teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1397/3550 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今日もニュースでやっていました「ビットコインを」

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年12月13日(金)22時49分32秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304698204579196722164075740.html

管理人注:これは中本聡氏(なかもとさとし)という日本人が始めたシステムです。仮にこの取引所が国立になった場合考えるとぞっとします。(I tremble to think)でもそれはないでしょう。

ビットコイン取引所は日本にある

http://www.bitcoin-info.com/buy_bitcoin.html

13日の取引で400ドル?

    By
    ROBIN SIDEL AND SAABIRA CHAUDHURI

 仮想通貨ビットコインの相場が13日、過去最高に達した。ビットコインが将来、従来の決済方法の代替手段として信頼できる存在になるとの見方が強まったことが上昇のきっかけだ。

 こうした勢いは世界中から来ており、アマチュア投資家、ベンチャーキャピタリスト、ハイテク志向の人々が、モノやサービス購入にビットコインを用いたり、交換したりしようとする事業に資金を投入している。

 顧客にビットコイン事業について助言している金融サービスコンサルタント会社プロモントリ-・フィナンシャル・グループLLCのディレクター、アダム・シャピロ氏は「米国で早期のビットコイン採用者となった人々以上に広いサークル間でビットコインへの関心が高まっている」と述べた。

コーヒーショップに置かれたビットコインのATMを示すサイン(バンクーバー)
関連記事

仮想通貨「ビットコイン」に頭を悩ます法執行当局―麻薬犯罪にも利用か
ビットコインETFの前に立ちはだかる規制当局

 ビットコインは4年前に創出された仮想通貨で、中央銀行の裏付けを得ていない。幾つかの取引所で取引したり、私的に交換したりできる。ビットコインを支払い手段として受け入れる商業関係者も多くなっている。取引コストがクレジットカードないしデビットカードのコストを総じて下回っているからだ。

 東京に本拠を置く取引所Mt.Goxでは13日午後、1ビットコイン=425ドル(約4万2000円)に達し、11月初めの水準のほぼ2倍となった。年初には約13ドルだった。

 Mt.Goxはビットコインを取引する最初の大手取引所として知られているが、ビットコインに熱心な人たちは、取引が活発になり始めている他の競合取引所に向かっている。このため、ユーザー間では一部に混乱が生じているほか、取引所間の裁定取引の機会も生まれている。

 そうした競合取引所の1つがスロベニアに本拠を置くビットスタンプで、13日には1ビットコイン=約389ドルと、前日を9%強上回って取引されている。

 ビットコインの相場は変動が極めて激しい。4月にはビットコインへの関心が高まり、1ビットコイン=約265ドルの過去最高値をつけた。しかし10月初め、ビットコインを利用していた麻薬密売ウェブサイトが閉鎖されたのを受けて同90ドル前後に暴落した。

 ビットコイン業界を追跡している人たちは、ビットコイン取引は多くの取引所で薄商いであり、大きな相場変動につながりかねないと警告している。

Bitcoin is attracting attention as a wildly volatile, all-digital currency. How does it work? How are criminals taking advantage of it? How risky an investment is it? In this Bitcoin explainer, WSJ's Jason Bellini has "The Short Answer."

 ビットコイン相場の急騰はまた、中国からの需要急増も一因となっている。中国では地元の取引所が世界中からビットコイン取引を引き寄せようとしている。同国インターネット大手の百度(バイドゥ)の一部門は数週間前、ビットコインの決済を受け入れ始めた。

 ビットコインに集中したある投資ビークルでは、9月以降1800万ドルの投資が集まり、年内に1000万ドル調達するとの目標を突破した。この投資ビークル「ビットコイン・インベストメント・トラスト」はセカンドマーケットの子会社だ。セカンドマーケットはニューヨークに本拠を置く企業で、新規株式公開(IPO)前の株式を取引する企業として知られている。

 ビットコイン相場の上昇には、ビットコインに絡んだ非合法的な活動の取り締まりも寄与している。こうした取り締まりがビットコインをより正当なものにする、というのが熱心なビットコイン支持者の主張だ。

 例えば、米連邦当局は先月、顧客がビットコインを使って麻薬から偽造パスポートに至るまであらゆるものを購入できるオンライン市場を閉鎖した。そして今年夏、証券取引委員会(SEC)は、週7%の金利が得られると偽って投資家に約束し、450万ドル相当以上のビットコインを調達したテキサス州の男を起訴した。

 米上院小委員会は18日、仮想通貨に関する公聴会を開催する計画だ。これは、財務省の一部局が今年発表したガイドラインで、仮想通貨の取引所は従来の通貨仲介業者、例えばウエスタンユニオンなどと同一のマネーロンダリング(資金洗浄)対策義務を課されるとしたのを受けた動きだ。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2310

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131122/mcb1311220601023-n1.htm

管理人注:これはCNNによると日本人の中本さとしさんという方の発想だそうです。下の記事にもありますが.......

