teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2031/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ドジアンの書と言霊・数霊・音霊

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 4月23日(火)01時49分53秒
  通報 返信・引用 編集済
 

僕は「バベルの謎」で和辻哲郎文化賞を受賞した長谷川美千子を思い出した。「ただし書き」にはこうある。<人が話し,聞くときは,ことばは時間そのものと共に進み,流れて行く。それに対して,書くことばは,読むことばには,常に時間の流れからのずれがある。そして,そのずれのうちで,われわれは書きながら考え,考えながら読むのである>と。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9B%B8

『ジャーンの書』(Book of Dzyan)とは、ブラヴァツキー夫人が実在を主張する「世界最古の写本」。日本語では「ドジアンの書」「ジャンの書」「ヅヤーンの書」とも表記される。文献によっては「ディザンの書」(Book of Dyzan)とも記される[1]。「ジャーン」の正確な欧文表記は Dzyān である。もともとセンザール語(Senzar)という忘れられた言語の象形暗号で書かれたといい、多くのスタンザからなる。彼女の主張によれば、本書は中央アジアのとある聖地に太古より伝わるもので、彼女の所持していた写本はヤシの葉に書かれていたという。彼女の著書の一つ『シークレット・ドクトリン』は、世界の各聖典からの引用を含んでいるが、それだけでなく、この『ジャーンの書』に多くを拠っているとしている。同時代のアメリカの学者・スピリチュアリストのウィリアム・エドワード・コールマンは、『シークレット・ドクトリン』における『ジャーンの書』の内容はさまざまな文献からの寄せ集めにすぎないと批判した。『シークレット・ドクトリン』に記された『ジャーンの書』の内容が実際には何の資料を下敷きにしているかについてはさまざまな意見が唱えられてきた。コールマンはH・H・ウィルソン訳の『ヴィシュヌ・プラーナ』とアレクサンダー・ウィンチェルの『世界生命、あるいは現代地質学』が『シークレット・ドクトリン』の主な典拠であると論じている[2]。

クトゥルフ神話にも登場している。ミスカトニック大学や「星の智慧派」教団が栄えたプロヴィデンスのフェデラル・ヒルの教会に一部ずつ所蔵されているという[3]。ロバート・ターナーはジャーンの書が本物なら『ネクロノミコン』の原典であるかもしれない、としたが、コリン・ウィルソンは偽物であっても仮定は成り立つとしている[4]。

関連記事:ドジアンの書

http://w.livedoor.jp/trpgyarouzu/d/%A5%C9%A5%B8%A5%A2%A5%F3%A4%CE%BD%F1#

『アトランティス版(オリジナル)
掲 載:23p/KC
言 語:センザール語 ※(古代アトランティスの言語)
神 話:☆☆☆
解 説:
アトランティス人の手になるものだと考えられており、「世界最古の本」であると言われている。
しかしこの本の存在が実際に証明されたことはない。
オリジナルは「ドジアンのスタンザ」とも呼ばれ、ヤシの葉にセンザール語で記されたものだという。
ここに記された崇拝や畏怖といった概念はすべての宗教の祖とも言われ、
ほかにも金星の住人、先史時代のアトランティス、ハイパーボリア、レムリア、ロマールといった
文明の歴史も記述している。

チベットの秘密の寺院に隠されていたとか、レン高原の「人間ではない」僧侶が保管していたとか
中国の歴代王朝図書館にあったかもしれないとか、諸説入り乱れている。
いずれにせよ、オリジナルのアトランティス版は遥か昔に破壊され現存していないだろう。

だが今でもこの本の内容を知る術があるという。
夢の中で<導師>と呼ばれる存在が、この本の内容を夢や幻影という形で送ってくるというのだ。
そのような幸運に恵まれた研究者や修行者は、覚醒するとただちにその内容を文字に起こし、記録していく。
現在、ドジアンのオリジナルの内容を我々が確認できるとすればこの方法以外には存在しないだろう。』

