teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1354/3559 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

イエスは何語で話していたのでしょうか

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2013年12月30日(月)13時17分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1122267271

管理人注:難解ですがHamlet's Mills(ハムレットの水車小屋)を読めばイエスの意味が解るでしょう。Vernal Equinox Precessionということです。

http://www.bibliotecapleyades.net/hamlets_mill/hamletmill.htm

捨てられたユダヤ人の村

http://jp.globalvoicesonline.org/2012/11/27/18107/

死海文書で検索すると11件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8E%80%8AC%95%B6%8F%91&x=0&y=0&inside=1

死海文書の謎

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/8132/sikai.html

死海文書講座

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B4%9E%E7%AA%9F%E5%88%A5%E3%81%AE%E6%AD%BB%E6%B5%B7%E6%96%87%E6%9B%B8&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

ダマスコ文書で検索すると

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/968

cioccolatonuovoさん

当時のイスラエルで、一般の人々は何語で話していたのでしょうか?
二つの説があります。「ヘブライ語であった」「アラム語であった」の二つです。
少なくとも、当時、イスラエル内で書類は殆ど全て、ヘブライ語で書かれていました。ユダヤ教のタルムードや諸々の宗教文書もヘブライ語が殆どです。クムラン遺跡で見つかる文書も同様です。

問題は、話し言葉と書き言葉が違っていたか...です。最近の学問的議論では、ヘブライ語説がよく言われるようです。考古学的に見つかる史料には、ヘブライ語の口語的な手紙も多数あります。従来の 「ヘブライ語は使われたにせよ、あらたまった文書用の言語となっていた...」 という想定に反するものです。

キリスト教では、伝統的に 「イエスや弟子たちはアラム語を話していた」 としてきました。ギリシャ語聖書の中の表現にアラム語で書かれた部分があることが、その一つの理由です。また、「当時のユダヤ教の会堂では、ヘブライ語聖書の朗読の後に、ヘブライ語が一般に分からなくなっていた為、タルグムというアラム語注釈がされていた...」 と想定されていたことも、もう一つの主な理由です。

ヘブライ語説では、キリスト教の伝統的解釈に次のようにコメントします。
1) ギリシャ語聖書でなぜ、極めて限られた言葉だけが、アラム語で残されているのか? 発言全てがアラム語であったなら、ギリシャ語に訳す時、一部だけ漏れるのは不自然である。ヘブライ語表現の中で、一部がアラム語であった為、アラム語をそのまま残したのではないか。
2) ユダヤ教史的には、タルグムが用いられ始めたのは、2世紀に入ってからである。イスラエル地域外の、ヘブライ語の理解が十分でない人向けのものである。それ以前にイスラエルで、タルグムが読まれたという記録は一切ない。ルカ福音書で、イエスがヘブライ語聖書を読む記事があるが、そこにもタルグムが読まれたと書いていない。

主祷文(主の祈り)も、イエスがアラム語を話したという想定で、アラム語への訳し返しがされたりもしました。ですが、ユダヤ教史でいえば、少なくとも6世紀まで、神への祈りは 「絶対に」 ヘブライ語だったと言われます。当時のユダヤ教のラビが弟子に教えた個人的祈りは、全てヘブライ語でした。そういったイスラエル社会の中で、イエスだけが他言語の祈りを行なうことは考えづらいように思います。

私個人は、当時のイスラエルではヘブライ語が話されていたのではないかと思いますが、現段階では二説が併存している状況だと思います。日本で見る、キリスト教関連の書籍の多くでは、伝統的な 「アラム語説」 が前提的に採用されているようです。

=======
【蛇足】
イエスの時代、イスラエル周辺の地域の国際語はギリシャ語でした。聖書以外の史料からは、当時のイスラエルで使われた言語は、ヘブライ語、アラム語、ギリシャ語と想定されます。

当時のヘレニズム世界(ギリシャは勿論、エジプト、西アジア地域などを含みます)の大都市では、広範にギリシャ語が通用しました。とはいえ、通用したといっても、ギリシャ外では外国語であり、解されるのは一定の階層の人々に限られたようです。ギリシャ語についで、アラム語が通用しました。これはペルシャが西アジアに勢力を誇っていた時代の国際語でした (ペルシャは、支配地域では母国語ペルシャ語ではなく、アラム語を公用語としていました)。

こういった、環境下において、新約聖書はまとめられ、事実上の聖典とされてゆきました。ですが、成立過程を考えると、新約聖書、特に福音書は、イエスの受難後、すぐに書かれたものではありません。イエスをよく知っていた第一世代の信者にとって、文字に書かれた師の教えは必要ありませんでした。その教え等が文書にされる必要が高まったのは、イエスを直接知らない人々が増えた頃だと思われます。

