teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1873/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

世界の終わり

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 6月30日(日)12時10分23秒
  通報 返信・引用 編集済
  よくまとまっています。

http://takehariy.seesaa.net/article/367623247.html



Illuminati 2013 End of the World

管理人注:世界の終わりとは「この世界が中性子爆弾で生き物は大方いなくなる。中性子爆弾は建物は破壊しない。そして地下都市に潜んでいた連中はこの地上に出てきて世界を再構築する」という筋書きだ。彼らが創ろうとしている世界は規律ある社会=シャングリラではないのだろうか。上の動画は恐らく「エホバの証人」の制作ではないかと思います。彼らの予言は当たったことがありませんが,創始者のラッセルはイルミナティです。だからこの動画は削除されないのです。他にも沢山ありますね。そういうことを含んでご覧ください。53分40秒からFEMA CONCENTRATION CAMPが出てきます。強制収容所ではなく矯正収容所です。詳しいことは拙稿をFEMAで検索すると沢山出てきます。これらCAMPは実際に存在します。どうしてって?
...........実際に見てきましたから。田布施の朝鮮人部落出身の岸信介の末裔である安倍晋三総理は「日本版FEMAを創る」と公言しております。矯正のためのCAMPですが50歳以上は皆殺しなのです。そうすれば年金など払わなくてすみますからね(笑)...........笑っている場合じゃあないですね。ソノトキハチカヅイテイマス。

もっと怖いのはポールシフト

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-485.html

ある記事で見たんですけどね.....『≪“徴農”でニート解決…稲田朋美衆院議員≫
藤原正彦お茶の水大教授は「真のエリートが1万人いれば日本は救われる」と主張している。真のエリートの条件は2つあって、ひとつは芸術や文学など幅広い教養を身に付けて大局観で物事を判断することができる。もうひとつは、いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があることと言っている。』........同感ですね。

世界統一政府(NWO) ニュー・ワールド・オーダー

つ~わけで、どうも、そろそろ、おしまいです。つ~か来ますね、これは。どっちにしろ、コケますわ。

オシリス動く、まわって、まわって~

それは・・・「いよいよサタンが地獄からでてくるぞ」でした。
大震災前にも、同じように教えてくれた声があり、そのときは「魔物が出てくるぞ。」
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1213.html



金玉先生のブログより
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1808
キンタマせんせい
http://golden-kintama.com/blog-entry-1654.html

驚くべきことは「エコノミック・ヒットマン」の著者のジョン・パーキンスさんが言っていることと
リンゼイ・ウイリアムズさんが言っていることは全く同じなのです。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/548.html

別に驚くにも及びますまい。

。米国は間違いなく新ドル発行と同時に1/100のデノミを実施します。
すでに北朝鮮で実験ずみですから本当に注意してください。
めどは2013年10月28日前後です。もっと早いかも。

早ければ7月3日でフィーマ発動か?

世界共通コードが“666”となり、それに国家コード、地域コード、個人コードなどがつき、
一人の人間のすべてが打ち込まれる。それはちょうど商品コードならぬ、人間バーコードだ。
 われわれの右手か額にそのマークが押される人は近い。

 近い将来、“666”の悪魔の数字を刻印された者と、
十字架の印を額に刻まれた者のふたつに分けられるようになるというのである。
ついに、山羊と羊の選別の時代が来る。

●すべての組織制度の崩壊とは、まずメーソンが画策する世界恐慌となるだろう。
恐慌によりお金の価値がなくなり、貨幣制度が崩壊すると、それは速やかにカード制度に移行する。
そして、そのカード制度が、今度は手か額に押される“獣の印”のシステムにとって代わられる。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen20.html

フリーメーソン世界帝国の野望という本がありますが,一番手っとり早いのが通貨の崩壊でしょう。
現在海外で流通しているドルの総量は2/3にもなりますが,
新ドルと旧ドルの交換レートは別にして交換できるのは米国内だけというシナリオもあります。
しかし,この情報は事前に漏れますから海外のドルが米国内に逆流すると......
あっという間にハイパーインフレ?も。そこがデノミのタイミングかもしれませんが
何の理由もなく100ドルの新ドルを発行する訳ではありませんよ。

