teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1756/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NSA スマートフォンから情報収集

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 9月10日(火)23時20分47秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://wirelesswire.jp/Watching_World/201309101409.html

NSA、主要なスマートフォンも情報収集の対象に(独Spiegel報道)
2013.09.10

米国家安全保障局(National Security Agency:以下、NSA)による広汎な情報収集活動に関して、主要なスマートフォンのユーザーデータも収集の対象となっているとする可能性が新たに浮上している。

独Spiegelが報じたところによると、NSAはアップル(Apple)のiOS端末、グーグル(Google)のAndroid OSを採用する各メーカー製端末、それにブラックベリー(BlackBerry)製端末など、主要なOSで動くスマートフォン内にあるユーザー情報を収集できる手段を秘密裏に開発し、実際に連絡先情報やSMSのメッセージ、メモや位置情報などを取得した例もあるという。

またSpiegelが入手した機密書類によれば、NSAでは各OSごとに情報収集のためのワーキンググループを設けており、たとえばiPhoneの場合にはデータの同期に使われるPC経由で複数の種類のデータを集めることが可能になっているという。

さらに従来セキュリティ機能の高さを売り物としてきたブラックベリーのメールシステムについても、NSAはデータ収集の手法を開発しているという。なお、ブラックベリーはSpiegelに対し、NSAのために自社のプラットフォームやサーバーに「バックドア」を設けることはしていないとする声明を出している。またSpiegelは、NSAによるスマートフォン情報の収集について、主に特定の個人を対象にした者で、スマートフォンメーカー各社は関与していないとしている。

この話題を採り上げたThe Vergeでは、NSAがiPhoneへのアクセスを遠隔で行うことができるのか、実際に同期に利用されるPCに物理的にアクセスする必要があるかなどはわかっていないとした上で、後者の場合、端末内のデータへのアクセスは比較的容易だとしている。

NSAによる広汎な情報収集・分析活動は、6月はじめに実態の一部が明かされて以来論争の的となってきているが、スマートフォンに焦点を当てた話が表に出たのは今回が初めて。また先日には、NSAや英GCHQが進めてきた暗号解読の取り組みにより、HTTPSやSSLなどネット上で頻繁に使われている暗号化技術の大半を無効化する手法が開発されていたことが明らかになり、一部で注目を集めていた。

【参照情報】
・Privacy Scandal: NSA Can Spy on Smart Phone Data - Spiegel
・NSA can reportedly tap smartphone users' data - CNET
・NSA can reportedly access secure BlackBerry email, 'tap' other smartphones - The Verge

米FCC、携帯電話電磁波の人体への影響に関する調査へ - 基準の見直しを検討
2013.04.01

米連邦通信員会(Federal Communications Commission:FCC)は現地時間29日、携帯電話から発せられる電磁波が人体に与える影響について調査を実施し、制定から16年経つ携帯電話の電磁波に関する基準の見直しを検討することを明らかした。

米国で現在使われている基準はFCCが1996年に定めたものだが、この基準策定の際には1980年代に行われた動物実験のデータが使われていた。このデータ収集からかなりの時間が経過し、また通話が主体だった96年当時とは携帯端末の使われ方も大きく変わってきていることなどから、米政府監査院(Government Accountability Office、GAO)ではFCCに対して、基準の再評価を行い、必要が認められれば見直しを行うよう要請したという。

携帯電話端末から発っせられる電磁波が人体に与える影響については、長年にわたってさまざまな論争が繰り広げられてきたが、いまだにこれという確実な説は定まっていないという。CNETでは、2011年に世界保健機構(WHO)が発表した報告のなかで、ガンの主要な原因として携帯電話の電磁波が挙げられていたとするいっぽう、米国立ガン研究所では携帯電話の安全性に関する懸念があることを認めながら、その因果関係を示した証拠はみられないとする報告が出されていたことなどを指摘している。


【参照情報】
・FCC finally opens review of cell phone safety standards - CNET
・F.C.C. to Study Health Effects of Cellphone Radiation - NYTimes

ようするにこの女性がパンツを履いているか否かの話と同じなのです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1756/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577