teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1487/3536 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ワンワールド支配者の仕掛けた罠

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年11月11日(月)13時29分53秒
  通報 返信・引用 編集済
  よしあきさんのブログより

http://ameblo.jp/omw2610022/

関連記事:嘘か真か「世界支配層の策略」

http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/sakuryaku.html

茶髪のあんちゃん柴田政人ってだ~れ?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2185

zeraniumのブログ様からの引用です。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1275318/1293328/91516933

ジェイ・エピセンター×船瀬俊介著

『ワンワールド支配者の仕掛け罠はこう覆せ!』(ヒカルランド)より一部抜粋

◆あの「ガガーリン飛行士」は宇宙へ行かなかった

ジェイ:今、ゼネコンの清水建設が赤道上にメガフロートの人工島をつくっています。

洋上発電もするようですが、清水建設はゼネコンの中で一番真面目で評価できる。

実は世間で言われている温暖化とは逆の、寒冷化が始まってしまう可能性が高いのです。

そうなると赤道上しか住めなくなるわけで、

だから地球寒冷化への準備をしておかなければいけないのです。

その点で一番進んでいるのは清水建設で、サバイバルとしては素晴らしい。

船瀬:清水建設のホームページには、屋上緑化とかエコロジーとかがあって結構本気です。

ジェイ:日本の気象庁も2015年から寒冷化すると言っている。

温暖化対策ばかりやっていたら、寒冷化したときに人類はまったく対応できないわけです。

今やブレーキとアクセルを完全に踏み間違えています。これはもはや人類を欺く犯罪なのです。

人間が大量に死んでしまう可能性があるし、寒ければ食物も育たない。

そういう危険性があるのに、温暖化の話ばかり進んでいる。

寒冷化対策として温かく住めるような建物の手配も、

2年くらいかければ何とか賄っていけるようになるのですが、

今は温暖化対策にシフトしているので、ここで寒冷化が来てしまうとヤバイですよ。

私はそれが一番怖い。寒冷化への対応はすぐにはできない。

船瀬:私はグリーンテクノロジーのことは、昔からいろいろ調べて本にも書いてきました。

「こんなに簡単にできるよ」と言い続けてきたけれども、

賛同する人があまりに少なくて嫌になってしまった。

一般の人への洗脳は思ったより深いんだよね。

ジェイ:今、グローバリストの連中は地球上のあらゆる場所で、石油やシェールガスを採掘している。

それがやがて地震の原因になります。だってある場所から抜いてしまうわけだから当然です。

「掘った後には水を入れている」と言うけども、そうすると地震が起きるのです。

水は熱くなると体積が増えるので、突然暴発します。

ですから逆に人工的に地震を起こそうと思ったら、核爆弾など仕掛ける必要はなく、

水で十分なのです。これは実際にアメリカで、データ上でも実証されています。

500回も地震があった掘削場所で、水の注入を止めたら地震がなくなった。

因果関係はもうはっきりしていて、つまり掘ってはダメなのです。

それはまさに地球を傷つけているわけで、それが地震を誘発しているとすれば、

まさに罪を犯しているのと同じです。

「日本は掘りません」と宣言してしまったほうがいいです。そのほうがよほど賢い選択です。

しかも日本には、オーランチオキトリウムのような藻から石油を産出できる技術があるのですから。

船瀬:私は九州福岡の生まれですが、かつて筑紫炭田でどれほど人的被害が出たか。

まさに地下をクモの巣状に掘るもんだから、それがあちこちでボコンボコン陥没した。

それでまた土建屋がボロ稼ぎした。

船瀬:私は現代医療の問題で怒りまくっています。

抗がん剤のペグイントロンの1グラムが、3億3170万だ!

