teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2153/3611 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

老子・道徳経 その5

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 3月16日(土)23時40分25秒
  通報 返信・引用 編集済
  以下は老荘の言葉より..........

1)利益というものを,人間の生き方の中心に置いた社会というものは必ず破滅する。

2)便利な生活というものを,最高の価値として,それだけをひたすら追いかけると冷酷非常な世の中になる。


3)世の中が乱れることの根本は,賢くなれといって頭のいいことを人間たることの第一の価値として強調することだ。

自然に帰るより

下の記事の写真は大極図

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E6%A5%B5%E5%9B%B3

http://yuhosato.blogspot.jp/2008/11/blog-post_06.html


http://www.ginzado.ne.jp/~okoshi/rousi.html

第六十九章

戦術について次のことばがある。

「わがほうは最初に敵を攻撃せず、攻撃されてから行動する。」

「わがほうは一寸でも進もうとはせず、一尺でも後退するのだ。」

これは作戦のない作戦、武器のない武器をとり、敵のない敵を襲い、

兵器のない兵器を運ぶといわれる。

敵をあなどるほど大きな禍いはない。

敵をあなどるということは、

慈しみ、倹約、そして天下の先頭に立とうと思わない教えを破ることである。

だから、二つの軍隊が交戦するとき、慈しみをもっている方が勝利をしめる。

第七十章

私の言葉を理解し、それに従うのは難しくない。

しかし、天下に誰れもそれを理解し、従うことのできる者はいない。

何故ならば、言葉は源からでており、行為には行う人がいるからだ。

これがわからないで、私を理解することはできない。

私を理解できなければできないほど、私はますます価値あるものとなる。

だから、賢人はぼろぼろの衣服の下に貴重な宝物をかくしている。

第七十一章

知ることのできないものを知るのが最上である。

そして、これを知らないのが欠点である。

欠点を欠点として知れば欠点とはならない。

賢人には欠点がない。

彼は欠点を欠点として理解する。

だから、彼は欠点をもたない。

第七十二章

人々が恐れをもたないとき、「根本的な恐怖」を経験する。

自分の住んでいる場所がせばめられないから、彼らは安心して生活している。

安心して生活しているから、彼らの生活は平和である。

それ故に、賢者は自分自身を知っているが、みずからを見せびらかさない。

自分自身を養うが、みずからを偉ぶらない。

小さな恐れを捨てるけれども、根本的な恐怖を経験する。

第七十三章

勇敢だが、無謀なものは死ぬ。

勇敢だが、無謀でなければその命は救われる。

この二つのうち、一方は利となり、他は損失となる。

天が憎むことを誰れが知ろう。

賢人でさえすぐれた選択はできない。

天の道に従えば、争わないでも必然的に勝ち、尋ねなくても自発的に反応し、

招かなくても成功はひとりでにやってくるし、

故意でなくても天の道はうまく工夫されている。

自然の網はすべてを包みこむ。

その目はあらいが、何も逃さない。

第七十四章

人々はもはや死を恐れない。

どうして彼らを死をもっておどかすのか。

生きているのを同じように死を恐れているならば、

我々は犯人をつかまえ、死に向かわせることができる。

その時、誰れが罪を犯すことになろうか。

(自然には)人間の生命を終わらせるものがいつもある。

我々が殺す役目を負うならば、

木を伐る偉大な工人の役目を負うようなものである。

我々が木を伐る工人の役目を負うならば、

ほとんど手助けができず、自分の手を傷つけることになる。

第七十五章

人々が食糧を奪われるのは、王があまりにも重く税金をとるからである。

だから、彼らは飢え苦しむのだ。

人々が治まらないのは、王が生活に干渉するからで、だから、治めにくいのだ。

人々が自分の生命を軽く捨てるのは、彼らの王が途方もなく生を追求するからで、

それ故に、人々は自分の生命を軽く捨てるのである。

自分の生命を少しでも気にかけない物こそ、

他人の生命を尊ぶ方法を知るのである。

第七十六章

人が生きているときは、身体は柔らかく、かよわい。

死ぬときには、堅くてこわばっている。

草木が生きているときは、柔らかく、かよわい。

死ぬときには、しなびれて枯れれいる。

それ故に、堅いものは死に近く、柔らかいものは生に近い。

このように、軍隊は柔軟でなければ戦いに負ける。

板がかたく乾けば、それは砕ける。

強くて堅いものは低いままにあり、

柔らかくてしなやかなものは高いところにある。

第七十七章

自然の道は弓を引いた曲線に似ている。

上端のものは押し下げられ、下端のものは引き上げられる。

余りすぎは減らされ、足りないものは補われる。

自然の道は余っているものを減らし、足りないものを補うのである。

一方、人の道は足りないほうを減らし、余っているほうへ補うのである。

いったい余りすぎるものをもっていて天下の人々のためにおぎなうことのできる者は誰れか。

「道」を有した者だけがそれをできる。

それ故に、賢者はそれをするが、誰れがしているのかわからない。

成功しても、名声を求めない。

そして、他人よりも優れていることを見せびかすようなかことがあるだろうか。

第七十八章

水は天下で最も柔らかく、しなやかなものである。

また、それは強くて堅いものに最もよく打ち勝つことができる。

これは真実で、変わることがない。

「しなやかなものが堅いもの負かし、柔らかいものが強いものを負かす。」

天下のすべての人がこれを知っているが、それを人生に適応できない。

だから、賢者はいう。

「国全体のはずかしめを引きうける者は、国家の予言者になる。

天下の悪い予言を堪え忍べる者は、天下の王となる。」

正しい表現は反対に聞こえるものである。

第七十九章

深い怨みを和解させても、必ずいくつかの怨みがあとに残る。

このように、和解は最善の方法とはいえない。

賢者は借人の契約書は握っているけれど、借人に支払いを求めない。

だから、

「徳」のある者は契約書を握るだけであり、

「徳」のない者は税金のとりたてをする。

自然の道にえこひいきはない。

それはつねに善人の側につく。

第八十章

小さくて人口の少ない国がある。

数多くの道具があったとしても、誰れもそれを使わない。

人々は生命を大事にし、誰れも遠くに移住することを望まない。

船や車は役に立つが、誰れもそれらに乗らない。

すばらしい武器を所有していても、誰れもそれを使わない。

人々にもう一度、縄を結んで約束のしるしとしたような時代に戻らせ、

すばらしいごちそうで楽しませ、立派な服装を着させる。

自分の住居でおちつかせ、習慣を楽しませる。

隣の国はすぐ見えるところにあり、鶏の鳴き声や犬の吠えるのがきこえるけれど、人々は互いに往き来することもなく、その人生を送るのである。

第八十一章

言葉が真理をあらわしていると、その言葉は美しくなく、

言葉が美しいと、その言葉は真理をあらわしていない。

本当に立派な人は言葉で議論をせず、言葉で議論する人は立派ではない。

本当の知者は博識でなく、博識の人は本当に知っていない。

賢者は蓄めることをしない。

他人のために出し尽くすと、得るものは多くなり、

他人のために分けてやると、得るものはさらに多くなる。

天の「道」は善いことをなすが害を加えない。

賢者の「道」は行いをするが名声を求めない。


『老子の思想』より_

http://homepage2.nifty.com/01241104/starthp/subpage22.html

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2153/3611 《前のページ | 次のページ》
/3611