ハイパーインフレは一瞬にして起こります。
仮に米国で1/100のデノミが行われた場合,あるいは海外のドルが新ドルと交換不能に陥った場合,
日本ではその埋め合わせのために.......何をするでしょうか。
考えただけでも恐ろしい昭和金融恐慌の悪夢が蘇るのです。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/538.html

その筋は日本の公的資金の枯渇を狙って世界的な大暴落を仕掛けてくるのです。
その時は公的資金も投げ売りをしてくるだろう。
それを口実に今度は新ドル発行に伴う1/100のデノミを仕掛けてくる。
海外に2/3ある基軸通貨ですからね。海外にあるドルは新ドルと交換出来ると思っているのですか?



米ドルというのは金利のつかない米国債でそれはあの詐欺商法の円天と同じなのです。
FRBが米ドルを印刷すると金利のついた米国債をいただきその金利が手数料となる。
FRBの株主はロックフェラーのシティバンク以外はみなロスチャイルドの持ち物ですから
年間100兆円~150兆円が働かずしてロスチャイルドのポケットに入る仕組み。
米国市民から取り立てる連邦税......これはどこへ行くのでしょうか??(笑)
FRBにとって財政赤字になればなるほど懐が増える仕組みなのです。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/555.html



日刊ゲンダイが、ついにリチャード・コシミズ氏と裏社会についての記事を掲載
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20130622/1371856943
四大新聞社の裏側と実態!(まとめ)
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120117/1326761770
参院選と不正世論調査と年金積立金Add Star
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20130620/1371689401



FEMAの真の正体は、
人口削減を推進する世界統一政府NWOの軍隊です。
日本版FEMAも当然、彼等の指揮下に入る事になります。
日本版FEMAが発動されたら、本当の指揮官は日本人ではありません。
日本版FEMAを口にしたり推進しようとしている日本人は、世界統一政府NWOの手先です。
この手先は、民主党にも自民党にもいるので用心して下さい。

世界各国のFEMA → 世界統一政府NWOへ移行
もちろん、ここ日本においても、上の図式は例外ではありません。
アメリカでデフォルトが起こると、当然、米国で大混乱が湧き上がりますが、しかし、気をつけなければならないのは、反政府不満分子を徹底的に炙り出すために、一般市民に混じって、集会やデモを暴動化させようとたくらむスパイが配置させられる可能性が非常に高いという事です。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/553.html

FEMA構想 人民の統制と監視社会
http://blog.livedoor.jp/elitwindmw/archives/21424700.html


神のシナリオは変わっていないようです。
北朝鮮も役目が終わるまで、舞台から降りることはできないようです。
中国も、日本も、台湾も同じで、未来は決まっています。
近いうちに、アジア通貨「朱」の構想が発表されるでしょう。
また、アフリカ通貨がサウジアラビアを中心に発表されるはずです。
すでにユーロはヨーロッパ17カ国で使っているし、
近々、アメリカ新ドルが発行され、カナダ、アメリカ、メキシコが新ドルを使うようになります。
今の金融は終わり、通貨発行権を持つ者が地球を支配することになります。
アフリカ通貨も、アジア通貨も、発行者はヨーロッパになるはずです。
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1212.html


日本で云えば、八紘一宇ですからね。
いずれにしろ地球一国家にはせねばならんのでね。
列島にばかりも拘っては、おれんのですよ。
石垣は石屋に建ててもらいませう。その八重垣を

童謡「とうりゃんせ」の
http://intec-j.seesaa.net/article/19289869.html
七つのお祝い」の部分は、子どもの7歳のお祝いの儀式ではなく、
神の数「7」にかかわる神道奥義の試験を意味するという話をしました。
天神にいたる道は細く閉ざされており、文字通り狭き門なのです。
 それでは、「行きはよいよい、帰りは怖い」というのは、どういう意味でしょうか。
神道の研究家によると「試験に合格すればよいが、
合格しないと五体満足で帰れる保証はない」という意味だと述べていますが、
いまひとつ説得力がないと思います。

