teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1230/3558 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中国包囲網の完成

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 3月 2日(日)19時06分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1929.html

関連記事:三極委員会とソ連崩壊

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/535.html

ゴルバチョフはEU統合に協力した見返りに使いきれない金をもらいもうひとつのAREA51をたった一ドルでプレゼントされた。彼の役割はソノトキノタメに米国に駐在する数十万人のロシアの軍隊をFEMAに備えてコントロールすることである。かつて反ソ活動家であったヴラジミル・ブコフスキーはEUは崩壊すると予想している。それが今回のロシアの軍事介入であろう。EUを崩壊させた後は米国の崩壊につなげようとするイルミナティの意図がここにきてはっきりとしてきた。

----------------- 中国に飛び火するウクライナ民主革命  ---------------

2014.2.20 ウクライナでの暴動

プーチン大統領と安倍首相の急接近、そしてウクライナでの暴動、この背景にあるのは、アメリカのシェールガス革命があります。

2004年にウクライナはEUの後押しを受け、民主化のオレンジ革命に成功し、2005年2月に美人のティモシェンコ首相が就任しました。  しかしながら、ユシシェンコ大統領とティモシェンコ首相の対立もあり、2010年のウクライナ大統領選では、皮肉にも、革命によって大統領になりそこねたヤヌコーヴィチが大統領に就任。

2010年9月30日、ウクライナ憲法裁判所は、2004年の政治改革法を違憲とし、これによりオレンジ革命は大きく後退し、親ロシア政権となりました。

ガスのお姫様
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/32.html

しかしながら、ここに来て、再度、EUの支援を受けた民主化勢力が力を持ち、2014.2.20の暴動となりました。  この民主化革命は、中国にも飛び火し、私は2018年に、中国が崩壊すると予測しています。

ラストエンペラー 習近平 -1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1917.html
ラストエンペラー 習近平 -2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1918.html

------------- シェールガスにより、ロシアの天然ガス価格下落 -----------

いうまでもなく、世界最大の天然ガス供給国はロシアで、石油も世界トップクラスの産出を誇っており、EUにはウクライナを通して天然ガスの供給を行っています。

ところが、アメリカがシェールガス/シェールオイルを安価に取り出す技術開発に成功し、激しく市場価格が下落しています。

2000年代に入って原油価格は、1バーレル147ドルまで高騰しましたが、2012年10月では1バーレルが85ドルまで下落。  ちなみに、現在は約100ドルです。

アメリカはナイジェリアで油田・ガス田の開発をし輸入していましたが、アメリカ国内でシェールガスの採掘に成功し、ナイジェリアから輸入しなくてもよくなり、この行き場を失ったナイジェリアのガスが、EUに安値で流れ込んでいるのが現状です。

ロシアの採算点が、1バーレル約80ドルとも言われており、今は厳しい段階にあり、従来ウクライナやEUはロシアのいう事を聞かないと、ガス供給を止められるなど、散々嫌がらせを受けてきたので、

安価なシェールガスの登場により、必ずしもロシアのいう事を聞かなくてもよくなり、EUがウクライナを支援し、親EU政権をつくろうとしているのが、今回のウクライナの暴動の背景であります。

------------- ウクライナとEUをつなぎとめようとするロシア ------------

ロシアの輸出は、65%を天然ガスと原油が占めておち、ロシアは毎年ヨーロッパに対し、天然ガスの価格を引き上げていますが、2010年まではそれが通用していましたが、2011年には逆に値下げさせられ、

ロシア最大のガス会社ガスプロムは、ヨーロッパのユーザーに78億ドルものガス代金を払い戻しさせられています。

ウクライナはロシアの天然ガスをヨーロッパに送るパイプラインがあり、また4500万人もいるウクライナの市場は魅力的です。

さらに地政学的にも、ウクライナを味方につけておくために、2013年12月17日に天然ガスの33%値下げや、150億ドルの金融支援援助を持ち掛け、ウクライナもそれに合意しました。

一方、ヨーロッパも12月20日の首脳会議で、旧ソ連諸国の関係強化を打ち出し、ウクライナに連合協定の署名を呼びかけました。

EUはウクライナを取り込むために支援積み増しを行い、旧ソ連諸国6ケ国(アルメニア、アゼルバイジャン、グルジア、モルドバ、ウクライナ、ベラルーシ)を支援する方針を打ち出しています。

という事で、ロシアとEUが、旧ソ連諸国6ケ国の綱引きを行っており、それが今回のウクライナの暴動・革命に影響していると言えます。

では、最後にどちらが勝つか?  いうまでもなく、EUでしょう。 となれば、ロシアはウクライナとEUへの原油・天然ガスのビジネスが大幅に縮小し、政治力も低下することが予想されます。

------------- 急接近する 日露政府 そして中国包囲網の完成 ------------

ロシアは、天然ガスの売り先を探している、そして日本は資源はないがお金はある国家。 ロシアは産業構造を石油・天然ガスなどの資源だけでなく、自動車・エレクトロニクスなどの産業も育成したい。 そして日本は、自動車・エレクトロニクス産業においては世界トップレベルの技術を有している。

ただ、両国の間には、北方四島の領土問題が存在する。 日本政府は、国際社会に日本の領土である事を訴えても、すでにロシア人たちが住んでおり、彼らを力で追い出すことはできない。

プーチンは親日で柔道の有段者、プーチンの娘は大学で日本史を専攻し、お忍びで何度も日本に来ている超親日家。

プーチン大統領を本気で怒らせた韓国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1806.html

そして日本は、尖閣諸島や竹島の領土問題を抱かえており、反日国家である中国・韓国に対して包囲網をしきたい。

ここまで条件が揃うと、頭のいい皆さんにはすぐにわかると思いますが、

日本のお金でパイプラインを敷き、ロシアから天然ガスを購入し、資源調達のリスクを回避。  実際に、丸紅が金をだしナホトカの近くに築港し、東シベリアのタイトシュタットから全長4200Kmのパイプラインを建設しています。

そして、トヨタがロシア内に工場建設と技術供与。 日本のエレクトロニクスメーカーも中国・韓国から工場を引き上げ、ロシアに投資とともに技術供与。

日露平和条約を結び、中国・韓国、場合よってはお馬鹿のオバマの牽制。 そして、ガスの安定供給の約束をとりつけ、日本はロシアの主要顧客となり、その見返りとして北方領土は4島ともに返還。

今ロシア人たちが住んでいる島は、特別区にして両国国民とも住めるようにし、投資も行う。 日本のアニメやJ-POPに親しんだ、若い世代は、日本からの投資を大歓迎。

となるでしょう。

2013年、10月2日、東京都内の外務省飯倉公館で、日本とロシアのはじめてのツー・プラス・ツー(外務・防衛担当閣僚級協議)が開かれ、両国はアジア太平洋地域の安全保障で協力する方針で一致しました。

既に、実際の政治の場で動き出しているのです。 そして両国にとっての最終仕上げは、中国の崩壊であります。  人民解放軍と生活に困った(環境問題含む)中国国民が毛沢東思想の共産主義に戻そうとする勢力、日米欧の先進国のような民主国家を目指す勢力、チベット、ウィグルなど、様々な少数民族も入り乱れ、

中国では2018年に大きな内乱が起こり、ソ連が崩壊したように、高い確率で中国も崩壊するものと思われます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1230/3558 《前のページ | 次のページ》
/3558