微妙に現実的なドジアンの書

http://ameblo.jp/call-of-cthulhu/entry-11286823830.html

2012-06-25 20:21:55
微妙に現実的な『ドジアンの書』(ジャーンの書)
テーマ:クトゥルー
ドジアンの書は、神智学者のブラヴァツキー夫人が実在を主張する「世界最古の写本」で、
『ジャーンの書』とも呼ばれる古代の知識を詰め込んだ書物です。
クトゥルー神話にも度々登場しますが、上記は現実に論ぜられているもので、ちょっと世界観がゴチャゴチャとなっています(///∇//)

ヘレナ・ブラヴァッキーの著書『シークレット・ドクトリン』で紹介されていて、それによるとドジアンの書はシュロの葉にアトランティスのセンザール語で書かれていて、チウ・チと呼ばれる全35巻の難解な評論の最初の15巻が元になっているそうですが、アメリカの学者・スピリチュアリストのウィリアム・エドワード・コールマンは、『シークレット・ドクトリン』におけるドジアンの書の内容は様々な文献からの寄せ集めにすぎないと批判しています。

クトゥルー神話においての伝承によると、ドジアンの書の著者は金星に住む王たちで、その最初の6章が地球にもたらされ、あの地下都市シャンバラの滅びた都市に保管されました。
そして中国語に翻訳されて広まりましたが、結局そのほとんどは失われてしまったそうです。

現在残っているのはほんのわずかで、595年に中国の貿易商が古い洞窟で1章を発見し、イギリスのウォービィー博物館に寄贈されました。
他にはニューヨークのヴァン・デル・ハイルの邸宅やプロヴィデンスの星の智慧派のフェデラル・ヒルの教会にもあります。

本書は中国語やサンスクリット語に翻訳されていますが、「ガールン断章」や「サセックス断章」にも使われている言語も使用されていて、ここからも人間以外の種族が愛用したということが判ります。

まあこんな具合に、現実世界に上手に絡んで登場するところが、クトゥルー神話のおもしろいところなんでしょうね♪

魔法関係書物目録

http://www2.tok2.com/home2/arfred3/book.htm

魔導書一覧

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/4967/magic.html

HG.ウエルズのタイムマシーン......フィクション内の架空の言語~H・G・ウェルズの『タイム・マシン』で、エロイの民が使う言語。(センザール語もそうなんでしょうね)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

タモリのハナモゲラ言葉や大橋巨泉の「ハッパふみふみ」みたいなもんでしょうか。

ハナモゲラは別にして,日本には言霊,数霊,音霊というものがありますがヘブライ語の数字転換はここから来たのかもしれませんね。

http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-166.html

下の写真の本『言霊設計学』なんですが..........

内容紹介
◎ さあ、《日本語族》の時代が始まります
言霊・数霊・音霊・形霊による自己と世界の設計
◎ 天皇祭祀を司る伯家神道からの叡知
◎ どのように自己を設計したいのか?
◎ 宇宙に共鳴する《日本語族》の超ひみつを開示
◎ 日本語を使うと善悪二元論からくる争いを回避できる
◎ 日本語そのものの中に対立を結合する「やわらぎ」の思想が織り込まれている
◎ それは対立を結合することであり、量子論/量子力学において万物がそこから生ずるとされるゼロポイントフィールドと同様のもの
◎ 伯家神道における宇宙の創造原理の開示
◎ 伯家神道では「布斗麻邇」「布留部」「鎮霊」の三段階で宇宙が創造される
◎ 創造の第一段階となる「布斗麻邇」とは言霊のこと
◎ 言霊では人が神となり、人が愛になり、二項対立が解消される
◎ 言霊はDNAを書き換える!?
◎ 言霊による原子転換も可能!?
◎ 言霊で放射線の影響を暖和できる!?
◎ 言霊は生命であり、神でもある!?
◎ 言霊による心身の再創造!?
◎ 言霊、数霊、音霊、形霊は人の脳に「共感覚」を引き起こす
◎ 形霊はシュルドレイクの「形態共鳴プロセス」の完全なる先駆
◎ DNAが起こす「形態共鳴プロセス」を「DNAテレポーテーション」と呼ぶ
◎ 世界が最も「DNAテレポーテーション」を起こしやすいのは、日本語族!
内容(「BOOK」データベースより)

