teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3409/3587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

モルガンスタンレーの警告

 投稿者:狂った詩人  投稿日:2012年 4月30日(月)11時17分24秒
  通報 返信・引用 編集済
  すでに2007年にモルガンスタンレーは米国の全面不況を警告していた。

(注:米国雇用統計などはすべてタビストックによる情報操作。)

http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/f7ffa63c504ef06ea5efb6ca7f6fe79e

MS、アメリカ全面不況アラート発令
2007-12-11 14:12:21 | Telegraph (UK)
Morgan Stanley issues full US recession alert
(モルガン・スタンレー、アメリカ全面不況アラート発令)
By Ambrose Evans-Pritchard, International Business Editor
Telegraph:11/12/2007

    Morgan Stanley has issued a full recession alert for the US economy, warning of a sharp slowdown in business investment and a "perfect storm" for consumers as the housing slump spreads.

    モルガン・スタンレーがアメリカ経済全面不況突入警報を発令した。
    住宅不況が広がる中、企業投資の急激なスローダウンと、消費者にとって「大嵐」が発生すると警告している。

    In a report "Recession Coming" released today, the bank's US team said the credit crunch had started to inflict serious damage on US companies.

    今日発表された『不況がやってくるぞ』レポートの中で同行のアメリカ・チームは、信用収縮はアメリカ企業に深刻なダメージを与え始めたと述べた。

    "Slipping sales and tightening credit are pushing companies into liquidation mode, especially in motor vehicles," it said.

    「売上低迷。信用緊縮。これで企業は破産モードに追い込まれた。特に自動車」。

    "Three-month dollar Libor spreads have jumped by 60 to 80 basis points over the last month. High yield spreads have widened even more significantly. The absolute cost of borrowing is higher than in June."

    「この一ヶ月で、3ヶ月物LIBORのスプレッドは60から80にジャンプアップ。高利回りスプレッドはもっと大胆に広がっちゃったし。借入の絶対的費用は6月より高いよ」。

    "As delinquencies and defaults soar, lenders are tightening credit for commercial, credit card and auto lending, as well as for all mortgage borrowers," said the report, written by the bank's chief US economist Dick Berner. He said the foreclosure rate on residential mortgages had reached a 19-year high of 5.59pc in the third quarter while the glut of unsold properties would lead to a 40pc crash in housing construction.

    同行のチーフ・USエコノミスト、ディック・バーナーが執筆したレポートは「滞納と焦げ付きが急増する中、金貸しは商業、クレカ、マイカー・ローンを締め上げてるし。ありとあらゆる住宅ローン借主もそうだけど」と記されている。
    第3四半期中は、売れ残り住宅山積で住宅建設の40%がクラッシュする一方、住宅ローンの差押率は19年ぶり最高の5.59%に達した、と彼は語った。

    "We think overall housing starts will run below one million units in each of the next two years -- a level not seen in the history of the modern data since 1959," he said.

    「今後2年間、住宅着工件数は毎年100万を切ると思うよ。現代のデータは1959年以来収集されてるけど、こんなの初めてだね」。

    Although the US job market has apparently held up well, an average monthly fall of 138,000 in the number of self-employed workers over the last quarter suggests it may now be buckling. "Consumers face what could be a perfect storm," said Mr Berner.

    アメリカの雇用市場はよく耐えているとはいえ、前四半期の間に減った自営業者は月間平均138,000人だったことを思えば、これも遂に駄目かもしれない。
    「要するに、消費者は完璧なドツボにはまってるわけ」とバーナー氏。

    The partial freeze on subprime mortgage rates announced last week by US treasury secretary Hank Paulson may help cushion the blow for some banks, but it could equally backfire by adding a "risk premium" that drives even more lenders out of the mortgage market.

    先週ハンク・ポールソン財務長官が発表したサブプライム・モーゲージ金利の一部凍結だが、これは一部の銀行には緩衝材になるかもしれない。
    が、貸付業者を更にモーゲージ市場から追い出すことになる「リスク・プレミアム」を引っ付けることで、ブーメラン効果も生み出している。

    Like Goldman Sachs, and Lehman Brothers, the bank no longer believes Asia and Europe will come to the rescue as America slows.

    ゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズ同様、どの銀行ももうアジアだのヨーロッパだのが、アメリカがずるずるする中、助けに来るなどとは信じていない。

    ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

    It has slashed its 2008 growth forecast for Japan from 1.9pc to 0.9pc, and warned that credit stress will weigh heavily on the eurozone.

    モルガン・スタンレーは日本の2008年度成長予測を1.9%から0.9%にバッサリやった上で、信用収縮はユーロ圏にも大問題がもたらされるであろう、と警告した。

    Mr Berner said US demand is likely to contract by 1pc each quarter for the first nine months of 2008, but the picture could be far worse if the Federal Reserve fails to slash rates fast enough. It is betting on a quarter point cut this week, with three more cuts by the middle of next year. "We expect the Fed to insure against the worst outcome," he said.

    バーナー氏は2008年のアメリカの需要は9月末まで四半期毎に1%縮小するだろうと語った。
    が、FRBがしっかりばっさり金利を切らねば、自体はより一層輪をかけて恐ろしいものとなるだろう。
    今週0.25%切り下げ、来年半ばまでに更に3回切り下げ実施に賭けている。
    「FRBは最悪の事態に保険をかけると思う」。

    Morgan Stanley is the first major Wall Street bank to warn that it is may now be too late to stop a recession, though most have shifted to an ultra-cautious stance in recent weeks.

    モルガン・スタンレーは、不況阻止は手遅れだ、と警告するウォール街の大銀行一番乗りを果たした。
    最も、殆どの銀行もこの数週間で超スーパー慎重路線に転換しているが…。

    The bank at first treated the August crunch as a "mid-cycle correction", much like the financial storm after Russia's default in 1998. But the collapse of the US commercial paper market has now continued for seventeen weeks, suggesting a "fundamental deleveraging of the banking system."

    同行は当初8月のクレジット・クランチを、1998年のロシア破綻後の金融大嵐と大差ない「中期的調整」として扱っていた。
    が、アメリカ債券市場の破綻も遂に7週目。
    これは「銀行システムの根本的なレバレッジ解消」を示している。

    Mr Berner - known at Morgan Stanley as the "resident bull"- is one of the most closely watched analysts on Wall Street. While he began to turn bearish last April as the credit markets turned nasty, the latest report is written in tones that may is rattle the fast-diminishing band of optimists.

    モルガン・スタンレーでは「静かなるブル」として知られるバーナー氏は、ウォール街で最も注目を集めるアナリストの一人。
    信用市場の雲行きが怪しくなる中、4月にベアに転じ始めた彼だが、この最新のレポートは猛スピードで消滅しつつある楽観主義者を動揺させるかもしれないトーンで書かれている。

 
 
》記事一覧表示

新着順:3409/3587 《前のページ | 次のページ》
/3587