teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2053/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日銀の1%ルール

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 4月12日(金)10時24分12秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://hosohashi.blog59.fc2.com/blog-entry-21.html

管理人注:世界でも類を見ない手段を使う意味は......

管理人のパラノイアによれば,ソロス氏の言うように円は100円から雪崩を打ったようにおそらく180円まで急落するはずだ。そこが米国ドルが新ドルにかわる分水嶺に思われる。現在米国と新ドルの交換レートの裏取引がされていることは間違いない。かつて新ドル1に対し旧ドル10,つまり1/10では日本が持たない。交換レートを1/2にする条件として日本は米国債を50兆円以上買い続ける。そうすれば180円が1ドル90円になるだけで日本は生き延びることが出来る。損をした分は増税,預金封鎖,ペイオフなどで対応出来る。



関連記事:(はしゃぎすぎの日銀に)ジョージ・ソロス氏が忠告

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1692

「日銀1%ルール」(TOPIXが1%以上下落すると日銀がETF購入)をチャートで確認してみた
株守る「日銀1%ルール」(2011/06/19の日本経済新聞)によると、

管理人注:追加なのですがすでに4月8日より前場のTOPIXがマイナス1%でなくても後場ETF買いを入れている。これでは下がらないわけだ。

 「日銀の1%ルール」――。日銀が昨年12月15日に指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れという異例の政策を始めてからほぼ半年、株式市場でこんな言葉が聞かれるようになった。東証株価指数(TOPIX)の前場終値が前日比1%超下がると、午後にETF購入による株価下支えが実施されるというのだ。

 日銀の担当者は「どんな基準で買っているかは非公表」と言うが、調べてみると確かにその通りになっている。昨年12月15日以降、前場に1%超下がった日(18回)のすべてで、日銀の委託先である信託銀行がETFを買った。日経平均株価でも似た傾向がある。
 仮に「1%ルール」が存在するなら、東日本大震災で大引け間際に株安が進んだ3月11日、ETF購入が見送られた理由もわかってくる。この日の前場でTOPIXは0・97%下落。地震発生前だったこともあり、ギリギリ基準を満たさなかったのだ。

実際にTOPIXが1%以上下落すると、日銀がETFを購入していることをチャートで確認してみた。

TOPIXと日経平均株価の前場後場足チャート(2011年12月1日~現在)に日銀によるETF購入を重ね合わせた結果を下図(クリックで拡大)に示した。前場後場足チャートは馴染みがないと思うが、ローソク足2本(前場足と後場足)で一日に相当する。

2010年12月30日以降、TOPIXの前場終値(後場ではない)が前日比で1%以上下落した時(図の青色×印が対応するローソク足)に、毎回、日銀がETFを購入(図の赤色▲印)していることがわかる。
ただし、新聞記事の「昨年12月15日以降、前場に1%超下がった日(18回)のすべて」というのは間違い。12月15日に日銀はETFを購入しているが、TOPIXは1%以上下落していない。実際、12月14日の終値は901.89、12月15日の安値は899.85であり、下落率は1%に満たない。

下図のチャートから、日銀はTOPIXが前場に1%下落したことをトリガーとしてETFを購入しているのであって、日経平均株価を基に購入しているのではないことがわかる。実際、2011年1月には、3回のETF購入があり、3回ともTOPIXの前場1%下落日と一致しているが、日経平均株価の前場1%下落日とは必ずしも一致していないことがわかる。

さらに、新聞記事の「東日本大震災で大引け間際に株安が進んだ3月11日、ETF購入が見送られた(中略)ギリギリ基準を満たさなかった」こともチャート(図の赤○印)で確認できる............以下チャート参照

関連ではないのですが............伊勢神宮:式年遷宮が今年の秋に

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%81%AE%E5%BC%8F%E5%B9%B4%E9%81%B7%E5%AE%AE%22&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

関連記事..........

http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/cat29/post_169.html

マヤ暦819年サイクルは、上記の数字を掛け合わせた、7×13×9=819日という819日周期で構成されています。

そして、この819日暦は「人間」「天上の神」「地下の神」が出会う特別な数です。言わば、"天地人"の会合する時期を表している訳です。

そう言う意味合いで捉えた時、、、何か、我々の周囲で天・地・人が、会合するような現象はあるのでしょうか?


・・・実はあるんです。

ただ、それは、12月21~23日ではなく、、、来年です。

その現象とは、ほかならぬ、日本の"伊勢神宮の式年遷宮"なんです。
(そして、それは、来年2013年中に行われる訳ですが)

なぜ、式年遷宮が、天・地・人を表すのか?

それは、伊勢神宮の"心御柱"に秘密が隠されています。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2053/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576