teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1808/3548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ー

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 7月26日(金)10時24分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.1932[元記事へ]

ーさんへのお返事です。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28493126.html


新ベンチャー革命2012年2月17日 No.532

タイトル:悪名高い深海掘削船「ちきゅう」号の日本人研究者はまんまとだまされて墓穴を掘らされているのではないか

1.ほんとうに懲りない連中:ちきゅう号の日本人研究員

 2012年2月15日のNHKニュースによれば、悪名高い深海掘削船「ちきゅう」号が愛知県渥美半島沖70kmの海域でまたボーリングを始めたそうです(注1)。ほんとうに懲りない連中です。

 ネットでは「ちきゅう」号の行く先々で地震が起きるというのが定説となっています。

 本ブログでも「ちきゅう」号の不審性、いかがわしさについて何度か取り上げています(注2、注3)。

ちきゅう号が危険極まりない海底震源域である日本海溝に沿って、深海ボーリングをやったらからといって、ただちに巨大地震が起きると証明されているわけではありませんが、茨城県沖や千葉県沖で頻繁に海底地震が起きているのに、あえて、日本近海の海底地震の巣を刺激する必要はありません。国民の不安が増すだけです、いい加減にして欲しい。

 ちきゅう号乗組の日本人研究者もネットは覗くでしょうから、国民から顰蹙を買っているのは知っているでしょうが、彼らは自分たちの行為が地震を引き起こすはずがないと信じきっているのでしょう。それより、エネルギー資源のない日本にとって、自分たちのメタンハイドレートの探索は極めて重要な任務であるくらいに思っているのでしょう。

 しかしながら、メタンハイドレートの眠っている場所は海底地震の震源域である日本海溝と一致しています。触らぬ神に祟りなし。

2.ちきゅう号の日本人研究員はアメリカ様にまんまとだまされていないか

 ちきゅう号の試掘はIODP(Integrated Ocean Drilling Program、統合国際深海掘削計画)(注4)という国際プロジェクトの一環で行われています。この手のプロジェクトには必ず、ウラがあるとみなすべきです、なぜなら、海底ガス田や海底油田は利権が絡むからです。現在、地球上の油田・ガス田の利権にもっとも執着するのが米国戦争屋です。なぜならそのボスはRF石油財閥だからです。もし、日本近海に採算性の良い有望な油田・ガス田があれば、彼らがだまっているはずがありません。

なお、上記、米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人勢力の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

 本ブログの読みでは、IODPの背後に米戦争屋が控えているのではないかというものです。彼らは狡猾ですから、日本政府をだまして、日本のカネで試掘させて、もし有望だったら、うまく乗っ取るというような発想をしているでしょう。彼らは2003年にイラク戦争を引き起こしたように、最後は軍事力で石油利権を乗っ取るのが常です。これが彼らのエネルギー資源戦略であるとわれら日本国民は心得るべきです。

 この意味で、「ちきゅう」号の日本サイド関係者は、一言、米戦争屋にうまく利用されているとみなすべきです。

3.アジア太平洋海底油田・ガス田利権に対する米国戦争屋の戦略

 アジア太平洋海域ではインドネシアのスマトラ沖で海底油田が見つかっていますが、米戦争屋の石油大手エクソンモービルがしっかり、食い込んでいます(注5、注6)。したがって日本近海に採算性の良い有望なガス田もしくは油田があれば、彼らが放っておかないのです。

 ところが、日本海溝の深海底ガス田に関して彼らの介入は表立ってありません、それどころか、米戦争屋系エクソンモービルは今年1月に日本から撤退しました(注7)。ということは、ちきゅう号が一生懸命、われらの血税を湯水のように浪費して日本海溝に穴(墓穴)を掘っても、石油ガス資源探査技術世界一のエクソンモービルから見ればちっとも食指は動かないということです。

 地球上の石油ガス資源情報の宝庫・エクソンモービルが興味を持たない海底ガス田は価値がないとみてよいでしょう。つまり「ちきゅう」号が掘っているところは採算性に乗らない価値の低いガス田とみてよいでしょう。

4.尖閣諸島や南沙・西沙諸島の海底油田・ガス田も採算に乗らないはず

 ところで、今、中国が必死になって利権をあさっている尖閣諸島や南沙・西沙諸島の海底油田・ガス田はどうでしょうか。これらは戦前、すべて日本の領土でしたが、敗戦によっていったん米国の領土になっています。だから米国占領時代にこの海域を調査して石油ガスがあると言い出したのは米戦争屋の仕切る国連です。ところが、あの強欲な米国戦争屋はあっさり権利を手放しています(注8)。

 要するに、尖閣・南沙・西沙諸島近海の海底油田・ガス田は、アジアで兄弟喧嘩させ続けておくためのエサだったのです。アジアで紛争が起これば、アジア太平洋地域をカバーする米海軍第7艦隊の存在価値を米国民にアピールできますから。

 もし、尖閣・南沙・西沙諸島の海底石油・ガス田に採算性があれば、米戦争屋系エクソンモービルが黙っていません。

 この例からわかるように、ちきゅう号の日本人関係者は米戦争屋系の石油ガス資源探査の米国人専門家にだまされている可能性が高いでしょう。ちきゅう号がせっせと日本海溝で試掘されられているメタンハイドレート資源も尖閣・南沙・西沙のものと同等、否、それ以下のシロモノと見てよいでしょう。

 米戦争屋がお人好しの日本人研究員をおだてて日本海溝に穴(墓穴)をあけさせているのは、隠された別の目的があると疑うべきです。早く目を覚ませ、ちきゅう号の日本人研究者よ! 日本を沈没させる気か。

注1:NHK NEWS WEB“愛知沖 メタンハイドレート試掘開始”2012年2月15日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120215/t10013030881000.html

注2:本ブログNo.324『東電福島原発損傷犯の3.11大地震:人工的誘発地震の可能性は?』2011年3月26日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/23585428.html

注3:本ブログNo.348『東電福島原発事故:歴代自民党政権の原発関連自殺行為との因果関係』2011年4月24日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/24132311.html

注4:IODP Integrated Ocean Drilling Program
http://en.wikipedia.org/wiki/Integrated_Ocean_Drilling_Program

注5:国際未来科学研究所・浜田和幸『頻発する巨大地震と自然改変装置』2009年10月13日(NET IB NEWS)
http://www.data-max.co.jp/2009/10/post_7308.html

注6:本ブログNo.390『2009年に3.11大地震・大津波を黙示していたフューチャリスト・浜田和幸自民党参院議員』2011年6月21日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/25189313.html

注7:本ブログNo.522『エクソンの日本撤退:近未来の日本で石油・原発パニックが起こされる危険の兆候か 』2012年1月30日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28284795.html (1/2)
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28284814.html (2/2)

注8:本ブログNo.193『尖閣列島での日中衝突:米国戦争屋による小沢氏の入亜脱米妨害か』2010年9月14日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/18564238.html

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.elmstadt.com/news/techventure.html
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html

確かに来月から米国版ちきゅう号が採掘をはじめる記事がありますがメタンハイドレードでしょうか?

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E7%89%88%E3%81%A1%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E5%8F%B7&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

> 米国版ちきゅう号が日本海で掘削
> 日本海で地震や津波に警戒中
>

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1808/3548 《前のページ | 次のページ》
/3548