teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1252/3549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ヘッセンン・カッセル家がロスチャイルドの主人

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 2月12日(水)13時17分25秒
  通報 返信・引用 編集済
  関連記事:ダモクレスの剣 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/214.html


ヘッセン大公国 Grossherzogtum Hessen
クリックすると元のサイズで表示します


『1567年にヘッセン=カッセルから分かれたヘッセン= ダルムシュタット方伯領が前身で、1806年に大公国に昇格しました。1866年の普墺戦争で一族のヘッセン選帝侯国(ヘッセン=カッセル)と共にプロイ センに敵対したものの、領土の一部を失っただけで独立を保ち、1918年まで存続しました。
また、ヘッセン選帝侯国が取りつぶされ、選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムが1875年に没すると、一族の家長の地位とヘッセン=カッセルの金獅子勲章も 引き継ぎました。1876年以降の紋章図には金獅子勲章が描かれました。なお、刻まれているモットーは、大公国昇格を機に制定されたルートヴィヒ勲章の銘 文で、モットーが刻まれている巻物は、同勲章のリボンと同デザインです。

なお、大公ルートヴィヒ2世の息子アレクサンダー・ルートヴィヒは妹のロシア皇后マリア付の女官ユーリエと貴賤結婚し、彼の子孫はバッテンベルク侯を称し ました。同家の長男の家系は英国に帰化してマウントバッテン(バッテンベルクの英訳)と改姓しました。(ヘッセン方伯を兼ねていたテューリンゲン方伯家は 1247年に男系が途絶し、ヘッセンとテューリンゲンは分離します。ヘッセンを継承した女方伯ゾフィーはブラバント公ハインリヒ2世と結婚していたため、 子孫はブラバント家を名乗りました。しかし、ブラバントはハインリヒ2世の最初の妃との間の息子が継承し、ヘッセンはゾフィーの息子が受け継いだため、ブ ラバントとの連合は起こりませんでした)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

上はヘッセン大公国の勲章と紋章です(よく似てますね)。初代大公ルートヴィヒクリア1世によって1807年に制定されました。勲章の十字部分は黒で、赤 の縁取りがあります。中央のメダル部分は、制定者のイニシャルのLと、円周に沿って「Fuer Verdienste」の銘が刻まれています。勲章のリボンは、十字架部分と同じ配色で、黒色のリボンに赤い縁取りが加えられています。なお、大公国の国 章ではリボンでなくチェーンで、ルートヴィヒ1世のイニシャルLを対称形に組んで王冠を被せた飾りと、円形のプレートを交互に組み合わせています。プレー トは勲章の裏側のデザインをそのまま使っていて、黒地に「GOTT EHRE VATERLAND」と刻まれています。
この勲章は軍事と非軍事両方の功労者に授与されたそうで、等級は大十字勲章、上級騎士勲章(一等、二等)、騎士勲章(一等、二等)の五つがありました。

神聖ローマ帝国・ドイツ。ロスチャイルドはヘッセン・カッセル伯爵一族から騙し奪った財産が出発点となった。詳しいことはジョン・コールマン著「ロスチャイルドの陰謀」を買ってお読みください。

一部を要約して紹介しましょう。「マイヤー・アンセルム(アムシェル)ロスチャイルド」は3人兄弟の長男で,金銭を扱う仕事をしていた両親を10歳のときから手伝っていた。この仕事は当時(神聖ローマ帝国時代,1806年まで)ドイツは350の公国から構成され,それぞれの公国がそれぞれの通貨を持っていたから,小規模ながらも実質的には一種の外貨両替商のそれだったと言える。一家は薄汚い小屋に両親と3人の兄弟で暮らしていたが,天然痘がヨーロッパで猛威をふるった1757年,両親が病死した。マイヤーは3年後自立した。13歳でハノーバーに出たアムシェルはオッペンハイム銀行にあまり重要でない半端仕事をお情けで与えられたが,仕事について半年もしないうちに見習い行員になった。ほどなく金融業で成功するには権力のある貴族からの保護がどうしても必要であると彼は悟った。そして,6年後ハノーバーを離れてフランクフルトに戻り,1770年,グーテレ・シュナッパーと結婚した。

 アムシェルがこのオッペンハイム銀行で働いていた当時,ヘッセン・カッセル伯爵(上の地図ではドイツ西部のヘッセン方伯領)に最も近い貴族の一人,エス トルフ将軍に出会うという幸運に恵まれた。ヘッセン伯爵は後のウイルヘルム9世であり,アムシェルは金貸しとなり,ヘッセン・カッセルの領主ウイルヘルム 9世の代理人となった。ウイルヘルム9世は1786年,父の死によって個人としてはヨーロッパ最大の財産(推定4000万ドル)を相続していた。この財産 は主としてアメリカの独立戦争鎮圧用の兵隊をイギリス政府に貸し出して得られたものだ。1806年6月の戦いののち,領主ウイルヘルム9世はデンマークに 逃れ,60万ポンド(約300万ドル)の管理をマイヤー・ロスチャイルドに委ねた。そして信用を勝ち得たマイヤーはウイルヘルム9世から財産を騙し奪るこ とになる。その金は三男ネイサンに持たせロンドン分家を創り,ネイサンはそこでワーテルローの戦いに乗じて資産を2500倍に増やした」ロスチャイルド家 の創業者マイヤー・アムシェルには5人の息子と5人の娘がいた。長男はアムシェル・マイヤーで間違いやすい。ジョン・コールマンによればロスチャイルドが 現在所有している財産のうち,一ドルたりとも真っ当な手段で得られた金はない,そうだ。次男のサロモンはヒットラーの祖父である。もしそうでなかったら歴 史は変わっていたかもしれません。』


