teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1476/3586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

牧師たちは操られている

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年12月 3日(火)18時30分51秒
  通報 返信・引用 編集済
  長いですよ

http://www.infowars.com/images2/ps/pastor_fema_docs.pdf

エフェソ人への手紙で検索すると25件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83G%83t%83F%83%5c%90l%82%d6%82%cc%8e%e8%8e%86&inside=1

相手は人間じゃあない

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/123.html

下記の文章前半はK牧師のメール発信です。どちらがまともか読者の皆さんは理解出来ると思いますが...........

 相手は人間じゃあない!

 世界には巨大な陰謀が進行している。デイヴィッド・メイヤー氏はLast Trumpet Newsletterの4月号で
“多くの歴史家はイルミナティと言うものはあったが、それは昔の話で、そんなものはもうとっくに無くなっていると言っている。そしてメーソン・ロッジ、スカルアンドボーンズ、その他の、多くの秘密の組織は、ハリウッド、テレビジョンプロデューサー、ラジオトークショーのパーソナリテイを使って、陰謀なんてものは大きなジョークだと思わせている。ではどうしてそんなに攻撃するのだ? 彼らは常に、陰謀があると信じるなんて馬鹿で間抜けだと思わせている。しかし、今、この日にその証拠はあるのだ。”と言っている。
 さて、陰謀の存在を認める人でも決定的な誤解をしている。これは極めて重要なことなのだが理解する人は非常に少ない。しかし、この理解が無ければそれは全く何も知らないのと同じである。それは、これらの陰謀の首謀者は「人間ではない」ということである。
デイヴィッド・メイヤー氏は非常に重大なことを書いている。これは私も初めて目にすることで、なるほどと納得したことである。氏は同じ号に“イルミナティがアダム・ヴェイスハウプトと他の4人によってババリアのインゴルシュタットの洞窟で形成されたとき、後にヴェイスハウプトは、そこに「知られざる力が訪れた」と書いている。”と言っている。
「知られざる力」とは何なのか。これはただ単にサタン(悪魔)を遠まわしに言ったに過ぎない。アダム・ヴェイスハウプトと4人、すなわちロスチャイルドを含む5人(同じ民族の)は直接、サタンからの指示を受けていたのである。そして今でもそれは絶え間なく続いている。
私は、陰謀に立ち向かわないと非難されることがある。しかし、サタンに対抗できるのはキリストだけである。もちろん聖書には、
「そういうわけだから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ちむかいなさい。そうすれば、彼はあなたがたから逃げ去るであろう。」ヤコブ4:7
とあるのだが、これは個々人の信仰生活の問題で、世界的な陰謀に立ち向かえと言っているのではないと私は考えている。そして、終わりの日には神はしばらくの間サタンがこの世界を荒らすことを許しておられる。
「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」。黙示録12:10~12
しばらくの間、主に3年半なのだが、それ以前の数年間、神は人類をふるいにかけるためにサタンの働きを許されている。神が予定されている期間はそう長くは無い。その間はただ忍耐してキリストの再臨を待ち望むだけである。相手を知らないで“陰謀をやめさせよう”とか“戦おう”などと言うのは話にならないほど(ちゃんちゃら可笑しい)馬鹿げたジョークである( 某K牧師からの有料配信メール)。

 このメールは管理人がX-DAYの極秘情報を知り英国へ飛びクリストファー氏に助けを求めようとしていることを知ってから送られてきたものでかなり悪質である。これを機に色々な意味があって身を引いた(それによってK牧師と大田龍「現在故人」の関係は最悪の状態から元の状態に戻ることができた)。今管理人は富井健という若い牧師に注目している。

 こんなことがエフェソ人への手紙で書かれていてデヴィッド・メイヤー氏は連想したのでしょうか?

For our struggle is not against flesh and blood,but against the rulers,against the authorities,against the powers of this dark world,and against the spiritual forces of evil in the heavenly realms
         <EPHESIANS6:12>

「私たちは、常に、エフェソ人への手紙、第六章の十二を思い起こさなければならない。『私たちの戦いは、血肉を備えた物理的存在に対してのものではない。それは、この世の闇の支配者の国や権力に対するものである。それは、高次元での、邪悪な霊に対する戦いである。

『牧師であろうが何であろうがよいキリスト者(神を信じる者)ならだれでも,相手の説くところを非難するよりも,むしろ正しい意味に解釈しようと心がける。そうすることが無理ならば,相手がその言葉をどのように理解しているかを尋ね, 万一間違いがあれば,愛をもって正すようにする。それでも充分でなければ,相手が正しく理解し,救われるように適切な手段を探さなければならない』<霊操83ページ前提条件より要約・編集>

