teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2141/3586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神の数学・九進法

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 3月15日(金)16時32分34秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www4.tokai.or.jp/kaminosuugaku/kamisuu02.html

関連記事:ドーマン(九字)と陰陽学

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/288

日本に渡来したイスラエル族

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1035

皇位の徴・三種の神器

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1210

九字切り

http://officehiro.net/mz-2/kuzikiri.htm

魔法陣とは

http://www.itmn.biz/

魔法陣の画像

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E9%AD%94%E6%B3%95%E9%99%A3

魔法陣の画像から

http://syuu0622.blog18.fc2.com/blog-category-11.html

関連記事.....陰陽大極図

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%99%B0%E9%99%BD%E5%A4%A7%E6%A5%B5%E5%9B%B3&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

八咫烏は陰陽道と関係がある

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/981

ひふみ神示

http://123.mikosi.com/10.html

<例>
      《0+(9)》の場合、<0+1><8+2><7+3><6+4><5+5>= 1
      《①+(8)》の場合、<1+1><1+1><1+1><1+1><1+1>= 2
      《②+(7)》の場合、<2+1><3+0><4+8><5+7><6+6>= 3
      《③+(6)》の場合、<3+1><5+8><7+6><0+4><2+2>= 4
      《④+(5)》の場合、<4+1><7+7><1+4><4+1><7+7>= 5
      《⑤+(4)》の場合 <5+1><0+6><4+2><8+7><3+3>= 6
      《⑥+(3)》の場合 <6+1><2+5><7+0><3+4><8+8>= 7
      《⑦+(2)》の場合 <7+1><4+4><1+7><7+1><4+4>= 8
      《⑧+(1)》の場合 <8+1><6+3><4+5><2+7><0+0> =9(0)
      《⑨+0 》の場合 <0+1><8+2><7+3><6+4><5+5>= 1


 何と言うことか、見事な「123…天地の数歌」が現れて天地は開けたのである…!!.

 まさに目を疑うような秩序整列を持っている数の現れであり、まさに意識数学(自然数学)の珠玉と言うものである。

 ここでも言っているではないか…!!、「ひふみ…の数」は9で終わりを告げ、新たに1から始まると…!!!。


 日本の神道では確かあの世とこの世は「合わせ鏡」であり、「天地一体」、「表裏一体」の姿であると説いていることはご承知であろう。上の表を見るがいい、一方の対角線が「天(表)」ならば、他の対角線は「地(裏)」の関係であり、まさに「合わせ鏡」の状態にあることがよく分かるはずである。この数図はその真実を表しているものであり、その仔細をしっかり物語っている貴重な数図である。
 そもそも「合わせ鏡」,「表裏一体」などと言う古くからある言葉とその言い回し等は日本独特のものであり、世界にはまったく類を見ないものである。

 また『ひふみ神示』は言う 「天と地の間には大きなレンズがあって夫神と妻神が別れ別れになり、夫が「この世の神」で妻が「黄泉の国(あの世)」の神となったと…。その言葉の確実なことを証明するのがこの「神の数学」である。

陰陽大極図

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E6%A5%B5%E5%9B%B3

この形をした太極図は、陰陽太極図、太陰大極図ともいい、太極のなかに陰陽が生じた様子が描かれている。この図は古代中国において流行して道教のシンボルともなり、今日では世界各地に広まった。白黒の勾玉を組み合わせたような意匠となっており、中国ではこれを魚の形に見立て、陰陽魚と呼んでいる。黒色は陰を表し右側で下降する気を意味し、白色は陽を表し左側で上昇する気を意味する。魚尾から魚頭に向かって領域が広がっていくのは、それぞれの気が生まれ、徐々に盛んになっていく様子を表し、やがて陰は陽を飲み込もうとし、陽は陰を飲み込もうとする。陰が極まれば、陽に変じ、陽が極まれば陰に変ず。陰の中央にある魚眼のような白色の点は陰中の陽を示し、いくら陰が強くなっても陰の中に陽があり、後に陽に転じることを表す。陽の中央の点は同じように陽中の陰を示し、いくら陽が強くなっても陽の中に陰があり、後に陰に転じる。太極図は、これを永遠に繰り返すことを表している。魚眼の位置は下記で述べるように古来のものでは左右に置かれていたが、現在流行のものは上下に置かれることが多い

注:勾玉

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%BE%E7%8E%89

勾玉は道教のシンボル

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%95%99

参考:老子・道徳経

http://www.ginzado.ne.jp/~okoshi/rousi.html

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2141/3586 《前のページ | 次のページ》
/3586