関連記事:ウイルヘルム9世の金庫番

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1104.html


フランクフルト地方の領主、ヘッセン・ハナウ家のヴィルヘルム公に古銭を売り込み、領主との取引に成功すると、ロスチャイルド財閥の祖、マイヤー・アム シェル・バウアーは、ゲットー内のユダヤ人街の自宅の玄関先に「ヴィルヘルム公の宮廷御用商人 M・A・ROTHSCHILD」の看板を掲げ、ここにハナ ウ家御用達のマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド商会が誕生しました。

英語読みロスチャイルドは、ドイツ語読みロートシルトで、「赤い盾」を意味します。 これは、マイヤーの先祖が代々、赤い盾を家紋として掲げて商売していたことから、同家の屋号となっており、マイヤーはこれを姓として使い、ロスチャイルド家がここに誕生したわけです。


ヴィルヘルム公は、フリードリッヒ大王(ヴィルヘルム・フリードリッヒ2世)を父に持つ、ドイツの名門貴族で、しかも大変な財産家でありました。

ヴィルヘルム公は領内の若者を集め、イギリスなど植民地戦争を行っていた国に傭兵として貸し出し、莫大な富を得て、ヨーロッパ第一の金持ちになっており、アメリカの独立戦争の時にイギリスが送り込んだ兵隊も、このドイツ傭兵です。

両替商も行っていた、マイヤーは同じく古銭を通じて知り合った財務担当官から、ロンドン振り出しの為替手形の割引(現金化)の仕事をもらうようになり、国家財政の金融業務に携わるようになります。

ヴィルヘルム公は、1785年、父フリードリッヒ大王の死に伴って、ヴィルヘルム9世となり、フランクフルトからカッセルのヴィルヘルムスホー宮殿に移 り、ヨーロッパ最大の資産のその資産は、相続でさらに膨れ上がり、ロスチャイルド財閥の祖、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはこの金に目をつけ、 ヴィルヘルム9世に近づき、ロスチャイルド商会の基礎を築きました。

マイヤーには、5人の息子、アムシェル、ネイサン、カール、ヤコブ(後に改名してジェームズ)がいて、この5人に仕事を見習わせながら、ヴィルヘルム9世のヨーロッパ最大の金庫管理業務に本格的に食い込み、利益をあげる壮大な構想を練ります。

ヴィルヘルム9世は、イギリスから傭兵代金を小切手で受け取り、ロスチャイルド商会はこの小切手を割り引いているだけでしたが、小切手をイギリスで購入す る綿製品の支払いに直接使って商売すれば、単に割引するより、数倍の利益を生み、そうする事により割引手数料も安く出来るので、大銀行との競争にも優位に 立てると考えたのです。

マイヤーは、まず長男のアムシェル、次男のサロモンをヴィルヘルムスホー宮殿に差し向け、ヴィルヘルム9世との関係を強化し、これまで以上に多額の小切手 の割引業務をまわしてもらえるよう要望しますが、この作戦が成功し、フランス革命の年の1789年から、ロスチャイルド商会は大銀行と肩を並べて、正式な 宮廷の金融機関に加えられるようになりました。

ヘッセン家の統治者一覧


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

ロスチャイルドの主人ヘッセン家

http://www.kanekashi.com/blog/2009/08/000994.html

ヘッセン家が奥の院か

http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2724.html

ヘッセン・カッセル方伯領

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E6%96%B9%E4%BC%AF%E9%A0%98

ヘッセン家家系リスト

http://reichsarchiv.jp/%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E5%AE%B6%E3%80%80hessen

ウイルヘルム六世

http://yunopon.sakura.ne.jp/DaReCo.cgi?q=%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A06%E4%B8%96%20%28%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E6%96%B9%E4%BC%AF%29

ロスチャイルドの主人ヘッセン家 その1

ロスチャイルドの主人ヘッセン家 その2

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212188

ロスチャイルドの主人ヘッセン家 その3

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212189

ロスチャイルドと貴族連合

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=211104

金貸しを支配する勢力 その1

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210779

金貸しを支配する勢力 その2

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210780

金貸しを支配する勢力 その3

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210900

金貸しを支配する勢力 その4

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210902

金貸しを支配する勢力 その5

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210932

金庫番に騙されたイルミナティ

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210061

上位国際金融資本家はフェニキア人

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210948

殺人株式会社アイゼンブルグ

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210967

タクシス一族とは

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210965

タクシスとは

http://www.doitsukitte.com/koborestory/kobore05.html

タクシスの郵便事業はハプスブルグ帝国の諜報手段だった

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=211097

タクシス家に関する追加資料と現在

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=212138

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1252/3549 《前のページ | 次のページ》
/3549