管理人注:カリスマ的存在だったデヴィッド・メイヤーさんはすでに亡くなられています。現在はリンゼイ・ウイリアムズさんが後を引き受けているような感じです。

TSeekerさんの記事はもう見ないほうがいいかもしれません。人が信じる状態になった場合どんな科学的な論法も通じないからです。

11月分をダウンロードすると

http://search.yahoo.co.jp/search?p=http%3A%2F%2Fwww.TruthSeekerJa.org%2Fnote2013_11.zip&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

あの偉大なスウェーデンボルグをニューエージぽいと決め付けている。著作を読んだことがあるのでしょうか?ちょっと軽すぎませんか

2013-11-28 スウェーデンボルグについて調べた

エマヌエル・スヴェーデンボリが本名。

スウェーデンの天才科学者、神秘思想家
https://en.wikipedia.org/wiki/Emanuel_Swedenborg
*日本語ページあり(URLアドレスがきたないのでここでは記さない)

Emanuel Swedenborg, 1688年1月29日 - 1772年3月29日)はスウェーデン王国出身の科学者・神学者・神秘主義思想家。スヱデンボルグとも。しかし多くはスウェーデンボルグと表記される。生 きながら霊界を見て来たと言う霊的体験に基づく大量の著述で知られ、その多くが大英博物館に保管されている。

父イェスペル・スヴェードバリ(Jesper Swedberg)は、ルーテル教会の牧師であり、スウェーデン語訳の聖書を最初に刊行した人物である。その次男としてストックホルムで生まれる。

+++

注意:「霊的体験」

旧約聖書 申命記:
Deu 18:9  あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の民の憎むべき事を習いおこなってはならない。
Deu 18:10  あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。また占いをする者、卜者、易者、魔法使、
Deu 18:11  呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことをする者があってはならない。
Deu 18:12  主はすべてこれらの事をする者を憎まれるからである。そしてこれらの憎むべき事のゆえにあなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるのである。

コメント:

スウェーデンボルグの父親はスウェーデン語訳の聖書を最初に刊行した人物であるらしいが、このスウェーデンボルグ自身の書いたものを見る限りはニューエイジっぽい。

私の結論は、「危険なのでさわらないこと」ということである。

「彼らはもっともらしい話をして私達を混乱させる」ということである。

+++

この人物、調べれば調べるほどに関係者の名前が数珠つなぎに出てくる。(悪いものが出てくる。その意味ではWikiは役立っています。笑)

スウェーデンボルグの書いたもの。内容がニューエージ(ニューエイジ)である。
つまり反キリスト教であり、神の側ではない。つまり悪の側である。(中立は存在しないので。)
そういえば、スウェーデンボルグに影響を受けたひとりに、カーネギー財団の実業家アンドリュー・カーネギーがいます。
http://wwwd.pikara.ne.jp/swedenborg/carnegie.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Andrew_Carnegie
*JPモルガンとか関連で名前が出てくる出てくる。悪いものが出てくる。
*日本語ページあり
「、、、ビル・ゲイツ、、、彼が最も尊敬している19世紀の鉄鋼王、アンドリュー・カーネギー、、、」
(ビルゲイツの名前も出てきた)

ドクタースタンがラジオ番組中に以前何度も言っていたこと。
カーネギーの家。そこにはオカルト関連の蔵書があるということ。

検索キー:Andrew Carnegie Occult books

調べると分かりますが、有名な財団、その創始者などを調べるとどこかでつながっています。

(これ書き忘れ。この書名が検索に大切。「引き寄せの法則」につながっているから。)
アンドリュー・カーネギーが1889年に発表した論文「富の福音」
The Gospel of Wealth

あの有名な「引き寄せの法則」関連。ロンダバーンの本「シークレット」The Secret
検索キー: The Secret
検索キー: New Alchemy
検索キー: New Thoughts

検索キー:引き寄せの法則 危険性

シークレット 引き寄せの法則 アルカミー ニューソート 新思想

これらは「さわらないこと」(危険なので)

+++

その枝はどこにつながっているのか? どんな実がなっているのか?

どうやって良い実と悪い実を見分けるのか?

