teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1264/3527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

憎しみ暴力は利用される

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 1月28日(火)12時23分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://denik-bise.blogspot.jp/2009/01/trap.html

【憎しみ】【暴力】は利用される--アッチの罠(trap)

森田実氏 2009.1.18(その1) 森田実の言わねばならぬ【43】

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C04960.HTML

今日の国難は、第二次大戦末期から
敗戦直後の昭和20(1945)年以来の最大の国難です。
この国難を乗り切るためには全国民が力を合わせ、
全力で努力する必要があります。
政治は全国民を結束させる役割を果たさなければならないのです。
小さな抗争はやめなければなりません。

ただちに実行すべきことは「脱アメリカ」です。
回復すべきは「日本の魂」です。

和と助け合いの日本の原理の回復こそが、
日本再生の第一歩です。

「日本の魂」は地方にあります。
地方・地域において「日本の魂」が復活しつつあります。
地方・地域の政治から、
将来の日本を担う思想と能力をもったリーダーが生まれてきています。
これら地方・地域の政治家と志を同じくする
中央の政治家が総結集し、
ネオコン化した東京の政治を変えるために立ち上がる時がきました。
これが、私の主張する第三の道なのです。

★     ★     ★     ★     ★

宣伝相 ゲッべルスがドイツ国民に与えた19の警告  抜粋

http://denik-bise.blogspot.jp/2008/07/blog-post_5639.html

HALF-TRUTH (∵ユダヤ人全体に憎しみを向ける)

『あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい』'79 モルデカイ・モーゼ著
訳: 久保田政男氏

『心を置き去りにした日本人 あと半分の教育』
井深 大(いぶか・まさる)氏 ソニ-創業者

アルベール・トーマが来日し、
日本へ 階級闘争の激化工作をしようとしたとき、
その前に立ちはだかったのが、日本の強固な家族制度だった。

『日本では家族制度が強固なため、
階級闘争-- 労働運動の激化を仕掛けることは 非常に困難である。
なぜならば、労働者は失業しても 労働運動など する必要はない。
家族が 温かく迎え入れてくれるからである。
この家族制度をなんとかしない限り、
日本へ階級闘争を持ち込むことは難しい』

ここで 日本人に お詫びしなければならないのであるが
この日本の素晴らしい家族制度を 破壊したのは
我々 ユダヤ人なのである。

具体的には、占領改革の時 ニューディール派が行なった。

極端な”動物回帰政策”は
当時のニューディーラーの強権をもってしても
日本では できなかったのであるが
姦通罪をはずすことにより、

巧妙に 性風俗の低下に拍車をかけ、
家族制度の破壊を 加速化したのである。

夫婦同権とすれば
家庭内に 互いに相(あい)譲(ゆず)らざる2人の権力者が出来、
その調和を乱し 家族制度の破壊に導くことができる。

家庭内の調和が乱れると核家族化現象も 促進されよう。
子は 親の面倒を 見なくなる。

「わが国として気をつけねばならないことは
わが国に向けられている 数々の企てである。
それは、愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義
過度の自由要求道徳軽視、3S(スポーツ・セックス・スクリーン)の奨励、
ことなかれ主義の政策、無気力・無信念、義理人情の抹殺、
俗吏(ぞくり=役人をあざけっていう語)・属僚(下級役人の仲間)の横行、
否定・消極主義、自然主義、刹那(せつな)主義、尖端主義、
国粋主義の否定、享楽(きょうらく)主義、恋愛至上主義、
家族制度の破壊、民族的歴史観の否定。
以上 19の企(くわだ)てをもって、わが国の持っている
非常に理想的なものを潰そうとかかってくる強い勢力がある」

(井深 大氏)
誰の言葉だと思いますか。
実は これは1934年、ドイツの宣伝相 ゲッベルスが
ドイツ国民に与えた 19の警告なのです。
ゲッべルスは、”非常に強力な超国家的勢力”
(すなわちユダヤ人)が、
文明の破壊にもつながる心理戦、
神経戦を挑(いど)んできていることを察知し、

