teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1528/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ハルマゲドンの戦い?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年11月20日(水)23時28分44秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51907756.html



ハルマゲドンの戦い?聖書に影響を受けた人々
以下のビデオは聖書に書かれた預言を基に、現在、世界中で起きていることが終末論と一致していると説明しています。欧米のオルターナティブサイトには、時々、反キリストや偽の預言者について説明しているものがありますが。。。反キリストがオバマだとか、偽の預言者がローマ法王などと噂しています。
私は聖書には興味ありませんので、なぜ反キリストや偽の預言者について語っているのだろうと疑問に思っていました。世界の人々は様々な宗教の教えにより洗脳されてしまっていますから、神が書いた聖書の預言通りに物事が進んでいるということで神が人類をこのように動かしていると信じているようです。そして、キリスト教徒はキリストの再降臨を信じているようです。
しかし、以前から感じていることですが。。。聖書は当時の権力者や支配者が都合の良いように改ざんした企画書(イルミナティの支配を続けるためのシナリオ)なのではないでしょうか。ハルマゲドンの戦いもキリストの再降臨も全て、支配者側が演じるフィクションドラマだと思います。結局、支配者側が永遠に世界人類を支配し続けるための企画書(シナリオ)が聖書ではないかと思えてなりません。
現在、地球で起きている気象変動、自然災害の多くが人工的に操作されたものでしょうし、偽旗戦争を起こし、共産主義体制の全体主義国家を米政府が作ろうとしているのも、聖書の預言通りにNWOへ向けたフィクションドラマを演出しているのだと思います。そして世界が破滅寸前になったところでキリストが再降臨するというのですから。。。。変な話です。実は、キリストは再降臨せず、キリストに化けた悪魔ルシファーがキリストに化けて地球を支配しようとしているのではないでしょうか。何しろ、世界を統一支配し、統治する者に善なる存在であるわけがありません。本当の神は人類を支配するなどしませんね。
キリストが再降臨し、世界を統治する?そんなことを信じているのですから宗教の洗脳が深いと思います。地球にはいかなる支配者も要りませんね。国民が民主的に選んだ(善良で正直な)代表者達が、リンカーンではないですが、国民のために良い政治を行うようになることが一番理想的な形だと思います。ただそのような代表者が出てこない理由は、邪悪なイルミナティが汚いお金と脅しで世界の国々を支配しているからですが。。。
ローマ法王がいかにも善良な人物のような態度を示しても、世界の人々は、悪魔崇拝教祖のローマ法王など信じていません。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/11/the-battle-of-armageddon-2827472.html
(ビデオ)
11月19日付け:
聖書の預言通りに物事が動いています。確かに我々はニューワールドオーダーの時代に近づいており、最大の霊的戦い(ハルマゲドンの戦い)を始めようとしています。その時が来たことがはっきり分かります。ビデオ投稿者は、ハルマゲドンの戦いを示す兆候がたくさん見えると言っています。大規模な陥没穴、地震、竜巻、津波、台風、大量の動物や魚の死体が世界中で発生しています。我々は大きな変化の頂点に達しています。聖書の通り、人類史上、最も恐ろしい霊的戦いが始まろうとしています。それがハルマゲドンの戦いです。

(ビデオ 概要)
ストローブ・タルボット曰く、「次の世紀には国家という存在がなくなり、全ての国々が世界政府の下でワン・ワールドとして統治されるだろう。結局、国家主権はそれほど素晴らしいものではなかったのだ。」
ヒラリー・クリントン曰く、「都合の良い危機的場面を上手く利用せよ。」
1950年、CFRのジェームズ・ウォーバーグ曰く、「我々は誰が反対しようが、征服或いは承諾により世界政府を設立させる。」
なぜフランクリン・ルーズベルト大統領は米ドル紙幣にNew World Orderという言葉を入れたのでしょうか。彼は自分が何をやっているかを知っていました。彼は国連を設立させた陰の立役者だったのです。
ニューヨークタイムズ紙、ウィリアム・サファイヤ曰く、「ヒットラーが最初にニュー・オーダードという言葉を使ったとされるが、それは違う。ルーズベルトはヒットラーよりも前にその言葉を使っていた。」
アメリカを支配する者たちの大半がCFRメンバーです。彼らはグローバリズムというシステムを構築した上で世界的な経済圏を作り、世界統一政府のシステムを確立させようとしています。そして、”この条約”は、地球上の最高の法律となる。ブッシュ大統領は世界統一政府への一歩を踏み出すことができずに1997年の京都議定書に署名できなかったのです。しかしそれが大きな変化を生む結果となりました。
2009年に国際刑事裁判所は現職大統領に逮捕状を出しました。聖書にも世界統一政府についての預言が記されています。我々は世紀末に生きているという証拠です。
世界中で戦争が起き、世界中が破滅していきます。世界の最終戦争が起きます。その時、国際社会は、イスラエルを攻撃し侵略するでしょう。最初にイスラエル北部で戦争が勃発します。その後、エルサレムまで戦火が広がります。イスラエルを攻撃するのは世界統一政府の指揮下にある世界陸軍であり、小さなイスラエル国家を征服します。しかし、イスラエルが滅び、周辺の地図が一変する事態になると、キリストが降臨し、反キリスト勢力の世界陸軍を打ち倒します。そして人間が作り上げた世界政府が破壊され、我々は王の中の王、神の中の神のイエス・キリストを王座に就かせます。そしてついに、世界的な神の王国が誕生し、次の1000年間は戦争のない平和な時代が続くでしょう。キリスト誕生時に約束された事が実現されます。世界に平和な時代が訪れます。
しかし反キリストと偽の預言者が出現します。やがて2人の男が世界を支配することになるでしょう。反キリストが出現します。彼はやがて人々の前に現れます。彼は白人男性であり、世界のどこかにいます。偽の預言者は世界で最も有名な宗教に関わっています。この男(ローマ法王?)は、世界の人々に対し、世界統一政府やNWOは善なるものだと訴えるでしょう。この男は世界の独裁者となり、自分を神の素晴らしい贈り物であり、反キリストや獣ではないと主張します。彼は世界に影響を与え、世界中の人々は彼に従属します。彼は天から火を降ろします。その時、人々は歓喜に沸き踊り続けるでしょう。なんと素晴らしいことでしょう。地球に神が降臨しました。しかし、この人物は偽の預言者なのです。
2人の支配者(反キリストと偽の預言者)は既に世界のどこかにいます。彼らが誰かはまだ分かりませんが、反キリストは獣の印や名前を持ち、名前には獣の数666が使われています。我々は反キリストと偽の預言者が世界を支配する終末の世を迎えています。彼らが誰かを認識できますか。偽の預言者に騙されないように。
(ここまでにします。)
 
 
》記事一覧表示

新着順:1528/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607