新約聖書 マタイ書 7章
Mat 7:16  あなたがたは、その実によって彼らを見わけるであろう。茨からぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。
Mat 7:17  そのように、すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。
Mat 7:18  良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない。
Mat 7:19  良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれる。
Mat 7:20  このように、あなたがたはその実によって彼らを見わけるのである。

関連: 注意しましょう: (個人攻撃をするつもりはありません。ですから名前は出しません。)

お金儲けをしようとしているブロガーについて:(このことはもう書きたくないので、今回までにします。)

集客、客寄せのために、内容が偏る可能性があります。読者は気をつけましょう。アクセス数を上げるために何かを書く必要が彼らにはありますから。
また、どんなトピックを書けばアクセス数が上がることも彼らは知っているはずです。

ブログと有料メールマガジン併用の場合、購読者を増やしたいので自己矛盾しやすいでしょう。(発行者自身、罠に陥りやすい)
(関連で、これは私自身経験がありますが、複数サイトを運営している場合には、どれかが優先されるということ。)
新約聖書 マタイ書:
Mat 6:24  だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない。

*上の例の「ふたりの主人」とは、この場合「ブログ」と「有料メールマガジン」。有料メルマガをどうしても優先させてしまうだろうということ。
その結果、自己矛盾が表面化しやすい。(彼ら自身はそれに気がついていませんが。)

見分け方:(もちろん簡単には見分けられません。)
1)アフィリエイト(成果報酬型広告)でオンライン書店、他などへのリンクがある(30以上か)
2)インターネット検索で引っかかるように自分以外のサイト名をたくさんリンク。(200以上か)
3)カテゴリー名がたくさんある。(30以上か)

4)他の人に対しての「汚い言葉使い」「ひどい扱いや表現」を使う。(、、、でわかるかもしれません。)
誰かが書いていました『言葉が汚いのは、心も汚い。』と。(これは一理ある。私も気をつけねば)
誰がどこで?こんな表現を覚えたのか? という呆れるほどのひどい表現を含むメールを送りつけたブロガーがいました、、、。
その人の誤解だったのですが、それでもこの時は「クリスチャンらしく対処しよう」と努力しました。
(このサイトが守られるようにお祈りください。このサイトが用いられるようにお祈りください。)

上のリスト、(当たり前のリストでしょうか? 本当に? 4)は別でしょうが。)
私も3)は当てはまるかもしれません。(この先もっとやります。とか。笑)
また、この先、2)を試してみようかとも思います。(笑)

真実を伝えようとすること。大切です。そこに商売を持ち込むと、、、、疑問です。危険です。
(危険です。ブロガー自身が。そして最終的には読者が巻き込まれています。知らないうちに。)

このことはできればもう書きたくないのです。ただ、ただ、現状を心配しているのです。この先を心配しているのです。

とにかく、「読者」は注意しましょう。

読者は見分けようとする努力、訓練、くせをつけましょう。


新約聖書 マタイ書 7章
Mat 7:15  にせ預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。

+++

最後に: (以前から書いていますが)
真実を伝えようとするブロガーさんのために祈りましょう。

(知っている人は少ない。伝える人は少ない)

+++

神よ、どうか私達一人ひとりに必要な言葉を与えてください。感謝いたします。

サタンに対抗出来る者は?

2013-11-28 サタンに対抗できるのはだれか?

(そもそも、これは間違った問いだと思います。視点が間違い。)

サタンは神に戦いを挑んでいる。

サタンは神に勝つことができないので、私達人間をゲームの駒にしている。
(サタンのするこのゲーム:「神から人を引き離し、そして殺す」ということ。だから原爆が無くならない。)

この世界に住む私達人間が完全に巻き込まれている。(一人として無関係でいることはできない状態となっている)

+++

だから、全世界にイエスの福音を伝えなければならない。(ひとりでも助かるようにと=救われるようにと。)

だから、人々に今何が起きているのかを伝えなければならない。(一人でも目覚めるようにと=助かるようにと。)

だから、私達一人ひとりがサタンに対抗しなければならない。
*ひとりでも多くの人間が神側に立ち、サタンに対抗しなければならない。
*この世界で何が起きているのかを知る必要がある。そして他の人に知らせる必要がある。
*だから、全世界にイエスの福音を伝えなければならない。

だから、
私達は聖書を読む必要がある。
聖書に書かれている神を知る必要がある。

+++

関連:

以下を引用する人がいるが、この内容には注意しましょう:

『悪魔や天使が実在しているかどうかは、魔術師にとってはさほど重要な問題ではない。
重要なのは、そうしたものが、現に存在しているかのように働くという事実なのだ。』
by ゴールデンドーン魔術師Bイネス

+++
上の言葉。もっともらしい話である。だが、これをそのまま「なるほど、そうだったのか」と取らないように。(とても危険である)

私はまず「悪魔や天使は存在する」と言いたい。その意味で上のメッセージは「誘導」である。「洗脳」である。

+++

まず、ゴールデンドーンは言葉たくみに使って人々を騙す側である。(悪の側である)

オカルト側の言葉をそのまま鵜呑みにしてはならない!

