teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1647/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 初のデフォルト危機感増大

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年10月 4日(金)22時43分10秒
  通報 返信・引用 編集済
  馬場さんへのお返事です。

クリントン政権時のデフォルトは茶番劇でしたが今回は世界統一政府につなげるものと思われます。しかしとんだ茶番劇と見る見方も確かにあることはあるようです。

金玉先生の以下の記事は冗談ではないと思います

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1236.html

まぁ、今回も土壇場で、議会が債務上限引き上げを認めるだろう。
デフォルトなんかするわけないだろ。。
そうタカをくくってる人。

まぁ、いつものことながら、それは単純な正常性バイアスですね。
このまま正常性バイアスさんと一緒に仲良くお暮らし下さい。

ワタスはずっと前から言っています。

これは過去の記事です。

この相場は秋までについて
http://www.golden-kintama.com/blog-entry-1654.html

順調に行くと今年の10月頃はこんな感じになってるでしょう。
旧ドル札は新ドル札に交換しますよ。でも、交換比率は新札に対して1/20の価値になりますよ。新札は金との兌換(だかん)が可能ですが、旧札はできませんよ。国外の旧ドル札については一切新札には交換できません等々。そんな風になるはずです。

新ドルが用意されてるのです。
これはちゃんと計画されたことですよ。今月10月8日に新ドル札が出るのです。
デフォルトはこれに合わせたイベントなのです。

米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、 新しい100ドル札を10月8日に発行すると発表した。
製造工程で予想以上の遅れが生じたため、当初予定からは3年近くずれ込んだ。
新しい100ドル札は10年にわたる研究の成果を結集してデザインを刷新したとFRBは説明する。
特に偽造防止対策の強化には重点が置かれた。表面に印刷された青い3Dの帯は、札を前後左右に傾けると帯中の模様が動く仕組みになっている。
また、インクつぼと鐘の図柄、および右下の「100」の文字も、札を傾けると赤銅色から緑色へと変化する。

FRB広報によれば、100ドル札のデザインが刷新されるのはこれで4度目になるという。偽札作りの技術の進歩に伴ってFRBも頻繁な対応を迫られ過去20年だけで3度の刷新が行われてきた。新しいデザインは2010年に発表され、当初予定では2011年2月に新券が発行されるはずだった。

議会がどうのこうの。
ぜんぶ猿芝居ですね。

いよいよとなりました。
まぁ、これから何が起きるのか。
ワタスの方はある程度準備はできているので、ゆっくり楽しもうと思っています。

> Legacy of Ashesの管理人さんへのお返事です。
>
> 達人さん、こんばんは。
> 金玉のとこで米郵政公社が支払不履行(ソース元CNN)と引用してましたが、達人さんが今記事末尾で記述されている様に、危機感演出で本気の芝居を打ちに来てますね。裏から融資を得られたのか? はたまた、それすら芝居か?カード予告実行とデフォルトはどちらが優先なんですかね?
>
>

