teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1712/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

孫子の兵法と近江商人の3方得

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 9月11日(水)11時19分31秒
  通報 返信・引用 編集済
  プーチンはまさにそうだ。

「戦わずして勝つ」孫子の兵法

http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/episode/sonshi.html

近江商人の三方よし

http://www.mahoroba.co.jp/saying.php?itemid=2644

近江商人の精神は時代を越えて受け継がれており、「三方よし」以外にも「近江商人の商売十訓」が有名です。

近江商人の商売十訓

①商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

②店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

③売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

④資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし

⑤無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

⑥良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

⑦紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

⑧正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

⑨今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

⑩商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

伊藤忠兵衛と三方よし

http://www.itochu.co.jp/ja/csr/itochu/philosophy/

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE98900X20130910

米大統領、軍事介入圧力がシリア譲歩引き出したと演説で主張へ
2013年 09月 11日 02:17 JST

9月10日、オバマ米大統領は、化学兵器を国際管理下に置くとのロシアの提案をシリアが受け入れると表明したものの、対シリア軍事介入の議会承認が得られるよう訴え続ける。

[ワシントン 10日 ロイター] - オバマ米大統領は、10日に予定している国民向け演説で、米国が軍事介入に踏み切る構えを見せていたことがシリアに圧力をかけ、化学兵器を国際管理下に置くとのロシア提案の受け入れにつながったとの考えを示す。

自身の軍事介入計画が外交的解決の可能性を導き出したとし、一方で議会に対しては軍事介入を認める決議案を承認するよう引き続き求めていく方針を説明する。ホワイトハウスのカーニー報道官が同日、MSNBCに対し明らかにした。

報道官は、シリアが化学兵器の国際管理を受け入れる意向を示しているとの報道についてホワイトハウスの反応を聞かれ、「前向きな動向となり得るとみており、明らかにシリアへ圧力が向けられた結果であるととらえている」と述べた。

米国民の大半は、大統領が提案しているシリアへの軍事介入を支持しておらず、議会でも決議案への支持は広がっていない。

大統領は同日、上院の民主党、共和党議員と個別に会談する予定。

カーニー報道官は、議会が決議案を検討するのに「時間を要する」ことを大統領は承知していると指摘。「このプロセスは続く」とし、「外交的解決の可能性を引き出したのは、米国による(軍事)行動の確かな脅威だ。慎重を期す必要があるが、最後までやり通さなければならない」とした。

大統領はこの日予定されている演説で、なぜシリア軍事介入に関し議会の承認を求める決定を行ったのか説明すると明らかにした上で、前日のテレビインタビューで行ったように「米軍事力の確かな脅威により外交面で一定の潜在的な前進が得られた」ことに言及すると述べた。

「これまでアサド政権は化学兵器の保有を決して認めなかったが、今では認めている」とした。

カーニー報道官によると、シリア化学兵器の国際管理案は、ロシアが提案する前に、ケリー米国務長官とラブロフ露外相、オバマ大統領とプーチン露大統領の間で協議されていた。

報道官は「これはオバマ大統領が中心となって推進していた行動の副産物」だと指摘。一方でシリアの意図については「疑いを抱く多くの理由がある」とも述べ、懐疑的な姿勢を崩さない立場を明確にした。

「まずは、シリアが真剣、かつこれまで保有を禁じる国際規約に反して何十年も管理していた化学兵器を放棄するよう確実にする必要がある」と述べた。

オバマ大統領は東部時間午後9時(日本時間11日午前10時)から演説する。

*内容を追加して再送します。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1712/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534