新約聖書の諸文書が書かれた頃、読む対象者は、必ずしもイスラエル内に住む人々ではありませんでした。そうなると、当時の国際語ギリシャ語で書かれた文書が正典とされるのは、自然だったかも知れません。

回答日時:2009/1/16 22:58:27

aquila_priscaさん

イエスはヘブライ語(と時にアラム語)を話していたと思われます。

当時は複数の言語を話すことができたようです。
パレスチナでは少なくとも4つの言語が使用されていたことでしょう。
1.コイネーギリシャ語:ローマ帝国内での共通言語でした。
2.アラム語:西アジア一帯の共通言語でした。
3.ヘブライ語:ユダヤ人が使用していた土着の言語です。
4.ラテン語:ローマ人の兵士や役人が使用していました。

イエスが処刑されたときに、頭上に掲げられた標識はこの中の3言語(ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語)で記されました。(つまりアラム語はありませんでした)(ヨハネ19:19,20)

聖書中には「ヘブライ語を話すユダヤ人」がいたことや、パウロが「ヘブライ語」で民衆に話しかけたことが記述されています。(使徒言行録6:1。21:40。22:2)

一方、アラム語由来の表現と思われるものもあります。

従って、イエスはヘブライ語(と時にアラム語)を話していたと思われます。

なお、この件に関しては以前に回答していますので、ご覧になっていください。(BAではありませんが)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415680534

回答日時:2009/1/16 19:07:20

sdgoldcardさん

アラム語だと思われます。

アラム語は、ヘブライ語の親戚に当たる言語です。
文字は、ヘブライ語と同じです。

当時の地中海世界の、シナイ半島あたりから東の方に住むユダヤ人の間では、アラム語が話されていました。一方、西側では、コイネー・ギリシャ語が話されていました。このギリシャ語は、古典ギリシャ語が文語であるとするなら、口語のギリシャ語と言うことになります。このコイネーが、当時の地中海世界での共通言語でした。

数年前に、「パッション」という映画が流行ったことがあります。この映画の中で用いられていた言語が、アラム語でした。

==============
追記。

主イエスが話していた言葉がアラム語である、と言う根拠は、当時主イエスが育ったあたりで用いられていた言葉がアラム語だった、と言うことがあります。

ただし、トーラー(ユダヤ教の律法の書。いわゆる旧約聖書が正典化される前なので、聖書ではない)は、ヘブライ語で書かれていました。そこで、トーラーを読むためには、それなりの教育が必要でした。この教育をしたのが、ファリサイ派と言う人たちでした。彼らの発祥については、いわゆる中間時代にさかのぼるのですが、細かくなりすぎるので割愛します。
当時の民衆は、シナゴーグという、ユダヤ教の会堂に行き、律法学者たちが朗読するヘブライ語のトーラーの言葉を聞きました。そして、その解説を聞いたのです。そうしないと、意味がよく伝わらないのです。
主イエスがまだ子どもであったある日のこと。主イエスがシナゴーグで、トーラーを朗読しました。聖書では、そこにいた人たちが非常に驚いた場面が記されています。これは、ただ文章を読んだ、と言うだけでなく、アラム語を日常語とする主イエスが、まだ子どもであるにもかかわらず、ヘブライ語で記されたトーラーを読み、学者たちの質問に正確に受け答えをしたから、人々が驚いた、と言うことのようです。

編集日時:2009/1/22 10:26:40
回答日時:2009/1/16 17:55:40

関連度の高い質問

一覧を見る

旧約聖書はヘブライ語、一部アラム語、新約聖書はギリシア語だと聞きました。なぜ...
旧約聖書またはヘブライ・アラム語聖書には母音符号以外の点や記号が見受けられま...
エホバの証人ではどうしてヘブライ語ーアラム語聖書とクリスチャン・ギリシャ語聖...
イエス・キリストが実際に話していた言葉は、アラム語ですか?ヘブライ語ですか?何...
なぜエホバの証人の使用する新世界訳聖書は、旧約聖書・新約聖書ではなく、ヘブラ...

あなたにおすすめの解決済みの質問

ヘブライ語での良い賛美歌(キリスト教の賛美歌)を紹介して頂きたいです。先日偶々...
ヘブライ語で歌われたもの、旧約聖書を題材にしているものでこのような美しい曲を...
 
 
》記事一覧表示

新着順:1354/3559 《前のページ | 次のページ》
/3559