teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3357/3594 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

丸に十字

 投稿者:狂った詩人  投稿日:2012年 5月19日(土)10時11分56秒
  通報 返信・引用 編集済
  下記の記事との関連です。

『彼らは十字と円が次元を開く鍵だということを知っており、エネルギーの点を使って、天の地図を彼らの石の建物の上に表現した。多くは地下に退き、今なお生き続けている。多くの巨人族の建物は今、聖地、パワースポットと呼ばれている。

今神々について語るならば、プルート(冥王星)とギャラクティックセンターの2年にわたる関係により、人々は核心的な存在の本質、特に宗教的確信が、ギャラクティックセンターによる割合まで、混ぜ落とされるということを経験するだろう。

真理の追究に努力してください。』

http://yatsu-genjin.jp/suwataisya/sanpo/jintyoukan.htm

 神長官家はその職務と地位を長らえさせるために、“外の血”を積極的に導入したと言われています。鎌倉時代から“付き合い”のある名門島津家からも養子を迎えたとすれば、“守矢島津家”としてその家紋を受け入れたことは考えられます。ただし、島津家の家紋は当初は「十」で、江戸時代に「◯」で囲んで「家紋」にしたという変遷があります。そのため、家紋を採用した時期がわからないので「養子と家紋の縁組」はあくまで想像という形になります。
 一方、時代は下りますが、元禄時代から幕末にかけての高遠藩主が内藤氏です。その高遠内藤氏の家紋が「家紋」です。高遠藩は高島(諏訪)藩の隣で、上社の御柱祭には騎馬行列を奉納するなど諏訪神社との結びつきは大きかったといいます。神長官邸の「裏山」が藩境の杖突峠ですから、祭礼を通して頻繁に交流があったのは間違いありません。ただし、家紋の共通性についてはまったくわかっていません。

 神長官守矢史料館を訪れた方なら、旧神長官邸の母屋の鬼板が「丸に十字(丸に左十文字)」の家紋であることに気がついたでしょう。その守矢家の家紋が(言い回しが古くなってしまいましたが)なぜ“篤姫の御守りに代表される”島津家の「家紋」にそっくりなのか不思議です。
 高部歴史編纂委員会『高部の文化財』に「守矢家の丸に十字の家紋」の項があります。

解説・注:守谷・守矢=モリア=モレア=風を制するモレア=イルミナティ

神長官守矢資料館その1

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn015/jintyouk/jintyou1.html

神長官守矢資料館その2

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn015/jintyouk/jintyou2.html

写真を撮っていたら、男性数名の団体が入ってきた。係の方とお話しているのを聞いていたら、名古屋から来た方々で、諏訪大社とユダヤとの関係について調べているそうだ(゜Д゜)

○ユダヤの祭りではヒツジが生け贄→諏訪大社との類似
○子供を神の依代として柱に縛り付ける→諏訪大社との類似。ちなみに、諏訪は子供は御神(おこう)と呼ばれ、子供を縛りつける柱は御贄柱(おにえばしら)と呼ばれている。昔は儀式で子供を殺したそうだ。
○ミシャグジとイサク(聖書に名前が出てくる人)の名前が似ている
というのが、諏訪大社=ユダヤ関係説の根拠だそうだ。

「キリストが日本に渡ってきていた」ということが記されている竹内文書と関係があるのか?と質問したら、この件とは関係ない、とのこと。B級ネタにもいろいろ系列があるようだ(^_^;)

神長官守矢史料館の方は、「その件についてはこちらでは特に把握していることはありません」と返答していた。

【参考書籍】「日本・ユダヤ封印の古代史」(徳間書店、ラビ・マーヴィン・トケイヤー著)
国が滅びてバビロン虜囚となったイスラエル十部族が中国に来たのは間違いなく、さらに日本まで渡ってきていたのではないか、ということが、いろいろな点から検証されているそうだ(私は未読)。


下はエチオピアのBetea Giyorgis の地下教会

丸と十字の検索

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%B8%E3%81%A8%E5%8D%81%E5%AD%97&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=






 
 
》記事一覧表示

新着順:3357/3594 《前のページ | 次のページ》
/3594