teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1959/3611 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米国民の危機的状況

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 6月 9日(日)21時28分38秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886481.html

内部告発者が伝えた、米国民の危機的状況!!

2013年06月09日
最近、アメリカの監視が強化されたことが報道されています。米国民に対して、特に電話の通話記録、メールの送受信記録、インターネットの利用記録などを政府が全米国民の行動を追跡、記録しているのです。完全な監視国家になりました。以下のサイトに、日本語でそのことが説明されている記事がありますので、詳しくはそちらをお読みください。http://www.eagle-hit.com/ (題名は6月8日付けで、7月19日までに米国で重大危機が起きる!です。)これをお読みになると、アメリカがいかに危機的状況かが分かります。
つまり、イルミナティがアメリカを崩壊させるために選んだ最後の大統領がオバマであり、共産主義体制のオバマ政権は強権的に米国民を統制し、彼等のアジェンダを達成しようとしているのです。もはや、アメリカはだれも安心して暮らしていける国ではなくなりました。CNNや政府側のメディアの報道に騙されながら、何も知らずにのほほんと生活している米国民は、そのまま政府に家畜として扱われるのかもしれません。
以下の記事を読むと、常識的なアメリカ人でお金を十分に持っていたなら、ひとまずは、国外脱出して、しばらく様子を見る方が身のためかもしれない。。。と感じてしまいます。
やはり、イルミナティはアメリカのエンド・ゲームを実行しようとしているのです。エンド・ゲームの後は、NWOですかね。こんなことが起きてはなりません。アメリカがそのような酷い状況になると、日本でもインターネットの監視や情報統制が強まるかもしれません。TPPが日本の主張抜きで上手くまとまってしまったら、そして、国会がTPPを承認してしまったら、日本は彼等の餌食になってしまいます。
アメリカで起きていることは決して対岸の火事ではありません。久しぶりに米中首脳会談が行われましたが、きっと、お互いに裏では、米中共に共産主義体制を強化しようと話し合ったのではないでしょうか。なぜなら、中国で起きていることがアメリカでも同時に起きているからです。日本は中国とアメリカに挟まれた国です。悪の枢軸国が日本を狙っています。
そこで。。。安倍政権はどうするのでしょうか。まさか日本政府もイルミナティのアジェンダを実行しようとしているのではないでしょうね。きっと、それらの勢力に対抗しているのだ、と信じないとやってられませんね。今後、インターネット情報が統制されて、真実が報道されなくなってしまうのが一番、私達にとって危険なことです。今から、夏の間のアメリカの動向を注視しようと思います。
http://canadafreepress.com/index.php/article/55749
(概要)
6月8日付け:
アメリカは危機的な状況になるでしょう。戦争が勃発し、国家安全という口実の下で当局による米国民の監視が徹底されます。
アメリカでは非常に醜い事が起きようとしています。

ワシントンDCで:ほんの数時間前に全く予期しなかったことが起きました。
私と息子は、共に仕事の都合でワシントンDCに立ち寄り、昨夜からホテルの部屋で睡眠中でした。しかし、夜中にある重要なメッセージを受け取ったのです。このメッセージをどのように受け取ったかは今のところ公表できません。メッセージの内容は明瞭に示されていました。私は、人々がまだ目を覚まさない暗い時間に、DHA(国土暗線保障省)の高い地位の内部告発者とワシントンDCの指定場所で(1人で)会うことになり、メッセージの指示通りに携帯電話や他の電子装置はホテルに置いたまま、早速ホテルを出るを用意しました。予期せぬことが起きた場合のことを考えて、ホテルには息子宛てに急いでメモを残して置きました。ホテルを出た後、誰にも尾行されていないことを確認し、ワシントンDCで借りたレンタカーに乗り(時刻を確認すると、午前3時20分でした)、出発しました。
面会:

指定場所に到着後、夜明け前の真っ暗で寒い濃霧の中で待機していると、スパイ映画の登場人物のような感じがして背中がぞくっときました。私はそこでDHS(国土安全保障省)の内部告発者と会うことになりました。

