teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1762/3588 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12歳の国民はコントル・ペトリを理解しない

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 9月13日(金)12時40分24秒
  通報 返信・引用 編集済
  日本の怒りを買っているらしいカナール・アンシェネの記事は文章を読まないとそのカラクリがワカラナイ仕組みになっている。でも国として抗議なんてしないほうがいいよ。

遣欧使節団の侍がパリのホテルのビデにウンコをしてしまった話もあるしね。

http://web.archive.org/web/20071219131817/http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/6.html


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000003-jij_afp-int

何回も書いていやなんですがね、岸信介総理がかつてパリを訪れた時,キャナールアンシェネ(鎖に繋がれたアヒル)はなんて書いたかというと Ki Shi。Kiは関係代名詞でなになにするところの......でShiはウンコをするというフランス語の発音。つまりウンコをする人=岸信介となっちゃったわけでして大使館も抗議しなかったそうです。当然こういう高級な遊びは日本人はせいぜい語呂合わせなので無理でしょうね。またフランス語ではHを発音しないので「日立市から来た法眼さん」はイタチのムッシュー・オジャン(笑)

今年だったか去年だったか忘れましたがNHKがエープリルフールでちょっとエスプリの効いたジョークを確か言ったそうですが,その後はバッシングあるのみ。乾いた手ぬぐいをまた搾りとるような社会。これに反してフランスでのエープリルフール(Poisson d'Avril)は派手にやっているようです。

フランスはロジック的思考をするところなんですがいい悪いに気づくのには時間がかかります。ロジックといえばそう難しく考えなくても少しは頭働かせろ!....と言いたいことはさっきニュースステーションで公明党の山口代表が出ていましたけどね,みなさん政教分離という意味分かりますか?公明党の設立母体はどこでしょうか?

政教分離の原則を検索すると...........

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%94%BF%E6%95%99%E5%88%86%E9%9B%A2&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=%E6%94%BF%E6%95%99%E5%88%86%E9%9B%A2

にこにこ大百科では...

http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%94%BF%E6%95%99%E5%88%86%E9%9B%A2

『日本の政教分離

戦前は神道が実質的国教 (国家神道) として振る舞っていたが、敗戦後GHQによって国家神道は解体となり、政教分離がすすめられることとなった。

戦後の日本においては日本国憲法第20条において「信教の自由」とともに明記されている。第3項において国及びその機関は、宗教教育や宗教的活動を禁じている。政教分離が特に議論されるものとしては、公機関の宗教組織や活動に対する関与が挙げられる (愛媛県靖国神社玉串訴訟など) 。

逆に宗教法人やその外郭団体・派生団体が特定の政党を支持することについては指摘されることが少ない。神道政治連盟が自民党を支持している例が有名だが、他にも大小・新旧関わらず少なくない宗教関係者が政治に関わろうとしたり、持論を持ち合わせたりしている。中には僧侶や宗教法人職員であり乍ら既存の政党の公認を得て立候補したという例もある。

一方では宗教団体を支持母体とする政党(公明党や幸福実現党)に関して、政教分離に反するものではないかと議論されることが多い。しかしこれに関しては、信教の自由や職業選択の自由などを理由に制限できないために規制できないのが現状である。また、あくまで宗教団体→政党であって政党→宗教団体の支持、肩入れは(少なくとも表面上は)ないという意見も明確に否定する手段がない(そもそも政党は国の機関ではない)。』

管理人注:意味理解できましたか?

コントル・ペトリ関連ウエブ検索

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

福島風刺の仏紙、「ユーモア感覚ない」と日本の批判を一蹴

AFP=時事 9月13日(金)8時37分配信
福島風刺の仏紙、「ユーモア感覚ない」と日本の批判を一蹴

仏紙が掲載した風刺画について報じる日本の新聞記事(2013年9月12日撮影)。

【AFP=時事】福島第1原発事故の問題を抱える日本が2020年夏季五輪の開催地に選出されたことを風刺する漫画を掲載し、日本側からの怒りを買っている仏週刊紙「カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaine)」は12日、「一切の呵責(かしゃく)を感じることなく風刺画の責任を負う」と述べ、日本人にはユーモアのセンスがないと嘆いた。

仏テレビ局、「4本腕の川島選手」問題で謝罪(2012年10月)

 問題の漫画の一つは、損壊した原発の前の土俵で3本の腕や脚がある力士が向かい合い、その横でスポーツ解説者が「すごい、福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった」とコメントしているもの。もう一つは、プールの前で防護服を着用し放射線測定器を手にした2人が、ウオータースポーツ会場は福島に建設済みだ、と話している。

 これに反発した日本政府は、同紙に対して正式な抗議文書を送付すると表明している。

 日本政府は、福島での事故と汚染水の問題は制御できており、五輪には影響しないと繰り返し強調してきた。日本はこれまでにも、海外メディアで報道される意見に対しては敏感な対応を示し、大きな惨劇をもたらした災害が風刺の対象となることに対して怒りをあらわにしてきた。

 菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は記者会見で、「このような風刺画は、東日本大震災で被災した方々の気持ちを傷つける」と述べた上で、「汚染水問題について、誤った印象を与える不適切な報道」とも指摘、同紙に対し日本政府から正式に抗議する構えを明らかにした。

 これに対し、同紙のルイマリ・オロー(Louis-Marie Horeau)編集長は、「われわれには悪意のないように思える風刺画」に対する日本からの反応に「ただただ困惑している」として、「ユーモアを表現しているからといって、被災者の皆さんを侮辱していることにはならない。ここ(フランス)では、悲劇に対してはユーモアを持って立ち向かうものだが、どうやら日本ではそうではないようだ」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

NHKでは

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130912/k10014473861000.html

フランスの新聞(管理人注:週間新聞)が、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水の問題に絡めて、腕や足が3本ある力士2人が土俵で立ち会っている絵に、「福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった」とコメントしている風刺画を掲載しました。

風刺画を掲載したのは11日付けのフランスの新聞「カナール・アンシェネ」です。
この風刺画は、原発の汚染水の問題に絡めたもので、1人は腕が3本、もう1人は足が3本ある極端にやせた力士2人が土俵で立ち会い、土俵の外には防護服に身を包んだ勝負審判とみられる人物2人が座っています。
そして「すばらしい。福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった」というコメントを載せています。
この新聞は、フランス政界を巡る暴露記事などで知られる週刊紙で、編集部はNHKの取材に対し、「原発事故が収束していないなかで、東京でオリンピックを開催することへの驚きを表現しており、日本人を傷つけようとしたものではない」とコメントしています。
これに対してフランスの日本大使館は、「大使館としてどのような対応を取るか検討している」と話しています。
フランスでは去年10月、公共放送のフランス2が、サッカー日本代表として活躍するゴールキーパー川島永嗣選手の腕が4本ある合成写真を番組で使用し、司会者が「福島の影響ではないか」などとコメントしたため日本大使館が抗議し、フランス2側が謝罪しています。

 

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1762/3588 《前のページ | 次のページ》
/3588