天皇祭祀を司る伯家神道からの叡知。どのように自己を設計したいのか?どのように世界を設計したいのか?地球一切を救う「和らぎ」の高等国策の開示。

管理人注:
伯家神道(白川神道)

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BC%AF%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=


日本の予言

http://happism.cyzowoman.com/2012/10/post_1417.html


最も参考になったカスタマーレビュー

日本人とはすなわち「日本語族」である。
本書で一番印象に残ることばがこれですが、
なんだか「ユダヤ教を信じる人がユダヤ人」に似ています。

東京医科歯科大学の角田忠信氏の「日本人の脳」から引用されていますが、
日本人の左脳は西洋人とは違って人間のことば以外も処理しています。
たとえば、動物や虫の鳴き声、小川のせせらぎといった自然の音も人間のことばと同じように聞きます。
そして尺八(しゃくはち)、三味線(しゃみせん)、琴といった邦楽器もことばと同じです。
日本人に生まれてよかったと思います。純粋に。
でも日本維新の会のような政党は嫌いです。戦争はもう嫌ですから。
おそらく日本人が英語を話せない原因の一つは脳のしくみにあるのでしょう。

著者は幕末まで天皇家で祭りを司った伯家神道(はっけしんとう)の継承者とのことですが、
日本古来から伝わる神道の考えが仏教や易(えき)、九星気学(きゅうせいきがく)といった東洋の学問と類似点があり、
さらに宇宙物理学、分子生物学、認知心理学の最新の知見(ちけん)と類似点が多くあることに驚きます。

実際は現代行われている西洋の学問は、いまや東洋の学問を取り入れているのが実態ではないでしょうか。

著者は資本主義の限界が見える今後の世界には日本哲学が必要だと言っています。
その日本哲学の特徴は中今(なかいま)という概念だそうです。
中今とは、今この瞬間に想像と破壊が起きていることを知ることです。
これはまるでビッグバンとビッグクランチのようです。
今この瞬間に世界が創造されているならば、人はその創造に関われる。
つまり、自分はこの世界にいるから世界の設計に携われるというのです。
ハイゼンベルクの不確定性原理やゲーデルの不完全性定理にも通じる考えではないでしょうか。

管理人注:その音霊はカタカムナウタヒなのである。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%92%E3%81%AF%E9%9F%B3%E9%9C%8A%E3%81%8B&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

心の御柱

http://123.mikosi.com/kazutama.html

古神道 数霊の世界

http://www7a.biglobe.ne.jp/~technoqt/kosinkazu.htm

言霊・数霊・音霊の神秘

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/48186364.html

日本は古来、言霊(ことだま)の幸(さき)わう大和島根の国でございます。

<言霊(ことだま)>

「言語にこもる精霊です」
万葉集にも、・・言霊のさきはふ国かたりつぎとある。古来言葉には魂があり霊が宿るとされています。言語の霊力を信じることは人類的発想ですが、わが国は神の国として、卑弥呼の時代から、神々の発する詞が、聖詞・賀詞として保持され、威力を発揮しました。どうぞ,言葉を大事に使ってください。
愛も恋も、好きも嫌いも、生きるも死ぬもみな・・・言霊のなせる業・・「毎日毎日・・あなた素敵よ」と言っていたら・・素敵な人間になります。「愛してるという言葉は、人を元気にする言霊です」愛が去ることは、ないのです。

<数霊(かずたま)>

「数に秘められた霊的な力です」
ピタゴラスは「宇宙間の万物は全て数で形成されている」ととなえました。
数には、神秘的な力があるのです。
数の潜在的な方向性や性質によるエネルギーだと考えられてきました。
例えば
伊勢の内宮の柱の本数で言えば、真の御柱(芯柱)は、41本で、拝殿の横幅は、3丈6尺9寸と決まっていますが、これも数霊によるものなのでございます。
369は天照大御神の数霊でございます。
4柱展開図によれば、41は天之御中主の神の数霊
最終的な数例はやはり81(魔法軸)になるように、宇宙の法則が成っています。

