teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1632/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

イスラエルに見る聖書の世界

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年 9月24日(火)18時52分23秒
  通報 返信・引用 編集済
 



ところが.....次の記事に進む前に.............

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/518.html

管理人注:アラビアとなっていますがアラビア半島起源説の方がいいと思います。

カマール・サリビーによれば......

http://www.ican.zaq.ne.jp/rekishi/episode11.html

ここでいう「聖書」は、ユダヤ教の聖典の「旧約聖書」のこと。この旧約聖書の舞台である、アブラハムが神から約束された地、モーゼがユダヤ民族に与えると約束された「蜜と乳のしたたる地」、ダビデ王・ソロモン王の活躍した古代イスラエル王国の地は、現在のパレスチナ地方ではなく、アラビア半島のアシール地方にあるというのが、この説の根幹である。
 カマール・サリービーによれば、イラクの「ウル」を出発したユダヤ民族最初の預言者アブラハムはアシール地方に到着し、この地を神から永遠に子孫に与えると約束された。その後一部はエジプトに移住したが、モーゼに率いられてアシュール地方に戻ってきた。そして、このアシュール地方で古代イスラエル王国が建国され、「ソロモン王の神殿」もアシュール地方のエルサレムつまり、現在のアール・シャリームにあったという。古代イスラエル王国の遺跡とソロモン王の神殿は、今もアシール地方の地下に眠っているはずであるという。

http://www43.atwiki.jp/nomakura/m/pages/35.html

『『ユダヤ人の起源』では、イエメンの地にローマ時代後期に存在したユダヤ教王国についての言及があります。これも、一見妙な感じがしますが、アシール地方がユダヤ人の故地であるのならば、イエメンでもその影響が強く残っていて当然です。さらにもう一点、明らかに飛躍しすぎとは思うのですが、どうしても気になる事実があります。

エホバは元来アシール地方の火山神と目されています。

アシール地方の紅海を挟んだ対岸は、エレイン・モーガンのアクア説(『人は海辺で進化した』)によると、まさに人類発祥の地に当たります。
アフリカとアラビア半島から地殻変動で切り離された孤島(やがて干上がってアフリカの一部になる)で、人類は猿から進化したという説ですが、そこでの旺盛な火山活動に関しても言及があります。』

関連記事:アダムとイブの世界はエチオピアだった

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/381.html

過去ログより..........

http://web.archive.org/web/20071229044148/http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/372.html

『米国の作家で,南イリノイ大學教授のLionel Bender氏はWadai-Darfur=Language in Ethiopiaの論文でSemitic Language(セム語=アラム語)のエチオピア起源説を発表した。ノアの子供セム(黄色人種)とハム(黒人人種)はその名が意図的につけられた感がある。』これこそ言語学者の鏡であり言語学とは文化人類学でもあるのです。カマール・サリビーも言語学者である。日本にこのタイプの学者はおそらくいないだろう。

以下のリンクの転載に関しては管理人様の了解を得ています。大変勉強されていて敬服いたす次第です。

聖書アラビア起源説 その32

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/31040192.html

聖書アラビア起源説 その31

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30962689.html

聖書アラビア起源説 その30

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30954034.html

聖書アラビア起源説 その29

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30926506.html

聖書アラビア起源説 その28

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30911321.html

聖書アラビア起源説 その27

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30895354.html

聖書アラビア起源説 その26

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30889009.html

聖書アラビア起源説 その25

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30870362.html

聖書アラビア起源説 その24

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30862673.html

聖書アラビア起源説 その23

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30839704.html

聖書アラビア起源説 その22

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30832933.html

聖書アラビア紀元節 その21 ソロモンの繁栄

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30817217.html

聖書アラビア起源説 その20

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30810502.html

聖書アラビア起源説 その19

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30792188.html

聖書アラビア起源説 その18

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30645840.html

聖書アラビア起源説 その17

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30628936.html

聖書アラビア起源説 その16 ソロモンの柱....

