teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1286/3611 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日中戦争が始まるのは6月か?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 2月26日(水)14時13分47秒
  通報 返信・引用 編集済
 

4分9秒....................

These Puppet are told what to do.Very rare do they talk about selling their souls to Satan,and talking about the Illuminati would get them killed. If asked about either,they deny it or avoid talking about it.

これら人形たちは何をするのかを言われている。非常に稀にだが魂を悪魔に売ることやイルミナティを語る時,彼らの命は奪われる。いずれにしてもその二つのうちの一つを尋ねられたら無視するか否定することだ。


私の息子たちが望まなければ戦争が起きることはありません

http://blogs.yahoo.co.jp/wantonblog/8636735.html

『この言葉は、初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり、国際銀行でヨーロッパを支配した5人のロスチャイルド兄弟の母であるグートレ・シュナッパーのものです 。近代に起きた世界中の戦争はすべて、彼女の言葉通り、彼女の息子たちが支配する
国際金融権力によって、立案され、計画されました。当事国に必要な「資金と武器」の供給にいたるまで全ての支援を受け、意向を受けた政治家が両国に配されます。

戦争は、用意周到に意図的に起こされてきました。

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

関連記事:マイヤー・アンセルム・ロスチャイルド

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%88

関連記事:ヘッセン・カッセル家がロスチャイルドの主人

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/708.html


http://golden-tamatama.com/blog-entry-1380.html

さぁ、いよいよ面白くなってきました。
いよいよ。始まる。

中国とアメリカは、裏でしっかりつながっています。
そして日本を戦争にいざなう。

デフォルト後に起きる次のシナリオは戦争。

中国デフォルトと日中戦争のシナリオ。
4月までに経済崩壊なら、6月が日中戦争開始という感じでしょう。

ロイター最新

http://jp.reuters.com/

今、現在はまさに赤壁の戦い。
しきりに戦争にいざなう曹操。
追い詰められた日本に、諸葛孔明は現れるのでしょうか。

これは映画、赤壁の戦い レッドクリフのテーマです。



もう一度暗黒の木曜日か?

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1385.html

その1週間後にリンゼイさんの主張する米ドルの30%の修正かも

米財務長官が2月下旬のデフォルトの可能性警告、
債務上限引き上げ促す。

jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1608J20140207

米財務長官が2月下旬のデフォルトの可能性警告、債務上限引き上げ促す
2014年 01月 23日 07:39 JST

1月22日、ルー米財務長官は議会が速やかに債務上限を引き上げなければ、財務省の借り入れ継続のための措置は2月下旬までに尽きる公算が大きいとの見通しを明らかにした。16日撮影(2014年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 22日 ロイター] -ルー米財務長官は22日、議会が速やかに債務上限を引き上げなければ、財務省の借り入れ継続のための措置は2月下旬までに尽きる公算が大きいとの見通しを明らかにした。

オバマ政権はこれまで財務省が特別措置を講じることで3月上旬まで借り入れを続けることができるとの見方を示していた。

ルー長官は議会指導部に宛てた書簡で「議会が借り入れ上限を引き上げることによって、経済と金融市場にに確実性と安定性をもたらすことを要請する」と述べた。

米議会は昨年12月に超党派の予算を可決、政府機関閉鎖のリスクは後退した。一方、政府債務上限問題は残されており、引き上げがなければ米国債デフォルト(債務不履行)のリスクが再び浮上する。

昨年10月、議会は2月7日までの債務上限の引き上げを承認した。期限までに上限引き上げがなければ、財務省は資金のやりくりにより数週間の猶予を確保することになる。

ルー財務長官は、こうしたいわゆる特別措置も2月下旬に尽きる公算で、その後は資金の手当てができなくなるとの見方を示した。

債務上限引き上げをめぐる議会対立は、これまでもたびたび金融市場の波乱要因となってきた。2011年には格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米国債の格付けを引き下げ、昨年10月もデフォルト懸念で金融市場が不安定化した経緯がある。

以下はNikkeiWebより

ビットコイン急落 米検察が捜査着手、米紙報道
大手取引所が取引停止

2014/2/26 10:30 (2014/2/26 12:54更新)

 インターネット上で流通する仮想通貨ビットコインの価格が25日、急落した。2つの主要取引所の売買価格(平均)は一時、1ビットコインあたり420ドル前後と下落率が前日比で20%を超えた。東京都内の企業が運営する取引所大手「マウントゴックス(Mt・Gox)」が25日に全面的に取引を停止した影響が出た。政府は26日、実態の把握に向けた情報収集を始めた。

25日、マウントゴックスが入る東京都内のビル前で抗議するビットコイン利用者=ロイター

 海外を中心に数十万人の会員を擁するマウントゴックスは米東部時間の25日午前(日本時間26日未明)、ウェブサイト上の英語の声明で「顧客保護のため全ての取引を当面停止する」と述べた。取引停止の経緯など詳細には言及しておらず、ビットコイン取引への警戒感が強まったことが価格急落につながった。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、ニューヨークの連邦検察がマウントゴックスをめぐる問題の捜査に着手したと報じた。同検察がマウントゴックスに召喚状を送り、書類の保全を命じた。

 マウントゴックスは技術的な問題を理由に、2月上旬にビットコインの引き出しを一時停止。同社に預けた資産が凍結された状態の会員の間で動揺が広がっていた。米欧メディアによると、発行済みビットコインの約6%(直近の価格で約400億円相当)が同社の取引所内にあるという。

