teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2067/3568 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

聖ベネディクト16世退位とマラキの預言書

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 3月31日(日)10時30分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  ピオ12世との関連です

オプスデイとユダヤ人

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/606


初代ローマ法王は魚だった

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1486


ピオ12世の日本人へのメッセージ

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1468


どうも聖書の記事を書くとアクセスが激減するようですが,それを知らないとイルミナティのことも解らないし,欧米文学や哲学も日本とユダヤの関係も全く解らないのです。どうか逃げないで取り組んでください。言葉は悪いですが,光に群がる蛾のような読者であってほしくないからです。女子大生などがあの人は「分別くさい」から嫌だなんていう人もいるそうですがそうではありません。フェミニズムなどという言葉もじっくりと考えていただきたい。ここのBBSやブログは考えるヒントなのです。それ以下でもないしそれ以上でもないのです。すべての日本人の0.3%が覚醒されることを願っています。

http://ameblo.jp/hex-6/entry-11468715870.html

聖マラキ予言

112. ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマ人ペテロが教皇に就く。
彼は多くの苦難の渦中で、子羊を司牧する。
この苦難が終わると、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下されるのである。
終わり。

Inpersecuetione extrema S.R.E. sedebit Petrus
Rom. qui pascet oves in multistribulationibus ;
quibus transactis,civitas septicollis diruetur,et
Judextremendus judicabit populumsuum.

FINIS

聖マラキは1094年にアイルランドに生まれたカトリック教の実在の大司教です。
予知能力や神秘的な力を持っており、数々の奇跡を起こしたと伝えられています。
その聖マラキ神父が、165代教皇ケレスティヌス2世以降の歴代の教皇について予言したものが「教皇の予言」といわれるものです。
実際に112人の教皇が記されていますが、なかには権力争いで対立し、後に教皇として認められなかった者も含まれると言います。
但し、歴代の教皇は本名ではなく象徴で記されており、教皇ひとりひとりの特徴や就任した時代背景を表しています。

そればかりでは、特に感嘆だけで終わるのでしょうが、問題なのは現教皇ベネディクト16世が111人目にあたり、
後1人のみの名があるだけで、予言が終わっている点にあります。

そして、ローマ聖庁そのものが存在しなくなる重大な事態が発生すると予言されているのです

■結論■

次期ローマ法王在任中に、この世の終わり「最後の審判」となる
聖書でも、「振るい落とし」は予言されている
最後の戦いハルマゲドンもこの時期かな?
欧州水没の予言が多いのが目立つ。象徴的な意味かも
次の法王が最後の法王で、キリスト教世界、少なくともカソリックは終わる

日本は1/3が生き残り、世界では1/5~1/3程度とか言う話も有る
現法王ベネディクト16世は、選出時78歳であったが、これは1730年のクレメンス12世以来の最高齢での選出である

2010年現在83歳。もうそれほど長くない

問題のペテロ就任は近い

--------(以上、過去のブログより)-------------

中国と一触即発の物騒な状態にあり、戦争説も気になるところだが......
戦争となれば、日本は中国からのミサイル攻撃にあい、国内の原発が標的されるといわれている
通常兵力(海軍・空軍)で劣る可能性が言われる以上、勝つためには取られ得る手段である
戦争説は、大本教や天理教など神道系新興宗教に見られる終末の姿である

「7つの丘」とは、ローマを指すという。
7つの丘が崩壊するという記述から、ローマの地震水没を予想する人もいる
EU(欧州)の地位没落だとも言われる
現代のローマはアメリカのニューヨークやワシントンだという説すらある

予言といえばカタストロフィーに結び付けがちである
アセンションをこの世の終わりとしたケースも多く、欧米の教会がらみで2012年は事件が多発した。

キリスト教の聖職者の予言であるゆえに、キリスト教(カソリックの価値観)の終焉ではないかと個人的には思う次第である

2010年のブログでも述べたが、『聖書』の記述のうち、以下の点も気になるところである

-----------------------------------------------------------------------------
『イザヤ書』第66章19節

 やがて終末の日には、神のうわさを聞いたこともなく、
 その栄光を見たこともない遠くの「島々」の国が、
 神の栄光を諸国の民に語り告げるようになる

『サムエル記Ⅱ』第7章16節

 あなたの家とあなたの王国とは、私の前にとこしえまでも続き、
 あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ

イザヤ書 第41章1節

 島々よ。私の前で静まれ。諸国の民よ。新しい力を得よ。島々は見て恐れた。
 地の果ては震えながら近づいてきた。私はあなたを地の果てから連れ出し、地のはるかなる所からあなたを呼び出していった。私が北から人を起こすと、彼は来て日の出るところから私の名を呼ぶ。

イザヤ書 第42章10節

 主にむかって新しい歌をうたえ。その栄誉を地の果てから。海に下る者、その海を渡る全ての者、島々とそこに住むものよ。主に栄光を帰し島々にその栄誉を告げさせよ。

---------------------------------------------------------------------

スピリチュアル研究の巨人スウェデンボルグは、次のように言い残している。

「私は、今後の教会の状態について天使たちと色々語り合った。
私たちは、依然キリスト教会の人たちには希望はわずかしか持っていない。が、キリスト教世界から遠く離れ、そのため霊界の悩ます者から遠ざかっている或る国民には多くの希望を持っている。
その国民は、霊的な光を受けて、天的な、霊的な人間になされることのできる国民である。また彼らは言った。
現在内的な神的真理がその国民の中に啓示され、また霊的な信仰をもって、すなわち、生命と心の中に受け入れられ、彼らは主を崇拝している、と」

つまり今後、キリスト教会には僅かな希望しかなく、キリスト教圏である西欧から遠く離れた或る国民が、新しい教会を建設するというのだ。

「名前は性質を意味しているので、その名前はその人間の中にあるものをことごとく一つの統合体の中に包含しているのである。
なぜなら天界ではいかような人間の名にも注意は払われはしないのであり、誰かの名前が呼ばれると、または名前の言葉が語られると、その人物の性質が考えられ、すなわち、その人物のものであり、
その人物に関連しており、その人物の中にあるすべてのものが考えられるからであり、ここから聖言では〝名〟は性質を意味しているのである」

「新しい教会」は、「主イエス」の名のつく教会である必要はなく、イエスの性質を知っている教会であれば本質的に同じだと述べているのだ。

「教会が教会でなくなるとき、すなわち仁慈が死滅して、新しい教会が主により再び建てられつつあるとき、それはその古い教会がそのもとに存在している者たちのもとには、たとえ行われるにしても、
稀にしか行われないのであり、それは前に教会が存在しなかった者たちのもとに、すなわち異邦人のもとに行われる」

聖マラキの預言などでは、次の教皇の代でローマ教皇庁が瓦解するとされているが、「教会が教会でなくなる」とは、カトリック教会を指しているようだ。
------------------------------
聖マラキの予言は、キリスト教徒が1%程度しかいない日本では認識が低いが、欧米ではよく知られており、早くも次の法王問題に注目が集まり始めている不吉な予言を外すために、次の法王はイタリア人以外から選ばれるのではないかという見方も出ている
........

そしてアルゼンチン出身の法王が選ばれた

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/03/post-2874.php

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2067/3568 《前のページ | 次のページ》
/3568