teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1326/3606 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

BPの不都合な真実

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 2月 6日(木)11時11分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  BPがひた隠す不都合な真実
企業倫理 3年前の原油流出事故で隠蔽した恐るべき健康被害とは.....

当時のBPのヘイワード最高経営責任者(CEO)は定石どおりゴールドマンサックス出身者

関連記事;映画Knowingとの関連は?

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/697.html



『2009年の映画”Knowing”の中で報道されている中身(フィクション)とメキ シコ湾 原油流出事故の映像(現実)が ピッタリ重なっている。

FOX NEWS にかけて MOX NEWS として映画の中で報道している。

(mock: (動)バカにする、人をあざける (形) みせかけの にせの)

当時の悲惨な写真はここ......狂っているとしか言いようがない

http://www.bo-sai.co.jp/oil.spill.html

http://doushiseirin.blog110.fc2.com/blog-entry-1428.html

2010年4月20日、メキシコ湾沖合のBPの石油掘削施設「ディープホライズン」で爆発が起きた。11人が死亡し、17人が負傷した。大量の原油が海に流れ出し、アメリカで消費される魚介類の3分の1を支える漁業と、テキサス州からフロリダ州に至る海岸が危機にさらされた。

この事故では、3ヶ月以上にも渡って、海に原油が流出し、原油流出合計は史上最悪規模となる約490万バレルにも達した。

BPは損害賠償の額を抑えるため、また、メディアに原油流出汚染の海を映像として撮らせないため、その隠蔽作戦として、コレキシットという石油分化剤を使って、原油を分解。汚染された海面を普通の海に見せることにした。

ただし、これが後々に大問題となった。コレキシットは、海に流れ出した原油に結合して細かい粒状にする。そのような意味では石油を分解することには成功したが、この薬品は超猛毒で、人間のみならず、海洋生物にも多大な被害をもたらした。

コレキシットが原油と混ざり合うことで、メキシコ湾の生態系に深刻な打撃を及ぼした。空前の数の海洋生物の奇形、最大80%もの漁獲量の減少、海の食物連鎖の底辺に位置している微生物の大量死が起きた。

しかも、コレキシットは人間にも被害をもたらし、現場除染作業員たちを苦しめることになった。原油の除去を担当した作業員たちは、コレキシットを体中に浴びながら、作業していた。しかもBPは作業員たちにコレキシットの猛毒性については一切知らせなかった。

現在、作業員たちは以下のような症状で苦しんでいる。

・せきと嘔吐
・絶え間ない頭痛
・記憶障害
・筋肉の痙攣
・皮膚の異常
・神経障害

などなど

コレキシットを浴びると、人体には医学的に以下の症状が起こると言われている。

・赤血球が破壊される(溶血反応)
・腎臓や肝臓が傷つく
・吐き気、嘔吐、麻酔性の症状が出る

このような猛毒性を持つコレキシットを大量に使用しながらも、現場作業員は、防護服はおろか、何の注意もBPから指示されていなかった。BPは作業員たちに、コレキシットの危険性を教えず、安全訓練を怠ったばかりか、それについて苦情を言うと解雇すると脅したのだ。

さらに被害は作業員だけではなかった。沿岸に住む住民にも被害が及んだ。沿岸に住む人々にも作業員と同じ症状を呈するようになったのだ。子供は病気になり、頭痛、上気道炎、耳痛といった症状に苦しめられることになった。病院に行っても、毒物専門家ではない医者は、対処療法を施しただけで、根治させることはできなかった。

参考:Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 5/28号


 
 
》記事一覧表示

新着順:1326/3606 《前のページ | 次のページ》
/3606