teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1467/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 二価三価鉄塩

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年12月 9日(月)19時27分56秒
  通報 返信・引用 編集済
  桃太郎さんへのお返事です。

そうですか,そうですか。せっかくですから全文を掲載しましょう

私は山下昭治博士の直筆原稿のコピーを頂いておりますので、ここに公開させて頂きます。
博士の真意を汲み取ってくださいませ。

 特に文中にある、
「また微生物や異常細胞の増殖はこの反応系の成立下でのみ完全に抑制される。」
は感染症やガン治療を示唆しているように思います。

「各事象間の情報制御を通じてエントロピー縮少方向の物質変化が起こっていることを示している。」

 地球上のあらゆる現象はエントロピー拡大の法則で成り立っています。

 お湯は次第に冷めますし、物は劣化して壊れてしまいます。
そして動物はいずれ老いて死んでいきます。

 つまりエントロピー縮小方向に変えるということは、
「農学、食品、医学、薬学等生体に直接関係する分野は勿論、工学、環境、資源、エネルギーの全分野にわたって人類の発展につながる真の学問体系とそれに基ずく調和ある産業技術体系が出来上がる」
ことが可能になるということになります。

  ・・・・・・・・・・・・・・・

πウォーターシステムとその理念(山下昭治博士直筆原稿)

(原文のまま。)

 自然は”花鳥風月”に象徴されるように、それぞれの事象が見事に調和され、何ものの介在も容さないきびしい階律のもとに営まれている。
この調和と階律の基本原理ほもとにしてはじめて自然科学が出来上がるのである。

 然るに自然科学の中心である現代生物学では自然(環境)と生物を切り離し、生物もまた生物種毎にばらばらに切り離し、生物個体はさらに器官、組織、細胞にまでバラバラに切り離しましてしまった。
そのあげくの果てに細胞要素(分子)までもっていったところで分子生物学という袋小路に入り込んでしまった。

 そこでは生命体の本質である構造と機能の高度の秩序性については、もはや手がかりとなる何ものも持ち合わせていない。

 この現代生物学に代表される歪められた現代科学の方向を、本来の自然科学の方向に大きく転換しない限り人類の発展は望めないと断言することができる。

 産業廃棄物の集積、水質汚染、大気汚染、土壌病害等はゆがめられた自然科学と科学技術によってもたらされた目に見える形の落とし子である。
さらに目に見えないより恐ろしい問題はわれわれ自身の認識の問題であろう。
すなわち、物質万能、現代科学万能に馳らされた末、人々の抱く自然観に決定的な欠落を招くことである。

 ここに正しい自然観に基ずく科学と科学技術の確立が急務の課題としてとり上げられなければならない必然性がある。

 生物の存在を支えている原理を追求することを目標に、綿密な研究計画に従って進められた山下の生体システムに関する解析研究の結果、諸々の生命現象は現代科学が明らかにした化学反応系とは全く異なった反応系の下で生起していることが明らかにされた。

 この反応系は超微量の二価三価鉄塩で誘導される水(πウォーター)を中心にして成立し、この中では生体成分である炭水化物、蛋白質等の物質生成や遺伝現象、抗原抗体反応等生体のみがもつ諸現象が認められる。
また微生物や異常細胞の増殖はこの反応系の成立下でのみ完全に抑制される。

 さらに、生体が何らかの障害を受けて生命活動が困難に陥った場合、この反応系の導入によって障害が除去され正常な生命活動が維持される等医学、農学に直接関係をもつ多くの知見が得られている。

 物質変化は究極にはエネルギーの変換としてとらえられるが、πウォーターの存在下では気体分子運動、電量拡散等物質の存在状態そのものに基本的な変化が生ずる。
πウォーターが新たに生物および生物圏に導入された場合には、エネルギー準位の低い物質がエネルギー準位の高い物質の方向に変化し、反応圏内の諸現象の間に相互調和と統一が保たれる。

 これらの諸事実はπウォーターによって引き出される反応系が、エネルギー変換形式において明らかに熱力学弟二法則の及ぶ範囲を越え、
各事象間の情報制御を通じてエントロピー縮少方向の物質変化が起こっていることを示している。

 ここに現代科学が空白部分として残してきた自然現象の基本原理が明らかになり、この時点においてわれわれは自然界の全現象を統一的に理解する自然科学体系化の段階に到達したと考えられる。