これに対して ドイツ国民は十分に警戒せねばならない と考えました。

この心理戦、神経戦の目的とするところは、
人間の誠実性を低めることにより現存する国家を
内部からむしばんでいこうとするものであると判断し、

そうした”悪(あ)しき企(くわだ)て”を
19の明快な言葉でとらえ直したうえで、国民に向かって 警告を発し、
抵抗への奮起をうながしました。

ゲッペルスが、これら19の”悪しき企て”を総称して、
”人間獣化計画”と呼んでいる点も、
日本人の別名 ”エコノミックアニマル”と対応しているようで、
大変 興味深く思われます。

これらが 日本人の間に巣食ってしまうと、
楽しみは ただ 「カネ」ということにならざるを得ない。
すべてを「カネ」のために、という思想が
強烈なものにならざるを得ないのである。

いわゆる エコノミックアニマルの徹底振りである。
高度成長面のほとぼりも冷めた 今日
日本人が真剣に取り組まなければならないのは
この 精神衛生上の虚無性 である。

戦後生まれの人たちには ピンとこないかもしれないが、
これらは 正常な人間の頭で判断すれば
人類の文明の破壊につながるものであることは 一目瞭然である。

人間の純度を落とし、本能性に 回帰させようというものである。

第二次世界大戦が終わってみると、
日本へは これら一連の風潮が忍者の如く忍び寄って
完全ともいえるほどに定着してしまったのである。

一体 誰が 巧妙に持ち込んだのか。

さらに、忠実な残置諜者(ちょうしゃ=スパイ)とでもいうべき、

これら病巣をタブーとして固持、培養している勢力は 何か。

その勢力と、これを持ち込んだ勢力との関係は如何。

今日の日本にとって 最も大切なことは
これらを解明することではあるまいか。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

イルミナティカードゲーム('95)--シナリオを読む

http://denik-bise.blogspot.jp/2008/09/95.html

『洗脳支配』 苫米地英人氏(同意部分のみ抜粋)

権力者の操り人形と化した団塊の世代

1947年~1951年頃までに生まれた人々

学生運動の嵐が過ぎ去ってみると

彼らは ほとんど魂を抜かれたも同然でした。

つまり、徹底的な武力鎮圧を受け、

二度と立てないような精神状態にされてしまったということです。

【注:ドイツと日本への執拗な攻撃(終戦間近)-- その”効果”と酷似】

彼らは、権力サイドに都合のいい操り人形として骨の髄まで

従順なサラリーマンにされたわけです。

残念ながら、彼らの経験と思考は、支配者たちの思惑通りに

私たちの目と耳をふさぐ力にはなりえても

社会の変革パワーになりえないのです。

「B層戦略」を請け負った大手広告代理店彼らの言うB層とは、

団塊ジュニア、もしくは団塊の世代から影響を受けた人のことです。

自民党の「B層戦略」は、

疑問を持たない人間をとり込むための戦略だったということです。

団塊の世代と団塊ジュニアの世代、

この両者こそ支配者がつくる

意図的な絶望に飼い慣らされた最大勢力といえます。

つくられた絶望を肯定し、受け入れたままである限り

薩長勢力を祖とする

日本の「勝ち組」による国民の奴隷化を止める力は 生まれません。

★ ★ ★ ★ ★

アッチ:It is not Zionist or Khazarian Jews ? or Israel ? or Jewish neo-conservatives who have been ? or are ? running the USA, as some folks allege. RATHER, agents of Papal Rome have been running the USA for over a century! Yes, they do occasionally place a Papal “court Jew” in a prominent position (e.g., the head of the Federal Reserve) to give the New World Order conspiracy a Jewish “flavor”; however, Papal Rome is the real controller of the USA! (And she rules the USA from “behind the scenes”!) ... Darryl Eberhart
 
 
》記事一覧表示

新着順:1264/3527 《前のページ | 次のページ》
/3527