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」をめぐる狂想曲が続いている。市場の関心の高まりに伴い相場は今年に入ってから急騰していたが、このほど開かれた米議会の公聴会で米当局者からお墨付きを得たことで一段と上昇。中国でもネット大手による導入で取引が爆発的に増えるなど、“ビットコインバブル”が世界的に広がる兆しが出ている。

 年初来45倍に急騰

 ビットコインは合法的な取引手段だ-。米上院国土安全保障・政府問題委員会が18日に開いた仮想通貨に関する公聴会で、米司法省の幹部はこう言明した。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長も同委に書簡を送り、ビットコインの規制は計画していないことを明らかにした。

 ビットコイン相場は過去2カ月で4倍に上昇していたが、米当局者の見解を受け代替決済手段としての普及に弾みが付くとの観測が強まり、一段高につながった。ビットコインをドルやユーロなど現実通貨と交換できるネット上の取引所「ビットスタンプ」では一時、対ドルで過去最高の744ドル(約7万4700円)に跳ね上がった。相場は年初来では45倍に急騰している。

 ビットコインは2008年に「ナカモト・サトシ」を名乗る謎のプログラマー(またはその集団)が発表した論文に基づく仮想通貨で、いかなる国家や金融当局からも規制されていない。ネット上であらゆる商品の決済に使用されているほか、ビットスタンプや「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」といった専門の取引所で現実通貨と交換されている。追跡が不可能なように設計されたソフトウエアとして存在するため、取引の際に匿名性が確保されるほか、金融機関の手数料を減らせる点などが魅力とされる。

 ビットコインをめぐっては10月、同通貨を決済手段として違法薬物などの闇取引が行われていたウェブサイト「シルクロード」が米連邦捜査局(FBI)によって摘発・閉鎖されたばかり。これを受け相場は数日間で30%ほど下落した。だが結局、予想されたようなビットコイン自体の取り締まりにはつながらず、逆に不正使用を一掃しようとする当局の姿勢はビットコインを是認するものと受け止められた。このためユーザーや投資家は、ビットコインに関してリスクを取りやすくなった。

中国でも利用拡大

 ビットコインへの信頼性や注目度をさらに高めたのは中国での動きだ。中国ネット検索最大手のバイドゥ(百度)の子会社は同月15日、一部サービスでビットコインによる支払いを受け入れると発表した。その後、国内でビットコインの取引が爆発的に増え、人民元での売買高は過去2カ月で30倍に膨張。中国の取引所「BTCチャイナ」の出来高は世界首位に浮上した。

 ビットコインの高騰にはこのほか、需要が過去1年で400倍余りに激増しているにもかかわらず、供給が制約されている事情もある。ビットコインを製造するには強力な処理能力を持つコンピューターを用い、ビットコインに組み込まれた複雑なソフトウエア上の問題を解く必要がある。

いずれにせよ、現時点ではビットコインの取引は投機色が濃いのが実情だ。ビットコイン向け投資ファンドを創設したウラジーミル・マスリャコフ氏によると、7~9月期には投機目的の売買が商品やサービスの決済を20~25倍上回ったという。

 米シカゴ連銀のシニアエコノミスト、フランソワ・ヴェルデ氏は今月公表したリポートでビットコインについて、1分に約30回の取引が行われており、1回当たりの平均取引額は16ビットコインとの試算を示した。インタビューに答えた同氏も「ビットコインは現在のところ主に投機的な投資先になっているようだ」と語っている。(ブルームバーグ Olga Kharif、Max Raskin)

一番下は.........コーヒーショップに置かれたビットコインのATMを示すサイン(バンクーバー)


 
 
》記事一覧表示

新着順:1397/3550 《前のページ | 次のページ》
/3550