(ニューヨーク=蔭山道子)

           ◇
 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、マウントゴックスの売買停止について「実態は金融庁、警察庁、財務省など関係省庁で情報収集している。実態を把握し必要があれば対応する」と述べた。

ビットコインはFRBのお墨付きではなかったのか

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2310

中国で禁止令が出た時点で精算しなければダメなのです

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2413

最近欧米銀行のトップが死んでいるようですが

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1366.html

これについてCIA筋は、『デリバティブ取引をめぐる 金融機関同士の争いと深く関係している』と伝えている。
http://www.zerohedge.com/news/2014-01-31/third-banker-former-fed-member-found-dead-inside-week
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/why-are-banking-executives-in-london-killing-themselves

デリバティブ取引とは基本的にギャンブルであり、双方が逆の方向に賭ける取引である。そして、欧米の大手銀行の多くが 互いに莫大な資金をデリバティブ(金融派生商品)に投入して賭け事をした結果、賭けに負けた側の金融機関に天文学的数字の損失が発生、倒産を回避するために相手方への支払いを拒んでいることが 今の欧米金融界の争いの元凶である。
それが現在、互いの銀行幹部を自殺に見せかけて殺し合うところにまで発展しているわけだが、このタイミングは先月1月31日に迎えた米政府や大手銀行の決算日と深く関係しているものと思われる。

http://blog.livedoor.jp/turuhageoyaji/
太陰暦の祝賀が終わった後、戦いの始まりが予想される

太陰暦の新年の休暇が始まり、我々の情報筋から、2月10日の週の初めに戦いが始まるとの情報
(あなたが学生なら月曜日が週の初めと思って下さい)。
中国新政府は、不動産バブルを引き起こし、新年の仕事始めに本気ではじけさせようと決意した。 それは世界中に波紋を広げるだろう。特に商品市場において。

銀行取引の世界では、水面下で多くの闘争も行われている。
そしてそれはJ.P.モルガン、スカルアンドボーンズ及びブッシュ(シャーフ、ピアース、ペッチ)ファミリーへの協力して行われた攻撃と関係がある。
先週の3人の銀行家の変死は、全てこの闘争と関係があると、MI5他の筋は伝える。
ロンドンで死んだJ.P.モルガンの銀行家であるガブリエル・マギーは、ヨーロッパ、中東及びサウジアラビアを含むアフリカと取引をするITスペシアリストだった。
彼は市場の動向を見抜く’予想’プログラムを市場で働かせた。
それらは人工知能に最も近く、莫大な利益を生み出した。
英国の調査官は、彼が多額のドルを流しているのをBRICS諸国に気付かれていることを突き止め、告発しようとした後、口封じのために殺されたと見ている。

ドイツ銀行の役員であるウィリアム・ブロエクシュミットは、ドイツ銀行が金の価格を安定させる委員会から撤退した後死亡し、パリからその金が移された。調査官は、その銀行家が殺された理由は、ドイツ銀行がJ.P.モルガンの支援を止め、金の市場から一目散に逃げたためだと睨んでいる。現在J.P.モルガンは米国で、金のデリバティブの60%を所有している。それは所有している金の現物よりも65倍多い特別引出権を所有していることを意味する。ドラゴンファミリーその他は、J.P.モルガンに現物の金を手渡すよう、要求している。

我々にもたらす3人目の死は、元米連銀のエコノミストであるマイケル・デューカーだ。彼はラッセル・インベストメントという名の企業に勤務していた。我々はまだこのことを立証しようとしているが、ラッセル・インベストメントはスカルアンドボーンズ及び外交問題評議会を支配するラッセル・トラストと繋がりがあるようだ。
デューカーは、米連銀による年金と保険金の略奪を告発しようとしたから口封じに遭ったのかもしれない。

以下はあのNSAの盗聴を告発して有名になったスノーデンさん情報。
暗殺をやってるのはオバマ政権側との情報です。

http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/the-snowden-documents-the-death-of-three-top-western-bankers-and#ixzz2sOxH6m3k
スノーデン情報によると、ヨーロッパの金融機関職員の暗殺と、2月15日の崩壊が世界を激震させると警告
2014年2月3日

ロシア中央情報局(GRU)が書いた恐ろしいレポートがクレムリンを駆けめぐっている。
エドワード・スノーデン氏によると先週の三人の西側の銀行トップの暗殺と2014年2月15日の経済崩壊が、同時に起こると警告しています。
オバマ政権が、経済新秩序を演出するためにこの暗殺を企てたとのことである。

殺された三人は以下
1)ドイツ銀行の元役員のビル・ブレークシュミット氏58歳は、1月26日にチェルシーの自宅での死亡が発見された。
2)JPモルガンの技術担当のガブリエル・マギー39歳は、1月28日にロンドン本社の社屋から転落して死亡した。
3)マイク・デューカー氏50歳は、前FRBエコノミスト、現ラッセルインベストメントのチーフエコノミストで、1月31日にワシントン州のタコマブリッジの道路脇で死亡しているのが発見された。

スノーデン氏の文書では、2月15日には、破滅的なイベントが起きると言っている。

管理人注:スノーデンさんは旧暦の日付を言っているのではないだろうか?そうだと3月15日になる。

Wisdomkeeperさん全文

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51916453.html

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1286/3611 《前のページ | 次のページ》
/3611