> > http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000140-jij-n_ame
> >
> > 関連記事:米国機関の一部閉鎖について
> >
> > http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/615.html
> >
> > アメリカのデフォルトは10月18日の666
> >
> > http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/592.html
> >
> > 政府機関閉鎖、数週間継続か=初のデフォルト危機感増大―野党穏健派の動向カギ・米
> >
> > 時事通信 10月3日(木)19時55分配信
> >
> > 管理人注:10月3日(木)19時55分配信を単数化すると1+3+1+1=6の六芒星
> >
> > 今ケリー国務長官が来日していますがロックフェラーの代理として裏天皇に会っているはずです。一千兆円ほどのPromissory Note(約束手形)を出してほしい,と。ヒラリーさんもあの時もらっているはずだと。
> >
> >  【ワシントン時事】17年ぶりとなった米政府機関の一部閉鎖問題は、2日に開かれたオバマ大統領と野党共和党幹部らとの会談でも双方の溝が埋まらず、解決の糸口が見いだせなかった。議会では閉鎖が数週間続くとの見方も浮上。10月半ばに期限を迎える債務上限問題の解決も一段と困難になり、初のデフォルト(債務不履行)に陥るとの危機感が高まりつつある。
> >
> > 17の意味は果たして何かやるつもりか?
> >
> >
> >
> >  「政府機関を再開させる予算案が通過し、債務上限が引き上げられるまで(問題解決に向けた)駆け引きには応じない」。オバマ大統領は米テレビとの2日のインタビューでこう述べ、閉鎖解除やデフォルト回避をちらつかせながら医療保険改革法(通称オバマケア)の見直しを迫る共和党の戦術に、一切譲歩しない姿勢を堅持した。
> >  大統領がいら立ちを募らせているのは、共和党内の強硬的な保守派「ティーパーティー(茶会)」系議員の存在だ。大統領は「1党の過激な1派が国の信認を脅かしながら譲歩を得ることが常態化すれば、将来の大統領も効果的な政治運営ができなくなる。そうした事態は容認できない」と強調。無条件で2014会計年度暫定予算案を通過させる必要があると訴えた。
> >  共和党主導の下院はこれまでオバマケアの延期などを含む暫定予算案を可決し、与党民主党が主導する上院にその都度退けられてきた。共和党指導部は政府機関閉鎖前に回避を模索したものの、保守派議員の反対で断念した経緯がある。
> >  ただ、世論調査でも共和党への風当たりは強く、穏健派議員の中に「離反」の動きが出始めた。1日にはこうした議員がツイッターで「修正無しの暫定予算案に投票する時が来た」などと表明。勢力は100人以上に上るとの指摘もある。
> >
> > <米政府機関閉鎖>大統領と与野党指導部会談、決裂に終わる
> >
> > 毎日新聞 10月3日(木)20時12分配信
> >
> > 管理人注:単数化すると9=3x3
> >
> > 20時12分=5 五芒星
> >
> >  【ワシントン平地修】オバマ米大統領は2日、政府機関の一部閉鎖など財政を巡る問題解決に向け、民主、共和両党の指導部と会談したが、決裂に終わり、対立の深さだけが浮き彫りとなった。政府機関閉鎖は長期化する可能性が高まり、国民の暮らしや経済への影響が徐々に広がっている。
> >
> >  「大統領は交渉するつもりはないと繰り返した」。野党・共和党のベイナー下院議長は会談後、報道陣の前で不満をあらわにした。会談には、民主党のリード上院院内総務ら与野党指導部4人が出席し、90分近く大統領と意見を交わした。
> >
> >  リード院内総務によると、ベイナー下院議長は短期の暫定予算のための両院協議会の設置を要請したが、民主党側は「その前に政府を再開させるべきだ」と拒否。リード氏は、共和党が予算成立の見返りとして要請している医療保険改革法の見直しについて「絶対に起きない」と断言するなど、従来の主張の応酬に終始した。
> >
> >  ワシントン市内では、1日からスミソニアン博物館が閉鎖されたほか、リンカーン記念堂などの観光名所には立ち入り禁止の柵が設けられ、観光客らの失望を買っている。政府職員の一時帰休(レイオフ)は80万人以上に上るとされ、長期化すれば消費など景気への影響も大きくなる。
> >
> >  共和党は2日、多数を占める下院で、医療研究の中核の国立衛生研究所(NIH)や、国立公園を再開させるための歳出法案を可決し、3日も退役軍人向けの歳出法案の採決を予定している。しかし、上院で多数の民主党は「すべての歳出を認める法案を通すべきだ」と反対して成立の見込みはなく、共和党による国民向けアピールに終わっている。
> >
> > 米政府機関の閉鎖、NASAにも打撃
> >
> > ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 10月2日(水)19時32分配信