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30620557.html

聖書アラビア起源説 その15 ヤキンとポアズ

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30605891.html

聖書アラビア起源説 その14 ソロモンの謎の相棒ヒラム

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30599424.html

聖書アラビア起源説 その13

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30569556.html

聖書アラビア起源説 その12

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30522659.html

聖書アラビア起源説 その11 レバノン杉

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30514779.html

聖書アラビア起源説 その10

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30506929.html

聖書アラビア起源説 その9

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30494692.html

聖書アラビア起源説 その8 ソロモンは存在したか

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30487400.html

聖書アラビア起源説 その7

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30459210.html

聖書アラビア起源説 その6

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30452088.html

聖書アラビア起源説 その5

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30438851.html

聖書アラビア起源説 その4 サムソンの謎

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30431810.html

聖書アラビア起源説 その3

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30423248.html

聖書アラビア起源説 その2

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30408045.html

聖書アラビア起源説 その1

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30381907.html

秘密のアラビア半島・ヨクタンの祖先を追え

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30357687.html

イシュマエルの系譜・ヨクタンの系譜

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30349443.html

アブラハムの祖先の名と交易中継都市

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30324575.html

月の神シンと大富豪アブラハム

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30314483.html

セム族の月の神シン

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30297920.html

裂けるアフリカ大陸

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30288938.html

ヤハウェ信仰の地と火山

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30263835.html

二つの聖なる場所

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30249092.html

モーゼ紅海を渡る

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30230523.html

ミデヤンの祭司

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30221247.html

アナトリアのアマゾン

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30164710.html

シャーマンと蛇信仰 その11

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30175765.html

シャーマンと蛇信仰 その10

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30175765.html

シャーマンと蛇信仰 その9

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30157337.html

シャーマンと蛇信仰 その8

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30138073.html

シャーマンと蛇信仰 その7

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30124317.html

シャーマンと蛇信仰 その6

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30104646.html

シャーマンと蛇信仰 その5

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30095265.html

シャーマンと蛇信仰 その4

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30069256.html

シャーマンと蛇信仰 その3

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30056553.html

シャーマンと蛇信仰 その2

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30020347.html

シャーマンと蛇信仰 その1

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/29995417.html

下記カマール・サリビーの本について

アマゾンの内容紹介

旧約聖書の物語の舞台は、パレスチナではなくアラビア半島西部のアシール地方だった!各国を騒然とさせた、著名な歴史学者による今世紀最大の学問的発見。

内容(「BOOK」データベースより)

旧約聖書の物語の舞台は、パレスチナではなくアラビア半島西部アシール地方だった。本書は、著名な歴史学者が地名分析によってこの驚くべき発見を論証し、これまで聖書の謎とされてきた諸問題を次々に解明していくという革命的な内容の本である。刊行以来、各国で一大センセーションを巻きおこし、欧米でミリオンセラーとなった問題の書の完訳。

最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 一読の価値あり 2012/7/18
By Appare
形式:単行本
セム語学および固有名詞学の一分野である地名学にもとづいて行われている。

現在のイスラエルの地では、聖書に照合する発見はない。

いわゆる“約束の地”を、アラビア半島西部に仮定したとき、
現在でも残るそれぞれの地名が、聖書の内容に照合する。

別のニュース等では、
この本の出版後、現在に至ってアラビア半島西部での発掘・研究の結果、この説を裏付けるデータが取れてきている、との話し。

言語学の専門家でなくとも、言語学・音声学などの側面から、非常に興味深い。

■目次
1章 古代のユダヤ世界
2章 論証の方法
3章 アシールの地
4章 ゲラルはどこか
5章 パレスチナでは何も発見されていない
6章 淵とは何か
7章 ヨルダン再考
8章 アラビアのユダ王国
9章 エルサレムとダビデの都
10章 イスラエルとサマリヤ
11章 シシャクの遠征路
12章 メルキゼデク―パンテオンへの手がかり
13章 アシールの森のヘプルびと
14章 アラビアのペリシテびと
15章 約束の地はどこか
16章 エデンを訪ねて
17章 雅歌の故郷</td></tr></table>
コメント |
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 聖書アラビア起源説 2009/11/24
By shironeko
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
 本書が出版されて21年になるが、その後アシール地方に膨大な考古学的証拠が発掘されている。常識をくつがえす本。

 著者は言語学であるが、以外にも宗教、歴史、文化だけでなく科学的な証拠もあげている。マレーシアやアメリカ合衆国にも使われている赤と白のストライプはモーゼが多くの人々を引き連れて、砂漠の中をエジプトより脱出した時、昼は噴煙、夜は噴火口の赤いマグマの色。

 当時の船、建物に使用される木材の木の種類。ソドムとゴモラのこと。イスラム教が生まれる前からのメッカのカーバもうでは、古来からの習慣であり、マホメットはそれを続けた。中には隕石の一部が納められている。

 旧約聖書にでてくる鉱物、宝石、火山、地震もパレスチナにはあまりないが、アシール地方には、産出される物。

 キリスト生誕時の乳香(イエメンで今でも樹液から作られている)など。ほかにも金、も没薬なども当時の産出していた産地と考えあわせると合理的である。(ふるい先祖の土地からの贈り物)。いろいろな人にすすめたい。

 私はアラビア科学(一部分しか残っていないが、日本でも数学で中学や高校で習う図形、分数、代数はアラビア語で書かれた数学の本がヨーロッパに伝わり、日本語訳されただけ。ほかにも科学全般)の20%しか伝わっていないので。古代ギリシャ語訳されたものがラテン語にされ、19世紀以降英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、オランダ語などに変わっただけ。ラジオ講座でアラビア語を半年続ければ、面白さはもっと増すと思います。私も半年分しか学んでいません。
コメント |
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 1.0 間違い 2013/9/18
By いりえ
形式:単行本
英語の読める人は、こんな間抜けな本よりもヴェリコフスキーの「ages in chaos」シリーズをお勧めします。
イスラエルの場所設定ではなくて、エジプトの年代設定が間違っているのであります。



http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1632/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524