最初からさわらないほうがいいと思うのだが、、、
聖書を知らないと「ふらふらとさらわれてしまう」のだろうか?

敵側が私達にどのように「もっともらしい言葉で私達を騙すのか」という点では良い例かもしれないが。

参考:
ゴールデンドーン=黄金の夜明け団=the Golden Dawn
https://en.wikipedia.org/wiki/Hermetic_Order_of_the_Golden_Dawn
*これだと思う。日本語ページあり。

魔術師Bイネスを検索した:
ブロディ・イネスのスペルはBrodie-Innesだと思う
検索:Golden Dawn Brodie Innes
検索:Magician Brodie Innes

このJohn William Brodie-Innesかと思う

https://en.wikipedia.org/wiki/John_Brodie-Innes
*このページには日本語はない。

父親は牧師だったようだ:
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Brodie-Innes
*このページには日本語はない。

父親はダーウィンと親しかったようだ:
https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Darwin
調べるとわかることだが、数珠つなぎに悪いものがでてくる、出てくる。「悪い木になっている実」なのだろうと想像できる。

「魔術師」の言うことをそのまま鵜呑みにしないこと。「彼らはもっともらしい話をして私達を混乱させる」
なぜなら、彼らはサタン側だから。

あなたは神の側?それとも悪の側?
マタイ12:30 わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである。
Matthew 12:30 He that is not with me is against me; and he that gathereth not with me scattereth abroad.

旧約聖書 申命記:
Deu 18:9  あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の民の憎むべき事を習いおこなってはならない。
Deu 18:10  あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。また占いをする者、卜者、易者、魔法使、
Deu 18:11  呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことをする者があってはならない。
Deu 18:12  主はすべてこれらの事をする者を憎まれるからである。そしてこれらの憎むべき事のゆえにあなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるのである。

+++

他のひとのしていることをみてガッカリしないこと。(しょせん私達は人間です。)

神を見上げながら、歩んでいきましょう。(神は正しいかたです。)

+++

神に祈りながら毎日を進んでいきましょう。(そうしないと、もっともらしい話にひっかかってしまいますから。)

+++

神よ、どうか私達一人ひとりに必要な言葉を与えてください。感謝いたします。

管理人注:こりゃだめだ........管理人は8歳の時に藤沢市のルーテル教会で幼児洗礼を受けそれからおぼろげながらも聖書をかじってきて,52歳のころから本格的に聖書の予定説に取り組みだしましたが2008年の頃に聖書は春分点歳差(Vernal Equinox Precession)であることに気がつきました。

TSeekerさんがよく引用するマタイ伝ですが

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/147.html

イエスは言われた。「都に入ると,水がめを運んでいる男(注:水瓶座のこと)に出会う。その人が入る家までついてゆき........」ルカによる福音書22~10>これはイエスに象徴される魚座の時代の次は水瓶座(2150年)を意味している。こういう天文学的記述が新約では多く出てくる。

これでも気がつかないのなら白痴です。ブログの記事を見て今まで多くの「エホバの証人」や「モルモン教」の信者の方々が覚醒し正常になっています。

TSeekerさんへ

もしあなたがこの記事をご覧なら以下の記事の「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」の解釈をご自身のHPで明らかにしてください。聖書は弁証法を用いています。サタンは善であることは当然否定されるとおもいますが私は様々な経験をしています。ここのブログに返事をする必要はありません。ご自身のHPで説明してください。説明できなければ貴女は白痴です。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/122.html

ついでですがなぜ貴女は「秘密保護法」を恐れてそんなに狼狽えているのでしょうか。自分が自称クリスチャンかなんだか知りませんがクリスチャンを宣言している以上貴女は神のご加護の元にあるのではないのですか?元に戻してください。上の質問に答えられない場合貴方を軽蔑せざるをえません。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1476/3586 《前のページ | 次のページ》
/3586