teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1834/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スタンフォード大学西教授の言葉

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 6月25日(火)12時56分24秒
  通報 返信・引用 編集済
 

関連記事:エコノミック・ヒットマン

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/548.htmlhttp://www.realinsight.co.jp/nishi/aff2/index.html

「アベノミクス第一の矢」は、すでに欧米が辿った道。では、今実際のアメリカ経済は?昨年末から続いた世界同時株高と6月突然の急降下のカラクリとは?

報道されない驚愕の事実を知って下さい。なぜ日本の円安は何の抵抗もなく各国に受け入れられたのか?

その裏には、日本と「頸動脈でつながっている」アメリカ財政の深い事情があります。その行き着く先にある、誰も信じたくない恐ろしい現実とは?

有識者が夏に起こるとひそかに予想する情勢の劇的変化。歴史は繰り返す。あなたの資産を守るために、決してそのタイミングを見逃してはならないBlack Swan(黒い白鳥)とは?

私達が望まなくとも、日本に襲いかかる軍事的脅威はますます強まっています。しかし、日本が「ある発表」をすれば、世界中が静まり返ります。戦争の必要などありません。日本が誇るその「虎の子」とは?

管理人注:メール登録しましたが金の請求されるかもしれません。「虎の子」は拙稿を見たのでは?

国民の命を守るために、憲法を改正しなくても取りかかれ、同盟国に心から賞賛される思いがけない戦略とは?(これは白人社会に残る根強い人種差別を払拭する上でも有効です)

結局、TPPで勝者になるのは誰か?残念ながら、それは、すでに結果が分かっている出来レースです。しかし、起死回生の一手があります。国を救うのみならず莫大なビジネスチャンスとなるその一手とは?元記事は...........http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/06/afiri.html

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございます。今回の企画の主催者である、リアルインサイト 鳥内浩一です。2012年の後半から急上昇したと思いきや、6月に急落した日経平均株価。ますます緊張が高まる中国・韓国・北朝鮮・ロシアなどの周辺諸国との外交。今の私達を取り巻く日本の状況を、あなたはどのように捉えていますか?あるいは、今回私が主催する企画についてどのようにお感じでしょうか?この手の話題は、ニュースでも、書籍でも、ソーシャルメディアでも、さまざまな議論が飛び交っています。極端な悲観論や楽観論、アメリカ寄り・中国寄り、右寄り・左寄り、トンデモ系まで色々な人が色々なことを言うので、「何が正解なのかさっぱり分からない」という人も多いでしょう。無理もありません。もっと大きな問題は、そうした議論は、ほとんどの場合、何らかの利害関係に基づく「意思」が反映されるため、多かれ少なかれ事実がねじ曲げられているということです。今回お話し頂く西教授は、そういった方々とは違います。確かな情報源を持ち、高い見識を持ち、フラットな視点と、本気で日本をよくし、世界をよくしたいという志をお持ちの方です。日米アジア研究の第一人者として35年以上に渡って米国のトップスクールであるスタンフォード大学で研究を続けている人物。そして日本占領に関するアメリカ政府の機密文書を世界で初めて開いた人物であり、その著書「國破れてマッカーサー」(中公文庫)は、その史実に忠実に基づいて書かれています。この本の元になった英語の博士論文を米国で発表した後、何とあのCIA(米国中央情報局)からスカウトが来るほど、その調査能力は高かったということです。そしてその時西教授が伝えた言葉に、CIAのスカウト本人が涙を流しました。「ここで自分の国を裏切るものは、将来お前の国も裏切る。そんなやつを雇う気なのか。」まさに異名通りのリアル・ラスト・サムライ。その後2年間CIAからのオファーを断り続けた西教授は、当然今でも日米の政財界に精通されています。西教授は言います。「日本国は我が誇りある国民の国です。一握りの人たちの私有物ではありません。」本当の意味で、日本を取り戻すために。日本の未来、地球の未来、私達の生活、子ども達の命を守るために。他では決して知ることの出来ない衝撃の真実、私達の未来を守るための斬新な提言をお届けします。あなたのお役に立てることを心より願っています。鳥内浩一鳥内浩一氏のプロフィールhttp://www.realinsight.co.jp/newcapitalism/こんにちは。リアルインサイト 鳥内です。「スタンフォード大学 西教授が明かす アベノミクスの真実と日本の未来」に対するコメント、誠にありがとうございました。お約束のプレゼントをお届けしますので、是非予習のために何度もご覧下さい。まず必ずご覧頂きたいのは、一番情報がまとまっている以下のレポートです。http://www.realinsight.co.jp/2012/report/report0.pdfこれは、西洋発の資本主義が日本と世界で生み出した残酷な結果を以前私がまとめたレポートを改訂したもので、リーマンショックはなぜ起こったのか、なぜ日本経済が停滞し続けていたのか、「格差社会」はなぜ生まれたのか、今日本と世界が置かれているのは一体どんな状況なのか、全て具体的なデータと共に明かしています。ほぼ同じ内容を動画でもお話ししていますので、(上記レポートの方が情報が濃いですが)合わせてご覧ください。■リーマンショックとは何だったのかhttp://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5SjIUeMb0G8■誰も知らない、戦後最長の景気http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xPXvlZYzCK0これらは、今後公開していく西先生へのインタビュー内容を理解する上で非常に重要な知識になります。ご覧になったら、ご自身の理解を整理するためにも、是非感想を下記のページのコメント欄からお寄せください。http://www.realinsight.tv/nishi/movie0/沢山のコメントをお待ちしています。そして、西教授へのインタビュー動画は、こちらから皆様の期待や知りたいことを伺った上で、もう少し後での配信になります。と言いますのも、今回の西教授のお話は、「現在起こっていること」そして「これから起こる未来」に関するお話ですが、「歴史は繰り返す」とあるように、それらはみな、過去と同じ問題の繰り返しです。そういう意味で、ことの本質を理解するためには、過去の出来事も含めて理解する必要があります。また、西教授の提言は、非常に「斬新」ゆえに、過去の歴史や前提知識をある程度知らないと、(残念ながら、それ自体が日本の教育やメディア では封じられてきたのが現実ですが)誤解を招く恐れもあります。ですから、今回の西教授のお話を本質的に理解して頂く上で、是非まず上記で前提知識をつけてください。また、現時点で頂いているコメントから、他の予習コンテンツを追加でまたご紹介しますが、「もうこの内容は十分理解した」という方は、是非西教授の書籍「國破れてマッカーサー」をお読み下さい。こちらは当然有料にはなってしまいますが、500ページにわたる大作で、アメリカの日本占領の「真実」が、こと細かに書かれています。アメリカ政府の機密文書をベースに、様々な歴史文献から事実が淡々と書かれていますので、アメリカが日本占領において何を狙い、何を行い、その結果、日本がどうなっていったかが書かれた最も信憑性の高い文献であると思います。現在アマゾンが品薄のため、出版社に在庫を入れるよう交渉していますが、中古や一般書店ではすぐ購入できますので、よろしければ、ぜひお読み頂ければと思います。ぜひしっかりと「過去」を予習して頂いた上で、後日公開する西教授への「現在」と「未来」に関するインタビューを楽しみにお待ちください。リアルインサイト 鳥内 浩一西鋭夫教授とは......