まもなく、どこからともなく男性が現れ、寒そうにしていた私に熱いコーヒーを手渡してくれました。私は彼になぜこんな所でこんな時間に会わなければならないのか、と寝不足のためイライラしながら尋ねました。すると彼は、これが最初で最後の面会になるからだ、と答えました。
彼が伝えてくれた内容:
『現在、米国民の監視が強化されたのは外敵と戦うためだと考えている人がいるようだが、それは完全に妄想だ。様々な政治的スキャンダルが次々に明らかになるだろう。その結果、現政権や現政権と協力的な与野党議員らが潰れる可能性がある。NSA、司法、その他の政府機関は、誰がそのようなことをやっているのかを把握している。そして彼等に対して法的な処置を実施する必要が出てくるだろう。彼等の行動を食い止めるために国を挙げて職務を遂行しているのだ。こんなことは初めての経験だ。現政権は、秘密を漏えいしている人々やメディアを国賊と呼び、必ず捕まえようとしている。国家機関全体が国賊を捕えるために共謀しているのだ。信じられるか?現政権はベンガジ事件、IRS不祥事、その他のスキャンダルをリークする人々を国賊と呼んでいるのだ。』とと彼は言いました。
『私達もそのことについては良く知っている。』と私が答えたところ、彼は驚いた顔で私の胸に指を突き当てて、『君は何も知らないよ。誰も想像できないくらい、重大な事件が起きているのだ。現政権は彼等の不祥事をリークしている個人、情報筋、内部告発者やその家族、知り合い、友人、そして、メディアなどのデータを全て収集している。現政権はこのような反政府的行動を取っている人々についての膨大なデータを既に収集済みだ。
政府側のメディアであるMSNBCやCNN以外の人間は皆、政府のリストに載っているよ。君はウェブサイトを所有しており、多くの読者がいる。そして君は保守的な考えを持っているから、君も既に政府のリストに載っているよ。現政権は、外国のテロリストのリストではなく国内の反政府的行動を取っている人々のリストを作っているのだ。』と彼は答えました。

『リストに載ったら、どうなるのだ?』と私は彼に尋ねました。
彼は『政府は、国内各地で情報をリークしている人たちを監視するだろう。政府は都合の悪い情報が拡散されないように統制しているのだ。それは政府へのダメージを防ぐための非常手段だ。国家安全と言う口実で、今後、インターネットが完全に監視される日が来るだろう。 その計画は既に実行されている。インターネットによる現政権の批判が、現政権の存続の脅威になっているため、政府はインターネットでの情報拡散を恐れているのだ。私が聴いたところによると、政府は都合の悪いインターネットの情報を遮断しようとしている。危険が迫っている。』と答えました。
『政府はどのようにしてそれを達成するのだ?本当にそんなことができるのか?』と私が尋ねると、『最初に、政府は司法を利用して、ローゼンのケースのように、ジャーナリストを黙らせるだろう。しかしそれだけではない。彼等は国家安全政策、法律、公式文書、その他あらゆる方法を使ってジャーナリストをさらに弾圧するだろう。』と答えました。
また、彼は『次に政府がやろうとしていることは、アメリカを外部から破壊することだ。それは経済崩壊、中東戦争などを合わせた脅威であり、シリアで起きているようなインターネットへのアクセスを調節しようとしている。
私が見た限りでは、DHS(国土安全保障省)は、他の政府機関と共謀して、政府に従わない米国民を捕まえて投獄しようとしている。色分けリストの存在を知っていだろう?政府はこのリストを利用しているのだ。(管理人注:FEMAのこと) 政府はベンガジ事件の真相を明らかにしている人々やオバマに対し、法的に大統領の資格があるかどうかを質問している人々まで捕まえようとしている。また、米ドルを崩壊させようとしている。彼等は5年前から入念にこのような計画を練ってきた。しかし、このような卑劣な計画の実施はオバマ大統領下で始まったのではない。それよりもずっと以前に始まっていた。
彼等の計画とは、憲法で守られた国家(アメリカ)や国民を破壊するにある。彼等はアメリカを消滅させ、米国民の権利を奪い取るつもりだ。多くの人々は1つの問題しか見えていない。しかしそれよりも大きな問題がアメリカを襲おうとしているのだ。これは最も冷酷なアメリカのエンドゲームとなるだろう。』と彼は警告しました。


日本の闇を示すもの

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51797157.html

全く、呆れますね。東電の社長さん、そんなにあなたは偉いんですか?

東電や他の電力会社は独裁企業なのです。何しろ、政治家に賄賂をわたし、
国よりも偉い存在のようですよ。

東電の西澤俊夫社長は、家庭向けの電気料金の値上げを申請したいという方針について
「事業者としての権利でも義務でもある。経営が成り立たない状況に陥ることが見通せるとき
に何もしないのは株主代表訴訟の対象にもなるので、しっかり対応しないといけない」
と言ったのですから。

電気料値上げ?冗談はやめてくださいよ。資産売却も、人員削減も、給与削減も、経営陣の
首切りも、何もやってないじゃないですか。給与だって一般企業に比べたらまだまだ高い。
権利だけ主張して、赤字になれば国の支援を求め、自分たちがやりたいことをし、もらいたい
額の給与や報酬を確保するために電気料金が決まるんですから、独裁組織ですよね。

電力会社と政治家の癒着が日本をこんなにダメにしてきたのは確かですが、その他に日本
を、きれいさっぱり大掃除をして、新たに蘇らせなければいけないものがあります。
この闇は特に明治以降に積もり積もった闇のようです。

それは・・・・明治以降の朝鮮勢力支配の一掃です。
そして、ご利益信仰宗教やカルト教団支配の一掃、そして左翼思想の一掃です。
まあ、実態は以下の内容だということなのでしょうね。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/321.html

この動画も必見です。
http://quasimoto.exblog.jp/17108215/

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1959/3611 《前のページ | 次のページ》
/3611