teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1963/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 2013年のイルミナティ・メンバー・リスト

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 6月 6日(木)17時30分31秒
  通報 返信・引用 編集済
  金太郎さんへのお返事です。

折角ですからビデオを載せておきましょう.....






上のビデオでは悪魔主義者といわれる「アントン・ラベイ」に関する記事は以下を参照。皆が考えている悪魔の意味ではないようです。なお上のビデオで描かれているシンボルは拙稿のリンクを参照ください。下記のリストの最初はJAY Zとあるのはご存知ブラックポープのズビグニー・ブレジンスキーのようです。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/502.html



例えばこうしたビデオは消されもせずに堂々とプロパガンダをしているのはなぜでしょうか。それはイルミナティの言論の代理人デヴィッド・アイクが言うように「世界はものの見事に完璧に出来上がっている」........どういう意味かと申し上げますと,「お前たちがいくら抵抗しても無駄だ」ということを言っているのです。非常に近い将来世界政府ができても......あ~やっぱりな.....となるのです。

> 以下の2つのサイトに、今年のイルミナティ・メンバー(分かった範囲で)がリストアップされています。
>
> http://vineoflife.net/2013/06/03/2013-illuminati-members-exposed-including-symbols-in-our-everyday-lives/2013
>
> http://naijagists.com/illuminati-members-exposed-signs-symbols-of-illuminati-2012/
>
> 2013年イルミナティの(有名人の)メンバーは以下の通り
>
> Jay Z
> Dr DRE
> Cypress Hill
> Chris Brown(クリス・ブラウン)
> Drake (ドレイク)
> Celine Dion (セリーヌ・ディオン)
> Halley Berry
> Eminem(エミネム)
> Rick Ross
> TB Joshua
> Charlie Boy
> Tonto Dikeh
> Davido
> Wizkid
> P-Square Twins
> Britney Spears (ブリトニー・スピアーズ)
> Aaliyah
> Nicki Minaj
> Beyonce Knowles (ビヨンセ)
> Alicia Keys (アリシア・キーズ)
> David Bowie (デビッド・ボーイ)
> Madonna (マドンナ
> Paris Hilton (パリス・ヒルトン)
> Barack Obama (バラク・オバマ)
> Aretha Franklin
> Bob Marley (ボブ・・マーリー)
> Angelina Jolie (アンジェリーナ・ジョリー)

http://syouzanjin.doorblog.jp/archives/10981497.html

> Jim Carey
> Bob Dylan (ボブ・ディラン)
> David Bowie
> Late Michael Jackson who eventually turned against them(故マイケル・ジャクソン=後にイルミナティに抵抗しました。)
> Justin Bieber
> Kanye west
> Marilyn Manson
> Lady gaga (レディー・ガガ)
> Lil Wayne
> Late Tupac Sharkur who also turns against them before his death
> Nas
> P-Diddy
> Wiz Khalifa
> Late Whitney Houston killed after she turns against them(故ホイットニー・ヒューストン=後にイルミナティに抵抗し、殺害されました。)
> T-pain
> Rihanna (リアーナ)
> Kim Kardashian
> And other popular music stars not mentioned here(その他、多くのポップミュージック・スター達)

関連本:プーチン最後の聖戦

内容紹介
プーチン・ロシアのアメリカ没落シナリオ!
日本以外の世界で繰り広げられている、国益追求と生き残りのための壮絶な戦い。気鋭の国際アナリストが読み解く、日本人が知らない世界の現実と、プーチンが企む驚愕のサバイバル・シナリオ!

出版社からのコメント

◎この本には、以下、普通の本と違ういくつかの特徴があります
★著者はモスクワ在住20年以上。ソ連崩壊以前から、この国の「地獄」と「復活」を目の当たりにし、一般ロシア人からロシアン・エリートまで、そのメンタリティーと行動パターンを知りつくしている。
★著者は、「卒業生の半分は外交官、残りはKGBを養成する超エリート機関」とよばれた、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学を卒業した初めての日本人である。
★現在33,000人の購読者を誇るメルマガと、これまでの3冊の著書のなかで、自己の予測を当てつづけている(例、05年時点で「アメリカ没落」を予測。その後も「世界的不況下で中国は一人勝ち」「日本に反米親中政権が生まれる」「尖閣諸島から日中対立が起こる」等々)。
★一見、「トンデモ系」「陰謀系」と思える内容も、すべて豊富な「資料」と「証拠」によって実証されているので、だれもが納得できる。

この本を読めば、たとえ中学生でも、あるいは女性でも、あなたの世界観は必ず、しかも一気に、「世界の指導者レベル」「日本最高レベル」まで引き上げられます。
日本人のほとんど誰も知らない複雑な世界の現実とその動きを理解するための、シンプルなメソッドを知りたい方。これから先、サバイバルのための正しく確実な方法を身につけたい方。
迷わず本書をご一読ください。
内容(「BOOK」データベースより)
「平和ボケ」日本人の想像を超えたプーチンと世界の熾烈な闘い。そして、国益と生き残りのために命を賭ける壮絶な姿。ソ連崩壊からロシアの「地獄」と「復活」を見続けてきた気鋭の国際関係アナリストが、大胆かつシンプルに読み解く驚くべきプーチンの戦略と、来るべき世界の結末。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

北野/幸伯
国際関係アナリスト。1970年生まれ。ロシアの外交官とFSB(元KGB)を専門に養成するロシア外務省付属「モスクワ国際関係大学(MGIMO)」(モスクワ大学と並ぶ超エリート大学)を日本人として初めて卒業。政治学修士。卒業と同時に、ロシア・カルムイキヤ自治共和国の大統領顧問に就任。99年より無料メールマガシン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊(2012年現在、会員数約32,000人)。MGIMOで培った独自の視点と経験を活かし、従来とは全く違った手法で世界を分析する国際関係アナリストとして活躍中。ロシア・モスクワ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1963/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607