説得力ありますよ。
命の保証は無いってことです。
知らないから、わかんないだけです。

天神」についてもう少し詳しく述べる必要があります。出典は「古事記」です。
最初にあらわれたのは、天之御中主神です。
この神と同時に高御産巣日神と神産巣日神があらわれたのです。
これらの三神を「造化三神」といいます。
ここまでは復習ですが、最初に「3」という数字が出たことに注目していただきたいのです。
 造化三神に続いて、次の二神があらわれます。
-----------------------------
 1.宇摩志阿斯訶備比古遅神 うましあしかびひこじのかみ
 2.天常立神 ・・・・・・ あめとこたてがみ
-----------------------------
この時点で、この二神と造化三神とあわせて五神――
「5」という数字が出たことに留意していただきたいと思います。
 これらの五神が姿を隠すと、さらに二神が姿をあらわします。国之常立神と豊雲野神です。
そのあとは、男女のふたりワンセットで神々が次々と姿をあらわすのです。
この場合は男女一神と数えます。七番目の神は「イザナギ命」と「イザナミ命」です。
「古事記」では、国之常立神から「イザナギ命」+「イザナミ命」までを「神代七代」と記述しています。
「3」「5」ときて、ここでやっと「7」があらわれます。
ここで「七五三」の数字がすべて揃ったわけです。

七五三にかかわる神道奥義(EJ第890号)
http://intec-j.seesaa.net/article/19243124.html
神道では、いわゆる「八百万の神々(やおよろずの神々)」とは聖別して
「七五三」の神々のことを「天神」というのです。
この造化三神と神代七代までの間に、想像を絶するような神道奥義が凝縮されているのです。
 このように考えてくると、「とうりゃんせ」の歌の最初の部分は解けてきます。
-----------------------------
 ――通してください 通してください
   ここは、何を試すところですか
   聖なる神々に関する神道の叡智を試す厳しい場所です
   志と覚悟のできていない者を受け入れることはできない
-----------------------------
 ここまでは解けるのですが、「七五三」のところが難解です。
七五三――これらの数字に凝縮された神道奥義とは一体どのようなものでしょうか。

本当の意味は別のところにあります。
この歌は、神道奥義の何らかの試験のことを歌っており、それも七五三にかかわる試験なのです。

それぞれ門番がおり、門番と問答をして、やっと門をくぐると、今度はさまざまな試験が用意されている―

試煉っすね~
ここは龍門です・

-----------------------------
 ――とおりゃんせ、とおりゃんせ
   ここは、どこの細道じゃ
   天神様の細道じゃ
   そっととおして、くだしゃんせ
   御用のない者、とおしゃせぬ
   この子の七つのお祝いに、お札を納めに参ります
   行きはよいよい 帰りは怖い
   怖いながらも、とおりゃんせ、とおりゃんせ
-----------------------------
http://intec-j.seesaa.net/article/19199398.html

JAFシンボルマークとヤタガラス
http://intec-j.seesaa.net/category/1581612-1.html


参考記事:SCANDAL

http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-entry-446.html

国家はすでに消失しているのであり、我々が帰属しているものは便宜的にそれと見なされる民族集団の形骸に過ぎず、統治が残存するのみであり、人間は分解された砂片に等しい。

情報媒体というマトリックスは、社会現場の全領域で我々の五感を欺いているのであり、それはテレビおよびラジオの全局であり、衛星各局であり、読売新聞であり、朝日新聞であり、毎日新聞であり、日経新聞であり、地方紙であり、共同通信であり、文春であり、新潮であり、現代であり、ポストであり、SPA!であり、女性セブンであり、女性自身であり、女子アナであり、タレントであり、大河ドラマであり、バラエティ番組であり、お笑い芸人であり、ベストセラー作家であり、文化人であり、評論家や有識者を自称する人間のクズであり、つまり全ては、国民の被曝や支配勢力による略奪を隠蔽する社会プログラムである。

