teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2081/3569 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本とユダヤ 六芒星の謎

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 3月25日(月)16時38分6秒
  通報 返信・引用 編集済
  日本とユダヤ ~六芒星の謎~

http://blogs.yahoo.co.jp/yatsurugi319/46153960.html

陰陽和合の理

http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1644

レビ族のアロン

以下は画像ですがその下にURLがあります。拙稿のアロンの杖とマナの壺もあります。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9D%96

アロンの杖 (英語: Aaron's rod)は、『旧約聖書』の『出エジプト記』に登場するモーセがイスラエルの神から授かり、モーセと兄アロンが使っていたとされる不思議な杖。
旧約聖書:出エジプト記によれば、アロンの杖はエジプトで9つ(10)の災いを起した。時に蛇に姿を変え、触れた水を血に変え魚を死に至らしめ、蛙の大群を出現させ、ブヨやアブを大量発生させ、疫病を流行らせ、雹を降らせ、イナゴの大群を発生させた。これらは主にモーセ達ユダヤ人と対立したエジプトの王に対する反抗として成され、モーセとアロンがエジプト王朝と国全体の国力を徐々に弱体化させ、エジプト王を懲らしめたという描写がされている。
また、ユダヤ人のエジプト脱出時には、モーセが杖を掲げると海が割れ道を開き、追ってきたエジプトの軍隊を海に飲み込んだ杖と同じものとされる。

ヤコブの杖 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%81%AE%E6%9D%96
ヤコブの杖( - つえ、英:Jacob's staff)またはクロス・スタッフ(cross-staff、直訳すると「十字型の杖」)とは、天体の高度角を測る道具で、西洋では14世紀ころから使用され始めた。航海術、測量術、または天文観測において、北極星または太陽の高度角を測ることによって緯度を知るために用いられた。名前の由来は当時の星座から(今で言うオリオン座のうち、「帯」の三つ星とリゲル、ベテルギウスはヤコブの杖と呼ばれていた)とも言われる[1]。
目盛りの刻まれた長い棒と、それに直角に取り付けられて自由に動かせる短い棒(クロスピース、十文字片[1]と呼ばれる)から成る。長い棒を目の前に構え、その上下に目標の天体と水平線が来るようにクロスピースを動かして、クロスピースの位置を目盛りで読むことによって使用する。
インド洋の航海者だったアラビア人たちは、アル・ケマル(カマル Kamal とも[2])と呼ばれる器具を使用していた。これはヤコブの杖と同じ原理だが、目盛りの付いた棒の代わりに結び目のある紐を、クロスピースの代わりに板を使ったものであった。15世紀には既に定着していた[2]。アストロラーベや四分儀(コードラント)も緯度を知るための道具であったが、ゆれる船上では、重く使用しにくいものであったので、クロス・スタッフが用いられるようになった。
中国では11世紀の学者、沈括の『夢渓筆談』にこのような道具の記述がある。ヤコブの杖が西洋の文献に登場するのは14世紀のユダヤ人の数学者レビ・ベン・ゲルソンによるものである。16世紀のオランダのアドリアーンスゾーン・メチウスやゲンマ・フリシウスによって改良が加えられた。

ヤコブの杖 http://www.nskk.org/chubu/qanda/arekore/05.html
 別に足が不自由というわけではない、年齢にも関係なく主教さんが教区内の教会を巡回するときは杖をもって歩く。杖は羊を導く「牧杖」から来た。旧約の中にはいろいろな場面で杖が使われている。 聖書語句辞典 ( コンコーダンス ) でしらべると約百回程になる。イスラエルの指導者は皆、杖をもっていた。モーセが神から召命をうけたとき、神から「あなたが手にもっているものは何か」と問われ、「杖です」 と答えている(出エジプト記4:2)。モーセの杖は岩から水を打ち出し(同17:6)、水を血に変え(同7:20)、海を二つに分け(同14:21)、雷や雹を 降 ( ふ ) らす(同9:22)。杖は指導者のシンボルとなっている。杖は羊を飼うためだけでなく、ことに沙漠を旅する者にとっては必需品である。
 「……腰帯を締め、靴を履き、杖を手にし……」(同12:11)、モーセとアロンの出エジプトの旅立ちにも杖が示されている。
 ヤコブの神への語りかけの言葉の中に、「かつてわたしは、一本の杖を頼りにこのヨルダン川を渡りました」(創世記32:11)とある。
 杖のもつ意味が司牧だけでなく、次第にふくれ上がって「物指」、基準をも意味することは充分考えられることです。実際建物や土地を測るのに測り棒が用いられ、杖ともなるわけです。
 さて、夜空の星が美しい季節です。昔の人は天に孔があいていて星はそこからもれる光だと考えた人もいます。
 昔の天文学者や、海や沙漠を旅する人々は天体観測で自分の位置を知ったのですが、星の位置を決める器具を「ヤコブの杖」と名付けました。

図のように十字架を作り横棒に目印をつけ、縦の棒から見て横棒の目印に星を合わせます。その時の横棒の位置を長さで読み三角関数の表を使って角度に換算します。図からもわかるようにA星とB星のように近いと目からの距離は遠く、C星とD星のように離れていると目と横棒の長さは短かくなります。頭の中だけで考えているとクラクラしますが木片で作ってみるとすぐ判ります。
 基準となる杖のようなものの意味でヤコブの杖といわれるのですが、何故ヤコブなのかについては良くわかりません。モーセの杖やアロンの杖と呼んでもかまわない筈です。
 ヤコブの杖は、その形から「十字の杖」、「十字棒」cross-staffとも呼ばれています。