ジェイ:ダイヤより高いですね。

船瀬:白血病治療薬のマイロターグは超猛毒ですが、

それの価格は、1グラム4800万円です。ほんの1ccで豪邸が建ちます。

そのメーカーはファイザー製薬でロスチャイルドの子会社です。

驚くべきはその臨床データですが、「投与した白血病患者の90.5%が死亡した」とある。

これはもう医療でも何でもなく、白衣の殺人者が行なう虐殺です。

さらに驚愕なのが、抗がん剤のルーツです。

その始まりは第1次世界大戦で、ドイツ軍がイギリス兵を

大量虐殺するために使用した毒ガス兵器でした。

これがいわゆる”マスタードガス”です。

イペール地方で行なわれたからイペリットと名付けられて、

イギリス兵を何千人も殺したびらんガスです。

マスタードの臭いがするからマスタードガスとも呼ばれた。

しかしそれでは兵器だとわかってしまうから、臭いの元の硫黄(いおう)を窒素に代えて、

ナイトロジェンマスタードという臭わないものに作り変えた。

戦争が終わった時、毒ガス兵器が何千トンも在庫として残った。

それをロックフェラーは、抗がん剤に使用して医療ビジネスにしたのです。

そしてその研究をした学者はノーベル生理学・医学賞をもらっています。

ジェイ:それは自分で自分にあげているご褒美じゃないですか。

ベトナム戦争の時は「枯葉剤」を使いましたが、

あれがそのまま「モンサント」という企業としてある。あれもロックフェラーでしょう。

医学関係はすべてそうで、全部入っている。

船瀬:どこに行ってもロックフェラーなのです。

ジェイ:国際銀行家の連中の持っていたシナリオでは、

1800年代の半ばですでに3回の大戦を通じて世界政府をつくるという計画でした。

その計画をうまく遂行させるためにアメリカを超大国にしたのも、彼らの都合でそうしたのです。

彼らのシナリオには、第1次大戦の末に登場するソ連が

そのための”お化け役”になると書いてあります。

つまりソ連は、プロレスで言えば「ヒール」役だったわけです。

アメリカにとって、軍事仮想敵国のソビエト連邦という国は絶対必要悪だった。

つまり、お互いに核爆弾を何万発も所持していたということは、

それだけの予算がついたということです。それだけ弾を準備しておいて、結局使わずに終わった。

船瀬:まさにバーチャルゲームで、空前絶後のボロ儲けをしたやつが、

実は東西冷戦という仮想ゲームを仕掛けたわけで、少し考えれば子どもでもわかるね。

ジェイ:軍事的緊張が上がってくると、国民は煽動されるので何にでも従ってしまう。

キューバ危機なんていうのも全部シナリオどおりで、全部嘘です。

ああいうのは、今はすぐわかってしまうわけです。

船瀬:これは在日アメリカ人に聞いた話ですが、彼の師匠にあたる当時87歳くらいの

すごく有名な科学者がカミングアウトしたという。つまり、東西冷戦はなかった、と。

なぜならば、北極航路を使って米ソ間でパスポートなしに、

科学者が普通に行き来していたという。

その学者が言うには、結局、ロケットをはじめ危ない実験は全部ソ連にやらせていたと。

ジェイ:それはペーパークリップ作戦の時を見ればわかります。

ナチスドイツが解体させられたとき、有能な科学者は全部アメリカやソ連に送られました。

その際、ロケットの研究をしていた科学者ではトップの人間をソ連に送り、

ナンバー2からをアメリカのNASAに入れたのです。

一般大衆に見せるためのNASAの動きは、『月世界の女』という

戦前に作られた映画そのままなのです。

ロケットの打ち上げに本当はカウントダウンなんて必要ないのです。

あれも映画の中で使われたシーンをそのままやってのけた。

しかも『月世界の女』で使われていたマークまで同じものがNASAのマークに使われていたりして、

表向きのNASAは映画そのままの焼き直しなわけです。

普通に考えれば、宇宙を飛んで行くときには球体のほうがいいに決まっています。

それをどちらがやったかというとソ連で、宇宙ステーションで暮らしたのもソ連です。

つまり大事な実験はすべて秘密が守れるソ連でやっています。

共産主義下のソ連でやれば、どんな実験も秘密裡にできるし、何一つわからないわけです。

それで犠牲になった人数や帰って来ない人数も発表する必要はないし、やりたい放題に実験できた。

船瀬:ガガーリンが替え玉だというのは今や定説みたいだね。ガガーリン本人は行ってはいない。

要するにソ連にそのシナリオを作らせて、

「アメリカも負けてはいられない」ということで宇宙開発を煽り、そして予算を出させる。

「地球は青かった」という成功談まで捏造されて、彼はそのうちノイローゼになってしまった。

それで彼がカミングアウトしてしまうとヤバイので

「殺してしまえ」ということで、”事故で死んだ”ということにされてしまった。

ジェイ:一般の人々が知っているNASAはインチキなのです。

そもそもCIAなどは、ナチスの人間をそのまま入れて作ったものです。

世界の麻薬の最大の売り上げはCIAが握っている。

船瀬:笑えないのは、かつての日本の関東軍がそうで、関東軍の軍資金はアヘンだった。

ジェイ:わかっておくべきなのは、日本は第1次世界大戦までは「やつら」とグルで仲間だったので、

「やつら」のやり方をいっぱい学んだ相当のワルが日本にもいるのです。

船瀬:日清、日露戦争は全部彼らのコピーなわけで、そのための資金も武器も

全部海外から調達している。つまり巧妙に仕組まれてやらされたわけです。

