teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3362/3588 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

人称別の僕

 投稿者:狂った詩人  投稿日:2012年 5月16日(水)13時47分49秒
  通報 返信・引用 編集済
  『心が痛むのは,命を断ち切ることではない。命に意義を与えているものと離れることだ」という文章からうかがい知ることが出来る。この本では最初から最後まで僕という一人称しか使っていない。』......そのためには生きていくには理由がなければならない。命に意義を与えているものと離れ生きている理由が失くなった場合,それはいくら富豪であっても銅像にすぎない。己に判断がつかなくなる前に自らの命を絶つ......インテリはきっとそうしているのだろう。そうしない場合生ける屍として終りを待つことになるだけだ.....周りに迷惑をかけていることさえ知らないで。

http://web.archive.org/web/20071228121521/http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/298.html

 肉体の悪魔では愚かな母を皮肉を込めて描き,実際にはアンリ四世校を放校処分になったラディゲは気まずいのか,友だちのルネを退学処分にさせている。詩人のマックス・ジャコブはラディゲの才能に驚き,詩人ジャン・コクトウに詩集「燃ゆる頬」を見せるやコクトウは「一番賢明なのは詩がそれに価する時にだけ狂人になることだと」評価し「阿片」の助けをかりた。ラディゲがジャン・ケレビッチに影響を受けていたことは「死を冷静に受け止められるのは,一人でいるときに限る。二人で直面する死は,死とは言えない。たとえ神の存在を信じない者にとっても。心が痛むのは,命を断ち切ることではない。命に意義を与えているものと離れることだ」という文章からうかがい知ることが出来る。この本では最初から最後まで僕という一人称しか使っていない。

 「望みをすべて叶えてしまうと(マルクとの愛欲),自分が不当な人間になっていくような気がした。.....人の心に理性にはない道理があるとすれば,それは理性が心ほど思慮深くないからだということを認めなければならない。.....ところが現実には,道徳にさえ背かずにつねに同じ型を追いかけていられるのは,愚かな者達ばかりだ」肉体の悪魔・松本百合子訳より

 神は生成の誤謬を理解し,なお自制心を失わない者を極端に嫌う傾向がある。それによって発狂した者には微笑みかける。しかし神も自制心を失いかける時もある。背教者ユリアヌスがミトナ教を愛したときのような場合だ。

注:日本人には馴染みがないですが欧州にはPrivate Secretaryという秘書が存在する。海外出張にも同伴し食事も一緒にし同じホテルに泊まる。独身の経営者には喜ばれている。




 
 
》記事一覧表示

新着順:3362/3588 《前のページ | 次のページ》
/3588