曖昧さ回避
旧約聖書におけるアロン [編集]
レビ人、アムラムとヨケベドの間に生まれた長男でモーセの兄、ミリアムの弟にあたり、伝統的にイスラエルの祭司の祖であるとみなされている。アアロンともいい、アラビア語ではハールーン(Hārūn)と呼ばれる。
モーセと共にヘブライ人のエジプト脱出を指導したことで、その生涯の事跡がモーセ五書に記されている。

出エジプト記』にはアロンに関する記述が非常に多い。 初め、アロンは神からモーセに会うよう命じられた[2]。神はまた、自分は口がたたないために自信がないというモーセに対し、アロンが雄弁であることを述べ、彼と共に民を導くように命じている[3]。アロンはモーセと共にファラオの前に出てイスラエルの民の解放を要求し、杖を投げると蛇になるなどの奇跡を見せている。また、神がファラオの心を変えるために下した十の災い[4]においては、神がモーセに命じアロンがそれを聞いて杖を振ることで災いがくだされている。嫡子がすべて殺されるという災いの後でモーセたちはエジプトからの脱出を許される。エジプトを出たときアロンは83歳であった。[5]
アロンにはエリシェバという妻とナダブ、アビフ、エルアザル、イタマルという子供たちがいた[6]。ナダブとアビブは規定に反して行いによって死んだようである[7]。
アロンは荒野での放浪の初期においてはモーセの補佐役として重要な役割を担っている。アマレク人との戦いにおいては、モーセが杖をあげている間はイスラエル人が優勢になっていた。モーセが疲れて手をおろすと、フルという人物と共にモーセの左右でその腕を支えた。また、シナイ山に神が姿を現したときには、アロンは二人の息子と長老たち、モーセと共にシナイに上ることを許された。(神に近づくことが許されたのはモーセだけであったが。)
アロンと息子たちは神の命令によって祭司として仕えることを命じられる。その命令をうけて祭司の特別な服を着せられ、聖別を受けて聖所で神に仕えることになった。このため、アロンはユダヤ教における祭司の祖とされている

アロンはホル山の上でその生涯を閉じ、イスラエルの人々はその死をいたんで三十日の間服喪した[11]。ホル山は現在のヨルダンの世界遺産ペトラにある Jabal Haroun(ジャバル・ハールーン)であると言われており、そこには少なくとも13世紀までは、アロンの名を冠した修道院があったと言われる。(

ペトラ(アラビア語: ????????)は、ヨルダンにある遺跡。死海とアカバ湾の間にある渓谷にある。死海から約80km南に位置する。またペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A9

世界遺産ペトラ遺跡 緯度経度 30°19'20.51"N, 35°27'6.34"E. 約1億人の投票で決まっ た新世界の七不思議. ペトラのある地は、自然の要害であった。また西にガザ、北に ダマスカス、紅海にも. 近く、中東での人や物の行き交う要衝の地でも ...http://blog.goo.ne.jp/r-andou/e/e97bc538faccdc5d3007615f68cae630
死海   緯度経度 31°30'0.50"N,35°29'48.99"E
死海は、東アフリカを分断する大地溝帯が紅海からアカバ湾を通ってトルコに延びる断層のほぼ北端に位置している。
死海を含むヨルダン渓谷は、白亜紀以前にはまだ海であったと推定されている。
その後の海底隆起により、パレスチナ付近の高原が形成されると同時に、ヨルダン渓谷付近に断層が生じたと考えられている。
この断層の西側はアフリカプレートで、東側はアラビアプレートである。前者が後者を圧縮したことにより、断層を挟んで後者が北へ動いた。

北極点から赤道までの距離の3分の1の 地点
30°. 北緯30度線. 北緯30度線(ほくい30どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度 にして30度の角度を成す緯線である。ちょうど北極点から赤道までの距離の3分の1の 地点を通り、アフリカ、アジア、太平洋、北アメリカ、大西洋を通過する。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%B7%AF30%E5%BA%A6%E7%B7%9A

「ス」と「ユ」、「陽」と「陰」、六芒星と立方体http://ameblo.jp/nonaka-yami/entry-10865814012.html
「陽」の中心が「ス」、陰の中心が「ユ」
「ス」は「スメラ」、「ユ」は「ユダヤ」

6組の平行線により作り出される、点対称の位置にある二つの三角錐
体積はそれぞれ、立方体の6分の1、両方足して3分の1
手前に見えているものが「陰」
奥に隠れているのが「陽」
これは透視図だから両方見えるが、そうでなければ見えるのは「陰」のみ?
今の世界(3次元)を象徴していると言えなくもない...

そして、一番近い頂点と一番遠い頂点が重なって見える一点でのみ
六芒星(カゴメ)が現れますね、陰陽和合
かごめ、かごめ、籠(かご)の中の鳥はいついつ出やる
 カゴメのなかにトリが出る(現れる)のはいつなのか
“トリ”とは十理、陰(ー)陽(|)和合の理
足許から鳥が立つぞ、十理(トリ)たちてあわてても何んにもならんぞ、用意なされよ、上下にグレンと引繰り返るぞ。 (ひふみ神示 第01巻 上つ巻 第二十帖)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2081/3569 《前のページ | 次のページ》
/3569