teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1244/3586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

上海超日太陽能科技は明日の利払いはできるのか?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 3月 7日(金)21時58分23秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://kabu1223.blog.fc2.com/blog-entry-2108.html

追加:8日のニュースではやはりデフォルトしたそうです。

管理人注:3月10~14日はメジャーSQを控えて上下にブレの大きい相場になりますから要注意。

迫る中国初の公募社債デフォルトの足音、「ベアー・スターンズ段階」に身構え中国金融市場で債務不履行(デフォルト)への警戒感が再び強まってきた。渦中にあるのは深セン株式市場に上場する太陽光パネル大手、上海超日太陽能科技。あすに控えた社債の利払いができないと5日に発表し、中国公募社債市場で初のデフォルトとなる可能性が刻一刻と高まっている。市場では市場原理の浸透に向けた一里塚になると前向きの評価が多いが、思わぬ方向に事態が転がり出す可能性は残る。
問題の社債は2011年3月8日の発行。発行額は10億元で利率は8.98%。償還期限は5年だった。あすに8980万元の利子を支払う予定だったが「種々の管理不能な事態により」できなくなったという。各種報道によると、同社は中国建設銀行など18行から17億元の融資も受けている。11年以降、下落基調の株価は先月20日から売買停止だ。同社債は長らく問題含みだった。経営の悪化を受け、昨年1月にもデフォルト危機に直面。このときは地元政府が銀行団を説得し融資の返済を遅らせて、社債の利子分をかろうじて確保した。2月に地元政府は不安を募らす投資家に対し「引受証券に元本を保証させる」と通知。しかし3月には前言を翻して社債の件から手を引いた。地元政府には金融機関も債務再編の主導を要請していたが、再編計画は結局まとまらず、銀行は担保の処理に動いた。
引受証券の中国証券はもとは証券大手の中信証券と中国建設銀行の共同出資会社だったが、現在は国務院国有資産監督管理委員会など政府系機関が株式の85%を握る。バンクオブアメリカ・メリルリンチのデビッド・コイ氏は政府そのものといえる中国証券の強力な株主に注目。仮に中国証券が支援せず「デフォルトが容認されるとすれば、背景には暗黙の保証によるモラルハザード問題に警鐘を鳴らす政府の意志がある」と推測する。
中国では社債に限らず、信託商品などの理財商品にも「暗黙の元利金保証がある」とされてきた。これが投資家のリスク意識をマヒさせ、野放図な投資につながったとの反省が強まっている。このため市場では「デフォルト容認」を市場健全化への一里塚と捉える見
方が支配的だ。
バークレイズのメイ・ヤン氏はデフォルトで「短期的には債券利回りが上昇し社債発行が減速する」としつつ「中国債券市場の発展に資する」と評価。クレディ・アグリコルのフランシス・チュン氏も「投資家がクレジットリスクにもっと敏感になれば債券の価格発見機能の改善につながる」と指摘する。
 もっとも、公募社債初のデフォルトとなるだけに、影響がどう波及するかは読みにくいのも事実。北京での全国政治協商会議(政協)に出席した中国人民銀行(中央銀行)元顧問の李稲葵・清華大学教授は5日、デフォルトになればアリババ集団のオンライン金融商品「余額宝」なども含め「パニック的な資金引き出しを起こす可能性がある」と警告した。バンカメのコイ氏はリーマン・ショックへの導火線となった2008年3月の米証券大手の破綻になぞらえ、中国は「ベアー・スターンズ段階に到達する」と指摘。「連鎖反応が始まるだろう」と予想する。
 中国では今年、10兆元もの債券や信託商品などが償還期限を迎える。「デフォルト容認は不可避」というのが市場の共通認識だが、当局にとっては未体験のゾーンだ。手綱さばきに注目が集まる。

関連記事............

「中国ソーラー発電企業の社債が初のデフォルトの危機」DJ報道

中国の太陽光発電装置メーカー、上海超日太陽能科技の社債が債務不履行(デフォルト)となる可能性の高いことが5日、明らかになった。ダウ・ジョーンズ通信によると、実際にデフォルトすれば中国の公募社債市場で初めてという。上海超日は2年前に10億元の社債を発行したが、同社は4日夜、7日に予定されている8980万元の利払いが難しくなったとの声明を発表。「まだ400万元しか確保できていない」といい、実際に利払いに支障を来せば1兆5000億元規模にのぼる中国社債市場に影響が生じる可能性がある。中国の太陽光産業は過剰投資で採算の悪化に苦しむ企業が多い。昨年はサンテック・パワー・ホールディング(尚徳太陽能電力の持ち株会社)の発行した新株予約権付社債(転換社債=CB)がデフォルトしている。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1244/3586 《前のページ | 次のページ》
/3586