teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1569/3527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「5月の七日間」まであと三日

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年10月14日(月)09時52分12秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://sankei.jp.msn.com/world/news/131004/amr13100422540008-n1.htm

管理人注:ヨブへの答え その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/119.html

『 ヨブ記でも『ファウスト』でも,新約聖書でも,賭けは悪魔の勝利に終わるはずがないこと,悪魔は神の事業に干渉するが神の目的を妨害することができず,かえってそれに奉仕するだけであること,神は常にたくみに難局を切り抜け,悪魔に悪魔みずから首をくくる縄を与えることが暗示されているか,あるいははっきり言明されている。』.....10月17日=117=18(666)に悪魔の賭けが迫っている。もう人間の手から離れている問題だ。

For our struggle is not against flesh and blood,but against the rulers,against the authorities,against the powers of this dark world,and against the spiritual forces of evil in the heavenly realms
         <EPHESIANS6:12>

「私たちは、常に、エフェソ人への手紙、第六章の十二を思い起こさなければならない。『私たちの戦いは、血肉を備えた物理的存在に対してのものではない。それは、この世の闇の支配者の国や権力に対するものである。それは、高次元での、邪悪な霊に対する戦いである。

エフェソ人への手紙で検索すると23件出てきます(随分あるなあ~)

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83G%83t%83F%83%5C%90l%82%D6%82%CC%8E%E8%8E%86&x=0&y=0&inside=1

五月の七日間

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2156

米財政協議が緊迫化 デフォルト迫るも手詰まり感
2013.10.4 22:53 (1/4ページ)[米国]

 【ワシントン=柿内公輔】オバマ米大統領は3日、アジア歴訪を急きょ取りやめ、議会との財政協議に専念する方針を示した。ただ、閉鎖された一部政府機関の早期再開に向けた交渉は手詰まり感が漂う。デフォルト(債務不履行)危機も近づき、与野党の思惑が交錯する中、情勢は再び緊迫化している。

 政府機関の再開には、未成立の2014会計年度(13年10月~14年9月)予算を上下両院で可決する必要がある。上院は与党民主党、下院は野党共和党がそれぞれ多数派で、与野党が合意できるかが焦点だ。

 攻防の中心は、オバマ政権が「国民皆保険」に向け推進する医療保険改革(オバマケア)の取り扱い。政府機関閉鎖に至ったのも、オバマケアに必要な支出を盛り込んだ暫定予算案を、共和党が「財政を一層悪化させる」と退けたためだ。ただ、オバマケア法案自体は3年前に成立済みのため、オバマ大統領は「この問題で取引しない」と強硬だ。

 世論調査でも共和党への風当たりは強く、共和党内にもオバマケアを支持する議員が増えている。慌てたベイナー下院議長ら共和党指導部はひとまずオバマケア問題を棚上げし、部分的に政府機関の再開を認める予算案を通そうとしているが、民主党は「小出しの策」と乗ってこない。

迷走に拍車を掛けているのが債務上限引き上げ問題だ。米国では際限のない国債の発行などで財政が悪化するのに歯止めをかけるため、法律で政府債務に上限を設けている。

 だが、08年の金融危機を受け、オバマ政権は過去最大の約7870億ドル(約76兆4千億円)の景気対策を実施するなど財政出動を繰り返した。当然債務は膨らみ、これまでも何度も上限に到達し、そのたびに法改正で上限を引き上げることでしのいできた経緯がある。

今回も、債務は現在の上限の約16兆7千億ドル(約1621兆円)を17日にも超える見通しになっている。そうなれば米国債が史上初のデフォルトに陥り、利払いすら滞って国債市場は暴落。株式やほかの金融市場にも波及し、世界経済が大混乱に陥るのは必至だ。

 上限引き上げには議会の同意が必要だが、ここでも対立の構図は同じで、オバマケアや無駄な歳出の見直しを要求する共和党に対し、民主党は無条件の引き上げを求めている。

    □ □

 さらに草の根保守運動「ティーパーティー(茶会)」が、支持する共和党議員への締め付けを強めるなど来秋の中間選挙を見据えた思惑も絡み、状況は一層混迷している。

 オバマ氏がアジア歴訪を中止したのも、政府機関閉鎖に伴う措置としているが、財政協議を優先する姿勢を示し、議会にプレッシャーをかける戦略なのは明らか。与野党に太いパイプを持つバイデン副大統領が窓口役となり収拾に乗り出すとの観測も出ている。

 バイデン氏はやはり難航した今年初めの「財政の崖」をめぐる与野党協議でも仲介役を務め、突破口を開いた実績をもつ。

 今後想定されるシナリオのうち最良なのは、もちろんオバマ大統領が求めている通り、政府機関の再開と同時に債務上限引き上げでも合意することだ。当然最もハードルは高い。

 このため、まずは政府機関の早期再開だけでも合意を目指す可能性がある。ただ、この前途も厳しい。ここ数日の与野党の交渉は不調で、しかも、議会も市場も次第に「より危険」(民主党のペロシ下院院内総務)なデフォルト危機へと関心が移りつつある。

 そのデフォルトを回避するため、債務上限の引き上げについての合意を先行させる案が浮上している。だが、与野党はこれまでも妥協しながら小幅な引き上げを繰り返しており、根本的な解決を目指すオバマ氏が求めているものとは大きな開きがある。

 最悪なのは、政府機関再開も上限引き上げも交渉が決裂し、デフォルトに突入するケース。しかし、世界恐慌の引き金を引きかねないこのシナリオはオバマ氏も議会も選びたくないはずだ。

 今後の与野党協議の展開次第で思わぬ妥協案が浮上する可能性もあるが、いずれにせよ時間との闘いになる。

以下は荒野の声より

10月17日に注意
 アメリカが大統領と議会の不調和で行き詰っているが、それは10月17日にデッドラインを迎えるという。1017。読者は判るだろう。私が何度も書いているようにサタニストの数霊術には0と言う数字が無いのでこれは117である。11・7は足すと18になって6の三乗で666になるので彼らの最も好む数字である。もしかするとここでアメリカのデフォルトが仕掛けられているのかもしれない。もっとも新しい100ドル紙幣が用意されているので今回は回避されるかもしれない。その代わりどこかで戦争を起こさなければなるまい。

管理人注:カバラ数字には1~9と11と22しかなく11と22は単数化できない。

やがて来るに違いない終末の日

http://takehariy.seesaa.net/article/377437882.html


 
 
》記事一覧表示

新着順:1569/3527 《前のページ | 次のページ》
/3527