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%A5%BF+%E9%8B%AD%E5%A4%AB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=
日米アジア研究の第一人者で、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授 西鋭夫の公式ファンページです。「日米アジアの過去~現在~未来の真実」を本音で語ります。
略歴
西鋭夫(Nishi Toshio)

1941年大阪生まれ。
関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士)。 J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後、1977年よりスタンフォード大学フーバー研究所博士号取得研究員。
現在、スタンフォード大学フーバー研究所教授。著作に 「國破れてマッカーサー」「日米魂力戦」などがある。
説明
リアルラストサムライの異名を持つ
スタンフォード大学フーヴァー研究所教授の西鋭夫氏

1977年より36年に渡り、世界最高峰のスタンフォード大学フーヴァー研究所で日米アジア研究を続ける西鋭夫の「日米アジアの未来」に関するコメントを扱うファンページである。
お気に入りの本
「國破れてマッカーサー」(中央公論)
「日米魂力戦」(中央公論)

管理人注:

ここの主催者のメールに従ってアフィリエイトを申し込むと.............

シングルオプトイン形式となっている......聞きなれない言葉であるが.....

シングルオプトイン方式

シングルオプトイン方式とは、ユーザーの承諾を1度の確認だけで完了させる方式のことです。

例えば、ホームページ上で「メールマガジンに登録しますか?」の問いに、ユーザーが「はい」と承諾することで、メールマガジン配信の承諾を得たとして、ユーザーにメールマガジンが配信されます。

シングルオプトイン方式でメールマガジンの登録を完了した場合、第三者のイタズラで勝手に登録されたユーザーにもメールマガジンが配信される問題があります。
このような場合、ユーザーの意思の確認を二度行なう“ダブルオプトイン方式”が有効となります。

これにたいしダブルオプトインは..........

ダブルオプトイン方式

ダブルオプトイン方式とは、ユーザーの意思を2回確認する方式。

例えば、ホームページ上で、ユーザーが「メールマガジンを受取る」ことに承諾した後に、さらに、メールで本登録のURLを知らせ、ユーザーがURLのページにアクセスすることで本登録が完了し、メールマガジンを配信する行為がダブルオプトインにあたります。

ホームページ上でユーザーがメルマガを受取ることに承諾する。(仮登録)
ユーザーに確認メールが届く。
確認メールに記載されているURLにユーザーがアクセスする。(本登録)
メルマガを配信する。

ダブルオプトイン方式のメリットとしては、第三者がイタズラで他人のメールアドレスを登録し、登録していないユーザーにメールマガジンを配信する迷惑行為を防ぐことができます。

注:結論として西鋭夫教授をダシに使い高額の商品をシングルオプトイン方式で売りつけるのがメインであり,アフィリエイトをする当事者がその商品を買わされる危険もある。


 

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1834/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523