 このような統一自然科学の体系化を進めることによって、現代科学に内臓された非論理部分を解消し、農学、食品、医学、薬学等生体に直接関係する分野は勿論、工学、環境、資源、エネルギーの全分野にわたって人類の発展につながる真の学問体系とそれに基ずく調和ある産業技術体系が出来上がるものと考えられる。

参考記事

参考記事:二価三価鉄塩の生体水(これこそ神の水なり)

http://web.archive.org/web/20080416222414/http://angel.ap.teacup.com/zokuzokutatsujin/6.html

『一般にミネラル・ウオーターとかアルカリイオン水とよばれスーパーで売られている水に「PH測定用フェノールフタレイン溶液」を一滴たらすと,イオン水かどうかすぐにわかる。水道水には反応せず本当のイオン水は朱色に反応する。しかし48時間以上経過したものには反応しない。浄水した水を飲まされていることになる。

 人間の赤ちゃんの身体には小さじ一杯ぶんの生体水を生み出す原液がもともと備わっている。これを身体が10のマイナス12乗に希釈し生体水を作り続ける。しかしこのバランスが崩れた時ガンやエイズウイルスが増殖する。下にあげた統計は正常な生体水の中ではがん細胞は増殖しないという貴重な資料である。

 山下昭治博士は昭和2年神奈川県に生まれた。東京大學農学部をへて名古屋大学講師,農学博士である。この山下博士が生体水の原液パイ・メモリーウオーターの発見に成功した暁に何が起こったのか,知る人は少ない。ガンが治っては困る集団が圧力をかけたのである。丸山ワクチンしかり,世の中の悪の構造は今も昔も変ることはない。

 随分にせもの,いんちきが出回った。博士はついに人間不信にまで陥ってしまった。10のマイナス12乗の12は例えば一年は12ヶ月,干支は12支,1リットル中の分子量は1.2x10の12乗。偶然ではない真理がここにある。ついでにいえば12使徒もあてはまるかもしれない。この生体水はイオン化抑制効果があり身体を正常に機能させる働きを持つ。

 造形社発行の山下博士による「生命科学の原点と未来」でこう書いてある。「生命体の全ての情報伝達の源は二価三価鉄塩とよばれる金属であります。身体のなかではこれが脂質の上にのっかっております。そして脂が体の中を移動するためには特有な化合物が必要ですが,この役割はホルモンが荷っています。ホルモンは移動しやすいための物質というふうにとらえられます」

 一番下の統計は同じく造形社発行の山下博士による「生命成立の原理」からの資料です。だいぶ前ですが「野菜スープ」でガンが治ると謳った人が「薬事法違反」で逮捕されてしまいました。実際にガン細胞が消えた人もいたにもかかわらずです。ガンが治るという一言がひっかかったそうですが,これも医師会という圧力団体のせいです。医師会の都合のいいように法律を作ったのですから。これが世の中の小さな悪でしょうか。もっと大きな悪は誰も見えないし,聴こえないものです。』

12の秘密

http://etopower.net/mamecon.php

時計の12進法もそうですね

http://jvsc.jst.go.jp/live/monosashi/time/tt_040a.htm

小林達治先生ともお会いしました

http://blogs.yahoo.co.jp/gqsqc618/50177791.html

貿易会社の社長としてタイにいた時先生はEM菌にかんして比嘉教授から論文を盗用されたと食事の席で述べておられました。EM菌の培養を自社でやっていた関係で小林先生を招待しタイで色々教えていただいたのです。まだお元気でおられるのでしょうか。EM菌の元はπウオーターです。正確に言えばπメモリーウオーターで比嘉教授とは仕事の関係上タイの世界救世教の農園で二回ほど会いました。EMで育てられたお米や鳥などの昼食をいただきましたがこれがとても美味しく素晴らしいものでした。比嘉先生はコーディネーターも兼ねていい情報を重ねあわせEM菌を作られたのです。色々批判もありますがそれは当たりません。小林達治先生も比嘉先生もとても純粋なかたでした。

> 5年前に、山下昭治博士の「生命科学の原点と未来」読みました。この技術を使っていると言われている(非公開) 肥料・土壌改良剤を使っています。小さい畑ですが・・・固かった土も随分柔らかくなりました。
> この技術、徹底弾圧にあったようで、今残っている「パイウォーター」も 真偽のほどがよくわからず、使用しておりません。海の魚を 真水で育てているニュースなどを 見ますと 山下博士の技術が 脈々と生き続けていることを実感して うれしくなります。山下博士の直筆原稿が掲載されていましたので、ご参考までに ご連絡いたします。
> http://kassei.exblog.jp/6094294/
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:1467/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607