<音霊(おとだま)>

「音の持つ響きや振動(波動)による霊力です」
宇宙万有が「音霊」で経緯されているから、宇宙一切が「音霊」の雄走りによって化育されるのです。
音に癒されたり音で喜怒哀楽の感情をコントロールするのも、すべて音霊の力でございます。

私が、宮司になり最初に弟子入りしたのが、故「小林美元恩師」です。
小林先生は、古神道の研究者実践者として世界的にも有名な先生でした。その先生が、吉野山に何度も足を運ばれて、私のような若輩者に古神道の奥深いところまでご指導して下さいました。

<美元恩師の語録>

「素心宮司・・いいですか、宮司はね、金儲けに走ってはいけないよ。神様に恥ずかしくない宮司になりなさい!」と神社に訪問される度に、繰り返さた。
「宮司はいかなる地域からの抵抗があろうとも、正しいことは正しい、誤りは正しなさい、金や権力に頭を垂れては、いけませんよ」

神職は「不可視の世界」すなわち心の世界を大切にしなさい。科学や医学では解決できない不思議が、この世に沢山あります。だから驕ることなく万物に頭を下げて、世のため人のために尽くしなさい。

これからの世界は、ますます混迷の度を増すでしょう「直霊のコントロール」する霊魂と「一霊四魂」の働きによる、結びの文化を創造し、世界を調和的に結ぶことが日本の天命です。

「素心宮司・・数霊と音霊の極意を教えますから、しっかり学びなさい。これを占いとして商売にしている者がいて、「鑑定士」などとありもしない資格をちらつかせて、講演や本など書いているまやかし者がいます。殆どは、よく理解していない。鑑定士など国が認めたものでも何でもありません。
どうか後世に残すためにもしっかり君だけでも、まやかし商売の占いに負けない勉強をしてください。」

「姓名判断や生年月日、陰陽は、古神道の原点です、いいですかインドのヒンズーが源流です。相手を惑わしてはいけません、相手に恐怖を持たせても成りません、相手が不幸になるなどという「占い士」は嘘ものです。相手から金銭を受け取るのも嘘ものです」

古来、赤ちゃんが生まれると神社に行き、神主さんに名前を見せて、数霊が吉凶かを尋ねてきた。また、名前を神社の宮司さんに命名してもらった人も多かった。
ところが・・・戦後寺も神社もなりふりかまわず金儲け金儲け・・一字戒名を増やせば10万円、地獄の世界も金次第、神社は駐車場やマンションを境内に建てたり、3万円もするお守りや招き猫を売るような神社まで出てしまった。
まさに、鎮守の森の鎮まりが消えたのです。
神社の神職も、「言霊・数霊・音霊」のことを知らない人が大半となり、街角に金儲けのための占いが、所狭しと破竹の勢いで広がった。
古来、占いをやる人はテレビなどに出まくるものではないのです。それは神への冒涜だからです。神聖さを失い下品さだけが、世間に垂れ流され化けの皮がはがされる。・・・あなたの後ろに悪霊がいます・・とか、先祖の霊がついていますなどと言う占い師や・・あなた・・何々しないともうすぐ死ぬわよ・・などと贅肉を揺さぶりながら脅す人間を信じてはいけないのです」
最後に
「数霊・音霊・言霊をこころのささえにして、勇気と希望を与える人になりたいと思います」

『縁(えに)を結(ゆ)いて』......女の子の赤ちゃんに「結子」と名付けるお父さん・お母さんの気持ちが分かります。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/folder/1453415.html

『明治簒奪政府は、なぜ「 祝(はふり)神事 」を廃絶したのか?』

明治以降、皇太子の教育係が欧米のキリスト教宣教師であることと関係しているように思えてならない。(管理人注:キリスト教徒でなくクエーカー教徒に宮内庁は席捲されている)

http://nueq.exblog.jp/17523594

伯家神道の預言

http://shinseido24.blog.fc2.com/blog-entry-152.html

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2031/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577