teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1767/3559 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2.26はヤラセで処刑なし

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 8月28日(水)19時09分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://ameblo.jp/64152966/entry-11413312212.html

ニ・ニ六事件の決起将校は処刑されていない~

「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイではない」


wantonのブログ


大摩邇(おおまに)さんのサイトの注目記事

.

ヒミツ

【旧陸軍士官が語った歴史の真実(1)- 123便関連事項含む -】

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1738192.html

.

* この記事には驚くべき秘密が書かれています ↑ 必読です。

.

要点を一部のみ引用します。

.

■二・二六事件はやらせだったのか?
.

    -------------------ここから---------------------

    T氏「私は陸軍に入隊してから、栗原さん(当時中尉:叛乱首謀者の一人)に会いましたよ。」

    日月土「えっ、どういうことですか?栗原中尉は事件後すぐに処刑されたはずですが??」(註:T氏が入隊するのは事件から数年後)

    T氏「世間ではそういうことになってますね。でも、私はこの目でお姿を見て、会話もしています。それを信じる信じないはあなたにお任せします。なお、私は歴史というものを一切信じていません。」

    日月土「中尉とどんなことをお話されたのですか?」

    T氏「栗原さんは、よく歌を歌いながら兵舎の中をこうやって歩いていましたね(歌と身振りの真似)。事件に関わった他の青年将校の方々がどの部隊に配属されたのかも聞いています。」

    日月土「なぜ、将校たちは処刑されなかったのでしょうか?」

    T氏「理由はわかりませんが、やはり、お国のために立ち上がった方々ですから、殺すに忍びなかったのだと、私は理解しています。」

    日月土「戦後、陸軍が解体されて彼らはどうなったのでしょう?」

    T氏「それは私にもわかりません。」


    写真3:栗原安秀中尉
    T氏はニ・ニ六事件よりだいぶ後に兵舎内で直接お会いした
    ことがあると言う。栗原中尉は処刑されていなかった!

    -------------------ここまで---------------------



ニ・ニ六事件発生の原因は、東北地方を中心とした地方庶民の困窮と

生活苦、それに対する政府の無策に憤った志高き青年達の暴走という

風に、一般的には説明されていますが、果たしてそんなご立派なもので

あったのかどうか。あるいは、叛乱した彼ら自身は純粋な理想を抱いて

いたとしても、その情熱を上手に弄ばれてしまったのかもしれません。
.
日本を戦時体制に移行させることにより、軍部は国内の政治経済に

強い影響力、そして実際的な権限を得ることになります。これは軍部に

とって大きなメリットです。そのために目障りな和平派の弱体化を図る

こと、それと同時に、皇道派など、コントロールが難しい極右勢力の勢い

を一定程度削ぎ落とすことが必要になります。
.
ニ・二六事件は、戦時体制を作り上げるための最後の仕上げとして

企図された茶番。そう考えると、事件後に、政府が弱体化し、東条英機

を初めとする統制派が幅を利かすようになり、同事件の翌年、1937年に

盧溝橋事件が勃発。泥沼の日中戦争へと突入し、更には太平洋戦争

へと繋がる急展開に、欧米諸国に追い詰められただけでない、

別の説明を与えることができます。

以下はニ・ニ六事件前後の簡略年表です。これを眺めると、政府要人

への殺害行為を契機に戦時体制へ強く牽引されていく日本の体制が

見て取れます。また、1938年の国家総動員法の制定は、事実上、

米国との開戦準備であり、日本の軍事政府に和平案など念頭になく、

戦争を遂行することが初めからの規定路線であったことが伺い知れる

のです。
.
1931年 5月15日 五・一五事件 犬養毅首相、他殺害
 同年 9月18日 満州事変
1932年 1月28日 第一次上海事変
 同年 3月 1日 満州国建国宣言
1933年       国際連盟脱退
1934年12月    ワシントン海軍軍縮条約破棄
1936年 2月26日 二・二六事件 高橋是清大蔵大臣、他殺害
1937年 7月 7日 盧溝橋事件(日中戦争勃発)
1937年 8月13日 第二次上海事変
1938年       国家総動員法制定
1941年12月 8日 日米開戦(太平洋戦争勃発)
.
ここで、戦争突入によって最大の利益を得るグループを忘れてはなりま

せん。ロックフェラーやロスチャイルドなどのユダヤ系国際財閥、

日本国内だけを注視すれば、三菱、三井、住友などに代表される大財閥

とその系列企業、そして、その経営者でもある旧華族・士族に属する人々

が、必ずそこに存在するのです。

.

ニ・ニ六事件の勃発を、財閥系企業はかなり正確に予測していたと言わ

れますが、それが、企業内の情報部の諜報活動によってと考えるのは、

ちょっと人が良すぎる発想かもしれません。彼ら自身が、直接事件を

計画実行した方が、はるかに効率良く自分たちの利益となる戦時体制

へと日本社会を導くことができるはずなのです。
.
これは、もはや推測の域を出ませんが、日米開戦前に、その資産を

アメリカ国債にシフトしていた日本の企業経営者連中は、

いったいどうして米国の勝利を予測できたのか、疑い始めたら本当に

キリがありません。

.

