teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1373/3607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スロー地震

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 1月11日(土)11時26分32秒
  通報 返信・引用 編集済
  以下はNEVADAより


元記事は時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000122-jij-soci

管理人注:OSSの極秘文書とは...........

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=OSS%82%CC%8B%C9%94%E9%95%B6%8F%91&x=0&y=0&inside=1

『科学者も彼らの下僕ですから間違いなく正確な情報を与えることが出来ることになります。それを狙って水爆を仕掛けるのです。津波も一緒に.....』

OSSの極秘文書は魚拓でありました。

http://megalodon.jp/2009-0127-1139-55/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/67.html

『.......... どこにこの巨大地震を仕掛けるかであるが,カリフォルニア大學のP・Byerly教授は時と場所を考慮する範囲を縮小するべきであるとしている。氏はL・H Adams博士への手紙でターゲットの五マイル以内に一年以内に必ず破裂する爆発物が必要あると述べている。これらはPalmer Physical Laboratoryによって試験は行なわれ実証されている。ここで高度な爆発物を仕掛けた人工地震が研究された。これはファンタジーの世界から科学的なものへと人工地震が可能であることが実証された。これによる心理戦争によってパニックに陥れることが可能である。

 もし日本での戦略的地域で人工地震を起こさせるべく我々に同調してくれる科学者を配置しているともし知ったとしたら,日本国民はパニック的ヒステリーになるであろう。これらの計画は日本政府への踏み絵である。地下産業という存在は通常の爆弾投下から機械,およびそれに携わるワーカーを保護するものである。このような人工地震によって生きたまま生き埋めになることは簡単に想像できる。巨大水力発電所のダム崩壊による国中の洪水は実物戦争よりパニック的ヒステリー状態を作り出す。

 日本攻撃の目的

 より否定的なヒステリー状況という流れをかもし出すため,国のリーダーは誰も信じられなく,個人の生存のみに関心を持たせること。この心理戦争キャンペーンは勿論実際の攻撃とともに行なわれる。これによって心理戦争の効果であるパニック状況が増すのである。

 その方法

 日本人のもともと持つ恐怖心を煽ることによって達成される。すでにフラストレーシオンの輪の多くのサインは見られる。それは何かが壊れるという感覚である。徳川幕府から続く緊張でもある。

 媒介として

 社会的ヒステリーとパニックを日本人に起こす要因として,火事と地震があげられる。経済的圧迫がある時期,これらは社会的混乱を引き起こす効果がある。火事も勿論必要だが,地震の効果に比べたら比較にならない。

 状況

 日本のすぐ地下層には不安定な地震層が多い。それは考えられない破壊をもたらす。もし引き金を引くなら,地殻変動的なものになる。地震層は数百万人の命を奪うことになる。この地震層に大小様々な爆発物を埋め込むことによってその距離も正確に割り出されている。最近の原爆によって人工地震は勢いづき,一層人工地震にはずみがつくことになる。もし地下深く原爆が仕掛けられるなら,放射能は現れない。この原爆およびさらなる大規模な爆発物は原爆による放射能によりもたらされた日本人の地震と言う恐怖感を増幅させることになる。

 使われるべき装置

 雑誌:全てのメディアに挿入される日本人科学者によるある種の暗号により痛ましい地震は解読可能である。原爆使用による人工地震のフィジビリティ研究はすでに終了した。ある日本人地震学者の地震は起きるという偽造文書による協力もある。暗号はラジオによっても知らされる。沖縄の基地から中波によって直接日本本土へ送られる。日本のラジオ放送を邪魔するものであるが,それによって起こるべき人工大地震を事前に知ることが出来る。特に日本政府が地下産業で働くワーカーを保護,避難させるためのものである」。翻訳終わり。』

厳重な警戒が必要になってきた房総半島
国土地理院は、今日10日、房総半島沖で「スロー地震」を観測したと発表しており、この「スロー地震」は大地震の前兆とも言われており、厳重な警戒が必要になってきています。

この「スロー地震」は、地下にあるプレートの境界がゆっくり滑るスリップとも言われる現象であり、前回は2011年10月に発生し、2年3ヶ月振りの発生となりますが、観測史上最短の期間と言われ、警戒を要する事態になっています。

千葉で震度6以上の地震が発生すれば、東京もかなりの揺れに見舞われることになり、液状化現象が発生すれば東京湾岸にあります石油タンクそのものが海に流れ出ることもあり得、タンカー等に引火すれば東京湾が火の海になる可能性もあります。

あらゆる可能性がありますので、日々準備だけはしっかりしておくべきだと言えます。

スロー地震の公式発表
今回のスロー地震の公式発表は以下にてご覧いただけます。

http://www.bosai.go.jp/press/2013/pdf/20140110_01.pdf

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1373/3607 《前のページ | 次のページ》
/3607