国家の消滅というリアルを馬鹿げた妄想とみなすのも結構だが、それは認知の異常ではなく人類社会の恒常なのであり、現にこの東アジア地域においても、現存する国家群より滅亡した国家群が上回るのであり、歴史は常に生起消滅を本質としている。

人間は基本的にリソースの争奪を巡り発狂する生物であり、例えば戦争より自国の政府による虐殺数が圧倒するように、あるいは先進国より途上国において生存競争が苛烈であるように、もしくは大企業より零細企業の内部対立が激しいように、DNAはリソースの縮小に反比例して他者を排斥し、凶暴度を増幅するようエゴイズムを進化させたのであり、おおよそモラルやヒューマニズムも物質的裏づけによってのみ成立する概念だ。

つまるところ我々の社会で目撃される錯乱は、リソース(公共資本)の争奪を本質とするのであり、それはつまり支配集団と一般国民という二項対立の普遍的なシェーマ(概念図)なのだろう。いずれにしろ、棄民政策として数十万人の児童を被爆地に放置しているのだから、日本という社会集団の狂度は、人類未踏のレベルに達しているのだと思う。

岡田克也が「金がないから児童を疎開させない」などとうそぶきながら、ODAに2.4兆円もの国家資本を投入しつつ、与野党議員らが莫大なキックバック(斡旋料)を授受しているとおり、または原発企業の救済に4兆円近い予算を投入しつつ、経済産業省の官吏が平然と関連の公益法に天下り不労所得を得ているように、利権は生命より優先されるのであり、国民はムシケラ同然であり、むしろ滅びが現実視される時代であるからこそ、エスタブリッシュメントは短期利潤の確定に狂奔しているわけだ。

あいかわらず巨大メディアは参院選を射程に捉えつつ、プロパガンダ(経済政策の成功という報道)に余念がないのだが、そもそも今回の金融政策は中央銀行が最終的に270兆円規模の公債を買い取り、投機マネーを供給するという破滅を核心としている。

つまり有効需要(大衆消費と設備投資)の裏づけのない株高が、バブルを構造化するに止まらず、自国通貨の希釈とともに、国民の預貯金を猛烈に劣化させているのであり、かくもこの体系の報道とは、悪意に満ちた虚偽なのである。

日銀はすでに、金融緩和による経済復興など無効であると見解を示している。また長期化したデフレは「派遣者労働法改正」を手段とする搾取によって常態化されたのであり、その解消には「新自由主義の過剰蓄積」という企業の莫大な滞貨(内部留保)を国民に再配分しなくてはならないのであり、つまり自民党の経済政策が全く無効であることなど、彼らは重々に承知しているわけだ。

結局のところ、原発事故実態の顕在化と財政破綻によって通貨、株式、債券が全面暴落する手前でもって、外資ファンドが金融市場からリソースを集約的に略奪し、これらを現物資産や他国の金融商品に転化するというプロット(絵図)であり、それはつまり覇権国家の資本が我々の国家資本を吸収するという、壮大なCapital Centralization(「資本集中」)に他ならない。

彼らは一国家の滅亡すらも商業機会と捉えるのであり、それはおそらく「惨事便乗型ビジネス」の究極的進化なのだと思う。しかし、このように人間を際限なくモノとして扱い金を神と崇める超絶の「物神化現象」は、消費者と市場を基礎的な成立要件とする資本主義のセオリーすら逸脱しているのであり、つまるところ我々が対峙する脅威本質とは、爆発的な短期利潤を至上とする新世代イデオロギーが生み出した制御不能の怪物群なのだろうか。

バルフォア宣言を読めば誰が英国を支配しているのか分かるだろう。英国にとって米国は東印度会社の末裔にしか過ぎないのです....

http://satehate.exblog.jp/7946332/

バルフォア宣言で拙稿を検索すると8件出てきます。

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83o%83%8B%83t%83H%83A%90%E9%8C%BE&x=0&y=0&inside=1

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1873/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576