私は、外国勢力を含む日本の軍産複合体は、ニ・ニ六事件の時に

初めてその牙を日本国、日本国民全体に向けたのではないかと考え

ています。あたかも、日航機123便事件の背後に見え隠れする、

クロカモさん(日本の闇組織)たちのように。

いや、その時既に、クロカモは存在していたのかもしれません。
.
このように論を進めると、疑問(2)については、

次の様なの答が一つ考えられます。
.
「日本の軍産複合体は二・ニ六事件の頃から存在し、日本を戦争へと

駆り立てた。その勢力は現在でも存続し、同事件の真実を過去のもの

と切り離すことはできない。日本の秘密結社たる彼らは、その存在を

悟られないことが最大のテーゼであり、『処刑はなかった』という真実

から、自分たち計画者の存在が類推されてしまうことは努めて避け

なければならない。」
.

.

なお、T氏からは、

「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイ号ではない」

など、他にも驚くような証言を聞かされています。



--------------------------------------------------------

.

もみじ

.

管理人


二・ニ六事件の決起将校達が、実は処刑されずに生きていたと

いうのは、驚きは致しましたが、不思議と違和感は感じません。

.

ヒミツ

光軍の戦士・秘密資料庫 1 グッド!

ヒミツ

光軍の戦士・秘密資料庫 2 グッド!


一部引用

.

 鬼塚氏は、秩父宮が2・26事件の策を練り、

終戦時の8・15宮城事件は

三笠宮が策を練ったのだと断言している。

どちらのクーデターもヤラセだった。

.


私が広島県人だからという訳ではありませんが、

.

「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイ号ではない」

.

これは、ものすごく気になります。

エノラ・ゲイでないのならば、他の米軍爆撃機であったのか?

これだと、わざわざ大袈裟に言うほどの事も無いと思うのですが。

..

..

王冠1

天皇の軍隊 「731細菌部隊」

http://ameblo.jp/64152966/entry-11381737853.html

.

一部引用

.

天皇家は、イルミナティ300人委員会の重要メンバ-です。
だからこそ、戦犯として裁かれなかったのです。
天皇家は、何兆円という財産を何故、蓄財出来たのか?
イルミナティとの合作の戦争ビジネスと人身売買ビジネス。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-686.html

無論、原爆が投下されるのも知っていました し、
その実験に協力する為に、
八月三日から連日、義勇隊三万人、学徒隊一万五〇〇〇人を
出動させよと命じました。
そして、終戦に反対していた第二総軍の全員は、八時ごろに
広島の投下地点付近の基地に集められたのです。
ほとんど、全員が即死だったようです。

しかし、協力した事によって、天皇の命と天皇制存続は守られ、
蓄財した莫大な財産は没収されずに済んだのでした。
731細菌戦部隊は秘密にされ、これも一切の罪に問われませんでした。
     ↓
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/243.html


○ 原爆が投下されるのも知っていた

.

○ 終戦に反対していた第二総軍の全員は、八時ごろに
---広島の投下地点付近の基地に集められたのです

ひらめき電球


天皇や皇族達が知っていたのは、その通りみたいですが、

それだけではなく、協力した内容が極めて重要な問題に

なって来ました。

こういった列挙された事実は、過去の資料を精査すれば、

事実は事実として確認出来る訳ですが、そこのところに

ある意図的な意思が入っているかどうかも知りたいところです。

しかし、一連の全てが偶然だったと考える人も少ないでしょう。

広島に原爆を投下したのは、

本当はどのような爆撃機であったのか!?

もみじ
悪魔(ユダヤ)からの最後通告

混迷日本にとどめを刺せ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11370188919.html .

一部引用

「日本が太平洋戦争に敗北することがあらかじめ予定されていた」
という事実を証明する出来事がある。
上野の東京国立博物館理事長の奥村英雄氏は、
日本がアメリカと戦争を始める前に、


つまり、真珠湾攻撃をするはるか前 に、
日本政府のある筋から、
東京はやがて空襲される ¥?ó¥Ã ので、
あらかじめ博物館内の貴重な展示品を全国各地に疎開させて
おくよう指示され、奈良や東北地方に移動させたことを証言している。

星空

大いなる歴史の闇

と謎!?

広島、長崎に原爆が投下された、本当の理由
http://ameblo.jp/64152966/entry-10976236111.html
.

戦争末期、ドレイパーは、天皇が無条件降伏を申し出ると同時に、「戦争犯罪人

として自分を処刑しないで欲しい」と命乞いをした事に対し、天皇の命の保証と戦後

における天皇制度の維持を確約し、それと引き換えに、日本に原爆を投下し終える

まで無条件降伏を承認しない、という条件を出した。


そしてコレ→ 「ヒロシマ原爆投下前の極秘周到作戦■原発マフィアと日本赤十字」

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1767/3559 《前のページ | 次のページ》
/3559