の)政府閉鎖を回避すべきだとの認識で一致すると同時に、引き続き強制削減を代替するための解決策を探り続けることで合意した」とする声明を発表した。ただ強制削減の代替措置に増税を含めることは認めないとの立場を改めて表明した。

これから起こること.......

http://blog.livedoor.jp/hyouhei03/archives/51122964.html

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2180/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577