teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1613/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

市場信認失墜

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年10月18日(金)12時52分1秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000095-san-n_ame

関連記事:FEMA送りになるリストはキリスト教徒を中心にあるようだ

http://endoftheamericandream.com/archives/main-core-a-list-of-millions-of-americans-that-will-be-subject-to-detention-during-a-national-crisis



概要を説明したブログ

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2161.html

州分離運動

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2161

既報のJPモルガンが海外送金を禁止している意味は?

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51903384.html



11月中旬から取り付け騒ぎが起きる(起こす)という第二位のリーマンということでしょう。

安倍さんはFEMAの意味知ってんの?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html

FEMA CAMPの目的は

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51900850.html

以下の秘密文書をダウンロードして、全ての内容を精査することも可能です。
http://beforeitsnews.com/new-world-order/2013/09/a-video-that-can-never-be-shared-enough-internment-and-resetttlement-operations-222.html
(ビデオ)
9月26日付け:(ビデオ 概要)
国防総省から秘密文書(326頁)がリークされました。
文書に書かれている内容のほんの一部をご紹介します。文書の題名は「拘留と再定住化オペレーション」です。この文書は2010年(管理人注:文章を見る限り2012年のようです)に作成されたもので、陸軍長官を補佐する行政補佐官(Joice E Morrow)の署名付きです。
最近、インターネット上でこの文書がリークされ、今では誰でもダウンロードが可能です。皆さんにはぜひ文書のコピーを全てダウンロードして頂き、詳細を確認して頂きたいと思います。
この文書には、FEMAキャンプの見取り図と管理体制が記載されています。

文書の38頁目・・・FEMAキャンプはアメリカ国内に限定し、米国民を留置するものである、と書かれており、

48頁目・・・留置された囚人をIDを確認、登録するために社会保障番号、顔写真、指紋を記録、保存する、と書いてあります。
さらに、FEMAキャンプの運営、管理に当たっては、DHS国土安全保障省、FEMA、国防総省そして国連が担うと書いてあります。

また、FEMAキャンプでは、囚人が攻撃的にならず、当局に従順になるように心理作戦にて、囚人を洗脳し、反政府活動家を特定する、と書いてあります。

281頁目には、囚人に対して行われる心理作戦(洗脳)の内容が具体的に書かれています。ここで強調されていることは、米国民を制圧し、大人しくさせた上で当局の命令に従わせる、ということです。

238頁・・・FEMAキャンプでは殺傷能力のある武器を使って、キャンプから逃げようとする囚人を捕獲或いは殺害する、と書いてあります。
このように、FEMAキャンプは、大災害が起きたときに米国民を避難させるために使われるキャンプではないことが明らかになりました。

244頁目・・・市民が暴動を起こした場合は、殺傷能力のある武器により市民を制圧し、暴動に参加した全市民を詳しく調査し、暴動を扇動した犯人を逮捕、留置する、と書いてあります。
次に、FEMAキャンプの大まかな見取り図が表示されています。取り調べ室、法廷、運動室などがあります。各FEMAキャンプは4000人の囚人を収容することができます。施設の各階は、それぞれが厳重に隔離されています。

また、261頁目には、8千人の米国民を収容する再定住施設の見取り図も表示されています。これらの施設は全て、電流が流れている2重フェンスで囲まれており、24時間体制で警備隊が見張っています。また、FEMAキャンプには、当局に服従しない囚人を再教育(心理作戦による洗脳)するための部屋もあります。
2009年以来、米軍はFEMAキャンプで働く職員を求人広告にて募集しているのです。今でも募集しています。
重要なことは、この文書は2010年に作成されたということです。つまりオバマ政権下で行われたのです。
これは、2012年のNDAA法(軍隊の手で米国民を逮捕、留置する法律)に先駆けて作成されたのです。
つまり、政府は長期間にわたり、彼らのアジェンダを計画、実行してきたのです。
この文書の存在を全ての米国民は絶対に知るべきです。拡散してください。

国防省から漏洩したFEMAの326ページにわたる文章

http://info.publicintelligence.net/USArmy-InternmentResettlement.pdf

Thisdetermination was made on 8 December 2008. Other requests for this document
must be referred to the Commandant, U.S.
Army Military Police School, ATTN:
ATZT-TDD-M, 320 MANSCEN Loop, Suite 270,
Fort Leonard Wood, Missouri 65473-
8929.

