teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1221/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アメリカの相続税(遺産税)

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 2月13日(木)12時35分38秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://taxman.typepad.jp/estate/cat255573/

参考記事:闇の支配勢力史 前編

http://www.kanekashi.com/blog/2009/07/000984.html

闇の支配勢力史 後編

http://www.kanekashi.com/blog/2009/07/000987.html

長いですから要点だけ......

2010年にせっかく廃止されたのにオバマはまた復活させました。

2011~12年では控除額がなんと500万ドルで超えた分の税は35%

2013年では100万ドル(未確認)で税は55%

日本ではどうでしょう。お話になりません。今度は控除額を下げようとしているのですからね。政治家だってこまるでしょうに(笑).........賎民政治ということなんのです。賤民が賎民を支配し闇の支配者は安泰ということです。年金支給額は昨年一方的に下げられ今年の4月にも下げる意向だ。

以下はルイネットより

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=211216

かつて、贈与税がなかった時代には、財産を生前贈与によって移転することで、容易に相続税課税の回避を行うことができた。

特にイギリスでは1974年まで、贈与税がなかったことから、資産家の富の承継が可能で、貴族の財産は保護され続けた。イギリスの現在の相続税率は、財産の多寡に関わらず一律40%となっている。
フランスは税率5%~40%で6種類ある。

スイスには国税としての相続税がなく、一部の州の州税としてあるのみである。このためスイスは世界中から財産を集め、また多くの文化財の散逸を防いだとも言われている。

また香港では2006年2月から相続税が廃止されている。その他、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、イタリア、マレーシア、シンガポール、など相続税が廃止された国は多い。

アメリカは、税率は課税対象になる遺産の額に応じて18%から60%の18段階に分かれている。しかし、2001年から段階的に税率を下げており、2010年には相続税が廃止される。

相続税は税金の二重取りだより

そもそもわれわれは所得税を払い、そのあまりをコツコツと貯え、財産を築いてくる。

これによって形成された財産はあくまで、税金をはらった残りのものである。

そこに相続税となるとまさに二重税としかいいようがない。211216にあるように

>スイスには国税としての相続税がなく、一部の州の州税としてあるのみである。このためスイスは世界中から財産を集め、また多くの文化財の散逸を防いだとも言われている。

また香港では2006年2月から相続税が廃止されている。その他、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、イタリア、マレーシア、シンガポール、など相続税が廃止された国は多い。

アメリカは、税率は課税対象になる遺産の額に応じて18%から60%の18段階に分かれている。しかし、2001年から段階的に税率を下げており、2010年には相続税が廃止される。<

上記は相続税は国力の衰退につながるとわかっているからである。
日本の累進課税にしても持っている者から取ってっけという発想であり、相続税もまさにこの考えの上にある。

つまり、本当に実力のある人は税金制度のよい海外に流出し、結果国力は衰退することに繋がる。

貴族階級の特権を保護する仕組み

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=211483
 
 
》記事一覧表示

新着順:1221/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523