ジェイ:ロシアと戦った戦艦三笠(みかさ)にしても、あれはイギリス製です。

第1次、第2次世界大戦の前は、日本はイギリスやアメリカとは仲が良かったわけですから、

アメリカや西洋に憧れている人たちが日本にもいっぱいいた。

私もラッパーとしてアメリカ社会に入っていって、初めは憧れていたけど、

そこからだんだん気がついて変わっていったのです。

私は悪そのものを否定しているわけではない。しかし巨悪は許せないのです。

喜怒哀楽もありますから、「怒」はあってはいけないのかという話です。

だけど人類を全部殺そうとするような「巨悪」はダメなのです。

スターリン、毛沢東は、7000万人くらいを殺したと言われています。

それなのに、教科書にはそうした事実が1回も出てこない。私はそこが一番ヤバイと思います。

船瀬:文化大革命もそうだけれど、大躍進なんてのはどれだけ殺したかという話なわけです。

ジェイ:しかも直接殺した以外に、飢えも含めてめちゃくちゃ殺しているのです。

とにかく赤いベールの中では何が起こっても別に構わないという、

一般的な合意がずっとあったのです。

今プーチンは、前のソ連の悪いイメージを払拭していますが、

それでプーチンがいい人なのかというのは相当微妙ですね。

ヨーロッパ、EUはロシアと相当つながっているわけで、

それはロシアがエネルギーの供給源になっているからです。

ですから基本的に、統一EUは最後にロシアが入ってきて完成すると私は見ています。

  ≪引用は以上≫

西洋医学の抗がん剤の元は生物兵器ですし、

厚生省創設時のメンバーは、生物兵器の開発をしていた旧陸軍731部隊です。

「毒」を「薬」に転用しているものが、現在の医薬品に含まれています。

ウイルスや細菌を薄めて作るワクチンもそうです。

日露戦争の資金はロスチャイルドが出したと言われています。

ですが、日中戦争で旧日本陸軍がアヘン利権を奪ったので、

怒ったロスチャイルドをはじめとする国際ユダヤ金融資本勢力が、

アメリカを使って、日本を無茶苦茶に攻撃したというのが、どうやら真相のようです。

東西の「やらせ」冷戦でボロ儲けをしたのは、言うまでもなく、彼らです。

ナチスやヒットラーは「悪」として、後世、語り継がれていますが、

裏の勢力とみんなグルで、ある意味、幻想なのです。

ステレオタイプ的なものの見かたをすると、そういう部分を見誤ってしまいます。

例を挙げると、「北朝鮮は最悪の国」だと、マスメディアは大々的に言ってますが、

(もちろん「拉致問題」は許せない重大な組織犯罪です)

本当にそうなのか、マスメディアに洗脳されてはいないかを

違う視点から改めて考えてみると、見えてくるものがあるのではないかと思います。

巨大な悪は、巧妙に「善」を装って、略奪を遂行しています。

写真の本のアマゾン注釈

内容紹介
ヒップホップの草分け的ダンサーとしての鋭敏な感覚で、世界支配層の野望を暴きつづけてきたジェイ・エピセンター氏初登場!「ジェイさんいいよね。怖い話ばかりでなく、希望の持てる意見がきけたよ」と盟友・船瀬俊介氏も熱が入った。TPP、現代医療、環境問題、代替エネルギー、遺伝子組み換え、強制的国家破綻......。 真実から目を逸らせていたら、知らぬ間に仏になってしまう!

第1章 遺伝子組み換えは現代の狂気! 食べてはいけない!! (船瀬俊介)
第2章 「日出づる国」が世界を救う! 未来技術をグローバリストに潰されてなるものか! (ジェイ・エピセンター)
第3章 TPPは帝国主義の完成形だ! 近代200年の「狂育」洗脳から目覚めよ!! (船瀬俊介)
第4章 グローバリスト、国際銀行家が仕掛ける巧妙な手口に騙されるな!(ジェイ・エピセンター)
第5章 [対談] 人類はこの200年間、戦争という名のやつらのマネーゲームに凌辱され続けてきた!
第6章 [対談] 世界まるごと借金漬けにして強制的国家破綻させられる! 知らぬ間に仏......
第7章 [対談] 消費者運動とは反対制運動ではなく企業を育てること!
第8章 [対談] シンプルなエネルギー技術はたくさんある!命と環境を守る本物の文明へ
第9章 [対談] エネルギーを我らの手に取り戻せ! 「光の行進」が日本からはじまる!!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
船瀬/俊介
1950年、福岡県田川郡添田町生まれ。九州大学理学部中退。早稲田大学第一文学部・社会学科卒業。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。『あぶない化粧品』シリーズなどを執筆する。1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を続けている

ジェイ・エピセンター
1964年生まれ。日本ヒップホップ界黎明期より、米国社会に単身で乗り込み、黒人音楽のヒップホップの世界でダンサーとして、米国エンターテインメントのダンス番組では一流の老舗音楽番組『Soul Train(ソウルトレイン)』において、日本人初のレギュラー・ダンサーにまで上り詰めたヒップホップ・アーティスト。マイケル・ジャクソンの振付師ジェフリー・ダニエルに弟分として見出され、海外アーティスト作品制作等にも多数参加、ダンサー歴29年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1487/3536 《前のページ | 次のページ》
/3536