DESTRUCTION NOTICE:
Destroy by any method that will prevent disclosure ofcontents or reconstruction of the document

産経新聞 10月18日(金)7時55分配信
米、債務不履行回避 財政なお3つの関門

米財政協議をめぐる動き(写真:産経新聞)

 【ワシントン=柿内公輔】米財政協議はデフォルト回避を優先するあまり、抜本的な問題解決がまたも先送りされた。

 ◆危機再燃恐れ

 時を置かず危機が再燃する恐れに加え、与野党の激しい対立、厳しさを増す市場の評価という3つの関門が、今後の財政協議の行く手に立ちはだかる。

 今回手当てできた支出は債務上限引き上げで4カ月弱、政府機関再開で3カ月にすぎない。債務上限で1年以上の引き上げを求めたオバマ大統領の願いにはほど遠い。会見で「数カ月後に同じ危機が起きないか?」と問われたオバマ氏は「起きない」と苦笑いをみせたが、IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、ポール・エデルスタイン氏は「時間的猶予が乏しい。年明けに同じ危機が繰り返される」と危ぶむ。

 ◆与野党の対立

 時間的制約に加え、財政運営をめぐる与野党の埋めがたい溝の解消も容易ではない。今回の協議で焦点となったオバマケアはオバマ政権の看板政策だが、野党共和党には歳出を膨張させる元凶と映る。当初求めた延期などの大幅な修正は見送られ、「国民に災厄をもたらす」(クルーズ上院議員)など保守派の不満は強い。

 オバマケアをはじめ社会保障の充実には増税も辞さない「大きな政府」を掲げる民主党に対し、社会保障への切り込みを軸に歳出削減による「小さな政府」を志向する共和党。互いの党是がかかるだけに、財政協議は簡単に折り合えない。

 与野党は財政赤字削減に向けた抜本的な財政協議を超党派で行う委員会の設置も決め、12月13日までに結論を勧告させるとしたが、難航は必至だ。実は前回2011年のデフォルト騒ぎの直後にも与野党は同様の超党派委員会を設けたが、協議は決裂。その後の財政協議にしこりを残した。

 ◆市場信認失墜

 やはり大騒動となり、今年初めに何とか回避された「財政の崖」など財政協議の迷走が重なり、米国に対する市場の信認も失墜した。デフォルトは回避できたが、フィッチ・レーティングスが米国債の格下げの可能性を警告するなど、格付け会社の動向は油断がならない。

 共和党のベイナー下院議長は「オバマケアに対抗していく。闘いは続く」と早くも“戦闘再開”を宣言。かりそめの休戦協定すら意味を失い、財政協議迷走が米国と国際社会を再び危機に突き落とす懸念はぬぐえないままだ。

米国のデフォルトは回避、今後への影響
久保田 博幸 | 金融アナリスト
2013年10月18日 9時56分

米国のデフォルトはぎりぎりになって回避された。まさにチキンレースとなり、野党・共和党が最後の最後におれて、与党・民主党が粘り勝ちした格好なのかもしれないが、無益な争い、というより有害な争いは勘弁してほしいところである。

米議会上院は、米政府に来年2月7日まで国債発行を認めると同時に、閉鎖中の政府機関を再開するため1月15日までの暫定予算案を本会議で採決し可決された。下院でも可決し、オバマ大統領の署名により成立した。

こうして最大の懸念材料となっていた米国のデフォルトは回避されることになったが、2週間以上に渡り続いていた政府機関の一部閉鎖による影響も無視はできない。政府機関は、法案に大統領が署名後ただちに再開すると伝えられている。

FRBが発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、「政府機関閉鎖と債務上限協議を主な要因とする不透明感の増大を指摘する向きも多かった」との報告があった。ただし、経済への影響はそれほど深刻な問題にはならないだろうとの見方もある。直接的な影響は限定的であったとしても、間接的な影響も存在する。そのひとつが経済指標に関するものとなる。

10月4日に発表される予定であった9月の米雇用統計の発表は22日となる。また、10月集計分の発表は11月8日に延期されるとか。問題となりそうなのは集計期間中に政府機関が閉鎖となってしまった10月分の数字となる。遡っての集計がどれだけ可能なのか。特に家計調査に基づく失業率の数字がどうなるのかも気になるところ。特に雇用に関する経済指標はFRBの金融政策にも影響を与えうる。