> > 米政府機関の閉鎖、NASAにも打撃
> >
> > 管理人注:19時32分の単数化=6 六芒星
> >
> > 10月1日からの米政府機関閉鎖で、NASA職員のほとんどが自宅待機となった。宇宙ステーションの宇宙飛行士(写真)サポート業務は維持される。 (Photograph from NASA/Reuters)
> >
> >  10月1日、アメリカ連邦政府機関の一部閉鎖により、NASAの職員も自宅待機となった。
> >
> >  1958年7月29日設立のNASAは、同年10月1日に正式に活動を開始。しかしこの記念すべき日、約97%のNASA職員をはじめ、数十万人の公務員が自宅待機となった。予算成立期限である9月30日を過ぎても与野党の対立が解けず、予算成立が見送られたためだ。
> >
> >  バラク・オバマ米大統領は先月30日に会見を行い、政府機関の閉鎖が経済に深刻な打撃を与えると警告。NASAでも既にさまざまな影響が出ている。カリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研究所(JPL)を除く、各拠点のWebサイトの多くが閉鎖され、地球に衝突する危険性を帯びた小惑星の情報公開が中止されている。また、11月18日~12月7日に打ち上げ予定の火星探査計画、MAVEN(Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN)も延期が懸念されている。
> >
> > 「NASAは、ほとんどすべての拠点が停止する。ただし、宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士へのサポート業務は維持する予定だ」と、オバマ大統領は会見で述べた。
> >
> >  議会対立が続く中、火星周回軌道に投入予定のMAVEN探査機の発射時限が迫っている。
> >
> > 「最悪のシナリオは、打ち上げのチャンスを逃してしまうことだ」と、民間宇宙団体である惑星協会のケーシー・ドライア(Casey Dreier)氏は顔を曇らせる。26カ月毎に巡ってくる地球と火星が接近するタイミングで打ち上げると、大幅なコスト削減につながる。「この機会を逃すと、次は2016年の年明けになってしまう。しかも、延期中は何千万ドルもの維持費用が追加となるが、NASAの惑星科学部門(Planetary Science Division)にそんな予算はない」。
> >
> > 「ほかの部署でも、これから徐々に閉鎖の影響が深刻化していくだろう」と、宇宙関連のWebサイト「NASA Watch」のキース・カウイング(Keith Cowing)氏は指摘する。「閉鎖が数日続くだけでも業務は1週間滞る。衛星に問題が発生したり設計変更が必要になっても、対処が間に合わなくなる。影響は甚大だ」。
> >
> >  NASAのサイトの緊急閉鎖は、必要に迫られたというより、注目を集めるための手段ではないかと同氏は推測する。「以前から連邦の政争によって数多くのミッションや計画が中断を余儀なくされている。今回の事態も多くのNASA職員にとっては新たなやっかい事にすぎず、“もう十分だ。いいかげんにしてほしい”と思っていることだろう」。
> >
> > Dan Vergano National Geographic News
> >
> > 米財務長官、資金繰り10月17日が限界 債務上限問題で書簡
> >
> > 2013/9/26 11:01
> >
> >  【ワシントン=矢沢俊樹】ルー米財務長官は25日、連邦政府の債務上限を引き上げなければ、10月17日に政府の手元資金がほぼ底をつくとの見通しを示した。野党・共和党のベイナー下院議長ら議会指導部あての書簡で示したもので、無条件の即時引き上げを承認するよう求めている。
> >
> >  共和党は債務上限の引き上げ幅と同じ額の歳出カットや、医療保険改革(オバマケア)の修正を求めており、財政協議の大きな争点だ。
> >
> >  米財務省は国債発行による借り入れに頼らずに資金繰りをつないでおり、これまでは10月中旬が限度だとしていた。ルー氏は書簡で初めて10月17日と期限を明示。「その時点で国の手元資金はわずか300億ドル程度となる」と説明している。
> >
> >  その後は米国債の利払いなどで最大600億ドルの国庫支出が必要となる日も出てくる。ルー氏は「支払い義務を履行するのは不可能になる」として、事実上の債務不履行(デフォルト)に陥る恐れがあると強く警告している。
> >
> >  これに関連し、連邦議会の中立機関である米議会予算局(CBO)は25日、10月22日から同31日の間に財務省による緊急措置が限界を迎えそうだとの見通しを発表した。ここ数日の連邦法人税の税収が予想を下回ったことなどで、従来の見通しよりも債務上限の到達期日が前倒しになったとしている。
> >
> > 管理人注:新ドルと同時にデノミをするには危機感の演出が大事ということだ。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1647/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577