そのFRBであるが、市場参加者の多くはすでに年内でのテーパリング開始は困難との見方を強めている。しかも、今回の妥協案となる予算案は1月15日まで、国債発行については2月7日までという暫定的なものであるため、2014年1月28日、29日に開催されるFOMCでのテーパリング開始決定も難しいかもれない。1月末で任期終了となるバーナンキFRB議長は、自らの任期中に出口への道筋をつけることはできず、イエレン次期議長にそれを委ねることになる可能性も出てきた。

オバマ大統領.....今回は勝者はいない

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131018-00000072-fnn-int

米財政問題で危機回避 オバマ大統領「今回は勝者はいない」

フジテレビ系(FNN) 10月18日(金)6時54分配信
連邦債務上限の引き上げと暫定予算の成立で、与野党が合意したアメリカでは、17日、10月1日から閉鎖していた一部の政府機関が業務を再開させた。
2週間以上にわたって閉まっていた、ワシントンDCの国立博物館のゲートも開いた。
2014年1月15日までの暫定予算の成立を受け、閉鎖していた一部の政府機関は17日、業務を再開させ、自宅待機を強いられていた職員およそ45万人が職場に復帰し、業務再開を喜び合う場面が見られた。
博物館の職員は「何でこんな事態になったか、理解できない。みんな仲良くできないのかしら」と話した。
17日、オバマ大統領は「今回は勝者はいない」と述べ、必要のない争いであったことを強調し、国家を債務不履行の窮地に立たせることも辞さない議会共和党のやり方を強く批判した。
オバマ大統領は「政策や私が嫌いなら、選挙で戦えばいい。政府を壊してはいけない」と述べた。
オバマケアという、すでに法制化された政策をめぐって、与野党が激しく対立した今回の騒動は、暫定予算の期限を迎える数カ月後に、再び繰り返される可能性もある。

ほとんど知られていない革命家マルクスと英国貴族階級の深い関係 by ユースタス・マリンズ 他
http://satehate.exblog.jp/8765631/

スカル&ボーンズはロシア共産主義を育てた by Richard Arnold 2
http://satehate.exblog.jp/12343879/

ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969830/

ヒトラーの資金調達に貢献したロンドン・コネクション by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/9100902/

伏魔殿のような国際決済銀行 by チャールズ・ハイアム 1
http://satehate.exblog.jp/10205180/

伏魔殿のような国際決済銀行 by チャールズ・ハイアム 2
http://satehate.exblog.jp/10215364/

ロスチャイルド家の最初の「世界銀行」である「国際決済銀行(BIS)」 by A・ヒッチコック
http://satehate.exblog.jp/10193417/

国際赤十字社、もうひとつの顔 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/17749871/

21ヵ条をもう一度
http://satehate.exblog.jp/16707590/

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976/

世界政府への道 by ゲイリー・アレン

http://satehate.exblog.jp/11009006/

彼らはなかなか本心を明かそうとしないが、国連はあくまでも世界政府のイメージと必要性を一般大衆に訴えかけ、これらの人々の圧力で各国の主権を段階的に放棄させていくための大がかりな宣伝機関である。 このためにロックフェラー一族が国連ビルを提供し、毎年数百万ドルの資金をつぎ込んだとしても、それは安いものである。国連の職員にCFRの左翼関係者を次々と送り込み、西側諸国の金でこれらの人々を養って、各国の左傾化を推進できるとすれば、なおさら結構なことだ。たとえ国連の評判が多少悪くなったとしても、これに替わる組織を別に用意しておけばよい。

●世界政府の実現を画策する数々の陰謀組織

国連ほど派手ではないが、ロックフェラーCFRグループが資金を提供し、直接または間接的に世界政府のための基礎づくりを進めている組織は以下のとおりである。

・アトランティック・ユニオン
・世界連邦協会
・日米欧三極委員会
・アメリカ円卓会議
・アメリカ賢人会議
・アメリカ国民委員会
・国民計画協会
・外交問題委員会
・経済開発委員会
・国際開発市民委員会
・アメリカン・フレンド・サービス委員会
・国際連合のためのアメリカン・アソシエーション
・アーデン・ハウス・グループ
・チャタム・ハウス
・外交政策研究センター
・行動科学研究センター
・国際教育研究所
・世界秩序研究所
・世界平和評議会
・世界政府連合

上に列挙した組織はアメリカと西側諸国の独立を世界政府に譲り渡そうと画策している組織のほんの一部にすぎないが、読者は、これらの名前を半分でも知っておられたろうか。もしそうであれば、読者はすでに世界の億万長者たちが準備している"ローマヘの道"についてかなり情報を得ていることになる。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1613/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576